獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 緑蓋舞風輕 『登仙天上放歌 (仙に登り天上に放歌す)』

<<   作成日時 : 2018/02/08 09:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

緑蓋舞風輕・登仙天上放歌 2018.02.07 -50465
.
  病夢對雲箋,渺漠空白,宛如雪原曠。重振精神,詩魂張翼喜,六體無恙。萬里行空,探霞洞、一心前往。過山林,看到田園,花苑堪訪。
  風爽,萬紫千紅,破蕾繞瑤池,鏡水春漲。綴玉芳梅,伴桃花、悦目紅唇鮮亮。艷遇佳人,笑容勸、脱離塵網,共登仙,隨意放歌天上。
.
 病んで夢に對せる雲箋,
 渺漠たる空白,
 宛も雪原の曠(ひろ)きが如し。
 重振精神(気を取り直して),
 詩魂 翼を張りて喜ぶ,
 六體(五体)の恙なきを。
 萬里 空を行き,
 霞洞(仙人の居処)を探り、一心に前へ往く。
 山林を過ぎ,
 看るに到る田園,
 花苑 訪ぬるに堪ふ。

 風爽やかに,
 萬紫千紅(百花),
 蕾を破って繞る瑤池,
 鏡水 春に漲る。
 玉を綴る芳しき梅の,
 伴へる桃の花の、目を悦ばせて紅き唇鮮亮たり。
 艷やかに遇せる佳人,
 笑容(えがほ)にて勸む、塵網より脱離(離脱)して,
 共に仙に上り,
 意に隨ひて天上に放歌せよと。

 緑蓋舞風輕・雙調97字,前段十一句四仄韻,後段十句五仄韻 周密
  ●●●○○,●●○○,○○●○仄。○●○○,○○○●●,●●○仄。●●○○,●○●、○○○仄。●○○,●●○○,○●○仄。
  ○仄,●●○○,●●●○○,●●○仄。●●○○,●○○、●●●○○仄。●●○○,●○●、○○○仄。●○○,○●●○○仄。
   ○:平声。●:仄声。仄:仄声の押韻(拙作は中華新韻十唐)
画像
 鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。 画:足柄金太郎

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緑蓋舞風輕 『登仙天上放歌 (仙に登り天上に放歌す)』 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる