獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 八節長歡・繆斯彈琴勸吟詠

<<   作成日時 : 2018/04/17 14:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 八節長歡・繆斯彈琴勸吟詠  2018.04.17 -50845
.
  腦裡氷原,冷齋迂叟,眼底雲箋。清晨繆斯挂,紅旭染東天。白頭欣喜構思好,曳杖登、筆路當前。悦耳黄鶯巧囀,叫醒山眠。
  梅花綴玉流香,春日照、櫻雲盛涌湖邊。達到竅門高,推敲處、金童解鎖猶然。迷宮暗,逢女神、永擅芳年。彈琴勸、非才吟詠,遊魂笑扮詩仙。

 腦裡の氷原,
 冷齋の迂叟,
 眼底の雲箋。
 清晨 繆斯(ミューズ)は挂(かか)ぐ,
 紅旭の東天を染むるを。
 白頭 構思の好きを欣喜し,
 杖を曳いて登る、筆路の當前せるを。
 耳を悦ばせて黄鶯巧みに囀り,
 山の眠りをるを叫醒(起こ)す。

 梅花 玉を綴りて香を流し,
 春の日は照らす、櫻雲の盛んに涌く湖邊。
 竅門(秘訣の門)の高きに達し到り,
 推(お)し敲(たた)く處、
 金童 鎖(かぎ)を解くこと猶然たり。
 迷宮は暗く,
 逢へる女神、永(とこし)へに芳年を擅(ほしいまま)にす。
 琴を彈きて勸す、非才吟詠して,
 魂を遊ばせ笑って詩仙に扮せよ と。

 八節長歡 詞譜・雙調98字 前段九句五平韻,後段八句五平韻 毛滂
  △●○平,●○○●,●●○平。○○△▲●,○●●○平。○○○●●○▲,●▲○、△●○平。●●○○●●,△●○平。
  ○○●●○○,○●●、○○●●○平。○●●○○,○▲●、△○●●○平。○△●,△●▲、●●○平。○○●、○○○●,○△●●○平。
   ○:平声。△:平声が望ましいが仄声でもよい。
   ●:仄声。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   平:平声の押韻。(拙作は中華新韻十唐)
画像
 鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。 画:足柄金太郎

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八節長歡・繆斯彈琴勸吟詠 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる