獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 其五十之三十一 寄調烏夜啼

<<   作成日時 : 2017/04/20 08:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

      烏夜啼・醉賞櫻雲午枕    2017.04.20 -48807
.
  裁賦苦吟花底,傾杯午枕音書。櫻雲酣涌如銀漢,飛香雪,舞江湖。
  將盡詩才所有,却知天賦如無。神遊醉夢尋霞洞,扮黄鳥,戀金烏。

  賦を裁くに苦吟せる花の底,
  杯を傾け音書に午枕す。
  櫻雲 酣んに涌いて銀漢の如く,
  飛ばしたる香雪,
  江湖に舞ふ。

  將に詩才の所有(すべて)を盡さんとし,
  却って知る天賦の無きが如きを。
  神遊して醉夢に霞洞を尋ね,
  黄鳥に扮し,
  金烏に戀す。

 烏夜啼 詞譜・雙調50字,前後段各五句,兩平韻 程垓

  ○●●○○●,○○●●○平。○○○●○○●,○○●,●○平。
  ○●○○●●,●○○●○平。○○●●○○●,●○●,●○平。
   ○:平声。●:仄声。平:平声の押韻。(拙作は中華新韻十四姑)

 48字体 そうだ櫻を詠もう 其四十八之三十一 寄調烏夜啼
 http://shiciankou.at.webry.info/201704/article_12.html
 47字体 そうだ櫻を詠もう 其四十七之二 寄調烏夜啼
 http://shiciankou.at.webry.info/201703/article_71.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
裁賦苦吟花底,傾杯午枕音書。
將盡詩才所有,却知天賦如無。

这两个句子很新颖。
一地清愁
2017/04/21 11:03
ありがとうございます。
この作、午枕音書の句を得て、あとは流れにまかせましたが、詩才所有,天賦如無の対を得たのが収穫だと思っています。

獅子鮟鱇
2017/04/21 11:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 其五十之三十一 寄調烏夜啼 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる