獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 戚氏 『非才能否列詩仙 (非才 能ふや否や詩仙に列せんや)』

<<   作成日時 : 2018/05/18 14:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 拙作51000首達成。
 漢詩には韻律(押韻と平仄に関する規律)があり
 仮名まじりの文で書く自由詩のように
 自由に思うままに書くことはできない。
 自由に思うままに書くのでよいのであれば
 湯水が涌くように多くの作品が詠めそうなものだが
 自由詩の詩人は
 作品をそれほど多くは書けないようだ。
.
 韻律はあるいは詩魔であるのかも知れない。
 韻律に随いつつ
 韻律から自由になりたい
 という詩魔との不断の闘いのおかげで
 私の漢詩は
 作詩数 年に2000首
 という高い生産性を誇っている。
.
      戚氏・非才能否列詩仙   2018.05.17 -51000
.
  喜春暄,老叟龜歩遶湖邊。盛涌櫻雲,任風香雪舞晴天。前山,帶輕煙,宛如巨子尚安眠。吟懷沸沸隆起,試裁絶句聳雙肩。巧調平仄,清押雅韻,幸無聲病完全。有旗亭賣酒,傾杯美醉,入睡沈鼾。
  長夏靜坐蒼巖,攜壺垂釣,賞景漫消閑。鱗鱗耀、水光浮影,眼底金船,泛淪漣。泡幻若此,醇醪滿盞,洗肺滌肝。大魚泳過,恰似蛟龍,背負萬象流年。
  夢醒金秋夜,書窗仰看,皎月團團。重振精神卻老,更推敲運筆走紅箋。刪除兎角龜毛,刻劃實際,麗藻枯悲慘,露骨格、貧相文才短,白首垂、碧涙含酸。坐冷齋、鶴壽空延,覓曼辭、口渇漱言泉。孟冬提問,冥途可否,附列詩仙?

 春の暄(あたたか)きを喜び,
 老叟 龜のごと歩んで湖邊を遶る。
 櫻雲 盛んに涌いて,
 風に任せて香雪 晴天に舞ふ。
 前山,輕煙を帶び,
 宛も巨子(巨人)のなほ安眠せる如し。
 吟懷 沸沸として隆起(おこ)り,
 試みに絶句を裁いて雙肩を聳やかす。
 巧みに平仄を調へ,
 清らかに雅韻を押し,
 幸ひ聲病なくして完全。
 旗亭の酒を賣るあり,
 杯を傾けて美醉し,
 睡りに入りて沈鼾(おおいびき)。

 長夏 靜かに蒼巖に坐し,
 攜壺を携へて垂釣(つり)をし,
 景を賞(め)でて漫に閑を消す。
 鱗鱗と耀きて、水光 影を浮かべ,
 眼底(眼の前)に金船(金の酒器),
 淪漣に泛ぶ。
 泡幻 此くのごとくして,
 醇醪 盞に滿ち,
 肺を洗ひ肝を滌(すす)ぐ。
 大魚泳ぎ過(よ)ぎり,
 恰も似る 蛟龍の,
 萬象の流年を背負ふに。

 夢醒めし金秋の夜,
 書窗に仰ぎ看るは,
 皎月の團團たるなり。
 重振精神(気を取り直し)老いを却(しりぞ)けて,
 更に推敲し筆を運んで紅箋に走らす。
 兎角龜毛を刪り除き,
 實際(現実)を刻劃(描写)すれば,
 麗藻枯れて悲慘,
 骨格を露はにして、貧相なる文才短かく,
 白首は垂る、碧涙の酸を含むを。
 冷齋に坐し、鶴壽 空しく延びて,
 曼辭(飾り立てた言葉)を覓(もと)め、口渇いて言泉に漱(すす)ぐ。
 孟冬(初冬)に問ひを提す,に
 冥途に可なるや否や,
 詩仙に附き列せるは と。

 戚氏 詞譜・212字,前段十五句九平韻,中段十二句六平韻,後段十六句六平韻、兩協韻 柳永
  ●○平,▲▲○●●○平。●●○○,●○△●●○平。○平,●○平。○○▲●●○平。○○●●○●,●▲○●●○平。▲▲○●,○○△●,●○▲●○平。●○○●●(一四),○▲△●,△●○平。
  ○●●●○平,○▲●●,●●●○平。○○●、●○△●,●●○平。●○平。●●●●,○○●●,●●○平。●○●●,●●○○,▲●△●○平。
  ●●○○●,△○●●,●●○平。●●○○●●,●○○●●●○平(一七)。△○●●○○,●○●●,△●○○仄協。●●○、△●○○仄協,△▲▲、○●○平。●●△、▲●○平。●△▲、●●●○平。●○○●,○○●●,●●○平。
  ○:平声。△:平声が望ましいが仄声でもよい。
  ●:仄声。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
  平:平声の押韻(拙作は中華新韻八寒)。
  仄協:仄声の押韻の協韻(拙作は中華新韻八寒)。
  (一四):前の五字句は,上二下三ではなく,上一下四に作る。
画像

 鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。 画:足柄金太郎


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
三段的长词。一段春,一段夏,一段秋。慢慢地推移。好词。
一地清愁
2018/05/18 15:18
ありがとうございます。
五万一千首目の記念ということで、長篇に挑んでみました。
獅子鮟鱇
2018/05/18 17:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
戚氏 『非才能否列詩仙 (非才 能ふや否や詩仙に列せんや)』 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる