獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 武陵春・休憩旗亭忘作詩

<<   作成日時 : 2018/02/07 10:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

      武陵春・休憩旗亭忘作詩 2018.02.06 -50463
.
  晩境多閑無世務,買筆扮騷人。曳杖梅園逢雪君,池畔伴紅唇。
  横枝綴玉如巾舞,映水使魚欣。休憩旗亭賣酒醇,醉忘作詩新。

  晩境 閑多く世務無く,
  筆を買ひ騷人に扮す。
  杖を曳いて梅園に雪君に逢へば,
  池畔に紅唇を伴ひをり。

  横枝 玉を綴って巾の舞ふ如く,
  水に映じて魚をして欣ばしむ。
  休憩せる旗亭の賣る酒は醇にして,
  醉って忘る 詩の新しきを作すを。

 武陵春 詞譜(欽定詞譜)・雙調48字,前後段各四句,三平韻 毛滂
  △●△○○●●,▲●●○平。▲●○○▲●平,△●●○平。
  ▲▲△△△▲●,△●●○平。▲●○○●●平,▲●●○平。
   ○:平声。△:平声が望ましいが仄声でもよい。
   ●:仄声。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   平:平声の押韻(拙作は中華新韻九文)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
武陵春・休憩旗亭忘作詩 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる