獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢俳の作り方(漢詩の入門書を使って)

<<   作成日時 : 2017/04/03 09:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 漢俳を詠んでみたいという人のために
 太刀掛呂山著『詩語完備 だれにもできる漢詩の作り方』(2000円程度)
 を開いて漢俳を詠んでみた。
 漢俳は五七五に詠めばよく
 こうしなければならないという規約はないが
 中国語に堪能でない日本人は
 詩詞の韻律に随うのが作りやすい。
 もちろん好き勝手に漢字を並べてもよいが
 おおむね怪しげな作品になる。
 そこで
 詩詞の韻律に随うのがよく
 韻律に随っていれば
 中国の詩人からそれなりに評価される。

 そこで上掲書を開くのがよい。
 その50ページ・51ページ「賞花 看櫻 花時出遊」
 に掲載されている詩語だけで漢俳を詠む。

 まず五字句を作る。
 麻韻の三字句の上に二字を加える。
 漢俳は三句押韻なので、麻韻三字を選んで五字句にする。
 なお、平仄・押韻は旧韻(平水韻)

1 十里萬枝花  ●●●○平  〇:平声。●:仄声。
2 江山萬朶花  ○○●●平  平:平声の押韻(上平一麻)
3 春興及鶯花  ○●●○平
4 櫻雲故国花  ○○●●平
5 一路故山花  ●●●○平
6 江南爛漫花  ○○●●平
7 野寺雨中花  ●●●○平
8 江山十里花  ○○●●平

9 一路帶陽斜  ●●●○平
10 一路夕陽斜  ●●●○平
11 櫻雲殘月斜  ○○○●平
12 煙波一水斜  ○○●●平
13 長堤一水斜  ○○●●平 
14 櫻雲一水斜  ○○●●平

15 柳暗野人家  ●●●○平  野人は自然を愛する人。
16 暮色兩三家  ●●●○平
17 煙波三兩家  ○○○●平
 ・・・・・

 以上は、『詩語完備 だれにもできる漢詩の作り方』(2000円程度)
 を使えば五字句が簡単にできることを例示したもので
 実作上は、それほど多くの句を準備する必要はない。

 できた五字句の各韻字(花 斜 家)から各一句を選ぶ。
 イメージに流れがありそうな三句を選ぶ。

1 十里萬枝花
9 一路帶陽斜
16 暮色兩三家

 中句を七字句にする。一路帶陽斜→〇〇一路帶陽斜

      漢俳・賞 花
 
  十里萬枝花。行吟一路帶陽斜,暮色兩三家。

 この作は、結句のおさまりが悪い。

      漢俳・賞 花        2017.04.02 -48703

  十里萬枝花。行吟一路帶陽斜,暮靄兩三家。

  十里 萬枝の花。
  行吟一路 陽の斜めなるを帶び,
  暮靄に兩三の家あり。

 山の中を行吟(吟行)ののち人里に帰ってきたという作になった。
 もちろんすべてを詩語表(詩語の列記)に頼る必要はなく、

1 十里萬枝花
9 一路帶陽斜
15 柳暗野人家 → 投宿野人家○●●○平

      漢俳・賞花投宿野人家    2017.04.02 -48703 -2

  十里萬枝花。行吟一路帶陽斜,投宿野人家。

  十里 萬枝の花。
  行吟一路 陽の斜めなるを帶び,
  野人の家に投宿す。

 また、
 
2 江山萬朶花  ○○●●平
14 櫻雲一水斜  ○○●●平
15 柳暗野人家  ●●●○平

      漢俳・賞 花        2017.04.02 -48704

  江山萬朶花,看到櫻雲一水斜。柳暗野人家。

  江山に萬朶の花,
  看るに到る櫻雲 一水斜めなり。
  柳の暗きに野人の家。

 漢俳を詠むには
 三字句に二字を足し(二字+三字句)
 五字句を作ることを基本とした方がよい。
 しかし、実作上は
 五字句を十分に揃えたうえで漢俳を詠む必要はなく
 まず
 初めに置くのが良さそうな三字句を選んで五字句(上五)ができたら
 それに続きそうな三字句を選び
 さらに結句とすべき三字を選ぶ。
 それができたら中七、下五を詠む
 というのでもよい。
 景を詠む場合は、
 上五で遠景、中七で近景、下五で所懐を述べる
 というのが作り易い。

 煙波一水斜○○●●平
 雨中花 →幽賞○●雨中花●○平 →行人○○幽賞○●雨中花●○平
 感無涯 →野寺●●感無涯●○平 

      漢俳・賞 花        2017.04.02 -48705

  煙波一水斜。行人幽賞雨中花,野寺感無涯。

  煙波 一水に斜めなり。
  行人 雨中の花の幽賞し,
  野寺に感 涯(はて)無し。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
上五で遠景、中七で近景、下五で所懐を述べる

原来如此,学习。谢谢先生。
一地清愁
2017/04/03 14:43
>上五で遠景、中七で近景、下五で所懐を述べる
 詩語表を使っての漢俳作りは、写景に流れがちですので、
下五で所懐が要になるかと思います。
獅子鮟鱇
2017/04/03 18:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢俳の作り方(漢詩の入門書を使って) 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる