アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「一地清愁さんの詩詞」のブログ記事

みんなの「一地清愁さんの詩詞」ブログ

タイトル 日 時
一地清愁さんの玉句「題花韻葉含愁展」をめぐって と七言俳句 
      踏莎行・幾張箋紙驚風亂     一地清愁 .   夢破東窗,香出南院。高高枝上春開滿。蝶隨小影往來頻,思回舊日飄忽遠。   踱步輕輕,拂衣緩緩。題花韻葉含愁展。一行歲月落眉間,幾張箋紙驚風亂。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/17 07:06
歳月は何色か 一地清愁さんの詞では「朱」
歳月は何色か 一地清愁さんの詞では「朱」  柳は碧(みどり)であるのだが  歳月は何色か。  詩友一地清愁さんの詞はそれを朱色だという。  清愁さんの鷓鴣天『今宵把盞醉當初』に  「楊柳碧,歳華朱」という句がある。 .  歳月にはもとより色はない。それを何色にするのかは  日本語の詩(多くは自由詩)の場合は  作者の直感で決めればよく  朱でなく紅でも赤でも緋色でもよく  要は 作者の好み であるだろう。 .  しかし  清愁さんの詞では、「朱」でなければならない。  作者の直感を偶然とすれば  清愁さんの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/10 10:43
眉間清影不堪折 一地清愁
      七言絶句 『眉間清影不堪折』   一地清愁 2016/08/19 .   春心無處可依託,月到圓時憶又多。花底流年空自落,眉間清影不堪折。   ○○○●●○平,●●○○●●平。○●○○○●●,○○○●●○平                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻二波平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/20 09:54
富士山の高さは3776メートルなので三七七六字に詠む詞型が考案された
富士山の高さは3776メートルなので三七七六字に詠む詞型が考案された    望富士・朝陽浸染感懷鮮 2016.05.16 -46422  .  富士山,蓬島靈峰最近天。登高極目望雲端,朝陽染、感懷鮮。 .   富士山,   蓬島の霊峰 最も天に近し。   登高し目を極めて雲端を望めば,   朝陽は染む、感懷の鮮やかなるを。 . (解説)  詞は唐代以降千年年を超える歴史を誇る中国の古典定型詩。  絶句や律詩などの詩が一句定数字であるのに対し、  詞は長短句を自在に織りなして綴る。  詩と同様押韻をし、また平仄も調えるが、  長短句を織り... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/16 17:00
七言絶句『花香』 一地清愁
 一地清愁さんがまた凄い詩を詠んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/20 10:01
鷓鴣天・曾是花前月下人 一地清愁
 私は美しい詩を詠むのは苦手だ。  読んで笑ってもらえる詩は詠めるが  美しい詩だと思ってもらえる詩はなかなか詠めない。    しかし 詩友一地清愁さんの詩詞はとても美しい。  読ませてもらっていつもそう思う。  そういう詩を詠めることを羨ましいと思うが  私にはとても真似できるものではないから  ひたすら佩服するばかりだ。    その清愁さんの最近の作         鷓鴣天・曾是花前月下人     一地清愁     寂靜軒窗夜漸深,幽思如縷自成吟。隨燈看去重重影,... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/27 09:16
七言絶句・深宵最可入詩懷 一地清愁
 詩友一地清愁さんの詩詞作品は婉約で  余情、含蓄に富んでいて  その詩味にいつも酔わされてしまうのだが、  最近作の七言絶句 その巧妙な措辞に感服した。         七言絶句・深宵最可入詩懷  一地清愁     輕輕容易上樓臺,有影逐風到處來。   若是幽思拂不去,深宵最可入詩懷。     輕く輕く容易に樓臺を上り,   影あり 風を逐って到る處へ來たる。   幽思の拂ひ去されざるごとく,   深宵 最も可なり 詩懷へ入るに。    玉作、「有影(影あり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/10 07:31
石倉十八字令・題是中秋月 一地清愁
「石倉十八字令・秋」について  拙作『石倉十八字令・秋』に、一地清愁さんが拙作に一首、和してくれた。  コメント欄でのことで、題はついていないが。  ここでは『題是中秋月』を仮題とさせていただく。        石倉十八字令・題是中秋月 一地清愁    酒烈,初學,醉筆揮一撇。小葉,七絶,題是中秋月。  ●仄,○平,●●○○仄。●仄,○平,○●○○仄。     酒烈(燃えさかり),   初めて學び,   醉筆揮ひ一撇(ひとはらい)。   小さな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/24 13:08
石倉十八字令・三首 一地清愁
 私が始めた石倉十八字令、一地清愁さんも詠んでくれた。  ありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/09/21 19:00
浣溪沙・三首--驀然回首是青陰 一地清愁
 昨年の8月以来一年弱、ブログのアップをしていなかった一地清愁さんが  再び佳作を発表し始めた。     清愁さんのブログ   http://yidiqingchou.sugo-roku.com/    再開して約ひと月。早くも瞠目の作品を読ませてもらった。       浣溪沙・三首--驀然回首是青陰 一地清愁 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/19 05:59
浣溪沙・驚回首處是凋顔 一地清愁
      浣溪沙・驚回首處是凋顔   一地清愁 2014.8.28 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/28 20:47
踏莎行・人間何事由得你 一地清愁
      踏莎行・人間何事由得你       一地清愁 2014.8.25 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/25 14:48
西江月・一地清愁似水 一地清愁
      西江月・一地清愁似水     一地清愁 2014.8.21 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/22 09:59
醉春風・半生拙筆對空文 一地清愁
      醉春風・半生拙筆對空文           一地清愁 2014.8.16 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

2014/08/17 23:54
釵頭鳳・倦,倦,倦  一地清愁
       釵頭鳳・倦,倦,倦            一地清愁 2014.8.7 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/13 15:13
如夢令・潛入花箋字裏 一地清愁
      如夢令・潛入花箋字裏          一地清愁 2014.8.1 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/06 14:57
鷓鴣天・猶可懷中獨自圓 一地清愁
      鷓鴣天・猶可懷中獨自圓     一地清愁 2014.7.27 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/03 23:52
蝶戀花・鏡中那个人消痩 一地清愁
      蝶戀花・鏡中那个人消消痩         一地清愁 2014.7.23 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/24 14:47
浣溪沙・燈前往事又桩桩 一地清愁
 一地清愁さんの新作を拝読した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/19 14:29
南歌子・流年繋在小枝梢 一地清愁
 一地清愁さんの新作がブログにアップされた。読み下すのが楽しい傑作だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/14 06:51
鷓鴣天・容我飄飄散玉塵 一地清愁
      鷓鴣天・容我飄飄散玉塵      一地清愁 2014.7.9 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/09 17:09
南歌子・丟了少年心 一地清愁
      南歌子・丟了少年心           一地清愁 2014.7.5 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/07 08:01
浣溪沙・小箋恨恨對風撕 一地清愁
      浣溪沙・小箋恨恨對風撕 一地清愁 2014.7.3 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/07/05 10:37
從來最厭紅塵事 一地清愁
      鷓鴣天・從來最厭紅塵事      一地清愁 2014.6.30   若問春陰第幾宵,悄然暗指小枝梢。闌干深處花應瘦,人个愁時影自凋。   雲淡遠,月孤高。還須傾酒慰心勞。從來最厭紅塵事,何必多情兩涙拋。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/01 20:39
踏莎行・愁邊幾頁是今生 一地清愁
 一地清愁さんの詞の新作を読み下す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/27 10:25
蝶戀花・凡心也請東風掃  一地清愁
 一地清愁さんの詞を読み下す理由はふたつある。  1 漢詩を学ぶ日本の詩人に清愁さんの詞がいかに美しいかを知ってもらいたい。  2 読み下すことで小生の理解を明らかにし、誤りがあれば清愁さんの指摘を受けたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/26 06:00
浣溪沙・人間更信是泥塘 一地清愁
 一地清愁さんの今後の詞を可能な限り読み下してみることにした。  理由はふたつ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/25 10:46
踏莎行・眉尖夢裏無一事 一地清愁
 昨晩、一地清愁さんの新しい詞を堪能した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/18 15:02
枝由天上發 一地清愁
      長相思・枝由天上發      一地清愁 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/27 19:30
從此春傷透    一地清愁
從此春傷透    一地清愁      卜算子・從此春傷透    一地清愁 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/25 12:54
紅塵忍作看花人  一地清愁
紅塵忍作看花人  一地清愁  今夜は、一地清愁さんの「一剪梅」を読み下しながら、あれこれを思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/01/22 20:17
來生願作無花草  一地清愁
 詩の美にかかわる句の措辞に二種類あるように思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/12 09:44
促拍滿路花・昏灯醉眼憶青青  一地清愁
 急性胃腸炎快癒の兆し、ということも嬉しいが、きょうは、一地清愁さんの新作を拝読できて、とてもうれしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/22 21:27
不覺兩朶涙成花  一地清愁
 私は一地清愁さんの詞が好きで、学ぶこと、とても多いのだが、昨日の傑作には度肝を抜かれた。  詩の中で典故をどう扱うかで、清愁さんの技巧は空前絶後、この世のものとは思えず、まさに神工といって過言でない。         浣溪沙・不覺兩朶涙成花       一地清愁 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 8

2013/11/11 20:35
暫且題愁,暫且吟平仄。 一地清愁
     醉花陰・暫且吟平仄      一地清愁 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/10 20:12
月兒凉(月涼し)  一地清愁
 一地清愁さんの新作は行香子、日本の漢詩人のために、読み下してみたい。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/04 20:59
朱顔不向鏡心留  一地清愁
 一地清愁さんの詩詞の秀句にはいつも驚かされるのだが、昨日の作を読み下してみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/31 20:36
修身未到無情  一地清愁
修身未到無情  一地清愁  昨晩は、一地清愁さんの新作、『清平樂・修身未到無情』を堪能した。  修身未到無情:身を修めるたるもいまだ無の情(こころ)に到らず という発想に驚いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/07 09:46

トップへ | みんなの「一地清愁さんの詩詞」ブログ

獅子鮟鱇詩詞 一地清愁さんの詩詞のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる