獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 其五十之三十二 寄調賀聖朝

<<   作成日時 : 2017/04/20 11:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

      賀聖朝・醉賞櫻雲坐天堂   2017.04.20 -48808
.
  硯池新霽,詩翁微笑,幽討春光。見櫻雲酣涌,雪花飄舞,四散仙郷。
  鱗鱗墨水,輝輝銀漢,玉屑含香。啜寒齋清聖,臥遊霞洞,醉坐天堂。

  硯池新霽,
  詩翁微笑し,
  春光を幽討す。
  見ゆ 櫻雲の酣んに涌き,
  雪花 飄舞し,
  仙郷に四散す。

  鱗鱗たる墨水,
  輝輝たる銀漢,
  玉屑 香りを含む。
  啜るは寒齋の清聖(清酒),
  霞洞に臥遊し,
  醉って天堂に坐す。

 賀聖朝 詞譜・雙調50字,前後段各六句,兩平韻《鳴鶴餘音》無名氏
  ●○○●,○○○●,○●○平。●○○○●(一四),●○○●,●●○平。
  ○○●●,○○○●,●●○平。●○○○●(一四),●○○●,●●○平。
   ○:平声。●:仄声。平:平声の押韻。(拙作は中華新韻十唐)
   (一四):前の五字句は上一下四に作る。

 賀聖朝50字体にはさらに次の体もある。

      賀聖朝・醉賞櫻雲坐天堂   2017.04.20 -48808 -2

  硯池新霽,詩翁微笑,肆目春光。見櫻雲、飛雪若蝴蝶,舞碧浪茫茫。
  鱗鱗墨水,輝輝銀漢,玉屑含香。醉寒齋、緑酒洗紅塵,夢醉坐天堂。

  硯池 新霽,
  詩翁 微笑し,
  春光に目を肆(ほしいまま)にす。
  見ゆる櫻雲、雪をとばして蝴蝶の,
  舞碧浪の茫茫たるに舞ふ若(ごと)し。

  鱗鱗たる墨水,
  輝輝たる銀漢,
  玉屑 香りを含む。
  寒齋に醉へば、緑酒 紅塵を洗ひ,
  夢に醉ひて天堂に坐す。

 賀聖朝・雙調50字,前後段各五句,兩平韻《鳴鶴餘音》無名氏
  ●○○●,○○○●,●●○平。●○○、○●●○○,●●●○平(一四)。
  ○○●●,○○○●,○●○平。●○○、●●●○○,●●●○平(一四)。
   ○:平声。●:仄声。平:平声の押韻。(拙作は中華新韻十唐)
   (一四):前の五字句は上一下四に作る。

 47字体 そうだ櫻を詠もう 其四十七之五 寄調賀聖朝
 http://shiciankou.at.webry.info/201703/article_76.html
 49字体 そうだ櫻を詠もう 其四十九之二十 寄調賀聖朝
 http://shiciankou.at.webry.info/201704/article_44.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
硯池新霽,詩翁微笑,

砚池晴,诗翁笑,真好。

鱗鱗墨水,輝輝銀漢,
这里的叠字,把句子的节奏减缓了,读来很美。

一地清愁
2017/04/21 10:52
ありがとうございます。
そうだ櫻・・・ いつも場面は碧湖
そこで湖を池に変え、池を硯池に変えてみました。
獅子鮟鱇
2017/04/21 11:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 其五十之三十二 寄調賀聖朝 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる