獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢詩五万首其八 詞之二十一 六州歌頭

<<   作成日時 : 2018/04/04 07:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

漢詩五万首其八 詞之二十 昭君怨」に続き
.
 『詩詞五萬之中一百篇』
 http://sa44shici.huuryuu.com/woman100/
 に選んだ詞は13000首のなかから35首。
 詞の其二十一は「六州歌頭」
.
      六州歌頭・老耽美夢       2014年作
.
  散人老作,詩客濫佯狂。牽藜杖,尋柳巷,對秋娘,共霞觴。酒境堪遊蕩,身無恙,心豪爽,誇酒量,滌肝臟,醉天堂。魂魄自由,蟬蛻脱塵網,美夢高唐。伴飛仙艷冶,紫漢喜風涼。萬里雙翔,舞蒼茫。
  臥蓮舟漾,星河廣,春潮漲,鳳求凰。乘怒浪,交媾向,月宮光,帶朝霜。破曉歸雲舫,情海港,見初陽。懷幻想,眞難忘,坐書窗。筆走紅箋,字眼生磁場,倶備偏旁。斷奇文瑰句,換骨作詞章,紙短情長。

  散人 老いてなる,詩客のみだりに狂う佯(ふり)をするに。藜(あかざ)の杖を牽(ひ)き,柳巷を尋ね,秋娘(妓女)に対し,霞觴(仙人の杯)を共にす。酒境は遊蕩するに堪へ,身は恙なく,心は豪爽,酒量を誇り,肝臟を滌(あら)ひ,天堂(天国)に酔ふ。魂魄は自由,蝉蛻して塵網を脱(のが)れれば,美夢は高唐にあり。飛仙(仙女)の艷冶なるを伴ひ,紫漢(空)に風の涼しきを喜ぶ。萬里 双翔し,蒼茫に舞ふ。
  臥したる蓮の舟は漾ふ,星河は広く,春の潮は漲り,鳳は凰を求む。怒れる浪に乗り,交媾して向ふ,月宮の光りて,朝霜を帯びたるへ。破暁に雲舫(雲の舟)を帰せば,情海の港に,初陽見ゆ。懐かしき幻想,まことに忘れがたく,書窓(書斎)に坐る。筆は紅箋(詩箋)を走り,字眼(文字)は磁場に生じ,偏旁を倶備す。奇文瑰句(よき文章)を断ち,換骨して詞章となすに,紙(紙面)は短かく情は長し。

画像
 鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。 画:黄炯韜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
漢詩五万首其八 詞之二十二 玉女搖仙佩
「漢詩五万首其八 詞之二十一 六州歌頭」について .  『詩詞五萬之中一百篇』  http://sa44shici.huuryuu.com/woman100/  に選んだ詞は13000首のなかから35首。  詞の其二十二は「玉女搖仙佩」 .       玉女搖仙佩・風流害詩翁才短   2015年作 .   風流有害,韻事無功,引導詩翁才短。偶入詞林,頻失理路,畢竟旗亭傾盞。笑對花容艷,賣村醪可口,濁賢堪勸。醉醺然、遊魂放眼,山湖欲暮清耀,青天挂金蟾,且渡銀河,淪漣瀲瀲。 ... ...続きを見る
獅子鮟鱇詩詞
2018/04/05 09:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢詩五万首其八 詞之二十一 六州歌頭 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる