獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 其五十之二十八 寄調醉花間

<<   作成日時 : 2017/04/19 11:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

      醉花間・醉賞櫻雲轉悲觀   2017.04.19 -48799
.
  悦目櫻雲流勝地,雪花輝煥綺。騷叟百餘人,開宴春遊喜。
  金樽浮緑蟻,赤羽幫青帝。詩林無子弟,閑談漸漸帶悲觀,仰紅霞,空美麗。

  目を悦ばせて櫻雲 勝地に流れ,
  雪花 輝いて煥綺たり。
  騷叟百餘人,
  宴を開き春遊を喜ぶ。

  金樽 緑蟻を浮かべ,
  赤羽 青帝に幫(たす)く。
  詩林に子弟無く,
  閑談 漸漸として悲觀を帶び,
  仰げば紅霞,空しく美麗なり。

 醉花間 詞譜・雙調50字,前段四句三仄韻,後段六句四仄韻 馮延巳
  △●▲○○●仄,△○○●仄。○●●○○,○●○○仄。
  △○○●仄,●●○○仄。▲○○●仄。△○▲●●○○,●○○,○●仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻十二斉)

 41字体 そうだ 櫻を詠もう 其四十一之十 寄調醉花間
 http://shiciankou.at.webry.info/201604/article_21.htm
画像
  鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。  画:足柄金太郎

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
金樽浮緑蟻,赤羽幫青帝。
四色,好句。
一地清愁
2017/04/21 12:35
ありがとうございます。
最近、青帝という言葉を知り、この作、それを使ってみたく十二斉の押韻で詠みました。
獅子鮟鱇
2017/04/21 15:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 其五十之二十八 寄調醉花間 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる