獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 河涜神・月章星句堪成對

<<   作成日時 : 2018/07/09 09:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 聳入雲霄:山或いは建築物が極めて高く、雲天に届かんばかりであることを形容。
.
      河瀆神・月章星句堪成對   2018.07.08 -51253
.
  醉叟扮詩豪,夢中攜酒登高。蜃樓巍聳入雲霄,艷遇天仙媚嬌。
  花容笑勸霞漿美,滋潤吟喉齊備。星句耐人尋味,月章堪字成對。

 醉叟 詩豪に扮し,
 夢の中 酒を携へ登高す。
 蜃樓(蜃気楼)巍(たか)く聳えて雲霄に入り,
 艷遇す 天仙の媚嬌なるに。

 花容 笑みて霞漿の美(うま)きを勸め,
 滋潤す 吟喉の齊備(準備をととのふる)を。
 星句 人の味を尋ぬるに耐へ,
 月章 字の成對と成るに堪ふ。

 河瀆神 詞譜・雙調49字,前段四句四平韻,後段四句四仄韻 溫庭筠
  △●●○平,▲△○▲△平。▲○△●●○平,△▲△△▲平。
  △▲▲△○▲仄,▲△○▲△仄。△●▲○△仄,▲○○●○仄。
   ○:平声。△:平声が望ましいが仄声でもよい。
   ●:仄声。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   平:平声の押韻。(拙作は中華新韻十四姑)
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻八寒)
画像

 鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。 画:足柄金太郎

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
河涜神・月章星句堪成對 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる