アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「曲」のブログ記事

みんなの「曲」ブログ

タイトル 日 時
醉高歌・無人施舎寒村酒豪
 憐貧恤老:貧しきを憐れみ老いたるを恤(すく)うこと。 .     [中呂]醉高歌・無人施舎寒村酒豪  2017.08.10 -49475 .   山杯易盡香醪,醉筆憐貧恤老。無人携酒來行道,施舎寒村酒豪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/11 06:30
[中呂]醉高歌・百年到老
 百年到老:夫妻 生活を共にして老いに到ること。 .      [中呂]醉高歌・百年到老   2017.08.07 -49461 .   百年到老情温,婦唱夫隨謐穩。蒼顏笑貌留風韻,勸酒白頭小飲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/07 14:55
[中呂]醉高歌・傾述風情對繆斯
 半老徐娘:徐娘は梁元帝妃徐氏。風韻をとどめている中年の婦女をいう。 .      [中呂]醉高歌・傾述風情對繆斯  2017.07.31 -49425 .   繆斯含笑油然,半老徐娘忘年。白頭醉借紅顔戀,傾述風情勇敢。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/01 11:59
[中呂]上小樓・金蝉晩年婚配
     [中呂]上小樓・金蟬晩年婚配 2017.07.23 -49390 .   老翁欲歸,月中蟬蛻,清曉乘風,炎晝伸眉。見林隈,玉女美,吟詩有味,請情縁、晩年婚配。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/23 14:30
壽陽曲・吟競秋蝉欲排愁
     [双調]壽陽曲・吟競秋蟬欲排愁  2017.07.15 -49356 .   白頭醉,緑酒醇,晩蟬鳴、巧押風韻。老求好逑聲入神,繞茅店、欲排愁悶。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/16 08:17
風雲変幻→ 醉高歌・詩叟朝思暮想
 風雲変幻:象风云那样变化不定。比喻时局变化迅速,动向难以预料。  .      [中呂]醉高歌・詩叟朝思暮想 2017.06.10 -49162 .   風雲變幻無常,詩叟朝思暮想。多情善感身無恙,戀慕天仙夢訪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/11 06:56
雲煙過眼 醉高歌と七言俳句
 雲煙過眼:眼前から雲煙が一瞬にして消えること。 .      [中呂]醉高歌・雲煙過眼   2017.06.07 -49136 .   無言相對花容,下涙惜別醉翁。雲煙過眼留殘夢,筆底詩泉盛涌。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/07 11:07
そうだ櫻を詠もう 其五十一之十八 寄調要孩児
     [中呂]要孩児・吟賞櫻雲醉吸煙   2017.04.26 -48854 .   櫻雲盛涌流湖畔,香雪飄飛碧天。如蝶力盡落清漣,鱗鱗織錦鮮妍。朱唇含笑招茅店,白首傾杯作酒仙。醺醺望,紅霞炳炳,淡淡吸煙。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/26 10:31
そうだ櫻を詠もう 其五十一之十七 寄調快活三帶四換頭
     [中呂]快活三帶四換頭・吟賞櫻雲送夕陽   2017.04.26 -48853 .   詩翁探盛春,湖面映櫻雲。乘風香雪舞繽紛,着水織花錦。   濁醪堪飲,獨坐旗亭抱酒樽。洗滌愁悶,醉押清韻,吟佯高隱,目送夕陽盡。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/26 10:30
そうだ櫻を詠もう 其四十九之三十 寄調念奴嬌
     [大石調]念奴嬌・春賞櫻雲試吟詠 2017.04.22 -48825 .   山湖新霽,彩船滑,春水清輝如鏡。照映櫻雲流靉靉,撒布雪花乘風。香屑鱗鱗,碧漣瀲瀲,黄鳥關關哢。白頭有意,聳肩吟句玩景。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/22 14:55
NHK俳句へ投句し落選した 其四十六「春鳥」 六言俳句と漢俳と醉高歌
「NHK俳句へ投句し落選した 其四十五「菫花」 七言俳句と漢俳と五言絶句と短歌」について .  本日放送の『NHK俳句』へ次の六言俳句1句と漢俳1首を先月投稿したが、落選だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2017/04/16 14:41
そうだ櫻を詠もう 其四十六之二十五 寄調對玉杯
     [双調]對玉杯・吟賞櫻雲帶暮烟   2017.03.16 -48584 .   鶴歩將穿,櫻雲涌水邊。香雪堪瞻,乘風飛碧天,如蝶舞翠漣。春湖輝瀲瀲,贅叟傾杯,旗亭擅醉顏。有感當吟,詩魂對暮烟。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/16 14:11
そうだ櫻を詠もう 其四十六之二十四 寄調普天樂
そうだ櫻を詠もう 其四十六之二十四 寄調普天樂  「中呂・普天樂」は「曲」の一詩型。  「曲」は元の時代に盛んになった中国古典詩の一ジャンル。  見かけは宋の時代に盛んになった「詞」と似ているが  短い定型詩体いくつか組み合わせて一編の詩としたり  句体の原形に必要に応じ字を足すことが許されていたり  また  平声と仄声の区別を越えて自在に押韻したり  などの特徴がある。  私にとっては  平声と仄声をまたぐ押韻が醍醐味。 .      [中呂]普天樂・春賞櫻雲試詩魂     2017.03.16 -48583 . ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/16 14:09
[仙呂]青哥児・高吟未滿足
[仙呂]青哥児・高吟未滿足      [仙呂]青哥児・高吟未滿足  2017.03.07 -48528 .   賢人無庸追述,詩翁探口而出。後悔生涯中酒毒,月下高吟不滿足,薄福祿。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 13:58
[中呂]醉高歌・摩口膏舌
      [中呂]醉高歌・摩口膏舌  2017.03.02 -48495 .   詩魔摩口膏舌,嘲罵騷翁小酌。怠工裁賦無佳作,只有温顔美徳。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/02 14:46
[中呂]醉高歌・信口開河
[中呂]醉高歌・信口開河      [中呂]醉高歌・信口開河   2017.02.22 -48431 .   醉翁信口開河,鸚鵡傾心鼓舌。繆斯憐憫騎仙鶴,調訓非才唱歌。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/22 11:05
[中呂]醉高歌・出口傷人
      [中呂]醉高歌・出口傷人  2017.02.20 -48421 .   卮言出口傷人,贅叟低頭隱憫。同情處境花容進,美祿滌除後塵。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/20 14:35
[中呂]醉高歌・口耳相傳
      [中呂]醉高歌・口耳相傳   2017.02.10 -48346 .   秘訣口耳相傳,季語山河擠滿。俳人連袂如遊燕,吟競春鶯百囀。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/10 11:01
口角春風 口角生風 口角風情 [中呂]醉高歌と四七令
 口角春風:春風が万物を生長せしめるがごとき言語評論をいう。   また、替人に替わって吹嘘し或いは好い話をすることを比喩する。  口角生風:話が流利であることを比喩。  口角風情:口頭で表示する情愛。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/07 16:12
[中呂]醉高歌・口快心直
     [中呂]醉高歌・口快心直   2017.02.07 -48315 .   君吟口快心直,我寫華而不實。不同筆路同文字,醉嘆山積廢紙。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/07 16:10
[中呂]醉高歌・心平氣和
     [中呂]醉高歌・心平氣和   2017.02.06 -48310 .   裁詩才麗情多,飲酒心平氣和。醉魂穿霧騎仙鶴,一向玄天故國。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/06 14:21
[中呂]醉高歌・更唱迭和
     [中呂]醉高歌・更唱迭和   2017.02.06 -48309 .   吟翁更唱迭和,醉叟虚詞詭説。兩人目送夕陽落,長坐詩林忘我。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/06 14:19
[中呂]醉高歌・割地求和
[中呂]醉高歌・割地求和      [中呂]醉高歌・割地求和   2017.02.04 -48298 ,   國家割地求和,風漢傾杯唱歌。有才走運爲食客,助興吟浮笑渦。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 08:07
[中呂]醉高歌・情投意和
     [中呂]醉高歌・情投意和   2017.02.04 -48292 .   詩人飼養鸚哥,消遣勤學口舌。毎天高唱佯仙鶴,打算情投意和。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/04 10:11
[中呂]醉高歌・和而不唱
     [中呂]醉高歌・和而不唱   2017.01.24 -48226 .   和而不唱同舟,恐後爭先飲酒。醺然笑獻仙椿壽,聽到高説點頭。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/24 15:13
[中呂]醉高歌・蟻闘蝸争
[中呂]醉高歌・蟻闘蝸争       [中呂]醉高歌・蟻闘蝸争   2017.01.23 -48210 .   詩林蟻闘蝸爭,指正詩敵仄平。心情暢快乘酣興,笑勸傾杯酩酊。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/23 14:50
[中呂]醉高歌・雀鼠之爭
     [中呂]醉高歌・雀鼠之爭   2017.01.23 -48209 .   酒家雀鼠之爭,激論詩格酩酊。花容更勸傾清聖,滌洗空談未停。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/23 12:22
[中呂]醉高歌・与世無爭
[中呂]醉高歌・与世無爭      [中呂]醉高歌・与世無爭   2017.01.22 -48207 .   詩翁與世無爭,偏愛山河諷詠。風花雪月貪香夢,解餓吃零畫餅。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/23 09:44
面引廷争 面争庭論 七言絶句と壽陽曲
面引廷争 面争庭論 七言絶句と壽陽曲       七絶・面引廷争       2017.01.21 -48202 .   白頭夢裡作廉官,面引廷爭敢諫言。正論難行被謫貶,到差邊地對青山。   ○○●●●○平,●●○○●●平。●●○○○●●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/22 07:44
[中呂]醉高歌・競短爭長
     [中呂]醉高歌・競短爭長   2017.01.20 -48194 .   詩林競短爭長,雅客求名落網。佯仙作品歸虚妄,只有俗儒不爽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 21:28
[双調]壽陽曲・百花爭艷
     [双調]壽陽曲・百花爭艷   2017.01.20 -48191 .   牽藜杖,負日暄,喜春郊、百花爭艷。旗亭正堪傾酒盞,醉吟競、柳鶯清囀。 .   藜杖を牽き,   日暄を負ひ,   春郊に喜ぶ、百花 艷を爭ふを。   旗亭 正に酒盞を傾くるに堪へ,   醉吟して競ふ、柳鶯の清らかに囀ると。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 18:47
[中呂]醉高歌・鼓腦爭頭
    [中呂]醉高歌・鼓腦爭頭   2017.01.20 -48190 .   贅翁鼓腦爭頭,招待風人勸酒。三千醉臉稱眉壽,貪夢吟詩信口。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 17:45
[中呂]醉高歌・鷸蚌相爭
「南郷子・蚌鷸爭衡」に続き .      [中呂]醉高歌・鷸蚌相爭   2017.01.19 -48183 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/19 16:59
[中呂]醉高歌・金鷄獨立
     [中呂]醉高歌・金鷄獨立   2017.01.10 -48113 .   贅翁將競詩豪,廢寢推敲徹曉。金鷄獨立誇才調,旭日天開美好。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/10 14:29
争猫丢牛 争鷄失羊 竹枝と[中呂]醉高歌と七言絶句
 争猫丢牛:小を貪り大を失うことを比喩する。  争鷄失羊:同上。 .       竹枝・爭猫丢牛       2017.01.08 -48092 .   欣求詩譽(竹枝)好推敲(女兒),争猫丢掉(竹枝)野牛腰(女兒)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/08 13:48
鷄犬相聞 醉高歌と五七令と短歌
      [中呂]醉高歌・鷄犬相聞  2017.01.02 -48057 .   賢愚競笑消愁,鷄犬相聞飲酒。旗亭閑話無歸咎,較短量長信口。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2017/01/03 09:53
[正宮]脱布衫・蝸角虚名
     [正宮]脱布衫・蝸角虚名   2016.12.29 -48023 .   春收買、巨匠批評,夏獲得、蝸角虚名。秋誇耀、詩林筆挺,冬小飲、寒齋醉夢。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/29 14:28
[中呂]醉高歌・及第成名
     [中呂]醉高歌・及第成名   2016.12.29 -48022 .   昨天及第成名,今日回郷望嶺。官遊千里歸一夢,老坐山莊晩景。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/29 13:59
[中呂]賣花聲・豎子成名
     [中呂]賣花聲・豎子成名   2016.12.28 -48019 .   秀才失意辭官舎,豎子成名築假山。古來時運靠皇天,守愚益智,裁長補短,温顏坐、壽辰歡宴。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/28 13:48
[双調]沽美酒・鼎鼎大浮名
     [双調]沽美酒・鼎鼎大浮名  2016.12.26 -48010 .   詩翁醉自封,鼎鼎大浮名。口若懸河誇作風,如烏夜鳴,買濁賢、啜清聖。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/27 07:52
[正宮]脱布衫・實至名歸
     [正宮]脱布衫・實至名歸   2016.12.25 -48001 .   老師説、實至名歸,繆斯説、酒好魂飛。仙童賣、詩材盡美,嘲苦吟、跋胡疐尾。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/25 13:29
[中呂]賣花聲・功名富貴
     [中呂]賣花聲・功名富貴   2016.12.22 -47976 .   鳳雛刻苦修學業,出仕經年作顯官。功名富貴扮金仙,花間遊目,月中傾盞,裁詩賦、枉然傷感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 05:45
[中呂]賣花聲・求名奪利
     [中呂]賣花聲・求名奪利   2016.12.22 -47975 .   騷翁刻苦無功譽,收買詩魔得口才。唇槍舌劍勝同儕,求名奪利,酒嚢飯袋,作權威、藝林毒害。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/22 14:16
名從主人→ [中呂]名從主人筆從題
     [中呂]名從主人筆從題    2016.12.21 -47968 .   名從主人,詩押清韻。題是遊山,筆寫櫻雲。喜濃春,帶醉醺,賞玩香錦,受風飛、雪花無盡。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/21 14:15
[中呂]醉高歌・来蹤去跡
     [中呂]醉高歌・来蹤去跡   2016.12.19 -47953 .   春秋兩有風蝶,傷感花飛月缺。來蹤去跡如紅葉,畢竟歸根戴雪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/19 15:09
[中呂]醉高歌・潜蹤隱跡
    [中呂]醉高歌・潜蹤隱跡        2016.12.18 -47949 .   醉翁辭世風流,能不登仙死守。潜蹤隱跡難成就,留下金杯緑酒。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/18 15:01
[双調]壽陽曲・雪泥鴻跡
[双調]壽陽曲・雪泥鴻跡      [双調]壽陽曲・雪泥鴻跡   2016.12.16 -47936 .   詩人死,酒友惜,看紅箋、雪泥鴻跡。老猶愛人揮醉筆,寫情詩、向隅而泣。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/17 07:20
[双調]壽陽曲・雨蹤雲跡
     [双調]壽陽曲・雨蹤雲跡    2016.12.14 -47927 .   秋風冷,霖雨洗,廢箋留、雨蹤雲跡。詩人老猶思往昔,扮鳴鳳,對凰張翼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/14 14:16
馬跡蛛絲 [中呂]醉高歌と五七令
     [中呂]醉高歌・馬跡蛛絲   2016.12.13 -47921 .   雨中馬跡蛛絲,雅韻難留廢紙。詩林泥濘流題字,落葉堆疊壞卮。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/14 10:33
梗跡萍蹤 梗跡蓬飄 [中呂]上小樓と四七令と短歌と俳句
 梗跡萍蹤:水中の断梗、浮萍のように蹤跡不定であることを比喩。  梗跡蓬飄:梗は折れた枝あるいは茎、蓬は飛蓬。漂泊流浪を比喩する。 .      [中呂]上小樓・梗跡萍蹤   2016.12.12 -47909 .   學詩抱影,傾杯延命,醉寫詩箋,梗跡萍蹤。喜春風,吃畫餅,蜃樓屋頂,欲捉拿、青天飛鏡。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/12 09:19
[中呂]醉高歌・匿跡銷聲
     [中呂]醉高歌・匿跡銷聲   2016.12.11 -47908 .   學詩匿跡銷聲,刻苦追風躡影。十年構想生香夢,箋上良辰美景。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/12 08:01
[中呂]醉高歌・血跡斑斑夢枕
     [中呂]醉高歌・血跡斑斑夢枕 2016.12.09 -47888 .   子規夜半高啼,枕上斑斑血跡。月中夢醒詩翁泣,不忍歸思嘆息。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/09 15:12
[中呂]醉高歌・寄跡山林
     [中呂]醉高歌・寄跡山林   2016.12.09 -47887 .   辭官寄跡山林,却老學詩廢寢。凌寒取暖依牛飲,酒促飛聲放吟。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/09 11:39
[中呂]醉高歌・集螢映雪
     [中呂]醉高歌・集螢映雪       2016.12.07 -47877 .   清貧少欲勤學,却老集螢映雪。詩中有盞浮明月,畫餅充飢可也。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/07 15:47
如湯沃雪 〔中呂]醉高歌と四七令と短歌と俳句
     [中呂]醉高歌・買酒裁賦如湯沃雪   2016.12.07 -47875 .   傾杯醉買直覺,裁賦如湯沃雪。繆斯一笑如明月,詩叟忽成五絶。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/07 15:45
[中呂]上小樓・含霜履雪
     [中呂]上小樓・含霜履雪   2016.12.06 -47873 .   含霜履雪,夕聞仙樂,却老遊魂,獨上天階。化飛蝶,將守約,隨風月夜,問嫦娥、獻酬親切。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/07 07:39
[中呂]醉高歌・風霜雨雪
    [中呂]醉高歌・風霜雨雪   2016.12.06 -47871 .  菲才拘泥詩學,經歴風霜雨雪。扮装蜀鳥空啼血,仰看青天月缺。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/06 09:16
黄落(続続) 五七令と短歌と俳句 と南郷子
「「黄落(続) 七言俳句と俳句と石倉十八字令」について .  平仄両用で三押韻の七言俳句は実に窮屈。  「黄落」「黄葉」を題とし二十三句ほど詠んではみたが  窮屈感ばかりが残って満足できない。  「黄落」「黄葉」ともに音読で四音となり  和文の読み下しを五七五にするのがむずかしい。 .       五七令・黄 落       2016.09.06 -47241 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2016/09/06 10:05
「黄落(続) 七言俳句と俳句と石倉十八字令
「黄落 黄葉 七言俳句と俳句 と五言絶句と短歌」について .  9月10日投句〆切NHK俳句 題は「黄落(こうらく)」または「黄葉(こうよう)」    4日の作に加えさらに九句を詠んだ。  うち一句を投句することにし次の八句は投句を見送る。  計二十三句、うち四句を投句。 .       七言俳句・黄 落      2016.09.05 -47234 .   黄落守拙詩道樂。  こうらくやせつをまもりてしどうたのし   ○仄●平○●仄     ○:平声。●:仄声。平/仄:中... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

2016/09/06 07:58
『やけ酒』 日文自由詩と石倉十八字令
 心など糞くらえだと思わないか  人のことにはあまり関心がなく  だからぼんやりしているといきなり  おまえはおれの気持ちがわからないのか  おまえそれでも友だちか  などといわんばかり白い眼 .  同情の言葉をどうかければよいのか  それがわからないので  いつもあたりさわりのないようにする  その事情も知らずに  薄情なやつだ とは身勝手だ  おまえの心なのだ  自分で何とかしろ .  やっかいだ 心は  それをありがたがるやつらの  気が知れない . ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/15 18:15
2016年6月度 葛飾吟社例会
 本日は漢詩結社『葛飾吟社』の例会。  先月中国で開催された『詩詞中国』の大会に出席した詩友田旭翠さんのみやげ話を拝聴。  中国では伝統の詩詞作りが若い世代を中心にとてもさかんになってきている由。  あと10年もすれば、中国の文化を支える大きな力になるだろう  とのことだった。  私は、下記の詞譜(一部曲譜)をもとに「詞」の講義をした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/09 20:06
石倉十八字令・夢蝶醒墓穴
      石倉十八字令・夢蝶醒墓穴  2016.06.25 -46713 .  日斜,如血,山睡景凄絶。夢蝶,穿雪,春來醒墓穴。  ●平,○仄,○●●○平。●平,○仄,○○●●平。     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻三皆平仄両用の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/25 14:47
[中呂]醉高歌帶過殿前歡・秋吟
     [中呂]醉高歌帶過殿前歡・秋吟 2016.06.24 -46701 .   殘蝉却老飛聲,對象無言淡冷。終天求愛青林徑,但見白頭歩行。   坐旗亭,醇醪溢滿盞堪傾。山湖夕暮輝如鏡,四起蛩鳴。悲秋情易生,詩思涌,醉意隣吟興。獨揮短筆,遜順遺風。 .   殘蝉 老いを却(しりぞ)けて声を飛ばすも,   對象(あいて)は無言にして淡冷(冷淡)。   終天(ひねもす)愛を青林の徑に求め,   ただ見る 白頭の歩行するを。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/24 14:32
[中呂]醉高歌帶喜春来帶紅綉鞋・吟叟若寒蛩
     [中呂]醉高歌帶喜春来帶紅綉鞋・吟叟若寒蛩 2016.06.23 -46700 .   殘蝉却老哀鳴,對象無言淡冷。終天求愛青竹徑,但見白頭誦詠。   山湖夕暮輝如鏡,茅店村醪催野情。詩魂張翼筆含靈,吃畫餅,覓句欲裝瘋。   高聳雙肩霞洞,巧押雅韻飛聲。月中蒼老若寒蛩,醉吟題舊夢。吏道到迷宮,酒樽浮此生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/24 08:40
石倉十八字令 『樂園手紙作詩箋 (楽園のトイレットペーパー詩箋となる)』
(翻訳) .  楽園に,  さかずきを傾ければ,  酔っておきなは赤ら顔の猿。  酒仙に,  感あれば,  トイレットペーパーが詩箋。 , (原作)      石倉十八字令・樂園手紙作詩箋    2016.06.21 -46685 .  樂園,傾盞,醉叟赭顔猿。酒仙,有感,手紙是詩箋。  ●平,○仄,●●●○平。●平,●仄,●●●○平。     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻八寒平仄両用の押韻 . (注)石倉十八字令 .  中国の古典詩は定型の宝庫。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/21 19:09
暴風疾雨→ [双調]寿陽曲・涙河伴暴風疾雨
 暴風疾雨:来勢急遽にして猛烈なる風雨。 .    [双調]寿陽曲・涙河伴暴風疾雨  2016.05.21 -46455 .  詩才菲,筆路迂,冷齋無、月章星句。十年盡心學律呂,涙河伴、暴風疾雨。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/21 15:10
そうだ櫻を詠もう 其四十五之十六 寄調塞鴻秋
     [正宮]塞鴻秋・春賞櫻雲醉吟無聲病  2016.04.29 -46314 .   黄鶯振尾晴天哢,白頭遊目櫻雲涌。乘風香雪飛閑徑,誘人茅店如霞洞。翠娥勸玉杯,緑酒催詩興。隨心口占無聲病。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/29 09:50
そうだ櫻を詠もう 其四十四之十 寄調者刺古
     [黄鐘]者刺古・醉賞櫻雲擅筆尖 2016.04.21 -46270 .   悦目櫻雲滿天,香雪舞湖邊。遠來遊客萬千,如海繞春山。花容青眼,旗亭金盞,美酒堪傾,吟魂欲囀。擅筆尖,走錦箋。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/22 06:03
そうだ櫻を詠もう 其四十四之九 寄調醉太平
 「醉太平」は、詞の38字に作る雙調がよく詠まれているが45字、46字に詠むものもある。  「醉太平」は曲に44字に詠むものもあり、詞の46字体に近い(詞46字の5字句2句→曲44字の4字句2句)。 .       [正宮]醉太平・醉賞櫻雲爲鸚鵡    2016.04.21 -46267 .   春携酒壺,鶴歩山湖。櫻雲盛涌若仙都,遠隔世途。乘風香雪飛詩路,傾杯老叟爲鸚鵡。醉集好句擅音書,高吟尚古。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/21 16:57
そうだ櫻を詠もう 其四十二之十二 寄調碧玉簫
     [双調]碧玉簫・吟賞櫻雲擅天分  2016.04.14 -46225 .   悦耳鶯吟,明哢水村春。滿目櫻雲,盛涌鏡湖濱。雪花飛碧淪,凍醪盈玉樽。得句新,裁賦押清韻,欣,走筆揮天分。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/14 17:40
そうだ櫻を詠もう 其四十二之十 寄調殿前歡
 下記拙作は『欽定詞譜』の詞譜に従って詠んだが、「殿前歡」は散曲に分類されるべき。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/13 13:43
そうだ 櫻を詠もう 其四十一之十三 寄調寄生草
     [仙呂]寄生草・醉賞櫻雲押雅韻  2016.04.06 -46161 .   牽黎杖,喜午風,將穿花底如霞洞。仰瞻靉靉櫻雲涌,閑聽朗朗春鶯哢。酒旗翻處買村醪。遊魂一醉堪吟詠。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/06 16:45
そうだ 櫻を詠もう 其三十八之八 寄調風入松
       [双調]風入松・賞景裁詩酬和鶯吟  2016.03.21 -46041 .   隨風曳杖探濃春,鶴歩入櫻雲。山湖白水浮文錦,是香雪、飄落清淪。賞景當押雅韻,飛聲應和鶯吟。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/21 18:59
そうだ 櫻を詠もう 其三十六之十 寄調賣花聲
     [中呂]賣花聲・欣賞櫻雲和柳鶯  2016.03.16 -46011     櫻雲盛涌流湖畔,艷雪繽紛舞半天。風中遊目扮詩仙,留題春景,吟從靈感,飛聲和、柳鶯清囀。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/16 17:10
石倉十八字令 『漢詩用半紙與一枝筆 (漢詩は用ふ半紙と一枝の筆)』
 私には詩才がない  そう踏ん切りをつけて  私は漢詩人になった。    日本語はむずかしい。  特に仮名で書かなければならない部分を  詩ではどう扱えばよいのか  それを嗅ぎわける力が  私にはなさそうだった。    そこで私は日本語に見切りをつけた。  というより  日本語のなかの仮名書きに見切りをつけ  漢字だけを残して  詩を詠むことにした。    漢字だけの表記。  それは日本語の立場から見れば  要点だけの表記だ。  そこで  漢字だけで作る詩... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/09 09:35
石倉十八字令 『官衙隣酒館 (役所は酒館に隣る)』
 偽善は善ではなく  偽悪は悪でなく  偽善も偽悪も  善とはいえず悪ともいえないから  似たりよったりだ。    どちらも  心がねじけたまま  人の関心を引こうとする行動が生み出す結果に思える。  ただ  お偉方は偽善的な言行で  虎の威を借りたがるし  下々の者は  偽悪的な言辞や態度で  鬱憤を貼らす。     反朴帰真(朴に返り真に帰る)    みんながそうすれば偽善も偽悪もなくなって  すっきりした世の中になるはず  などと私がいうのは  偽... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/23 10:35
石倉十八令 『幸逢詩仙燒畫餅(幸ひにも逢へり詩仙の画餅を焼くに)』
 千年続いた日本の詩の伝統  実は漢詩の伝統は  いまや詩林の片隅に追いやられている。  酸雨のごとく近代的な詩作りがふり注いで百年  詩林全体が枯れていくのだから  それはそれで仕方がない。  しかし  残された希望はあるのであって  あの世がある。    李白大先生にお会いしたい。  そして  酒をお注ぎし  残杯をいただいて  詩の応酬をしたい。    絵に画いた餅だと  笑いたければ笑えばよい。  画餅 絵に画いた餅は  ふつう人は食わないが  詩... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/18 10:09
[仙呂]一半兒 『上司恰似神佛無事權(上司はあたかも似たり神仏の職権なきに)』
 何ごとも心の持ち方次第 だよ  あまりくよくよしなさんな  などと言っているうちはよいのだが  あの野郎 ぶっ殺してやる  と念じ念じて呪文を唱え続ける となると  もはや度を過ごすことになるだろう。    心は柔軟で  心の鏡に照らせば黒いものも白くなり  白いものも黒く映る が  それは個人の自由であり その人かぎりの自由。  肉眼に映る眼の前の人 に  うらみつらみを抱いてみても  知らぬが仏とばかりに  涼しい顔をされるばかりだろう。    となると ど... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/09 19:05
石倉十八字令・題是中秋月 一地清愁
「石倉十八字令・秋」について  拙作『石倉十八字令・秋』に、一地清愁さんが拙作に一首、和してくれた。  コメント欄でのことで、題はついていないが。  ここでは『題是中秋月』を仮題とさせていただく。        石倉十八字令・題是中秋月 一地清愁    酒烈,初學,醉筆揮一撇。小葉,七絶,題是中秋月。  ●仄,○平,●●○○仄。●仄,○平,○●○○仄。     酒烈(燃えさかり),   初めて學び,   醉筆揮ひ一撇(ひとはらい)。   小さな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/24 13:08
石倉十八字令・藝苑醉歌聲
     石倉十八字令・藝苑醉歌聲  2015.09.24 -44753    秋楓,霞洞,藝苑醉歌聲。詩翁,酒甕,裁賦自神工。  ○平,○仄,●●●○平。○平,●仄,○●●○平     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵十一庚平仄兩用の押韻。     秋楓,   霞洞,   藝苑に醉歌の聲。   詩翁,   酒甕,   賦を裁さば自ずから神工。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/24 12:42
石倉十八字令・笑對解言花
     石倉十八字令・笑對解言花  2015.09.24 -44752 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/24 12:29
石倉十八字令・秋
     石倉十八字令・秋      2015.09.23 -44749 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2015/09/23 20:07
石倉十八字令一首 紫陌青猫
「石倉十八字令・秋 遊」について  紫陌青猫さんが私の石倉十八字令に和してくれた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/22 07:19
石倉十八字令・晩 節
     石倉十八字令・晩 節    2015.09.21 -44743     落葉,晩節,青春歸碎屑。幻滅,夢蝶,風霜滿頭雪。  ●仄,●平,○○○●仄。●仄,●平,○○●○仄。    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻三皆平仄兩用の押韻。       落葉,   晩節,   青春 碎屑に歸す。   幻滅,   夢蝶,   風霜 滿頭の雪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/21 22:16
石倉十八字令・秋 遊
     石倉十八字令・秋 遊    2015.09.20 -44740    隨風,探勝,鶴歩作詩翁。楓紅,霞洞,佯仙裁賦工。  ○平,●仄,●●●○平。○平,○仄,○○○●平。    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄兩用の押韻。     風に隨ひ,   勝を探り,   鶴歩し詩翁となる。   楓の紅き,   霞洞に,   仙の佯(ふり)して賦を裁して工みなり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2015/09/20 20:32
十三字令・秋
「十三字令・秋 蝶」について  十四字令、私以外に考えている人はいないかとgoogleで調べてみたら、  中国に、やはりいた。一三三三三。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/19 21:08
十三字令・秋 蝶
     十三字令・秋 蝶     2015.09.19 -44735     金風颯颯拂紅葉,化黄蝶,舞白雪。   ○○●●○○仄,●○平,●○仄     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵三皆平仄兩用の押韻     金風 颯颯として拂ひたる紅葉,   黄蝶と化し,   白雪に舞ふ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/09/19 21:06
十五字令・秋 蝶
     十五字令・秋 蝶      2015.09.11 -44691    蝶,秋野,喜風斜。獨追仙樂,醉舞上天階。  平,○仄,●○平。○○○仄,●●●○平。     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵三皆平仄両用の押韻     蝶,   秋の野に,   喜ぶ 風の斜めなるを。   獨り仙樂を追って,   醉って舞ひ上ぼる天階。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/11 19:06
十五字令・秋 蝶
     十五字令・秋 蝶      2015.09.11 -44690    蝶,桐葉,落苔階。晩來切切,滿庭蛩雨斜。  平,○仄,●○平。●○●仄,●○○●平     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵三皆平仄両用の押韻     蝶,   桐葉,   苔階に落つ。   晩來 切切として,   滿庭 蛩雨斜めなり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/11 18:40
十八字令・秋 蝶
     十八字令・秋 蝶      2015.09.10 -44687   秋蝶,紅葉,飄飄舞柳街。雨斜,人借,笑臉啜觴爵。  ○平,○仄,○○●●平。●平,○仄,●●●○平。     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵三皆平仄両用の押韻     秋の蝶,   紅葉,   飄飄と柳街に舞ふ。   雨は斜めなれば,   人は借る,   笑臉 觴爵(さかずき)を啜る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/10 21:31
十五字令・秋 愁
「十五字令・酒」について    十五字令・酒の押韻、その平仄を裏返せば、        十五字令・秋 愁      2015.09.10 -44686    愁,緑酒,洗白頭。江亭清晝,醉望水心舟。  平,●仄,●○平。○○○仄,●●●○平。     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵七尤平仄両用の押韻     愁,   緑酒,   白頭を洗ふ。   江亭の清晝に,   醉って望ぬ 水心の舟。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/10 10:14
十五字令・酒
     十五字令・酒        2015.09.09 -44685    酒,洗愁,滌白首。風爽金秋,黄菊伴紅友。  仄,●平,○○仄。○●○平,○○●○仄。     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵七尤平仄両用の押韻     酒,   愁ひを洗ひ,   白首を滌(あら)ふ。   風爽やかなる金秋,   黄菊 紅友(酒)を伴ふ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/09/09 20:28
十五字令・詩
     十五字令・詩        2015.09.09 -44684 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/09 16:50
同工異曲『蝉噪』其三十六 寄調[南呂]乾荷葉
    [南呂]乾荷葉・蝉 噪       2015.09.06 -44679    秋蝉噪,放聲高,泣訴痴情老。似詩豪,啜村醪,追懷往日繆斯嬌,勸酒花唇笑。     秋蝉噪ぎ,   聲の高きを放ち,   泣いて訴ふ 痴情の老ゆるを。   似たり 詩豪の,   村醪を啜り,   追懷するに往日 繆斯(ミューズ)嬌(なまめ)き,   酒を勧めれば花唇 笑へり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/06 05:58
同工異曲『蝉噪』其三十四 寄調[越調]天淨沙
     [越調]天淨沙・蝉 噪    2015.09.05 -44675 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/05 21:42
同工異曲『蝉噪』其三十三 寄調[双調]七弟兄
     [双調]七弟兄・蝉 噪    2015.09.05 -44674 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/05 21:40
同工異曲『蝉噪』其三十二 寄調[中呂]迎仙客 と短歌
     [中呂]迎仙客・蝉 噪    2015.09.05 -44673    有晩蝉,噪秋天,泣訴好逑求愛憐。轉多情,到暮年,竟斷塵縁,剥落浮河面。     晩蝉あり,   秋天に噪ぎ,   好逑に泣いて訴へ愛憐を求む。   轉た多情,   暮年に到り,   竟(つい)に塵縁を斷ち,   剥落 河面に浮く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/05 21:39
同工異曲『蝉噪』其三十一 寄調[仙呂]鵲踏枝 と俳句
     [仙呂]鵲踏枝・蝉 噪    2015.09.05 -44672    有詩翁,怕秋風,恰似寒蝉,鼓噪飛聲。飲酒數、佯仙餘命,轉傷感、放唱舒情。     詩翁あり,   秋風を怕れ,   恰も似る 寒蝉の,   噪を鼓し聲を飛ばすに。   酒を飲んで數ふ、仙の佯(ふ)りする餘命,   轉た感を傷め、   放唱 舒情す。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/05 21:34
同工異曲『蝉噪』其三十 寄調[正宮]脱布衫
     [正宮]脱布衫・蝉 噪    2015.09.04 -44671    秋蝉噪、朗朗飛聲,詩客吟、歩歩舒情。入茅店、遊魂笑傾,金杯滿、芳醇酒聖。     秋蝉噪ぎ、朗朗と聲を飛ばし,   詩客吟じて、歩歩に情を舒す。   茅店に入り、魂を遊ばせ笑って傾く,   金杯に滿つる、芳醇たる酒聖(清酒)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/04 23:28
石倉十八字令・四聲無病筆先花有情
      石倉十八字令・四聲無病筆先花有情  2015.08.28 -44641    虫鳴,夜靜,殘酒洗詩翁。四聲,無病,筆先花有情。  ○平,●仄,○●●○平。●平,○仄,●○○●平。      ○:平声。●:仄声。平:中華新韵十一庚平仄両用の押韻。     虫鳴き,   夜は靜かに,   殘酒 詩翁を洗ふ。   四聲,   病ひなくば,   筆先の花に情あり。           鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。           画:足柄金太... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/28 08:01
十五字令『金卮無志促裁詩(金のさかずきに志なくも裁詩を作るを促す)』
     十五字令・金卮無志促裁詩       2015.08.27 -44638    卮,無志,促裁詩。醉來遺世,禿筆弄花辭。  平,○仄,●○平。●○○仄,○●●○平。    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十三支平仄両用の押韻。     卮,   志 なくも,   裁詩を裁するを促す。   醉ひ來って世を遺(わす)れ,   禿筆 花辞を弄ぶ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/27 15:50
蝉噪 其三 寄調慶宣和
    [双調]慶宣和・蝉 噪  2015.08.26 -44636 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/26 21:24
[双調]慶宣和『裁詩賣老(詩を作って老いを売る)』
 人からよく思われたい という漠然とした願いが  ある日、一点に凝集して  あの人によく思われたい となると恋となり  私のことをよく見てほしい  ということで仕事で頑張ってみても  ことがうまく運ばなかったりで  人は他人のことにはあまり関心がないのだ と知ると  繁華街のまん中で  ひとり天の満月を見あげたりして  孤独を知る ことになる。    孤独、それでよいではないか と思い  そうなら 自分に正直に生きよう などと腹をくくり  自分に正直な意見を述べる努力を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/26 21:06
石倉十八字令 『詩魂羽化投灯火 (詩魂羽化して灯火に投ず)』
     石倉十八字令・詩魂羽化投灯火  2015.08.25 -44633    鸚哥,唱和,醉叟鼓凡舌。飛蛾,投火,羽化戀詩魔。  ○平,●仄,●●●○平。○平,○仄,●●●○平。    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻二波平仄両用の押韻。     鸚哥(インコ),   唱和す,   醉叟の凡舌を鼓すに。   飛蛾,   火に投ず,   羽化し詩魔に戀して。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/08/26 07:26
蝉噪 其二 寄調醉妝詞
「蝉噪 其一 寄調石倉十八字令」について    「石倉十八字令」は直接的には十八字に作る詩には「閑中好」しかなく  それがさびしく  また、人はいつも閑とは限らないと思ったので考案したものだが  思いだしてみれば、下載の「醉妝詞」と  字数の配分がとてもよく似ている。     醉妝詞は、三三五三三五字。   石倉十八字令は、二二五二二五字    醉妝詞を考案した王衍は前蜀の後主(最後の王)、10世紀の人。  山深き蜀の王衍の三三五を  東海の島に住む私が二二五に減らすの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/25 22:11
蝉噪 其一 寄調石倉十八字令
「紫陌青猫さんが十八字令をもう一首、作ってくれた」について ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/08/25 21:45
話 十五字令で詠むアラカルト 中華新韻一麻 其六
     十五字令・話        2015.08.24 -44629    話,酒家,多白髪。乘興酬答,吟競詩高雅。  仄,●平,○○仄。○●○平,○●○○仄。    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻一麻平仄両用の押韻。     話,   酒家に,   白髪多し。   興に乗れば酬答し,   吟じ競ふ 詩の高雅なるを。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/24 21:46
暇 十五字令で詠むアラカルト 中華新韻一麻 其五
     十五字令・暇        2015.08.24 -44628 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/24 21:31
蝦 十五字令で詠む動物 其三十一
     十五字令・蝦        2015.08.23 -44625    蝦,自大,蹴泥沙。海深底下,螯足堪擧誇。  平,●仄,●○平。●○●仄,○○○●平    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻一麻平仄両用の押韻。     蝦,   自らを大とし,   泥沙を蹴る。   海深き底下(そこ),   螯足(はさみ) 擧げて誇るに堪ふ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/23 22:02
家 十五字令で詠むアラカルト 中華新韻一麻 其四
     十五字令・家        2015.08.23 -44624    家,花下,醉無他。山妻怒罵,午酒毎天加。  平,○仄,●○平。○○●仄,●●●○平    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻一麻平仄両用の押韻。     家,   花の下なり,   醉ふ 他でもなく。   山妻 怒り罵る,   午酒 毎天(毎日)加はる と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/23 21:59
花 十五字令で詠むアラカルト 中華新韻一麻 其三
「花 十五字令で詠むアラカルト 中華新韻一麻 其二」について    13335字に詠む十五令は三字句の対仗が詠める点が長所。  しかし、12345字は、詩想の変化を縦横に楽しめる。        十五字令・花        2015.08.23 -44623    花,騎馬,問仙家。詩魔羽化,蝴蝶舞晩霞。  平,○仄,●○平。○○●仄,○○●●平    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻一麻平仄両用の押韻。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/23 09:35
花 十五字令で詠むアラカルト 中華新韻一麻 其二
 十五令、私は12345字の五句に詠んでいるが、  中国の詞人には13335字に詠んでいる例がある。  それにならって ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/08/23 06:58
茶 十五字令で詠むアラカルト 中華新韻一麻 其一
     十五字令・茶        2015.08.22 -44621    茶,花下,望夕霞。詩翁閑話,乘興忘歸家。  平,○仄,●○平。○○●仄,○○●●平    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻一麻平仄両用の押韻。     茶,   花下,   夕霞を望む。   詩翁の閑話,   興に乘り家へ歸るを忘る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/22 23:17
蛇 十五字令で動物を詠む 其三十
     十五字令・蛇     2015.08.19 -44608  蛇,虚左,迎夢魔。添足吐火,化龍飛碧河。  平,●仄,●○平。○○●仄,○○●●平    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵二波平仄両用の押韻。   蛇,   左を虚しくして,   夢魔を迎ふ。   足を添へて火を吐き,   龍と化して碧河を飛ぶ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/19 09:58
鳥 十五字令で動物を詠む 其二十九
 『十五字令で動物を詠む』シリーズ中華新韻一麻〜十四姑まで詠んだが二十八首で打ち止めでは  切りが悪い。そこで ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/19 07:58
烏 十五字令で動物を詠む 其二十八
「兎 十五字令で動物を詠む 其二十七」について    月は銀兎ともいい太陽は金烏ともいう。  そして、兎走烏飛 といえば、光陰箭のごとしと同じ意味で  時光つとに流れ逝くことをいう。      そのことは、十五字令で動物を詠む其二十七「兎」で詠んだが  「烏」でも詠める。        十五字令・烏        2015.08.18 -44604    烏,替兎,照前途。商人刻苦,發財買韻書。  平,●仄,●○平。○○●仄,○○●●平    ○:平声。●:仄声。平/仄... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/18 11:22
兎 十五字令で動物を詠む 其二十七
     十五字令・兎        2015.08.17 -44603    兎,替烏,臨世路。騷客守株,玩月吟甘苦。  仄,●平,○●仄。○●○平,○●○○仄。    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵十四姑平仄両用の押韻。    兎,  烏に替はり,  世路に臨む。  騷客 株を守り,  月を玩んで甘苦を吟ず。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/08/18 07:47
豕(いのこ) 十五字令で動物を詠む 其二十四
     十五字令・豕        2015.08.16 -44598 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/16 21:12
獅 十五字令で動物を詠む 其二十二 と変則十六字令と十八字令
     十五字令・獅       2015.08.14 -44586    獅,喪志,掉牙時。胸中殘滓,結晶爲好詩。  平,●仄,●○平。○○○仄,●○○●平    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵十三支平仄両用の押韻。     獅(ライオン),   志を喪ひ,   牙の掉(ぬ)けし時。   胸中に殘滓あり,   結晶して好詩となる。    獅は一字でも獅子だが通常は獅子。そこで十五字にこだわらずに        十六字令・獅 子     2015.08.14 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/15 08:29
魚 十五字令で動物を詠む 其二十一
     十五字令・魚       2015.08.14 -44585    魚,喜雨,泛清渠。閑覺風趣,遡上到玄虚。  平,●仄,●○平。○○○仄,○●●○平    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵十二斉平仄両用の押韻。     魚,   雨を喜び,   清渠に泛ぶ。   閑に風趣を覺え,   遡上して玄虚に到る。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/14 21:59
鳳 十五字令で動物を詠む 其十九
     十五字令・鳳        2015.08.12 -44580    鳳,姿容,堪憧憬。凡鳥追從,詩林競吟詠。  仄,○平,○○仄。○●○平,○○●●仄。    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄両用の押韻。     鳳の,   姿容,   憧憬するに堪ふ。   凡鳥 追従して,   詩林に競って吟詠す。           鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。           画:足柄金太郎 http://ashigara-kint... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/08/13 08:34
熊 十五字令で動物を詠む 其十八
     十五字令・熊        2015.08.12 -44579    熊,冬夢,點唇紅。恍然對鏡,期待早春風。  平,○仄,●○平。●○●仄,○●●○平。    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵十一庚平仄両用の押韻。     熊,   冬の夢に,   唇の紅きを点ず。   恍然と鏡に對し,   期待す 早春の風を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/12 20:25
龍 十五字令で動物を詠む 其十七
     十五字令・龍        2015.08.12 -44578    龍,醉夢,挂長虹。詩人豪縱,騎他行碧空。  平,●仄,●○平。○○○仄,○○○●平    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵十一庚平仄両用の押韻。     龍,   醉夢に,   長虹を挂く。   詩人 豪縱にして,   他(それ)に騎り碧空を行く。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/12 18:15
鯨 十五字令で動物を詠む 其十六
     十五字令・鯨        2015.08.12 -44577    鯨,春夢,喜行空。發揮天性,噴水作雲峰。  平,○仄,●○平。○○●仄,●○●○平    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵十一庚平仄両用の押韻。     鯨,   春夢に,   空を行くを喜ぶ。   天性を発揮し,   噴水(しおふき)し   雲峰をなす。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/12 10:08
蝗(いなご) 十五字令で動物を詠む 其十四
     十五字令・蝗        2015.08.11 -44575    蝗,無恙,咬黄粱。夢腸私釀,醇醪好酒香。  平,○仄,●○平。○○○仄,○○●●平    ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻。     蝗,   恙なく,   黄粱を咬む。   夢腸 私(ひそか)に釀す,   醇醪の好き酒香を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/11 23:10
蚊 十五字令で動物を詠む 其十三 と俳句
     十五字令・蚊        2015.08.10 -44572    蚊,發奮,參義軍。賊官難寝,掻痒不安民。  平,○仄,○●平。○○○仄,○●●○平    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻九文平仄両用の押韻。     蚊,   發奮し,   義軍に参ず。   賊官 寝るに難く,   痒きを掻きて民を安んぜず。    俳句   蚊が義軍に参じ痒くて眠れぬ将軍 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/11 00:33
牛 十五字令で動物を詠む 其十
     十五字令・牛        2015.08.10 -44569    牛,飲酒,對白頭。彈琴傳授,風韻起金秋。  平,●仄,●○平。○○○仄,○●●○平    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻七尤平仄両用の押韻。     牛,   酒を飲み,   白頭に対す。   琴を彈いて傳授す,   風韻の金秋に起こるを。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/10 09:31
猫 十五字令で動物を詠む 其九
     十五字令・猫        2015.08.09 -44568 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/10 06:46
龜 十五字令で動物を詠む 其八 と十六字令
     十五字令・龜        2015.08.09 -44565 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/09 17:30
鶴 十五字令で動物を詠む 其五
     十五字令・鶴        2015.08.08 -44559 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/08 19:57
当分の間、十五字令に淫し動物を詠む
 12345字に詠む短詩を私は2010年に初めて詠み、      http://shiciankou.at.webry.info/201010/article_40.html     私の獨創だと思っていたが、実はそうではなかった。  中国のネット      http://www.sgwritings.com/bbs/viewthread.php?action=printable&tid=30720    に次の記事がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/08 09:26
鴉 十五字令で動物を詠む 其四
     十五字令・鴉        2015.08.07 -44558    鴉,朱夏,向紅霞。夕陽西下,望月照山家。  平,○仄,●○平。○○○仄,●●●○平    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻一麻平仄両用の押韻。     鴉,   朱夏(なつ)に,   紅霞(夕焼け)に向かふ。   夕陽 西に下り,   望月照らす 山の家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/08 07:34
[越調]凭欄人『獨運匠心騎鶴仙(獨運匠心 鶴仙に騎す)』
 「獨運匠心」とは精美にして独創的な詩想など芸術的構想をいう。  「鶴仙」は、仙鶴に同じ、鶴のこと。さて    人の運のよしあしはともかく  自分の運がどうだったか といえば  おおむね幸運に恵まれてきた  と思う。  運が悪かったのだから仕方がない  と自分を慰めたことがなかったわけではないが  おおむね良好  天に感謝している。  人の運は天の差配であるだろうから  私は天に感謝する。    しかし、恨めしく思うことがないわけではない。  天はなぜ私を今の世のこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/21 09:49
[双調]水仙子 『黄梁美夢作天鶯(黄梁の美夢に天の鶯となる)』
     [双調]水仙子・黄梁美夢作天鶯   2015.07.16 -44442 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/16 19:19
きょうは葛飾吟社の例会で「曲」の話を少しした
 きょうは葛飾吟社の例会で下記資料により「曲」の話を少しした。  いちばんのポイントは、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/13 21:29
[中呂]上小樓・獨上蜃樓交紅友(獨り蜃樓に上り紅友と交はる)
     [中呂]上小樓・獨上蜃樓交紅友  2015.06.03 -44262 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/03 14:32
[双調]大徳歌『謝罪閻羅作詩客(閻魔に謝罪し詩人となる)』
 俗世で法に触れる罪を犯せば、法によって刑罰が決められるが  私は善良な市民として今のところは無罪。  しかし、あの世では信心が足りないとかで有罪とされるだろう。  神仏の存在を信じないのであればまだしも  神仏は存在するかも知れないと思いながら信心の浅きを顧みないのは  きっと厳しく咎められる。    酒もタバコも体に良くないとわかっていて止めることができない。  その自堕落。それを  私は詩人だ  という自負というかおごりが 救ってくれているように思っているのだが  そ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/03 07:08
[中呂]賣花聲・看雲流彩悟眞吾(雲の彩りを流すを見て眞吾を悟る)
     [中呂]賣花聲・看雲流彩悟眞吾  2015.05.31 -44252 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/01 08:02
[双調]慶東原・美醉延眉壽(美醉し眉壽を延ばす)
     [双調]慶東原・美醉延眉壽    2015.05.31 -44251 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/31 12:24
[黄鐘]賀聖朝・頓悟眞吾傷感暮愁(眞吾を頓悟し暮愁に感を傷む)
     [黄鐘]賀聖朝・頓悟眞吾傷感暮愁    2015.05.31 -44250   上蜃樓,目送行雲去西,察看白衣蒼狗秋。頓悟眞吾逝不留,浮光掠影江流,散人傷感暮愁。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/31 12:23
[越調]天淨沙・悲秋揮醉筆(悲秋に醉筆を揮ふ)
    [越調]天淨沙・悲秋揮醉筆   2015.05.31 -44249    白衣蒼狗雲飛,赤烏銀兎秋悲,緑水青山酒美。黄昏骨醉,赭顔濡筆金杯。     白衣蒼狗の雲は飛び,   赤烏も銀兎も秋には悲しくも,   緑水青山に酒美し。   黄昏に骨醉し,   赭顔(あから顔) 筆を金杯に濡らす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/31 10:08
[仙呂]醉扶歸・形骸朽腐歸墳土(形骸 朽ち腐って墳土へ歸す)
     [仙呂]醉扶歸・形骸朽腐歸墳土 2015.05.30 -44247     酒店無塵務,醉叟問眞吾。正似行雲映鏡湖,流景連朝暮。理解形骸朽腐,畢竟歸墳土。     酒店に塵務なく,   醉叟 眞吾を問ふ。   正に似たり行雲の鏡湖に映じ,   流景の朝暮に流るるに。   理解す 形骸 朽ち腐って,   畢竟 墳土に歸するを。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/30 23:03
[中呂]醉高歌 『白衣蒼狗天風素(白衣蒼狗は天の風采であり素養である)』 と短歌
     [中呂]醉高歌・白衣蒼狗天風素 2015.05.29 -44244    看雲開悟眞吾,翻袖高飛鏡浦。白衣蒼狗天風素,認影爲頭若舞。     雲を看て開悟(さと)りたる眞吾,   袖を翻して高く飛ぶ 鏡のごとき浦に。   白衣蒼狗は天の風素,   認影爲頭 舞ふごとし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/30 14:22
[仙呂]遊四門・酒樽吟後洗詩魂(酒樽 吟じし後に洗ふ詩魂を)
    [仙呂]遊四門・酒樽吟後洗詩魂  2015.05.29 -44240   樗翁却老作俳人,探勝似行雲。寓情于景從才分,覓句愛芳春。樽,吟後洗詩魂。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/29 15:01
[仙呂]遊四門・醉顔半夢只茫乎(醉顔 半ば夢みてただ茫然)
     [仙呂]遊四門・醉顔半夢只茫乎  2015.05.29 -44239    蜃樓風爽望江湖,半夢有凡夫。看雲頓悟眞吾處,緑酒涌金壺。朱,醉臉只茫乎。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/29 14:33
[仙呂]游四門『人將遁入空門(人まさに遁れ入らんとす 空門へ)』
 詩を私は思いのままには書かない。  私が天然自然に思うことなどは詩にする価値がないと思うからだ。  つまりは  私が喜び怒り哀しみ楽しみ  生まれて老いて病んで死ぬ ことには  詩的価値がない。    詩的価値とは言葉を生かすことだ。  そう思っている。  では どうすれば言葉を生かせるのか。  その知恵がないとき私は  四字成語に頼る。    四字成語に頼ることで  私の思いのままが生み出すつまらぬ言葉の悪循環  から逃れることができる。    きょうの四字... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/29 10:35
漢詩結社「葛飾吟社」例会で「天淨沙」と「水仙子」について講義した。
 きょうは漢詩結社「葛飾吟社」例会の日。  「天淨沙」と「水仙子」について講義した。  このふたつは元の時代に詠まれた曲なのだが、  『欽定詞譜』にも収録されており、  詞としてもさかんに詠まれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/09 21:06
そうだ 櫻を詠もう 其三十三之四 寄調醉扶歸
     [仙呂]醉扶歸・櫻林花謝空安穩   2015.04.15 -43998 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/15 15:55
そうだ 櫻を詠もう 其三十之七 寄調游四門
     [仙呂]游四門・追尾東君上山門 2015.04.08 -43961 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/09 08:28
そうだ 櫻を詠もう 其二十九之六 寄調胡十八
    [双調]胡十八・櫻雲涌處作詩翁    日色暄,櫻雲涌,飛艷雪,舞午風。花間野店見詩翁,酩酊,諷詠,押雅韻,競鶯哢。  ●●平,○○仄,○●●,●●平。○○●●●○平,●仄,●仄,○●●,●○仄。                           (中華新韻十一庚平仄両用の押韻)   日色 暄(あたたか)く,   櫻雲 涌き,   飛ばせる艷雪,   午風に舞ふ。   花間の野店に詩翁 見ゆ,   酩酊し,   諷詠し,   雅韻を押し,   鶯の哢ると競ふ。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/06 09:14
そうだ 櫻を詠もう 其二十八之八 寄調七弟兄
     [双調]七弟兄・賞櫻花和酬鶯語押清韻 2015.04.04 -43940   有人,探春,入櫻雲,仰天欣賞花如錦。忽得詩想鼓吟唇,和酬鶯語押清韻。   ●平,●平,●○平,●○○●○○仄,○○○●●○平,●○○●○○仄。                             (中華新韻九文仄声の押韻)    人あり,    春を探り,    櫻雲に入り,    天を仰いで欣賞す 花の錦のごときを。    忽ち詩想を得て吟唇を鼓し,    鶯語に和酬して清韻を押... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/04 22:03
そうだ 櫻を詠もう 其二十八之七 寄調迎仙客
    [中呂]迎仙客・醉來白首將吟誦   2015.04.04 -43937 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/04 09:40
そうだ 櫻を詠もう 其二十八之六 寄調鵲踏枝
     [仙呂]鵲踏枝・吟俳句恰似倉庚 2015.04.03 -43936 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/03 21:48
そうだ 櫻を詠もう 其二十七之十二 寄調寿陽曲
    [双調]寿陽曲・碧湖景明媚 2015.03.31 -43901    櫻雲涌,香雪飛,坐旗亭、散人微醉。眼前碧湖夕照輝,若圖畫、景光明媚。     櫻雲涌き,   香雪飛び,   旗亭に坐し、   散人 微醉す。   眼前の碧湖 夕照に輝き,   図画のごとく、景光明媚なり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/31 14:26
そうだ 櫻を詠もう 其二十七之十一 寄調梧葉兒
    [商調]梧葉兒・花間俳句會人爭嶄新 2015.03.31 -43900    花如錦,翁作群,陸續入櫻雲。求風韻,惜寸陰,鼓吟唇,俳句會、相爭嶄新。     花 錦のごとく,   翁 群れとなり,   陸續として櫻雲へ入る。   風韻を求め,   寸陰を惜しみ,   吟唇を鼓し,   俳句會に、   相ひ爭ふ 嶄新なるを。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/31 12:26
そうだ 櫻を詠もう 其二十七之十 寄調采茶歌
    [南呂]采茶歌・雪花漂泛耀鱗鱗 2015.03.31 -43899    探濃春,入櫻雲,仰瞻香雪舞繽紛。星散鏡湖爲美錦,雪花漂泛耀鱗鱗。     濃春を探り,   櫻雲へ入り,   仰ぎ瞻(み)る 香雪の舞って繽紛たるを。   星のごとくちって鏡湖に美しき錦となり,   雪花 漂ひ泛かんで鱗鱗と耀く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/31 12:24
[中呂]上小樓『笑佯嘯傲賞春花(笑って嘯き傲るふりして春の花めづ)』
 日本人はおおむね性柔和で、人との協調を尊び、人前で驕り高ぶることは少ない。  驕りたかぶれは、出る釘となって周りから叩かれることになる。  だから、日本の社会での処世としては、能ある鷹は爪を隠すで、  謙虚におとなしくしているのがよい。    しかし、文芸の場ではどうか。  俳句や短歌の結社で、主宰を立てるばかりで、いつもおとなしくしていればよいというものではない。  おれは偉いんだ、という態度を示すことが大事。  そうでなければ、馬鹿にされるだけだ、ということを肝に銘じておい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/30 18:58
[小石調]青杏児
 詞曲には伝統的な旧韵によって詠む場合と新韵によって詠む場合があるが、私は2004年の秋以降は、新韵で詠んでいる。  詞曲には多くの詩体があり、私が知る限りの詩体およそ2500体は『同工異曲「春賞櫻雲」』で踏破したが、それを除く詞曲およそ2200首を、このたび詞牌・曲牌別に整理した。  9月中旬に整理を開始し、およそ2か月、一詞牌・曲牌一首の自選を目標に読み下しをつけてきたが、甲乙ならぬ丙丁付けがたくで絞り切れず、一詞牌・曲牌一首選の初期の目標は達しえない。  それでも一地清愁さんにありが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/13 20:22
[商調]梧葉児/[商調]醋葫蘆/[商調]挂金索
 [商調]梧葉児4首、[商調]醋葫蘆5首、[商調]挂金索1首から、それぞれ1首を自選する。  [商調]挂金索は1首しか詠んでいないので自選にいれることもないが、隔句對を連ねるところが面白く、その詩体をこの場を借りて紹介しておきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/13 19:30
[越調]小桃紅
  [越調]小桃紅21首からは次の一首を自選する。曲の自選も残すところあと三つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/12 19:20
[越調]慶元貞
 [越調]慶元貞26首からは、次の2首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/12 18:56
[越調]天淨沙
 [越調]天淨沙は、旧韵で詠んでいた頃の次の作に満足している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/12 09:24
[雙調]折桂令
 [雙調]折桂令4首からは次の作を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/11 13:58
[雙調]水仙子
 [雙調]水仙子20首からは次の3作を自選する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/11 13:55
[雙調]太平令
 [雙調]太平令17首からは次の2首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/11 13:49
[雙調]深醉東風
 [雙調]深醉東風61首からは次の2首を自選する。  深醉東風は多くを詠んだわりには成果がない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/11 13:46
[雙調]大徳歌
[雙調]大徳歌16首からは次の作を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/11 13:43
[雙調]撥不斷/[雙調]梅花酒
 [雙調]撥不斷,[雙調]梅花酒それぞれ8首からは次の2首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/10 13:13
[雙調]歩歩嬌
 [雙調]歩歩嬌12首からは次の作を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/09 09:36
[雙調]清江引
 [雙調]清江引19首からは次の作を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/08 18:43
[雙調]沽美酒/七弟兄/胡十八
 [雙調]沽美酒4首,[雙調]沽美酒7首,[雙調]胡十八6首からは、それぞれ1首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/08 17:18
[雙調]壽陽曲
 [雙調]壽陽曲43首からは次の2首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/08 16:30
[雙調]雁兒落/雁児落帶清江引/雁児落帶得勝令
 [雙調]雁兒落は、次のように単独で詠んでもよいが、清江引、得勝令と合体して帶過曲とした方が詠みごたえがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/08 11:22
[雙調]慶宜和
 『慶宜和』は『欽定詞譜』にも収録されているが、もともとは元曲。  26首から次の4首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/07 14:45
[南呂]罵玉郎/[南呂]四塊玉/[南呂]干荷葉
 [南呂]罵玉郎9首、[南呂]四塊玉5首、[南呂]干荷葉8首からは、それぞれ1首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/07 08:56
[中呂]迎仙客
 [中呂]迎仙客31首からは次の2首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/07 08:44
〔中呂〕快活三帶朝天子
 〔中呂〕快活三帶朝天子19篇からは次の作を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/06 10:56
〔中呂〕快活三帶四邊靜
 〔中呂〕快活三帶四邊靜15篇からは次の作を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/06 09:16
〔中呂〕山坡羊
 〔中呂〕山坡羊19首からは次の1首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/06 08:52
[中呂]喜春來
 〔中呂〕喜春來22首からは次の1首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/06 08:47
[中呂]醉高歌帶過曲
 曲の面白みのひとつに帶過曲がある。帶過曲は、二三の小令を結合して一篇とするもので、醉高歌を頭にするものでは、小生は、醉高歌帶過喜春來と醉高歌帶過紅綉鞋を3篇詠んでいる。  その中から次の2篇を自選する。なお、いずれも拙ブログ既出。     http://shiciankou.at.webry.info/200906/article_46.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/05 09:39
[中呂]醉高歌
 [中呂]醉高歌31首からは次の4首を自選する。  なお醉高歌は、25字の小令だが、それを雙調にし50字に作る元人の姚燧の作が、『欽定詞譜』に収録されている。  詞から曲へ入ったもの少なからずだが、醉高歌は曲から詞へ入ったもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/05 09:09
[仙呂]金盞兒
 [仙呂]金盞兒は4首詠んでいる。曲では襯字といって、曲譜に適宜に字を加えることがある。  襯字は詞でも行われ、それが新しい詞体として定着することにもなるが、曲の襯字ずっと自在。  下記は曲譜のとおりが2作、襯字を添えたものが2作。いずれも拙ブログにすでに載せている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/05 08:31
[仙呂]醉扶歸
 [仙呂]醉扶歸5首からは次の作を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/05 07:54
[仙呂]鵲踏枝
 [仙呂]鵲踏枝12首からは次の一首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/04 11:23
[仙呂]青哥兒
 [仙呂]青哥兒6首からは次の一首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/04 10:03
[仙呂]賞花時
 [仙呂]賞花時7首からは次の1首を自選する ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/04 09:43
[正宮]醉太平
 『醉太平』は詞でも詠んだが、散曲としても詠んだ。全25首のうち24首は2004年12月に詠んでいる。  次の2首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/03 12:16
[正宮]雙鴛鴦
 『雙鴛鴦』6首からは次の1首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/11/03 12:05
[正宮]黒漆駑
 『黒漆駑』は2004年11月28日に16首を(おそらくは初めて)詠んだ。その後は詠んでいない。  詞曲にはとても多くの詩体があり、それを詠んでいるうちに、『黒漆駑』を詠むのを忘れたということで、その後詠まない特別な理由があるわけではない。  詞曲の大海では、いちど出会った定型に二度と出会わない、そういうことがよく起こる。詞曲の大海に泳ぐ定型魚は、定型俳句という微型の小判鮫が、俳人に終生貼りついているとは異なる泳ぎ方をする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2013/11/02 10:55
[黄鐘]醉花陰
 曲の面白みは「套數」に極まるのかもしれない。  「套數」は短い曲を組み合わせて一篇の詩とするもの。  「套數」を詠んだ日本初の曲詩人は俳人蕪村で、『春風馬堤曲』を詠むにあたり、五言絶句と俳句を組み合わせて一篇の詩としているが、日本の漢詩人で 「套數」を詠んだ人を私は知らない。  だから、日本の漢詩人で「套數」を詠む者は、私ぐらいだろうと思っているのだが、「套数」はわからないことが多く、詠むのが大変で、長いものは私には詠めない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/01 12:07
[黄鐘]節節高
 散曲『[黄鐘]節節高』からは次の1首を自選する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/01 10:43
[黄鐘]出隊子
 私が新韻で詩詞を詠むようになったのは2004年の秋以降。  この1か月あまり、新韻押韻の詞曲のうち同工異曲「春賞櫻雲」以外の詞2000首余りを詞牌別に整理し、主なものに読み下し文をつける作業をしてきたが、昨日それをHPにまとめた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/31 10:19
尖閣へ硫黄島より飛ぶ小鳥
 鳥覆危巣:壊れやすい鳥の巣に身をおくこと。極めて危険なさま。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/18 22:47
同工異曲 櫻no.563〜no.566
     [中呂]粉蝶児・春賞櫻雲   2012.04.18 -0888 no.564 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/19 18:28
同工異曲 櫻no.500套曲
 曲には曲譜を単独で用いる「小令」、二・三個の「曲譜」を繋げて一篇とする「帶過曲」、四個以上10前後までの「曲譜」を連ねる「套曲」がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/11 15:14
同工異曲 櫻no.485〜no.489
     [南呂]金字経・春賞櫻雲        2012.04.08 -0804 no.485 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/09 22:00
同工異曲 櫻no.444〜no.452
 ふたつの短い詩型(曲譜)を組み合わせて一編の曲とするものを「帶過曲」というが、「帶過曲」には3個の曲譜を組み合わせるものもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/06 22:19
同工異曲 櫻no.441〜no.443
 三詩型の交流をめざすという「詩客梁山泊」 http://shiika.sakura.ne.jp/ のシンポジウムが先月あって、そのパネルディスカッション『詩型の融合〜かたちはどこにあるか』にいささか興味があり、討議を拝聴したが、「詩型の融合」の形は私には見えて来なかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/05 21:08
同工異曲 櫻no.436〜no.440
     [中呂]上小樓・春賞櫻雲      2012.04.04 -0755 no.438 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/04 22:54
同工異曲 櫻no.356〜no.360
      氐州第一・春賞櫻雲     2012.03.20 -0646 no.356 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/21 21:34
日本語での俳句の朗読からは、五七五こだわる理由が見えてこない、ということ
 昨夜は、世界俳句協会の一員として、鎌倉佐弓、山本一太朗、土谷直人氏とともに、東京・南青山のスロヴェニア大使館で、俳句を朗読した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2012/02/09 23:38
同工異曲 櫻no.219〜no.225
      江城子・春賞櫻雲     2012.02.07 -0372 no.222 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 20:32
同工異曲 櫻no.206〜no.210
      宝鼎現・春賞櫻雲     2012.02.04 -0351 no.210   忠肝敢死,義胆廉恥,官途如此。蒙調動、重游邊境,奮勉公勤多瑣事。乏才分,就備嘗辛苦,歳歳年年喪志。有痩叟、空増馬齒,解綬歸山留止。   老健無恙隣佛寺,便參禪、滅却聽視,消慾火、將知玄旨。秋夜裁詩眞汰侈,仰明月,暫揮毫押字,不顧吟魂渙弛。五律成、傾杯再四,醉夢胡蝶振翅。   春晝曳杖隨風,尋景勝,熟知形勢。賞櫻雲、香雪繽紛,送東皇且逝。見茅店、花容引致,勸酒如仙子。買村醪、朱臉醺然,蝉蛻逃離塵世。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/04 23:05
同工異曲 櫻no.186〜no.192
      惜分釵・春賞櫻雲     2012.02.01 -0319 no.189 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/01 22:57
同工異曲 櫻no.181〜no.185
      東風第一枝・春賞櫻雲   2012.01.30 -0303 no.182 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/01 14:29
同工異曲 櫻no.176〜no.180
     [仙呂]青哥児・春賞櫻雲  2012.01.30 -0298 no.177 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/31 20:35
同工異曲 櫻no.167〜no.175
 今日は主に曲。  私は、わが国では極めて稀な作者として曲を作ってはいるが、おおむね詞のようになってしまい、曲らしい曲はあまり詠めない。  しかし、次の一首は、曲らしい曲だといえるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/30 21:27
同工異曲 櫻no.86〜no.95
      烏夜啼・春賞櫻雲     2012.01.20 -0191 no.91 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/20 22:53
同工異曲 櫻no.76〜no.85
     [正宮]叨叨令・春賞櫻雲  2012.01.19 -0179 no.79 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/19 20:52
詞曲題櫻雲 no.71〜no.75
     [黄鐘]晝夜樂・春賞櫻雲  2012.01.18 -0170 no.74 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/18 20:58
句会なる隊に加わる花のもと 櫻no.44〜no.50
      繞池游・春賞櫻雲     2012.01.15 -0131 no.44 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/15 16:48
花を見ずに歸るや雁の声ぞ悲しき 櫻no.33〜no.42
 タイトルの句は直江兼續の漢詩句「春雁似吾吾似雁,洛陽城裡背花歸」を本歌どりしたもの。  戦国の武将に優れた漢詩を詠むもの少なからず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/13 21:40
句を詠むに鉄を煉るごと晩節や 櫻no.30〜no.32
     [越調]黄薔薇・春賞櫻雲  2012.01.12 -0119 no.30   賞櫻雲艶雪,似春夢飛蝶。裁賦凝神煉鉄,託景舒情晩節。     櫻雲の艶雪を賞(め)でれば,   春夢の飛蝶に似る。   賦を裁するに神(こころ)を凝らし鉄を煉ん,   景に託し情を舒ぶる晩節。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/12 19:45
閑は多く友は少なく花も減る 櫻no.25〜no.29
     [双調]深醉東風・春賞櫻雲 2012.01.11 -0113 no.25 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/11 18:37
醉ふ夢に嫦娥の宮で詠む俳句  櫻no.19〜20
     [双調]楚天遙・春賞櫻雲      2012.01.09 -0089 no.19 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/09 20:20
詞曲四首 櫻no.14〜no.17
     [双調]慶東原・春賞櫻雲  2012.01.08 -0067 no.14 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/08 23:00
鶯の陪する酒に好詩あり 櫻no.13
      [双調]對玉杯・春賞櫻雲  2012.01.08 -0066 no.13 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/08 20:09
花を詠むに七兄弟に梅酒かな 櫻no.12
 曲は、複数の曲牌を繋げて一曲とすることができる。「七弟兄」+「梅花酒」=「七弟兄帶梅花酒」と呼ぶ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/07 22:35
句を詠むに調神暢情鶯に応ず 櫻no.11
     [双調]折桂令・春賞櫻雲  2012.01.07 -0062 no.11 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/07 20:30
景に眼も心も酔はん櫻かな 櫻No.7
 目酣神醉:景色優美、人の陶酔する様を形容する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/06 21:30
景あらばわれはウグイス句を詠まん 櫻No.6
     [双調]慶宜和・触景生情  2012.01.06 -0053 no.6 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/06 20:14
濃春や櫻雲めでて句を詠まん No.2
     [双調]水仙子・春賞櫻雲  2012.01.05 -0041 no.2 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/05 20:51
濃春や櫻雲めでて句を詠まん No.1
 まだ年が明けたばかりで櫻を詠むのは時期尚早だが、櫻が散るまでの間、詞曲を詠む場合は極力「櫻」を詠んでみようと思う。「櫻」を題として同工、詞曲の体を換えて異曲。詞曲にはおびただしい詩体がある。そこで、今から始めても決して早くはない。  おおむね五カ月、何首詠めるだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/01/05 20:29
字餘りや俳句に季題曲は才藝
 「雁児落」(20字)は「得勝令」(34字)へとつないでいくこともできる:「雁児落帶得勝令」計54字。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/04 21:10
初春の夢に詩客は紙魚を釣る
 曲は、短い曲譜をつないで詠むことができる。  「雁児落」(20字)に「清江引」(29字)をつなげば、「雁児落帶清江引」(49字)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/04 19:27
見渡せば絶句ばかりで絶句する
 日本の漢詩界は、見渡せば絶句ばかりの感がある。  一個あるいは数個の定型を墨守することは、いつも同じ衣を着ているようなもので、飽きが来るのではないだろうか。  ということで、「衣」を材とし、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/03 22:56
飲めば白鯨 酔えば蒼龍となる詩才
 曲は曲譜のどの句に字を足しても自由。定型を嫡流とし、字余りを継子あつかいしない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/03 22:08
三元や金盞すする浅き春
 曲は曲譜のどの句に字を足しても自由。字の足し方に工夫がいるにしても。  ということで、二首。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/03 20:26
[南呂]金字経:醉吟 馬の嘶くごとく
     [南呂]金字経・吟詩三萬首 2009.12.08 -2952 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/08 22:54
出隊子:わが詩筆に千たび随い百度順(したが)う
 ○○子シリーズでさらに一曲。         [黄鐘]出隊子・千隨百順  2009.11.27 -2895 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/27 23:01
朝天子:醉夢に霞洞に遊ぶ
 きょうも○○子シリーズで曲。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/25 22:23
甘草子:風雲月露(風と雲と月と露。あるいは,風に飛ぶ雲 月夜の露)
 詞に「甘州子」があり,曲に「甘草子」があります。「甘州子」と「甘草子」,ともに「甘○子」という字を含むだけで,他にこれという共通点があるわけではありませんが・・・  ついでですが,「甘雨子」「甘井子」という詞や曲があってもよさそうですが,あるのかどうか・・・。        [正宮]甘草子・風雲月露  2009.11.24 -2869 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/11/24 23:17
水仙子:風流に害あり
 詞に「天仙子」があれば,曲に「水仙子」ありです。  もっとも「水仙子」は,詞で作られていたものが,曲でも作られるようになったのですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/23 21:45
新譜:金秋に詩酒の宴あり
 下記は,四・四・七の偲歌を作ろうとしていて,第一句が四言ではなく五言になってしまいましたので,第二句も五言にしてバランスをとりました。第三句は定番の七言。  偲歌にはならなかったので,新譜。  新譜は,詞や曲の韻律に依拠しつつも,既存の詩型にはあてはまらない自由律の短詩です。  詞や曲の韻律に依拠していますので,そのまま詞譜もしくは曲譜として機能します。そして,どなたかがその新しい譜に随って詞曲を作り,さらに多くの人がそれに追随すれば,もともとは自由律であっても,定型になります。  も... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/11/08 21:09
久しぶりに曲を制す
 曲を書くことを制曲という。なお,詩を書くことは写詩。詞を作ることは填詞。  さて,中国古典詩詞は,詩と詞曲を両輪としているが,詞曲の和訳はとても少なく,また,詞曲を作る漢詩人も極めて少ない。詞が盛んに作られたのは宋代,曲は元代。わが国は,絶句や律詩など詩は自家薬籠中のものとしているが,詞曲はまだまだ。  詞曲に冷淡な日本の漢詩人,そして漢文学者。詩だけを尊ぶ,そういう人々は,詞曲の軽視が平安時代の遣唐使廃止の後遺症であることに気が付かずに,片肺飛行を続けている。  わが国における填詞は,... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/03 22:23
きのう私は、時調を曲風に作ってみた。 今日は、曲を作る。
 曲は、「唐の詩、宋の詞、元の曲」ともいわれて、唐の時代に完成した近体詩(絶句・律詩)、宋の時代の詞とともに、韻律(押韻と平仄に関わる規則・規律)に依拠して作られる定型詩。  近体詩が、各句を五言あるいは七言と字数(=音数)に定めがあるのに対し、詞と曲は、一字から九字まで(私の知る限り)の長短句を織りなして一篇の詩とするもので、その共通性に着目して、詞曲と総称されている。  しかし、曲は、韻の扱いが、平韻と仄韻を別韻とする詩や詞とは異なり、平韻と仄韻を跨ぐ押韻をしたり、複数の短い定型体をつな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/29 23:19

トップへ | みんなの「曲」ブログ

獅子鮟鱇詩詞 曲のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる