アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「酒」のブログ記事

みんなの「酒」ブログ

タイトル 日 時
七絶・清耳悦心
 清耳悦心:耳を清め心を悦ばす。樂曲美妙にして人の心を動かす。 .       七絶・清耳悦心       2017.03.26 -48651 .   繆斯却老愛風情,月下彈琴擅五聲。清耳悦心騷客喜,求詩啜飲酒堪傾。   ●○●●●○平,●●○○●●平。○●●○○●●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 16:10
そうだ櫻を詠もう 其四十八之十 寄調朝中措
      朝中措・夢作鸚哥學俳句   2017.03.25 -48644 .   詩翁醉夢作鸚哥,張翼舞婆娑。目下櫻雲盛涌,皚皚花似銀河。   酒旗翻處,俳人諷詠,句短情多。有趣正堪模倣,吟佯黄鳥學舌。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/25 10:57
そうだ櫻を詠もう 其四十八之九 寄調燭影搖紅
そうだ櫻を詠もう 其四十八之九 寄調燭影搖紅 燭影搖紅・夢作鸚哥競鶯囀 2017.03.25 -48643 .  夢作鸚哥,醉張雙翼飛湖畔。櫻雲盛涌映清漣,花影如銀漢。  看到旗亭白首,是詩仙、閑傾玉盞。學舌半日,擬唐吟競,黄鶯巧囀。 .  夢に鸚哥(インコ)となり,  醉って雙翼を張り湖畔へ飛ぶ。  櫻雲 盛んに涌いて清漣に映じ,  花影 銀漢の如し。 .  看るに到れる旗亭の白首,  是れ詩仙にして、閑に玉盞を傾けをり。  舌を學ぶこと半日,  唐に擬へて吟じ競ふ,  黄鶯の巧みに囀ると。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/25 09:42
そうだ櫻を詠もう 其四十八之八 寄調慶金枝
      慶金枝・醉賞櫻雲坐黄昏   2017.03.24 -48642 .   逍遙惜逝春,遶湖畔、入櫻雲。乘風香雪落清浪,泛錦耀鱗鱗。   偶逢野店花含笑,勸遊客、酒芳醇。斜暉炳煥照山村,小飲坐黄昏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/25 09:31
そうだ櫻を詠もう 其四十八之七 寄調撼庭秋
      撼庭秋・醉賞櫻雲遊玉洞   2017.03.24 -48629 .   探幽湖畔形勝,悦目櫻雲涌。任風香雪,如蝶亂墜,碧漣澄映。   花容笑勸,旗亭休憩,試傾清聖。醉春光明媚,醺然恰似,夢遊霞洞。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/24 10:54
そうだ櫻を詠もう 其四十八之六 寄調桃源憶故人
そうだ櫻を詠もう 其四十八之六 寄調桃源憶故人       桃源憶故人・醉賞櫻雲吟玉洞 2017.03.23 -48628 .   湖邊悦耳黄鶯哢,滿目櫻雲盛涌。香雪風飛佳景,岔路通霞洞。   憩休野店傾清聖,美醉閑乘雅興。不顧稍微聲病,口占將吟詠。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/24 10:49
そうだ櫻を詠もう 其四十八之五 寄調胡搗練
      胡搗練・醉賞櫻雲吟玉府   2017.03.23 -48627 .   碧湖如鏡映櫻雲,艷雪乘風飄舞。清浪鱗鱗輝處,香屑織花布。   旗亭緑酒洗白頭,美醉將裁詩賦。吟作擬唐鸚鵡,摘句遊仙府。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 23:02
そうだ櫻を詠もう 其四十八之四 寄調秋蕊香
      秋蕊香・吟賞櫻雲醉霞洞   2017.03.23 -48626 .   悦耳春鶯清哢,滿目櫻雲酣涌。山湖瀲瀲輝如鏡,艷雪化蝶篩影。   旗亭飲酒乘詩興,喜吟詠。擬唐裁賦佯鳴鳳,朗朗飛聲霞洞。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 17:40
そうだ櫻を詠もう 其四十八之三 寄調憶餘杭
      憶餘杭・醉賞櫻雲鼓吟魂   2017.03.23 -48625 .   湖畔櫻雲,香雪如蝶飛碧浪,濁醪可口洗紅塵。茅店近黄昏。   醉乘吟興爲鸚鵡,覓句偶題山暮。彩霞炳煥促詩迷,朗詠競鶯啼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 17:39
そうだ櫻を詠もう 其四十八之二 寄調山花子
      山花子・醉賞櫻雲鼓吟魂   2017.03.22 -48624 .   曳杖湖邊探暮春,隨風鶴歩入櫻雲。香雪如蝶落清浪,泛鱗鱗。   閑坐旗亭沽緑酒,充盈玉盞洗紅塵。醉賞霞光乘雅興,鼓吟魂。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 17:38
そうだ櫻を詠もう 其四十八之一 寄調三字令
そうだ櫻を詠もう 其四十八之一 寄調三字令       三字令・醉賞櫻雲作俳人   2017.03.22 -48623 .   遊勝地,探濃春,入櫻雲。香雪舞,午風温。望山湖,如鏡面,耀鱗鱗。   茅店醉,酒漿醇,贅翁醺。乘雅興,試吟魂。賞霞光,得季語,作俳人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 17:33
そうだ櫻を詠もう 其四十七之十五 寄調憶少年
そうだ櫻を詠もう 其四十七之十五 寄調憶少年       憶少年・賞櫻雲吟競鶯囀   2017.03.22 -48615 .   山湖瀲瀲,櫻雲靉靉,詩翁無恙。乘風艷雪舞,似蝴蝶飄蕩。   坐野店、傾杯誇酒量,醉春光、且馳詩想。高歌擅平仄,競黄鶯放唱。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/22 14:24
そうだ櫻を詠もう 其四十七之十四 寄調西地錦
      西地錦・醉賞櫻雲聳吟肩   2017.03.22 -48614 .   肆目櫻雲堪賞,艷雪飛清浪。春湖古渡酒旗翻,招贅翁牽杖。   傾盞當誇酒量,醉好景、馳詩想。偶得秀句就五絶,且聳肩吟唱。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/22 09:50
そうだ櫻を詠もう 其四十七之十三 寄調胡搗練
      胡搗練・醉賞櫻雲擅吟興   2017.03.21 -48613 .   贅翁龜歩遶山湖,瀲瀲清輝如鏡。穿入櫻雲酣涌,行路通霞洞。   水亭買酒芳醇,午飲遊仙半夢。賞景醉乘吟興,酬和黄鶯哢。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/22 09:02
南郷子・耳軟心活
 耳軟心活:心に自分の考えなく,容易に人の話を聽き信じてしまうこと。 .       南郷子・耳軟心活      2017.03.21 -48612 .   耳軟心活,引用名言贅叟説。帶酒遊魂如電腦,良好,記性含靈能却老。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/21 14:39
そうだ櫻を詠もう 其四十七之十二 寄調一落索
      一落索・醉賞櫻雲脱塵網   2017.03.21 -48611 .   山湖瀲瀲天晴朗,贅翁無恙。探幽龜歩入櫻雲,艷雪舞、浮清浪。   遊目風光堪賞,喜傾新釀。水亭村婦笑容佳,疑玉女、脱塵網。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/21 14:37
そうだ櫻を詠もう 其四十七之十 寄調金盞子
そうだ櫻を詠もう 其四十七之十 寄調金盞子       金盞子・夢賞櫻雲作詩人   2017.03.20 -48608 .   樗翁醉夢,探幽龜歩入櫻雲。乘風艷雪,如蝶飛碧宇,飄落清淪。   山湖瀲瀲,夕景堪賞,易作詩人。坐水亭,傾杯美美,覓句醺醺。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/21 09:43
そうだ櫻を詠もう 其四十七之九 寄調喜長新
      喜長新・春賞櫻雲吟俳句    2017.03.20 -48607 .   白頭曳杖探青春,肆目櫻雲。隨風艷雪舞繽紛,飄零碧水鱗鱗。   湖畔旗亭休憩,傾酒芳醇。清醪可口洗俳人,幸得好句鮮新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/20 13:54
そうだ櫻を詠もう 其四十七之八 寄調畫堂春
      畫堂春・春賞櫻雲醉吟    2017.03.20 -48606 .   贅翁鶴歩入櫻雲,任風香雪繽紛。碧湖清浪耀鱗鱗,浮泛芳塵。   休憩旗亭買酒,閑傾玉盞遊魂。醉乘詩興和鶯吟,低唱黄昏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/20 13:51
そうだ櫻を詠もう 其四十七之七 寄調珠簾捲
      珠簾捲・醉賞櫻雲作俳句   2017.03.20 -48605 .   牽藜杖,探濃春,湖邊嘆賞櫻雲。香雪如蝶群舞,飄零浮碧淪。   休憩水亭沽酒,閑傾玉盞遊魂。山暮彩霞燃起,得短句,扮俳人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/20 11:27
そうだ櫻を詠もう 其四十七之六 寄調甘草子
      甘草子・醉賞櫻雲作俳句   2017.03.20 -48604 .   鶯囀,悦目櫻雲,盛涌流湖畔。艷雪若蝶飛,飄落清漣泛。   茅店憩休傾金盞,醉來處、偶得靈感。信口高吟俳句短,佇立斜陽岸。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/20 09:57
そうだ櫻を詠もう 番外 寄調絳都春
そうだ櫻を詠もう 番外 寄調絳都春  絳都春・春賞櫻雲吟俳句 2017.03.19 -48600 .   詩翁消遣,問山村形勝,濃春湖畔。悦目櫻雲,雪花千朶挂銀漢。乘風香屑如星散,且織錦,清漣浮泛。酒旗翻處,仙娥含笑,對人青眼。   茅店,塵寰玉洞,有清聖、可口正堪傾盞。小飲遊魂,醉仰霞光天炳煥,將裁俳句言縮短。縱季語、幸得靈感,寓情於景高吟,競鶯百囀。 .  詩翁の消遣(暇潰し),  問(たずね)るは山村の形勝,  濃春の湖畔。  目を悦ばす櫻雲,  雪花の千朶 銀漢を挂く。  風に乘る香屑(花びら)星の散つ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/19 11:27
そうだ櫻を詠もう 其四十七之五 寄調賀聖朝
そうだ櫻を詠もう 其四十七之五 寄調賀聖朝       賀聖朝・醉賞櫻雲作俳句   2017.03.18 -48598 .   山湖雨霽天晴朗,詩翁無恙。櫻雲酣涌,雪花飄落,碧漣浮漾。   旗亭傾盞,濃春肆目,風光堪賞。醉聽鶯語,試裁俳句,閑情舒暢。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/19 07:18
そうだ櫻を詠もう 其四十七之四 寄調相思兒令
      相思兒令・醉賞櫻雲坐黄昏  2017.03.18 -48597 .   贅叟探幽湖畔,龜歩入櫻雲。香雪任風飄舞,星散泛清淪。   看到野店姑娘,賣村醪、香味芳醇。傾杯陶醉霞光,裁詩堪試吟魂。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/18 15:26
そうだ櫻を詠もう 其四十七之二 寄調烏夜啼
      烏夜啼・醉賞櫻雲坐黄昏   2017.03.17 -48590 .   鶴歩白頭入,櫻雲盛涌湖邊。乘風香雪如蝶舞,力盡泛清漣。   徑到旗亭閑靜,人沽村酒香甜。醉來遊目黄昏送,赤羽落西山。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/17 10:59
そうだ櫻を詠もう 其四十七之一 寄調喜遷鶯
そうだ櫻を詠もう 其四十七之一 寄調喜遷鶯 喜遷鶯・鸚鵡賞櫻花 2017.03.17 -48589 .  張白翼,探青春,鸚鵡入櫻雲。乘風香雪舞繽紛,佳景促吟魂。  鼓黒舌,佯黄鳥,諷詠擬唐偸巧。斷章摘句弄詞華,如翁坐酒家。 .  白き翼を張り,  青春を探り,  鸚鵡 櫻雲に入る。  風に乘って香雪 繽紛として舞ひ,  佳景 吟魂を促す。 .  黒き舌を鼓し,  黄鳥(ウグイス)の佯(ふり)をし,  諷詠 唐に擬へて巧を偸む。  章を斷ち句を摘んで詞華を弄ぶこと,  翁の酒家に坐す如し。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/17 10:13
そうだ櫻を詠もう 其四十六之二十三 寄調海棠春
 「海棠春」は通常48字に詠むが、46字の作品もある。 .       海棠春・春賞櫻雲吟競鶯   2017.03.15 -48582 .   櫻雲盛涌如銀漢,流景春湖瀲瀲。花雪任風飛,香屑將星散。   水亭買酒傾金盞,醉試詩魂老健。賞景聳肩吟,欲競黄鶯囀。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/16 10:55
そうだ櫻を詠もう 其四十六之二十二 寄調喜遷鶯
 「喜遷鶯」は通常47字に詠むが、46字に詠まれた作品もある。 .       喜遷鶯・吟賞櫻雲列俳人   2017.03.15 -48578 .   如鶴歩,入櫻雲,艷雪舞繽紛。若蝶振翅碧天飛,力盡落鱗淪。   望山湖,傾玉盞,茅店酒芳醇。醉來有感自多情,求句列俳人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/15 11:47
そうだ櫻を詠もう 其四十六之二十一 寄調畫堂春
そうだ櫻を詠もう 其四十六之二十一 寄調畫堂春  「畫堂春」は通常47字に詠むが、46字の作品もある。 .       畫堂春・春賞櫻雲作俳人   2017.03.14 -48577 .   山湖如鏡映櫻雲,風光隔世塵。四圍香雪舞繽紛,飄落清淪。   路到水亭閑靜,翠娥沽酒芳醇。醉來隨感作俳人,求句黄昏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/15 10:08
そうだ櫻を詠もう 其四十六之二十 寄調卜算子
 「卜算子」は通常44字に詠むが、46字の作品もある。そのうちの一詞体を填める。 .       卜算子・醉賞櫻雲試裁賦   2017.03.14 -48576 .   清晝倉庚哢,勝地櫻雲涌。艷雪乘風如蝶舞,有贅叟、穿花徑。   玉人賣清聖,野店如霞洞。美醉白頭擱金盞,閉目想、詩雋永。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/14 14:40
そうだ櫻を詠もう 其四十六之十九 寄調後庭花
 「後庭花」は通常44字に詠むが、46字の作品もある。そのうちの一詞体を填める。 .       後庭花・春賞櫻雲三嘆    2017.03.13 -48571 .   贅翁牽杖遊湖畔,喜聽鶯囀。櫻雲酣涌花繚亂,恰似銀漢。   水亭傾緑酒、盈金盞,美醉得靈感。吟魂不顧才能短,詠詩三嘆。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/14 10:47
そうだ櫻を詠もう 其四十六之十八 寄調浣溪沙
 「浣溪沙」は通常42字に詠むが、46字の作品もある。 .        浣溪沙・春賞櫻雲扮詩仙   2017.03.13 -48570 .   遊目櫻雲涌水邊,任風香雪舞清漣。臨碧湖,有野店,賣濁賢。   里婦笑羞村酒洗,樗翁陶醉景光妍。鼓吟魂,求好句,扮詩仙。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/14 10:46
そうだ櫻を詠もう 其四十六之十七 寄調謁金門
      謁金門・春賞櫻雲吟俳句   2017.03.13 -48569 .   黄鳥囀,白首探幽湖畔。悦目清漣輝瀲瀲,映水櫻雲艷。   嘆賞雪花飛片片,贅叟酒亭傾盞。山暮夕霞催美感,醉裁俳句短。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/13 15:00
そうだ櫻を詠もう 其四十六之十六 寄調落梅風
      落梅風・春賞櫻雲      2017.03.13 -48568 .   山湖如鏡映櫻雲,乘風艷雪繽紛。若蝶振翅落清淪,泛鱗鱗。   酒旗翻處呉儂軟,村醪美味芳醇。賞花傾盞擅濃春,醉醺醺。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/13 12:51
そうだ櫻を詠もう 其四十六之十五 寄調一落索
     一落索・春賞櫻雲吟俳句   2017.03.12 -48565 .   湖畔山鶯清哢,櫻雲盛涌。任風香雪舞繽紛,泛白水、輝如鏡。   里婦笑斟清聖,洗滌吟興。偶得季語作俳人,纔七歩、題一景。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/13 09:22
そうだ櫻を詠もう 其四十六之十四 寄調醉太平
そうだ櫻を詠もう 其四十六之十四 寄調醉太平       醉太平・春賞櫻雲喜小飲   2017.03.12 -48564 .   隨風探春,曳杖遊魂。老翁鶴歩入櫻雲,雪花飛碧淪。   山湖如鏡浮霞錦,夕陽照臉傾白飲。酒亭里婦笑容欣,指東天月輪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/12 19:02
そうだ櫻を詠もう 其四十六之十三 寄調江亭怨
      江亭怨・春賞櫻雲      2017.03.12 -48564 .   湖上碧漣瀲瀲,風入旗亭拂面。贅叟仰櫻雲,香雪飄零酒盞。   醉借赭顔有感,暢想情長言短。俳句正堪吟,且競黄鶯清囀。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/12 18:58
そうだ櫻を詠もう 其四十六之十一 寄調相思引
      相思引・春賞櫻雲      2017.03.11 -48559 .   悦目櫻雲流岸邊,乘風香雪舞清漣。山湖瀲瀲,遊客坐樓船。   欣賞春光傾午酒,斟酌季語涌詩泉。情長言短,俳句就新鮮。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/11 19:28
そうだ櫻を詠もう 其四十六之十 寄調西地錦
      西地錦・春賞櫻雲      2017.03.11 -48557 .   悦目櫻花怒放,映山湖清浪。乘風艷雪,如星玉屑,篩光堪賞。   茅店傾杯舒暢,試詩魂無恙。吟翁欲競,啼鶯巧囀,聲高酬唱。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/11 11:03
そうだ櫻を詠もう 其四十六之九 寄調憶少年
      憶少年・春賞櫻雲      2017.03.10 -48556 .   春天新霽,贅翁穿入,櫻雲盛涌。乘風雪花舞,泛山湖如鏡。   野店傾杯乘酒興,鼓詩魂、聳肩吟詠。飛聲擅平仄,和黄鶯清哢。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/11 11:01
そうだ櫻を詠もう 其四十六之八 寄調朝天子
そうだ櫻を詠もう 其四十六之八 寄調朝天子       朝天子・春賞櫻雲      2017.03.10 -48555 .   悦目櫻雲涌,香雪舞、山湖如鏡。酣春日景,碎錦清漣映。   坐野店、閑聽黄鳥哢,喜啜村醪忽酩酊。貪醉夢,受風暖、遊魂霞洞。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/10 19:59
そうだ櫻を詠もう 其四十六之七 寄調占春芳
      占春芳・春賞櫻雲      2017.03.10 -48554 .   黄鳥囀,櫻雲涌,艷雪若蝶飛。日照春湖如鏡,水亭嫋嫋風微。   里婦笑容温,勸村醪、盈滿山杯。醉來吟興生夕暮,題是斜暉。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/10 19:58
そうだ櫻を詠もう 其四十六之六 寄調望仙門
      望仙門・春賞櫻雲      2017.03.09 -48551 .   老翁龜歩探濃春,入櫻雲。任風香雪舞繽紛,落鱗淪。   碎錦山湖耀,旗亭賣酒芳醇。醉乘吟興扮俳人,扮俳人,難作句鮮新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/10 11:36
そうだ櫻を詠もう 其四十六之五 寄調巫山一段雲
      巫山一段雲・春賞櫻雲    2017.03.09 -48550 .   湖水浮山影,櫻雲涌岸邊。乘風香雪舞晴天,飄落泛鱗漣。   休憩旗亭傾盞,美醉春光惹眼。閑聽黄鳥促吟魂,覓句作俳人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/09 19:21
そうだ櫻を詠もう 其四十六之四 寄調更漏子
      更漏子・春賞櫻雲      2017.03.09 -48549 .   賞櫻雲,遶湖畔,休憩水亭傾盞。惜香雪,舞春天,飄零泛碧漣。   聽鶯哢,坐酒興,恰似遊魂霞洞。得俳句,試低吟,含愁聲沈沈。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/09 11:53
七律・親交羽客數三千
七律・親交羽客數三千       七律・親交羽客數三千    2017.03.09 -48548 .   老學詩韻買雲箋,師事李白爲酒仙。百斗濁賢流硯海,萬鍾清聖涌言泉。   醉來筆翰含靈走,歸去夢郷張翼旋。晝夜遊魂浮碧漢,親交羽客數三千。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/09 10:29
そうだ櫻を詠もう 其四十六之三 寄調憶秦娥(平声押韻体)
「そうだ櫻を詠もう 其四十六之二 寄調憶秦娥(仄声押韻体)」について .       憶秦娥・春賞櫻雲      2017.03.08 -48541 .   喜濃春,隨風曳杖入櫻雲。入櫻雲,仰瞻香雪,暫扮俳人。   口才七歩得佳吟,村醪一盞催遊魂。催遊魂,仙郷白首,野店黄昏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/08 16:02
そうだ櫻を詠もう 其四十六之二 寄調憶秦娥(仄声押韻体)
      憶秦娥・春賞櫻雲      2017.03.08 -48540 .   春鶯哢,風柔湖畔櫻雲涌。櫻雲涌,雪花飄落,鱗漣浮動。   遊人芳徑接輕踵,憩休野店傾清聖。傾清聖,白頭美醉,黄昏吟詠。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/03/08 15:53
恨春遲・白梅香氣新鮮
      恨春遲・白梅香氣新鮮    2017.03.07 -48529 .   眼底雲箋無墨跡,白日照、千里氷原。不忍苦吟長,擱筆回頭處,暮光透窗簾。   壺酒三杯温身體,轉美醉、句涌言泉。再試裁詩寸刻,題是白梅,清晨香氣新鮮。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/07 14:38
[仙呂]青哥児・高吟未滿足
[仙呂]青哥児・高吟未滿足      [仙呂]青哥児・高吟未滿足  2017.03.07 -48528 .   賢人無庸追述,詩翁探口而出。後悔生涯中酒毒,月下高吟不滿足,薄福祿。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 13:58
弁口利辞→ 七律・巧押雅韻寫時評
      七律・巧押雅韻寫時評    2017.03.07 -48527 .   寒齋暗處有樗翁,空想消閑思縱横。辯口利辭多僞善,花言巧語少眞誠。   老崇天道傾金盞,醉嘆世人輕素風。但有詩箋堪走筆,巧押雅韻寫時評。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/07 13:55
七言律詩 『菲才清詩百代傳 (菲才の清詩 百代に伝わる)』
 ミューズより美酒をたまわれば菲才といえども傑作を世に残せるだろうということで .  七律・菲才清詩百代傳 2017.03.07 -48526 ,  日照竅門開碧天,出來花貌笑油然。口呆目瞪接青眼,骨軟筋酥疑絳仙。  正是繆斯羞緑酒,將爲醉墨染紅箋。菲才也好得靈感,忽寫清詩百代傳。 .  日は竅門(秘訣の門)の碧天へ開くを照らし,  出で來たる花貌 笑ひて油然たり。  口呆目瞪(口はポカンと目は見開いて)青眼に接し,  骨軟筋酥(骨も筋肉もふにゃふ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/07 09:24
七律・筆路霞光空
「衆口◆◆ 浣溪沙と五七令・四七令 と短歌と俳句」について .  衆口熏天求酒盞という句を得て仄韻押韻体の浣溪沙を詠んだのだが  あまりうまく詠めなかった。  そこで .       七律・筆路霞光空 隔句對  2017.03.06 -48525 .   翁嫗連襟迷夢郷,櫻雲盛涌擅春芳。花間騷客爲風漢,衆口熏天求酒觴。   藝苑時興流血涙,哀鴻滿路嘆天殃。幸災樂禍競佳作,淑景煙霞空暮光。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/06 14:56
輕口薄舌→ 七律・香夢遊魂逢繆斯
 輕口薄舌:軽率にして自由きままに話すこと。    重規疊矩:規と矩がぴったりと重なること。模倣、重複を形容する。 .       七律・香夢遊魂逢繆斯    2017.03.06 -48515 .   騷叟春宵把酒卮,遙瞻天鏡醉空思。多端寡要迷心路,有眼無珠從老師。   輕口薄舌若鸚鵡,重規疊矩擬唐詩。曲肱堪枕自鼾睡,香夢遊魂逢繆斯。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/06 11:13
七言律詩 『醉扮風人交沈約 (醉って風人に扮し沈約と交はる)』
 沈約(441年 - 513年)は中国南北朝時代の梁の学者。  声調を発見し詩の響きをよくするための声律を研究した。  いわば「韻律」の始祖。 . 七律・醉扮風人交沈約 2017.03.05 -48514 .  霜髮鬆鬆近墓穴,詩翁法力未枯竭。杯觴滿酒浮天鏡,口吻生花吐夢蝶。  振翅辭林求蜜語,遊魂筆路擅音節。偶聽仙樂得靈感,醉扮風人交沈約。 . 霜髮 鬆鬆として墓穴に近くも,  詩翁の法力いまだ枯竭せず。  杯觴 酒を滿たして天鏡を浮かべ,  口吻 花を生じて夢蝶を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/06 10:18
玉樓春・無言夕聽黄鳥囀
      玉樓春・無言夕聽黄鳥囀   2017.03.05 -48513 .   訥口少言傾酒盞,醉賞櫻雲流水畔。山湖如鏡耀鱗鱗,香雪隨風飛片片。   里婦再來含笑勸,家釀濁醪香味淡。洗滌塵慮喜身輕,夕暮閑聽黄鳥囀。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/05 15:11
南郷子・閉口藏舌
      南郷子・閉口藏舌      2017.03.04 -48510 .   閉口藏舌,寒齋角落老鸚哥。憐憫主人才淺短,遺憾,罵倒繆斯投酒盞。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/05 10:31
南郷子・閉口無言
      南郷子・閉口無言      2017.03.04 -48509 .   閉口無言,只傾酒盞扮詩仙。借問皇天何不用,情種,善感吟如黄鳥哢。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/05 10:28
柳梢青・唖口無聲
「柳梢青・唖口無言」に続き .  唖口無声:理屈行き詰まり言葉が出ない様子。  唖口無言と意味は同じだが、韻字を言にするか声にするかで、詞に詠めることが変わる。 .       柳梢青・啞口無聲      2017.03.04 -48505 .   勝地天晴,花間人喜,拂面春風。湖水鱗鱗,櫻雲靉靉,艷雪零零。   白頭美醉旗亭,執筆欲、裁詩敘情。但是悲哉,心長力短,啞口無聲。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/04 09:37
繍口錦心→ 酒泉子・一讀傑作意消沈
      酒泉子・一讀傑作意消沈   2017.03.03 -48503 .   繍口錦心,才媛裁詩盡美。老叟讀,忽陶醉,涙沾襟。   雲泥才分別天地,空坐櫻花底。欲填詞,擱禿筆,意消沈。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/03 19:31
張口結舌→ 酒泉子・張口結舌鼾睡
      酒泉子・張口結舌鼾睡   2017.03.03 -48502 .   張口結舌,酒盡枕肱鼾睡。夢高唐,貪情味,伴嫦娥。   浮舟銀漢相思處,花貌求裁賦。把才毫,選詞譜,醉秋波。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/03 14:58
張口掉舌→ 酒泉子・張口掉舌佯酒仙
      酒泉子・張口掉舌佯酒仙   2017.03.03 -48501 ..   張口掉舌,詩叟宛如鸚鵡。擬唐詩,摘句賦,效顰多。   醉揮才筆走箋紙,十年無錯字。競酒仙,玩塵世,喜高歌。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/03 14:53
塞垣春 『春賞櫻花 (春に桜の花を賞す)』
塞垣春・春賞櫻花 2017.03.03 -48500 .   曳杖尋形勝,肆目賞、櫻雲涌。乘風艷雪,若蝶張翅,飄舞清景。望靈湖瀲瀲輝如鏡,坐野店、如霞洞。翠娥來、花言勸,試傾家釀清聖。   美祿洗春愁,山將暮,斜日依嶺。醉叟帶詩情,老喉喜吟興。憶生涯、傷感三嘆,從聲律、扮裝黄鶯哢。歩歩擅平仄,且遊魂幻夢。 .  杖を曳いて形勝を尋ね,  目を肆(ほしいまま)にして賞す、櫻雲の涌くを。  風に乘る艷雪,  蝶の翅を張るごとく,  清景に飄舞す。  望靈湖の瀲瀲と輝いて如鏡のごと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/03 14:45
[中呂]醉高歌・摩口膏舌
      [中呂]醉高歌・摩口膏舌  2017.03.02 -48495 .   詩魔摩口膏舌,嘲罵騷翁小酌。怠工裁賦無佳作,只有温顔美徳。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/02 14:46
迎春樂・花徑若通霞洞
      迎春樂・花徑若通霞洞    2017.03.01 -48492 .   眼前人海風流衆,爭先入、櫻雲涌。録音聲、朗朗黄鶯哢,攤子賣、油糕等。   又可買、芳醇清聖,洗醉客、遊魂花徑。艷雪如蝶飄舞,一路通霞洞。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/02 11:08
喜春來・覓句扮詩仙
      喜春來・覓句扮詩仙     2017.03.01 -48491 .   櫻雲盛涌流湖畔,香雪繽紛舞眼前。白頭酒館借紅顔,望碧漣,無語算天年。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/02 11:07
探春令・吟競羽客題東壁
      探春令・吟競羽客題東壁   2017.03.01 -48490 .   雲箋恰似,雪原空闊,絶無人跡。醉翁却老揮才筆,畫詩虎、添鵬翼。   乘風自在飛千里,擅烟霞痼癖。喜盛春、醉賞櫻花,吟競羽客題東壁。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/01 14:29
留春令・臥遊蓬島逢鬼妻
      留春令・臥遊蓬島逢鬼妻   2017.03.01 -48489 .   臥遊蓬島,看出岔路,賞櫻花宴。靠近搖唇道寒暄,羽人笑、皆青眼。   艷雪如蝶飛夢幻,落女仙金盞。疑是亡妻坐桃源,喜傾醉、身康健。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/01 14:00
惜春令・欣賞櫻花醉吟
      惜春令・欣賞櫻花醉吟    2017.02.28 -48488 .   欣賞櫻雲流水濱,飛香雪、亂舞鱗淪。日照山湖輝若鏡,光景正濃春。   野店村醪醇,洗風漢、將鼓吟唇。試競蒼庚聲朗朗,高唱立黄昏。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/01 10:13
惜春郎・賞櫻花吟俳句
      惜春郎・賞櫻花吟俳句     2017.02.28 -48485 .   盛春湖畔櫻雲涌,悦耳黄鶯哢。俳人雅會,比肩幽討,求句吟詠。   夕暮旗亭如玉洞,有美酒堪中。醉讃揚、季語豐饒,恰似至人無夢。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/28 14:37
月宮春・賞櫻花吟俳句
      月宮春・賞櫻花吟俳句     2017.02.28 -48484 .   碧湖如鏡映櫻雲,雪花飛晩春。白頭翁嫗若鴨群,比肩立水濱。   噤口捲舌求季語,將裁俳句鼓吟魂。雅會旗亭設宴,暮寒傾酒温。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/28 14:36
武陵春・賞櫻花鼓詩魂
「武陵春・賞櫻花苦吟」について .       武陵春・賞櫻花鼓詩魂    2017.02.28 -48483 .   滿目櫻花開古渡,香雪舞鱗淪。悦耳鶯聲惜逝春,飛影隱林雲。   旗亭買酒望湖水,有感鼓詩魂。暫借紅顔洗世塵,白首扮風人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/28 14:31
海棠春・山村賞櫻花
      海棠春・山村賞櫻花     2017.02.27 -48480 .   賞櫻雲涌流湖畔,裁俳句、情長言短。開口見吟心,解渇求金盞。   翠娥含笑輝青眼,賣家釀、香濃味淡。肆目碧漣横,美醉山村晩。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/27 15:00
洞天春・吟賞櫻花作鸚鵡
      洞天春・吟賞櫻花作鸚鵡   2017.02.27 -48479 .   櫻雲靉靆當午,贅叟逍遙古渡。眼底江流受香雪,似蝴蝶風舞。   遙思彼岸樂土,醉作旗亭酒虎。有口無心,擬唐吟句,白頭鸚鵡。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/27 14:58
占春芳・春賞櫻雲
      占春芳・春賞櫻雲      2017.02.27 -48476 .   牽手杖,登山路,歩歩入櫻雲。艷雪隨風飄舞,恰如玉洞常春。   看到酒旗翻,對花容、沽酒芳醇。醉乘詩興高吟競,鶯囀黄昏。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/27 11:54
錦園春・春賞櫻雲
      錦園春・春賞櫻雲      2017.02.26 -48475 .   共遊形勝,俳人開雅會,競爭吟詠。百口同聲,贊櫻雲酣涌。   雕梁畫棟,酒樓似、藝林霞洞。醉叟稱觴,花容好句,如鶯清哢。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/26 18:55
杏園春・春賞櫻雲
      杏園春・春賞櫻雲      2017.02.26 -48474 .   春鶯巧哢晴天,櫻雲盛涌湖邊。旗亭買酒醉醺然,扮詩仙。   清漣瀲瀲輝夕暮,風光轉化言泉。悠哉才筆走紅箋,上青山。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/26 14:49
柳梢青・流口常談
      柳梢青・流口常談      2017.02.24 -48445 .   才媛多嫌,騷翁喜愛,流口常談。帶酒懸河,鼓舌加熱,醉借紅顔。   鸚哥記性十全,無主見、博聞辯言。摘句裁詩,擬唐尚古,作品平凡。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/24 10:59
酒泉子・搬口弄舌
      酒泉子・搬口弄舌      2017.02.23 -48441 .   搬口弄舌,正是酒魔靈驗。有白頭,傾金盞,競私説。   繆斯鼻哂彈琴處,廢紙秋風舞。詩論空,騷翁歩,晩寒苛。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/23 15:39
酒泉子・拙口鈍腮
      酒泉子・拙口鈍腮      2017.02.23 -48440 .   拙口鈍腮,只有酒杯堪啜。醉蜃樓,遊碧落,問白臺。   花容含笑迎風漢,目語如馳辯。意相投,共稱歎,月輪開。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/23 11:12
南郷子・青口白舌
      南郷子・青口白舌      2017.02.22 -48434 .   贅叟學詩,自豪才藻啜金卮。青口白舌多聲病,題夢,筆路中途迷酒興。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/22 14:22
慶春時・信口胡言
      慶春時・信口胡言      2017.02.22 -48432 .   紅唇勸酒,白頭傾盞,信口胡言。離題萬里,遊魂一路,香夢到桃源。   花容引導,佳句洶涌詩泉。櫻雲滿目,山鶯悦耳,裁賦喜春天。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/22 11:08
慶春時・守口如瓶
      慶春時・守口如瓶      2017.02.21 -48430 .   竅門開處,迷宮高聳,騷叟將逢。詩魔飼養,鸚哥慎默,嚴守口如瓶。   懷柔神鳥,傳授心術通靈。華詞盛涌,言泉滾沸,佳釀洗風情。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/21 14:52
霜天曉角・蛇口蜂針
       霜天曉角・蛇口蜂針     2017.02.20 -48421 ,   蛇口蜂針,害樗翁素心。夢想繆斯妖艷,勸玉盞、撫瑤琴。   菲才學醉吟,酒錢飛藝林。裁賦十年空老,無佳作、減年金。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/20 09:39
慶春時・虎口餘生
      慶春時・虎口餘生      2017.02.19 -48415 .   医生高手,樗翁長壽,虎口余生。春郊曳杖,花間飲酒,遊目醉風情。   園池白水,輕泛香雪飄零。波光引起,詩魂振奮,吟句競鶯聲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/19 09:09
南郷子・金口玉牙
      南郷子・金口玉牙      2017.02.18 -48404 .   醉借紅顔,詩翁強辯轉兇頑。金口玉牙絶不改,無害,畢竟打鼾眠可愛。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/18 20:52
五絶・空口説白話
      五絶・空口説白話      2017.02.17 -48399 .   空口説白話,濁賢入絳唇。詩人再失戀,花費酒錢春。   ○●○○●,○○●●平。○○●○●,○●●○平         ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/18 10:08
酒泉子・黄口小兒
      酒泉子・黄口小兒      2017.02.17 -48397 .   黄口小兒,嘲笑白頭風漢。扮詩豪,傾酒盞,倒春泥。   繆斯如此誑樗叟,不忍交紅友。恥拙吟,赧長壽,怍痴迷。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/17 15:52
酒泉子・改口沓舌
      酒泉子・改口沓舌      2017.02.17 -48396 .   改口沓舌,醉擅胡言亂語。擧酒杯,吟俳句,愧涼コ。   曲肱堪枕入香夢,化蝶遊玉洞。白首聽,黄鳥哢,忘歸國。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/17 15:50
掩口失声 柳梢青と四九令と短歌と俳句
      柳梢青・掩口失聲      2017.02.17 -48394 .   翠黛傾聽,白頭玩世,吟扮詩翁。雅韻玲瓏,華辭秀美,擅場陳情。   無人掩口失聲,但放屁、倏然起風。哄笑如雷,醉顔瞠目,夢醒旗亭。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/17 15:49
南郷子・掩口胡盧
 掩口胡盧:胡盧は笑貌。口もとを隠して笑ふこと。暗笑,窃笑。  .       南郷子・掩口胡盧      2017.02.17 -48393 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/17 15:48
酒泉子・一口兩匙
      酒泉子・一口兩匙      2017.02.17 -48392 .   一口兩匙,三寸之舌逞辯。評世情,傾酒盞,促花痴。   繆斯鼻哂輕門弟,却老求名利。吟擬唐,賣才藝,買華辭。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/17 10:20
酒泉子 『一口三舌 (一つの口に三つの舌)』
一口三舌:くだらないことをよく話すこと。 . 酒泉子・一口三舌 2017.02.16 -48387 .  一口三舌,設宴山櫻花下。先擧杯,而閑話,又高説。  蛙鳴蟬噪到秋夜,吟詠題明月。若殘蛩,奏仙樂,響天國。 .  一つの口に三つの舌,  宴を設けるは山櫻の花下。  先ず杯を挙げ,  而して閑話し,  また高説す。 .  蛙鳴き蟬噪いで秋の夜に到り,  吟詠 明月を題とす。  殘蛩のごとく,  奏でたる仙樂,  天國に響く。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/16 14:07
易口以食→ 酒泉子・題災寫凡詩
      酒泉子・題災寫凡詩     2017.02.15 -48385 .   易口以食,騷客題災樂禍。傾酒杯,磨香墨,順天職。   怒龍洪水襲耕地,饑民沽子弟。筆傷悲,人揮涕,寫凡詩。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/16 10:03
惟口起羞→ 酒泉子・繆斯勸吟撫瑤琴
      酒泉子・繆斯勸吟撫瑤琴   2017.02.15 -48384 .   惟口起羞,贅叟失言詩苑。有紅顏,投金盞,中白頭。   欣賞酒器非佳作,無端傷雅客。謝罪遲,愧無策,害風流。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/16 09:54
七絶・心口不一
「七絶・心口如一」に続き .       七絶・心口不一       2017.02.15 -48378 .   風人醉筆縱横馳,留下月章星句詩。心口不一何敢避,世人老獪擅卮辭。   ○○○●●○平,○●○○○●平。●●○○●○●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十三支平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 13:48
七絶・心口如一
      七絶・心口如一       2017.02.15 -48377 .   詩翁才筆擅七絶,心口如一平仄協。帶酒遊魂舞花下,當然鼓翅化蝴蝶。   ○○○●●○平,○●○○○●平。●●○○●○●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻三皆平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/15 13:43
掩口葫蘆→ 七絶・掩口葫蘆花貌聽
      七絶・掩口葫蘆花貌聽    2017.02.15 -48376 .   翠黛坦然羞酒瓶,白頭賣老醉旗亭。胡言亂語垂涎買,掩口葫蘆花貌聽。   ●●●○○●平,○○●●●○平。○○●●○○●,●●○○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 11:39
遙天奉翠華引 『詩翁貪醉夢 (詩翁 醉夢を貪る)』
 「口輕舌薄」は酷い話をすることを言うが、平仄を合わせるために一字入れ、 「口輕舌淺薄」とにすると、意味がまるで変わってしまう (酷薄→浅薄)。 .    遙天奉翠華引・詩翁貪醉夢  2017.02.14 -48372 .   口輕舌淺薄,有詩翁、不喜商酌。頻頻飲酒,醺醺遺忘生活。醉魂逃世網,放唱騎、仙鶴舞天國。羽客三千,歡迎野叟通脱。   乘風萬里,擅臥遊、同伴月娥。海中蜃樓,龍女含笑調唆。允諾結婚後,願雲孫、交媾樹陽徳。鷄唳娑婆,醒清晨、好夢割剥。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/14 15:16
霜天曉角・口諧辭給
 口諧辭給:言辞詼諧(ユーモラス)にして敏捷。 .       霜天曉角・口諧辭給     2017.02.14 -48371 .   口諧辭給,風漢頻酣醉。兒女愛他交友,侑緑酒、招青鬼。   責備,罰富貴,花錢奢侈罪。如此高説來世,勸敬老、慎貧嘴。 .   口諧辭給,   風漢 頻に酣醉す。   兒女 他(かれ)を愛して交友し,   緑酒を侑(すす)め、青鬼を招く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/14 15:03
柳梢青・口吻生花
      柳梢青・口吻生花      2017.02.13 -48365 .   酒館鳴蛙,詩林知了,吟忘歸家。醉眼無珠,夢蝶張翅,口吻生花。   繆斯囈語絶佳,押清韻、離題任他。鸚鵡學舌,風人飲露,叫做流霞。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/13 11:54
口墜天花→ 柳梢青・筆底紅唇映朝霞
      柳梢青・筆底紅唇映朝霞   2017.02.13 -48364 .   服務官衙,傾杯酒館,午夜回家。月照雲箋,人逢詩鬼,口墜天花。   預知庸碌生涯,何不試、詩詞可嘉。筆底紅唇,夢郷青眼,映帶朝霞。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/13 09:12
口齒生香→ 柳梢青・霧流箋紙匿高唐
       柳梢青・霧流箋紙匿高唐   2017.02.12 -48363 .   筆下姑娘,酒家花貌,口齒生香。青眼秋波,紅顏春色,白首霞觴。   醉來詩叟疏狂,輕現世、遊魂夢郷。月照寒齋,霧流箋紙,蔽匿高唐。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/13 05:59
憶少年・口直心快對繆斯
      憶少年・口直心快對繆斯   2017.02.12 -48356 .   眼開眉展,耳紅面赤,口直心快。詩翁醉如此,對繆斯嬌態。   侑酒花言含笑賣,好季題、正堪收買。醺然詠俳句,賞櫻雲靉靆。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/12 11:37
五絶・口出大言
      五絶・口出大言       2017.02.11 -48355 .   醉叟借朱顔,口出多大言。今兹我宣誓,來世作詩仙。   ●●●○平,●○○●平。○○●○●,○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/11 21:10
七絶・口吐珠璣
      七絶・口吐珠璣       2017.02.10 -48345 .   酣筵才媛繞金樽,七歩裁詩驚鬼神。口吐珠璣唇濡酒,大家失去信心春。   ○○○●●○平,○●○○○●平。●●○○○●●,●○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/10 10:54
七絶・口血未乾
      七絶・口血未乾       2017.02.09 -48342 .   誓約戒酒守清貧,慰藉老妻留涙痕。口血未乾喉已渇,就傾緑酒洗紅塵。   ●○●●●○平,●●●○○●平。●●●○○●●,●○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/09 14:46
柳梢青・口是心非
      柳梢青・口是心非      2017.02.09 -48329 .   笑買金杯,欣斟緑酒,醉賞紅梅。想起花唇,巧説蜜語,口是心非。   繆斯誑惑盲龜,空延壽、學詩水隈。歸屬三流,叩頭千乞,訣竅清輝。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/09 10:47
七絶・口耳之學
      七絶・口耳之學       2017.02.08 -48327 .   寒齋暗處有鸚哥,注視詩翁作酒魔。口耳之學生妄想,胡言亂語醉呶多。   ○○●●●○平,●●○○●●平。●●○○○●●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻二波平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/08 14:29
[中呂]醉高歌・心平氣和
     [中呂]醉高歌・心平氣和   2017.02.06 -48310 .   裁詩才麗情多,飲酒心平氣和。醉魂穿霧騎仙鶴,一向玄天故國。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/06 14:21
七絶・内峻外和
      七絶・内峻外和       2017.02.04 -48299 .   賢妻含笑勸金卮,陪我良宵如繆斯。内峻外和通韻律,温顏鼻哂指浮辭。   ○○○●●○平,○●○○○●平。●●●○○●●,○○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十三支平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/05 08:36
[中呂]醉高歌・割地求和
     [中呂]醉高歌・割地求和   2017.02.04 -48298 ,   國家割地求和,風漢傾杯唱歌。有才走運爲食客,助興吟浮笑渦。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 08:07
柳梢青・鼓腹含和醉
      柳梢青・鼓腹含和醉     2017.02.04 -48294 .   清聖芳醇,濁賢濃厚,滌洗風人。鼓腹含和,遊魂肆目,花滿烟春。   開筵欣賞櫻雲,撒香雪、飄零碧淪。醉競吟詩,聳肩望斷,湖水鱗鱗。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/04 14:37
憶少年・情投意洽
      憶少年・情投意洽      2017.02.04 -48293 .   豪商請客,詩翁飲酒,情投意洽。濁賢與清聖,洗兩人閑話。   韻事當今蒙雨打,青年寡、巧騎良馬。如斯嘆時世,醉月明花下。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/04 13:30
憶少年・惠風和暢
      憶少年・惠風和暢      2017.02.03 -48291 .   櫻雲盛涌,花間欣受,惠風和暢。飄飄舞香雪,遶遊人來往。   笑入旗亭傾小釀,潺潺洗、老軀無恙。遊魂若蝶舞,或蟬脱塵網。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/04 09:08
七絶・春風和氣
      七絶・春風和氣       2017.02.02 -48286 .   門下一同坐酒筵,春風和氣促卮言。聲高舌敝耳聋後,師匠歸途伴醉猿。   ○●○○●●平,○○○●●○平。○○○●●○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/02 21:07
南郷子・趁水和泥
 趁水和泥:ありものの水で泥を捏ねて粘土にする。機に乘じて事を行うこと。 .       南郷子・趁水和泥      2017.02.02 -48285 .   趁水和泥,觸目春光作季題。筆潤旗亭金盞酒,白首,暫借紅顔吟句秀。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/02 14:32
霜天曉角・隋珠和玉
「憶少年 『隋珠和璧 (隋侯の珠と和氏の璧)』」について .  隋珠和玉:隋侯の珠と和氏の璧。ひろく珍宝をいう。 .       霜天曉角・隋珠和玉     2017.02.02 -48284 .   詩詞韻律,是隋珠和玉。清耀光芒靈驗,使樗叟、求佳句。   笑擧,杯酒緑,春天擅風趣。遊目當然着想,把鉛筆、題飛絮。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/02 14:25
五言律詩 『履霜知才分短 (霜を踏んで知る 才分の短きを)』
     五律・履霜知才分短      2017.01.31 -48271 .  歸山坐夕暮,有意作詩翁。担雪填深井,履霜知冷氷。  傷悲才分短,欣喜酒香清。美醉茫洋處,寒鴉霞彩鳴。 .  山に帰り夕暮に坐し,  意ありて詩翁となる。  雪を担いて深き井戸を填(うず)め,  霜を履(ふ)んで冷たき氷を知る。  傷み悲しむ 才分の短かきを,  欣び喜ぶ 酒香の清きを。  美醉し茫洋たるところ,  寒鴉 霞彩(夕焼け)に鳴く。 .  担雪填井:雪を担いで井戸を填める。徒労... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/01 09:30
七律・隨筆偶成
      七律・隨筆偶成       2017.01.31 -48270 .   挂冠解綬伴殘蛩,遁跡藏名將越冬。笑啜山杯爲酒虎,醉呵才筆扮詩龍。   雪窗晴處紅梅艷,雲影流時白水淙。春晝墨花開彼岸,遊仙韻事自從容。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/01 08:57
七律・寒冬壽宴
      七律・寒冬壽宴       2017.01.30 -48264 .   冬宵青女風衣舞,藝苑紅樓醉臉多。韻事也関塵世界,壽筵正望假山河。   大家諂媚隣豪賈,門弟逢迎唱頌歌。窗外雪飛増酒量,無人傷感喚詩魔。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/30 14:39
七律・揮筆當題木母妍
 闘艷争芳:艶麗をあい競い、芳香を散らし発する。 .       七律・揮筆當題木母姸    2017.01.29 -48262 .   曳杖逍遙春淺園,尋梅閑徑遶池邊。紅唇闘艷映白水,雪魄爭芳輝碧天。   看到旗亭買村酒,小傾玉盞對詩箋。餘生幾度賞花醉,揮筆當題木母姸。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/30 10:04
七言律詩 『花蜜沾唇吟律絶 (花の蜜のうるおせる唇 律絶を吟ず)』
七律・花蜜沾唇吟律絶 2017.01.29 -48258 .  晩境多閑贅叟曰,風流韻事正堪學。言和意順詩平易,酒美杯輕筆敏捷。  喜潤硯池含醉墨,欲張鱗翅化飛蝶。千紅萬紫開思路,花蜜沾唇吟律絶。 .  晩境 閑多くして贅叟(隠居の老人)曰く,  風流韻事は正に学ぶに堪へりと。  言は和やかに意は順なれば詩は平易,  酒は美(うま)く杯の軽ければ筆は敏捷。  喜び硯池に潤ひて醉墨を含み,  鱗翅を張り飛蝶と化さんとす。  千紅萬紫 思路に開き,  花蜜に沾(うるお)ふ唇 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/29 10:47
七絶・和藹近人
 和藹近人:態度温和で近づきやすいこと。 .       七絶・和藹近人       2017.01.28 -48257 .   贅翁少好守温顔,含笑如愚常泰然。和藹近人多酒友,醉生夢裡到龜年。   ●○●●●○平,○●○○○●平。○●●○○●●,●○●●●○平                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻四開平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/29 08:35
五律・鶴困鷄群
      五律・鶴困鷄群       2017.01.28 -48256 .   老叟卮言謂,平川詩虎貧。秀才缺酒友,孤鶴困鷄群。   富賈憐他勸,濁賢漱口醇。旗亭見明月,清照醉吟隣。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/29 07:03
五律・鷄鳴狗盗
      五律・鷄鳴狗盗       2017.01.28 -48255 .   莫侮才能怪,乘機列策勲。鷄鳴扮詩客,狗盗作商人。   共啜清濁酒,相褒技藝眞。生涯醉紅運,老尚擅青春。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/28 14:41
和風麗日→ 五律・遊魂問武陵
      五律・遊魂問武陵      2017.01.28 -48253 .   揮筆追花信,遊魂問武陵。和風拂褶皺,麗日照閑情。   白雪梅和李,紅雲桃與櫻。村人斟凍酒,勸我盞堪傾。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/28 11:23
七律・聲病難醫歸路愁
      七律・聲病難醫歸路愁    2017.01.27 -48248 .   比肩携手老中流,婦唱夫隨上酒樓。偕老同穴共金盞,和容悦色競青眸。   笑乘酣興吟魂動,試走枯毫醉墨留。自大請評妻子指,聲病難醫歸路愁。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/27 14:41
梅弄影・午夢遊蓬島
      梅弄影・午夢遊蓬島     2017.01.27 -48242 .   望梅閣老,午夢遊蓬島。閑徑芳枝美好,雪魄紅唇,競姸開古道。   落暉光耀,射入旗亭小。眼底花容含笑,酒醒黄昏,下班穿外套。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/27 12:55
鬲溪梅令・賞梅醉吟合四聲
      鬲溪梅令・賞梅醉吟合四聲  2017.01.26 -48241 .   素梅綴玉展枝横,映薄氷。日照圓池如鏡、泛蒼鴻,未知春起風。   耐寒裁賦凍詩情,上旗亭。午酒温身甜美、洗心靈,醉吟合四聲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/27 09:07
望梅花・賞梅吟俳句
「望梅花・裁賦遊梅苑」について 望梅花には別体がある。其の二。 .       望梅花・賞梅吟俳句     2017.01.26 -48240 .   玉枝花影映薄氷。若雅歩、追隨青帝,綺繡天衣翻暖風。   樗叟筆含靈。俳句十七字乍成,得意醉旗亭。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/27 08:55
梅花引・賞梅回首雪輝山
      梅花引・賞梅回首雪輝山   2017.01.25 -48233 .   梅花引,騷人問,雪魄朱唇競風韻。喜春暉,映酒杯,野店凍醪,甜美洗心灰。   醉來夢想行空好,吟從靈感措辭妙。扮詩仙,舞雲箋,遊魂夕暮,回首雪輝山。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/25 14:17
一翦梅・望梅止渇問春宮
      一翦梅・望梅止渇問春宮   2017.01.25 -48232 .   晩境無聊伴夜寒,箋紙空白,恰似氷原。望梅止渇鼓詩魂,張翼乘風,一路圖南。   目下瓊林紅火鮮,正是春宮,花滿庭園。逢迎青帝辱金杯,美醉將揮,筆潤言泉。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/25 14:13
南郷一剪梅・賞梅美醉
      南郷一剪梅・賞梅美醉    2017.01.24 -48231 .   拂面午風微,喜負晴暄却老羸。婦唱夫隨遊覽處,君愛白梅,我愛紅梅。   茅店見蛾眉,笑賣村醪滿酒杯。暫借紅顔翁與媼,輕醉春暉,濃醉夕暉。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/25 11:25
和而不同 和光同塵 五言絶句二首
 和而不同:和するも同ぜず。  和光同塵:同塵は塵俗ともにあること。世と争わない消極的な処世態度。 .       五絶・和而不同       2017.01.24 -48227 .   和而不同處,詩友勃然怒。困惑勸金杯,不能調酒虎。   ○○●○仄,○●○○仄,●●●○○,●○○●仄。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/25 10:28
[中呂]醉高歌・和而不唱
     [中呂]醉高歌・和而不唱   2017.01.24 -48226 .   和而不唱同舟,恐後爭先飲酒。醺然笑獻仙椿壽,聽到高説點頭。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/24 15:13
七絶・和衣而臥
      七絶・和衣而臥       2017.01.24 -48225 .   傾盞凌寒坐盛冬,苦吟長處酒多功。和衣而臥入香夢,欣賞櫻花春喜風。   ○●○○●●平,●○○●●○平。○○○●●○●,○●●○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2017/01/24 13:43
七絶・分秒必爭
      七絶・分秒必爭       2017.01.24 -48223 .   餘生幾許會裁詩,贅叟寒心仰繆斯。分秒必爭呵凍筆,欲將取暖啜金卮。   ○○●●●○平,●●○○●●平。○●●○○●●,●○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/24 13:39
[中呂]醉高歌・蟻闘蝸争
      [中呂]醉高歌・蟻闘蝸争   2017.01.23 -48210 .   詩林蟻闘蝸爭,指正詩敵仄平。心情暢快乘酣興,笑勸傾杯酩酊。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/23 14:50
[中呂]醉高歌・雀鼠之爭
     [中呂]醉高歌・雀鼠之爭   2017.01.23 -48209 .   酒家雀鼠之爭,激論詩格酩酊。花容更勸傾清聖,滌洗空談未停。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/23 12:22
永遇樂 『箋上繆斯含笑(箋上にミューズ微笑す)』
永遇樂・箋上繆斯微笑 2017.01.21 -48200 .   冬夜傾杯,爐邊取暖,將呵才筆。箋紙皚皚,雪原渺渺,千里無人跡。詩魂逞志,贅翁却老,勇跨靈犀添翼。聞仙樂、攅蹄思路,着到蜃樓卓立。   瓊林深處,竅門開後,身在紫宮玄祕。致敬花容,繆斯含笑,星眼輝青碧。共斟雲液,高談韻事,傷感悲歌垂泣。同情好、心心相印,月中昵昵。 .  冬の夜に杯を傾け,  炉辺に暖を取り,  將に呵さんとす 才筆を。  箋紙 皚皚として,  雪原は渺渺,  千里に人跡なし。  詩魂 志を逞し... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/21 14:51
蝸角之争 蠻觸相争 触闘蛮争 醉高歌と七言絶句と五言絶句と漢俳
 蝸角之争:極めて小さなことが大きなもめ事を引き起こすことを比喩。  蛮触相争:蝸角之争。蛮触は蝸牛の角の上にある小国(『荘子』)。  触闘蛮争:同上。 .      [中呂]醉高歌・蝸角之爭   2017.01.20 -48195 .   詩林蝸角之爭,老益踢天弄井。醉翁討論難決勝,千里離題酩酊。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 10:38
[双調]壽陽曲・百花爭艷
     [双調]壽陽曲・百花爭艷   2017.01.20 -48191 .   牽藜杖,負日暄,喜春郊、百花爭艷。旗亭正堪傾酒盞,醉吟競、柳鶯清囀。 .   藜杖を牽き,   日暄を負ひ,   春郊に喜ぶ、百花 艷を爭ふを。   旗亭 正に酒盞を傾くるに堪へ,   醉吟して競ふ、柳鶯の清らかに囀ると。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 18:47
[中呂]醉高歌・鼓腦爭頭
    [中呂]醉高歌・鼓腦爭頭   2017.01.20 -48190 .   贅翁鼓腦爭頭,招待風人勸酒。三千醉臉稱眉壽,貪夢吟詩信口。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 17:45
柳梢青・R奇爭勝
      柳梢青・R奇爭勝      2017.01.20 -48185 .   酒促卮言,R奇爭勝,信口連綿。春晝蛙鳴,秋宵蛩語,不斷喧煩。   詩翁不敢延年,猶無恙、吟唇吐煙。花底高歌,月中低唱,冬沐温泉。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/20 08:47
霜天曉角・桃李爭妍
      霜天曉角・桃李爭妍     2017.01.19 -48184 .   桃李爭妍,風人花酒錢。獨坐旗亭傾盞,賞春景、借紅顔。   口占不須箋,醉吟佯洞仙。村婦再斟清聖,洗野叟、仰晴天。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/20 06:45
[中呂]醉高歌・鷸蚌相爭
「南郷子・蚌鷸爭衡」に続き .      [中呂]醉高歌・鷸蚌相爭   2017.01.19 -48183 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/19 16:59
南郷子・蚌鷸爭衡
      南郷子・蚌鷸爭衡      2017.01.19 -48182 .   蚌鷸爭衡,漁夫得利海天青。騷客聞之斟緑酒,將侑,窮困詩敵如鶴瘦。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2017/01/19 10:58
珠簾捲・鬥怪爭奇
      珠簾捲・鬥怪爭奇      2017.01.18 -48177 .   學園醉,不知疲,卮言鬥怪爭奇。白首高説公議,青年皆置疑。   師父愛國無力,舌鋒有翼離題。空想自由翔歩,憂治世,扮朝曦。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/19 07:58
霜天曉角・鷄鶩爭食
      霜天曉角・鷄鶩爭食     2017.01.18 -48175 .   鷄鶩爭食,騷人傾酒卮。美醉當然磨墨,揮才筆、寫詩詞。   遊魂戀繆斯,放歌如馬嘶。春賞櫻雲盛涌,秋仰月、醉成痴。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/18 14:26
霜天曉角・萬壑爭流
      霜天曉角・萬壑爭流     2017.01.18 -48174 .   萬壑爭流,風光堪勝遊。翁媼連襟散策,按俳句、轉吟眸。   季題多素秋,詞華生筆頭。共上旗亭設宴,誇作品、醉無憂。 .   萬壑 流れを爭ひ,   風光堪勝遊するに堪ふ。   翁媼 襟を連ねて散策し,   俳句を按じ、吟眸を轉ず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/18 08:49
七絶・明爭暗鬥
      七絶・明爭暗鬥       2017.01.17 -48167 .   韻士也迷人世煩,吟求詩譽齒牙寒。明爭暗鬥仰天鏡,臨照白頭如醉猿。   ●●●○○●平,○○○●●○平。○○●●●○●,○●○○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/17 14:05
争風吃醋 如夢令と五七令
 争風喫醋:風は風韻、女性。女性の争奪で酢を食らう。苦い目にあう。 .       如夢令・爭風吃醋      2017.01.16 -48160 .   絞盡腦汁裁賦,披瀝純情戀慕。筆底喜相思,實際爭風喫醋。遷怒,遷怒,籠裡無言鸚鵡。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/16 13:39
如夢令 『酒惠涓滴微利(酒は恵む しずくほどの微利)』
如夢令・酒惠涓滴微利 2017.01.16 -48155 .   政客爭權奪利,詩客爭名奪利。傾盞借紅顏,醉嘆流年不利。有利,有利,酒惠涓滴微利。 .  政客は権を争い利を奪い,  詩客は名を争い利を奪う。  盞を傾けて紅顏を借り,  醉って嘆く 流年(長年)の不利。  利あり,  利あり,  酒は恵む 涓滴(しずく)「の微利。 .  争名奪利:名位と利益を争奪すること。  争権奪利:権力と利益を争奪すること。  流年不利:長年にわたりよい運に恵まれないこと。  涓... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/16 10:54
葛飾吟社丁酉新春柏梁体雅集
「葛飾吟社2017年1月度例会(新年会)」について .  昨日の葛飾吟社で詠んだ柏梁体、陳興さんが入力してくれた。  陳興先生、多謝。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/01/15 14:47
葛飾吟社2017年1月度例会(新年会)
 本日14日は葛飾吟社2017年1月度例会(新年会)  吟社創設者の中山逍雀先生をお招きし、新年を祝った。 .  酒肴の前にまず出席者全員と  出席できないが作句には参加する会員で柏梁体。  続いて、今年初めての試みとして  有志4人で七言律詩一首を詠んだ。 .     新春茗溪聯句作一律 .  雪华万点落东京,飞鸟遥观林外惊。 (清溪)   醉叟醒看楼影暗,美人独伫... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2017/01/14 21:15
七律・牛鼎烹鷄
      七律・牛鼎烹鷄       2017.01.14 -48146 .   莫笑贅翁惜酒錢,巧斟美祿涌言泉。蝸居養鳳鳴箋紙,牛鼎烹鷄報曉天。   晝化蝴蝶醒霞洞,夜傾玉液洗詩仙。醉生玩世喜終老,夢死遊魂更百年。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/14 19:55
呆若木鶏 七言律詩と五七令と短歌
      七律・呆若木鷄       2017.01.14 -48144 .   贅翁終老漱言泉,空待繆斯爲酒仙。呆若木鷄侵曉忘,高鳴詩苑大家眠。   弊風拂面生迷夢,枯樹開花聳廢箋。奇跡古來難置信,只知末路有秋天。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/14 10:02
酒泉子・鶴困鶏群
      酒泉子・鶴;困鶏群      2017.01.12 -48129 .   鶴困鷄群,團聚詩林贅語。啜酒杯,耽絶句,競博聞。   大家上座年年老,弟子皆微笑。守門風,吹古道,戴停雲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 14:33
南郷子・鼠腹鶏腸
      南郷子・鼠腹鶏腸      2017.01.12 -48128 .   鼠腹鷄腸,阿諛巨匠勸金觴。門下守株皆待兎,鸚鵡,摘句擬唐吟尚古。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 14:26
淮南鷄犬 淮王鷄狗 霜天曉角二首
 淮南鷄犬:人を頼り勢いを得ようとする人を比喩。  淮王鷄狗:同上。 .  淮南鷄犬、淮王鷄狗の語義は似たようなものだが、末字を韻字とすると  詠める詩境は異なる。  霜天曉角でそれを試してみた。 .       霜天曉角・淮南鷄犬     2017.01.12 -48126 .   淮南鷄犬,連袂嘲風漢。醉扮辭林孤鶴,無師事、競鶯囀。   傾盞,肆口占,不留詩淺短。燕雀未知鴻志,輕常道、張翼遠。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 14:24
七律・春來花底自誇吟袖翻
      七律・春來花底自誇吟袖翻  2017.01.11 -48121 .   笑啜金杯借赭顔,醉翁吟詠似啼猿。人佯仙客雲箋紙,鶴立鷄群筆雪原。   萬里空虚留墨跡,百年寄寓擅卮言。春來何不求風韻,花底自誇吟袖翻。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/11 14:04
家鷄野鶩 東坡引と五七令
 家鷄野雉:晋の庚翼は自分の書法を鷄に喩え、王羲之のそれを雉に喩え、賎近なるものと貴遠なろものを示した。風格の大いに異なる書法絵画等を比喩する。  家鷄野鶩:書法の風格が異なること、人は新奇なるものを好み、ありふれた事物を厭うことを比喩する。 .       東坡引・家鷄野鶩      2017.01.10 -48117 .   君詩辭綺麗,愚生重條理。家鷄野鶩別天地,應酬歡異己。   醇醪旨酒,月中花底,裁詩賦、愉才藝。風流韻事將滌洗,紅塵埋正氣。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/11 11:59
牝鷄司旦 雄鷄斷尾 七言絶句二首
 牝鷄司旦:牝鶏が曉を報じる。婦女による窃権乱政を比喩。  雄鷄斷尾:雄鶏が祭祀の犠牲となるのを恐れ自らの身を損なうこと。   殺されるのを恐れ自尽することを比喩する。 .       七絶・牝鷄司旦       2017.01.09 -48107 .   聞道古人憂世言,牝鷄司旦暗黒天。如今京邑女傑挂,炬火明輝照向前。   ○●●○○●平,●○○●●○平。○○○●●○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/10 13:58
指鷄罵狗 打鷄罵狗 五七令と霜天曉角
 指鷄罵狗:鶏を指さし犬を罵る。表面上はこちらを罵り、実際上はあちらを罵る。  打鷄罵狗:ある人への不満を八つ当たりして晴らすこと。 .       五七令・打鷄罵狗      2017.01.08 -48095 .   苦吟難解愁,打鷄罵狗蹴犀牛。   ●○○●平,●○●仄●○平。      ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻七尤平仄両用の押韻。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/09 09:55
憶少年・偸鷄摸狗
      憶少年・偸鷄摸狗      2017.01.07 -48090 .   遊魂磨墨,尋章摘句,偸鷄摸狗。裁詩擬唐好,伴金樽紅友。   最喜青春花底酒,洗塵懷、更延眉壽。龜毛作才筆,寫神工對偶。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/08 10:01
酒泉子・殺鷄爲黍
      酒泉子・殺鷄爲黍      2017.01.07 -48089 .   款待繆斯,夢裡殺鷄爲黍。勸凍醪,溶辛苦,促裁詩。   化爲鸚鵡學舌禍,醉吟飛口唾。對花容,煽心火,斷情絲。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/08 09:11
霜天曉角・山鷄映水
      霜天曉角・山鷄映水     2017.01.07 -48088 .   山鷄映水,樗叟寒齋醉。箋上清輝詩眼,祝才筆、好收尾。   飲美,耽趣味,韻事催仙蛻。帶酒遊魂張翼,尋霞洞、摘芳卉。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/01/07 10:02
霜天曉角・鶏鳴狗吠
      霜天曉角・鶏鳴狗吠     2017.01.06 -48077 .   鶏鳴狗吠,白頭擁擠醉。清聖濁賢可口,流酒館、催油嘴。   雅会,皆隱退,但守舌鋒鋭。老尚憂國逞辯,覺困倦、一隅睡。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/06 12:33
憶少年・鷄零狗碎
      憶少年・鷄零狗碎      2017.01.05 -48074 .   推敲拙作,摘除徒語,懸疣附贅。詩箋染朱墨,泥鷄零狗碎。   走筆常携壺酒美,喜臥遊、目酣神醉。當時景光化,只剩山殘水。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/05 10:56
霜天曉角・鶏飛蛋打
      霜天曉角・鶏飛蛋打     2017.01.05 -48073 .   詩翁傷感,推敲刪字眼。正是鶏飛蛋打,有廢紙、又空盞。   春淺,才分短,大雪旗亭遠。借問繆斯何處,陪風漢、開花臉。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/05 09:52
七絶・鷄皮鶴髮
      七絶・鷄皮鶴髮       2017.01.04 -48068 .   裁賦凌寒傾緑酒,鷄皮鶴髮借紅顔。眼花耳熱温身體,將踏詩箋如雪原。   ○●○○○●平,○○●●●○平。●○●●○○●,○●○○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/04 14:35
鷄虫得喪 五七令と短歌と俳句と七言絶句
 鷄虫得喪:微小なる得失,どうでもよいそれを比喩する。 .       五七令・鷄蟲得喪      2017.01.04 -48066 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/04 14:33
鷄爭鵝鬥→ 憶少年・老叟多閑舌鋒鋭
      憶少年・老叟多閑舌鋒鋭   2017.01.04 -48065 .   蛙鳴蟬噪,鷄爭鵝鬥,驢唇馬嘴。白頭借朱臉,啜霞漿醇美。   老叟多閑歡聚会,論時局、弔民伐罪。舌鋒未生銹,擅口誅尖鋭。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/04 09:30
鷄棲鳳巣→ 霜天曉角・木鷄棲鳳巣
      霜天曉角・木鷄棲鳳巣    2017.01.03 -48064 .   詩苑晴霄,木鷄棲鳳巣。十歳絶無作品,有祖父、列文豪。   旗亭多酒肴,温顔傾醴醪。門下三千爲壽,秋欲晩、月輪高。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/04 07:15
丁酉新年試筆 其三 寄調玉女迎春慢
「丁酉新年試筆 其二 寄調賀熙朝」に続き .  玉女迎春慢・丁酉新年試筆  2017.01.02 -48047 .   鳴送猴年,金鷄報、歳序更新清曉。贅叟偸生醒覺,旭日燒雲臨照。傾杯多少,共賀正、與妻偕老。温顔嬌媚,椒酒洗滌,詩筆輕巧。   醺然暫且瞑思,遊魂欲問,繆斯微笑。望斷雲箋渺渺,恰似氷原皓皓。詠懷張翼,到紫洞、謁言花貌。玉女歡迎,遠客篤學訣竅。 .   鳴いて猴年(申年)を送り,   金鷄は報ず、   歳序更新せる清曉。   贅叟 生を偸んで醒覺(目覚め),  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/02 11:08
丁酉新年試筆 其二 寄調賀熙朝
「丁酉新年試筆 寄調賀聖朝」に続き .       賀熙朝・丁酉新年試筆   2017.01.01 -48046 .   朗朗金鷄鳴破曉,酉年將報,蝸居安好。旭光明耀,醉翁清醒,愛人花貌,柔媚含笑。   眼前椒酒洗蒼老,借暫且紅顏,乘興揮毫巧。妙思得詞藻,箋上樂園,滿地芳草。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2017/01/02 09:42
丁酉新年試筆 寄調賀聖朝
 賀聖朝・丁酉新年試筆 2017.01.01 -48045 .   金鷄旭旦高鳴報,春來蓬島。白頭無恙,醒來相對,愛人花貌。   賀年傾酒,遊魂試筆,染箋多少。贅翁思願,和平周遍,全球修好。 .   金鷄 旭旦(日の出)に高らかに鳴いて報ず,   春の蓬島に来たるを。   白頭 恙なく,   醒め來って相ひ對す,   愛人(つま)の花貌に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2017/01/02 09:29
七律・丁酉迎春偶成
「迎接丁酉新年 七言絶句と漢俳と五言俳句と俳句と短歌」に続き .       七律・丁酉迎春偶成     2017.01.01 -48040 .   夢叩竅門尋繆斯,恭恭致敬忝金卮。霞漿馥郁洗塵垢,老叟欣然接睿知。   悟道舊愚迷贅語,買虚新筆選華辭。醒來弟子從調教,鷄犬昇天作好詩。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/01 09:44
卜算子慢・猿猴取月老翁詩
      卜算子慢・猿猴取月老翁詩  2016.12.31 -48034 .   猿猴取月,樗叟作詩,醉競赫然朱臉。忘我遊魂,夢想縱横無限。對雲箋、舞雪飛星漢。鼓鵬翼、翻翔萬仞,將尋繆斯清婉。   致敬人青眼,辱玉液芳醇,滿盈金盞。笑貌生花,皓齒論及虚幻。竅門開、妙想如風卷。喜筆勢、聲高放唱,買天仙贊嘆。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/31 14:13
霜天曉角・射利沽名
      霜天曉角・射利沽名     2016.12.30 -48030 .   射利沽名,發財仰碧空。商賈老來恬淡,揮詩筆、過餘生。   春晝和啼鶯,秋宵傾酒瓶。醉扮散仙吟仰,雲影暗、月光明。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/31 09:09
徒負虚名 徒有其名 贊成功と五七令
      贊成功・徒負虚名      2016.12.30 -48028 .   擬唐韻事,尚古詩風,七言絶句盛東瀛。看來白首,呈獻紅封,阿諛巨匠,對應高評。   繼任星主,徒負虚名,百千門弟讃成功。麗春花底,喜扮啼鶯,仲秋月下,美醉安寧。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/30 14:25
[正宮]脱布衫・蝸角虚名
     [正宮]脱布衫・蝸角虚名   2016.12.29 -48023 .   春收買、巨匠批評,夏獲得、蝸角虚名。秋誇耀、詩林筆挺,冬小飲、寒齋醉夢。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/29 14:28
[双調]沽美酒・鼎鼎大浮名
     [双調]沽美酒・鼎鼎大浮名  2016.12.26 -48010 .   詩翁醉自封,鼎鼎大浮名。口若懸河誇作風,如烏夜鳴,買濁賢、啜清聖。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/27 07:52
七絶・阿世盗名
      七絶・阿世盗名       2016.12.26 -48009 .   阿世盗名爲大家,詩翁帶酒論詞華。門徒三百點頭後,異口同音吟若蛙。   ○●●○○●平,○○●●●○平。○○○●●○●,●●○○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/27 07:27
丁酉年賀準備其二 五絶・丁酉新年試筆
     五絶・丁酉新年試筆     2016.12.26 -48005 .  金鷄報酉年,白首醒茅庵。椒酒清香洗,詩筆走雲箋。  ○○●●平,○●●○平。○●○○●,○●●○平。          ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/26 09:06
七絶・身顯名揚
      七絶・身顯名揚       2016.12.25 -48002 .   風人常醉擅高吟,身顯名揚老藝林。富貴門徒求斧正,無言遙指酒星臨。   ○○○●●○平,○●○○●●平。●●○○○●●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/25 14:16
如夢令・醉叟題名道姓罵繆斯
     如夢令・醉叟題名道姓罵繆斯 2016.12.24 -47999 .   牛飲濁賢清聖,醉叟題名道姓。痛罵繆斯沽,廉價迷宮畫餅。人病,人病,餡是黄梁美夢。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 08:14
撥棹子・釣名沽譽
      撥棹子・釣名沽譽     2016.12.23 -47978 .  學律呂,張鱗羽,人扮蝴蝶飛夢裡。裁賦試、釣名沽譽,天堂樂、傾盞高歌終日喜。  笑乘酒興隣仙女,詩贊玉貌兼才藝。佯巨匠、聳肩吟句,凡作也、鼓掌如雷鳴筆底。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/23 14:35
[中呂]賣花聲・功名富貴
     [中呂]賣花聲・功名富貴   2016.12.22 -47976 .   鳳雛刻苦修學業,出仕經年作顯官。功名富貴扮金仙,花間遊目,月中傾盞,裁詩賦、枉然傷感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 05:45
改名換姓 [中呂]醉高歌と七言絶句
     [中呂]醉高歌・改名換姓   2016.12.22 -47972 .   可憐鏡裡白頭,夢想新吾解愁。改名換姓爲詩叟,裁賦常傾美酒。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/22 10:06
五絶・名公鉅卿
 名公鉅卿:名望のある權貴。 .       五絶・名公鉅卿    2016.12.21 -47967 .   名公與鉅卿,吟句競風情。題是清貧樂,山杯村酒盈。   ○○●●平,○●●○平。○●○○●,○○○●平         ○:平声。●:仄声。平:中華新韻五微平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/21 11:20
如夢令・名不副實
「柳梢青・名副其實」について .       如夢令・名不副實      2016.12.20 -47963 .   大家名不副實,酒仙名副其實。詩叟擅愚考,老躯矮矮實實。虚實,虚實,半夢醉語粗實。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/20 19:01
柳梢青・名副其實
      柳梢青・名副其實      2016.12.20 -47962 .   詩聖神思,酒仙洪量,樗散卮辭。各有千秋,雲泥在在,名副其實。   醉揮禿筆一枝,縱横走、須歸硯池。何怕天年,當傾玉盞,宜潤吟髭。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/20 18:58
柳梢青・名不虚傳
      柳梢青・名不虚傳      2016.12.20 -47961 .   疑是詩仙,毫無贅語,名不虚傳。藝苑樗翁,措辭神妙,好句連綿。   叩頭師事十年,學秘訣、頻發酒癲。笑啜霞漿,醉遊魂魄,走筆雲箋。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/20 16:22
[中呂]醉高歌・潜蹤隱跡
    [中呂]醉高歌・潜蹤隱跡        2016.12.18 -47949 .   醉翁辭世風流,能不登仙死守。潜蹤隱跡難成就,留下金杯緑酒。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/18 15:01
綎紅・韜光滅跡
      綎紅・韜光滅跡        2016.12.18 -47948 .   欲脱塵網,排除異己,早解綬、韜光滅跡。錯迷吏道,竟歸郷里,在野作、詩人走筆。   買酒濃春,遊魂花底,美醉賞、櫻雲滿地。聳肩諷詠,仰天矜立,有老骨、長翕羽翼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/18 14:59
後庭宴・杳無蹤跡
      後庭宴・杳無蹤跡       2016.12.17 -47945 .   如有所思,杳無蹤跡,但聞天籟鳴年底。目前箋紙雪原横,詩翁身凍難揮筆。   山妻喚我餐桌,紅友自然激勵。鼓吹神氣,吟志張鵬翼,妙想似春風,欲題雲外壁。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/18 07:29
點絳唇・鴎波萍跡
「霜天曉角・鴎波萍跡」について .       點絳唇・鴎波萍跡      2016.12.16 -47938 .   夢裡漂漂,鴎波萍跡浮湖水。暮光歸美,野店遊人醉。   妙想天開,走筆追風味。詩如絵,摇頭擺尾,有感無端涙。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/17 07:33
[双調]壽陽曲・雪泥鴻跡
     [双調]壽陽曲・雪泥鴻跡   2016.12.16 -47936 .   詩人死,酒友惜,看紅箋、雪泥鴻跡。老猶愛人揮醉筆,寫情詩、向隅而泣。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/17 07:20
七絶・消聲滅跡
      七絶・消聲滅跡       2016.12.16 -47934 .   吏道無功辭諫官,消聲滅跡買詩箋,春聽鶯語喜酬和,秋坐月中佯酒仙。   ●●○○○●平,○○●●●○平。○○○●●○●,○●●○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/16 11:19
歸田樂・比肩迭跡
      歸田樂・比肩迭跡       2016.12.15 -47928 .   詩林閑散花無力,紅雪亂飛空碧。雅客百千人,接踵登仙弊風泣。   留存醉叟悲追憶,昔日比肩迭跡。吟競愛酣春,傾酒奮然揮才筆。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/15 10:16
七絶・變跡埋名
      七絶・變跡埋名       2016.12.13 -47915 .   變跡埋名買酒卮,醉僧却老寫情詩。月明秋夜推敲後,清曉投函寄繆斯。   ●●○○●●平,●○●●●○平。●○○●○○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/13 07:50
[中呂]醉高歌・寄跡山林
     [中呂]醉高歌・寄跡山林   2016.12.09 -47887 .   辭官寄跡山林,却老學詩廢寢。凌寒取暖依牛飲,酒促飛聲放吟。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/09 11:39
柳梢青・晦跡韜光
      柳梢青・晦跡韜光      2016.12.08 -47886 .   飯店蕭娘,無言侑酒,晦跡韜光。清聖含靈,濁賢致力,詩叟安康。   醉揮禿筆成章,得七律、隨風擬唐。偸看紅箋,花容指正,聲病頑強。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/09 07:33
霜天曉角・鵞毛大雪
      霜天曉角・鵞毛大雪     2016.12.08 -47883 .   鵞毛大雪,拂面風刀冽。詩叟臥遊箋紙,迷筆路、踏寒野。   霽月,照小姐,青眼招丹穴。正是霜神笑勸,傾瓊盞、啜金液。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/08 11:12
[中呂]醉高歌・集螢映雪
     [中呂]醉高歌・集螢映雪       2016.12.07 -47877 .   清貧少欲勤學,却老集螢映雪。詩中有盞浮明月,畫餅充飢可也。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/07 15:47
如湯沃雪 〔中呂]醉高歌と四七令と短歌と俳句
     [中呂]醉高歌・買酒裁賦如湯沃雪   2016.12.07 -47875 .   傾杯醉買直覺,裁賦如湯沃雪。繆斯一笑如明月,詩叟忽成五絶。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/07 15:45
[中呂]上小樓・含霜履雪
     [中呂]上小樓・含霜履雪   2016.12.06 -47873 .   含霜履雪,夕聞仙樂,却老遊魂,獨上天階。化飛蝶,將守約,隨風月夜,問嫦娥、獻酬親切。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/07 07:39
如夢令・雲起雪飛
      如夢令・雲起雪飛      2016.12.05 -47866 .   櫻林雲起雪飛,詩箋鳳舞龍飛。仙女賣風韻,醉吟逸興横飛。杯飛,杯飛,碧宇兎走烏飛。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/05 11:48
氷肌雪腸 氷肌雪膚 河涜神二首
 氷肌雪腸: 身心潔白,汚点のないことを比喩。  氷肌雪膚: 氷のような肌膚。女性の潔美なる皮膚を形容。 .       河瀆神・氷肌雪腸      2016.12.05 -47863 .   緑酒滿金觴,將洗氷肌雪腸。白頭忽借赭顔狂,吟爲鳴鳳求凰。   情詩堪獻仙娥笑,設問花錢多少。紙醉金迷賣傲,弊風天降長嘯。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/05 10:22
霜天曉角・風花雪月
     霜天曉角・風花雪月     2016.12.03 -47848 .  風花雪月,詩叟玩拙劣。偏愛名山勝水,春花徑、秋紅葉。  小姐,含笑靨,聲氣如雲雀。賣酒旗亭潑溂,眸清耀,言親切。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/03 10:54
霜天曉角・風雪交加
     霜天曉角・風雪交加    2016.12.03 -47847 .  風雪交加,醉翁留酒家。老板更斟紅友,堪取暖、愈喫茶。  腦袋有詞華,詩箋開墨花。青女知之來到,迎旭霽、伴鳴鴉。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/03 09:57
霜天曉角・氷雪厳寒
 氷雪厳寒:天には氷、地には雪。天気寒冷なることを形容。 .       霜天曉角・氷雪厳寒     2016.12.02 -47843 .   氷雪厳寒,詩翁無酒錢。重振精神磨墨,呵禿筆、走詩箋。   遊魂扮酒仙,坐雲尋洞天。對飲羽人鼻哂,嘲下界、重塵凡。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/02 15:13
七絶・歩雪履穿
 歩雪履穿:雪を踏むに履物に穴があいていること。貧困を窮めることを形容。 .       七絶・歩雪履穿       2016.12.02 -47841 .   清貧裁賦愛山河,歩雪履穿聲病多。難忍冬寒啜殘酒,如猿啼泣醉高歌。   ○○○●●○平,●●●○○●平。○●○○●○●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/02 07:29
南郷子・白雪皚皚
     南郷子・白雪皚皚      2016.12.01 -47840 .  緑酒盈盈,白雪皚皚伴笑聲。詩叟三千開雅宴,傾盞,暫借紅顔輝醉眼。 .   緑酒 盈ち盈ち,   白雪 皚皚として笑聲を伴ふ。   詩叟三千 雅宴を開き,   盞を傾け,   暫く紅顔を借りて醉眼を輝かす。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/01 14:34
七律・繆斯憐醉叟
「七律・醉 夢」について .  詩友陳興さん提起の  陶淵明「山氣日夕佳,飛鳥相與還」句の十人十詩。  七律・醉夢をボツにしたかわりに次を投稿した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2016/12/01 09:51
七律・醉 夢
 先月、詩友陳興さんから  陶淵明の「山氣日夕佳,飛鳥相與還」句の十字を初句の韻字として  七言律詩十首を十人で詠もうという呼びかけがあった。  どの字を韻字を使うかは早いもの勝ち。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

2016/12/01 09:49
七絶・離題千里
      七絶・離題千里       2016.11.30 -47835 .   笑對天仙論聖經,蜃樓雲液洗舌鋒。離題千里闖情話,醉貌含羞歸畫屏。   ●●○○●●平,○○●●●○平。○○●●○○●,●●○○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/01 06:45
螢窗雪案→ 五律・螢窗雪案有金杯
      五律・螢窗雪案有金杯    2016.11.30 -47834 .  螢窗無翠墨,雪案有金杯。酒洗詩魂奮,筆張蟬翼飛。  隨風靠靈感,裁賦戀霞暉。飲露佯仙醉,低吟願適歸。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/30 21:06
担雪填河→ 五律・担雪填河上蜃樓
     五律・担雪填河上蜃樓    2016.11.30 -47832 .  詩翁徒却老,醉扮鳳求凰。担雪携才筆,填河渡夢郷。  繆斯含笑訝,靈液滿杯香。情話調平仄,蜃樓春夜長。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/30 16:37
霜天曉角・傲雪欺霜
     霜天曉角・傲雪欺霜     2016.11.30 -47830 .  傲雪欺霜,將登筆路長。青女翻衣鼻哂,招氷洞、若靈堂。  取暖啜霞觴,凌寒迎太陽。詩眼天開清曉,腦解凍、醒書房。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/30 09:40
七絶・雪虐風饕
 雪虐風饕:風雪交加,天氣嚴寒なる樣子を形容。 .       七絶・雪虐風饕       2016.11.28 -47817 .  攻寒發奮欲裁詩,雪虐風饕咆硯池。呵筆盡然難解凍,無方另外潤金卮。  ○○○●●○平,●●○○○●平。○●○○○●●,○○●●●○平。                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/28 14:52
如夢令・雪胎梅骨
 雪胎梅骨:高潔の喩え。 .       如夢令・雪胎梅骨      2016.11.27 -47810 .   退隱家郷林麓,老扮雪胎梅骨。小飲用山杯,拒却功名利禄。裁賦,裁賦,題是白駒空谷。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/27 16:35
南郷子・雪北香南
 雪北香南:雪の多い北方と花木の香り漂う南方。 .       南郷子・雪北香南      2016.11.27 -47808 .   雪北香南,處處風流韻事天。錦繡神州堪探勝,當然,笑飲郷醪仰玉盤。   航海梯山,帶酒遊魂却世縁。時到斷崖揮夢筆,佯仙,題壁朱書不用箋。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/27 16:33
霜天曉角・雪窖氷天
 雪窖氷天:到る處、氷と雪。天気寒冷であること,また厳寒なる地区を指す。 .      霜天曉角・雪窖氷天     2016.11.27 -47809 .  雪窖氷天,詩翁不忍寒。毎日傾杯取暖,呵禿筆、走詩箋。  碧嶂作白山,金杯生赭顏。吟志高揚耳熱,得怒髪、欲衝冠。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/27 11:26
七絶・雪中送炭
 雪中送炭:雪降るなか暖をとるための炭を送ること。   人が急を要するときに物質的また精神的に救いの手を差し伸べること。 .       七絶・雪中送炭       2016.11.26 -47803 .   一日繆斯添酒壺,雪中送炭與音書。醉翁取暖揮詩筆,多謝天仙助匹夫。   ●●●○○●平,○○●●●○平。●○●●○○●,○●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/26 18:43
枯木死灰→ 如夢令・枯木死灰喜春回
 枯木死灰:身は枯木のごとく,心は死灰のごときをいう。消極悲観を比喩する。 .       如夢令・枯木死灰喜春回   2016.11.26 -47799 .   詩翁枯木死灰,姑娘皓齒蛾眉。茅店午風暖,凍醪滿溢金杯。春歸,春歸,轉喜目眩回回。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/26 11:37
七絶・坑灰未冷
 坑灰未冷:極めて短い時間、事態の推移が急であること。 .       七絶・坑灰未冷       2016.11.23 -47783 .   笑對紅顔含酒渦,繆斯青眼放秋波。坑灰未冷當磨墨,試賦情詩聲病多。   ●●○○○●平,●○○●●○平。○○●●○○●,●●○○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/24 12:05
五絶・寒灰更然夜臺
 寒灰更然:然は燃。再び生気を取り戻すことを比喩。 .      五絶・寒灰更然夜臺     2016.11.23 -47780 .  妙想碧天開,詩魂醒夜臺。寒灰更然處,攜酒繆斯來。  ●●●○平,○○●●平。○○●○●,○●●○平。        ○:平声。●:仄声。平:中華新韻四開平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/23 11:30
心灰意懶 心灰意敗 霜天曉角二首
 心灰意懶:灰心失望,意志消沈。信心を喪失し,進取を図らずを形容する。  心灰意敗:同上。 .       霜天曉角・心灰意懶     2016.11.22 -47771 .   心灰意懶,無言傾玉盞。回憶生涯多悔,無功譽、有樗散。   傷感,出酒館,寒中仰天漢。火樹銀花都會,戴雲影、促疲倦。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/22 14:54
五絶・灰心槁形
 灰心槁形:意志消沈し、身体枯槁(枯れる)こと。 .       五絶・灰心槁形      2016.11.21 -47767 .   白髪鬆鬆叟,紅顔帶醉醺。灰心槁形體,落葉未歸根。   ○●○○●,○○●●平。○○●○●,●●●○平                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/22 09:36
如夢令・灰容土貌
 灰容土貌:面容の汚れて醜陋なるを形容。  花容月貌:女性の美麗なるを形容。  声音笑貌:人の言談、表情等をさす。  郎才女貌:男に才気あり,女に美貌あり。男女双方の釣り合いが取れていることを形容。 .       如夢令・灰容土貌      2016.11.21 -47766 .   淑媛花顔月貌,詩叟灰容土貌。小飲轉風流,有趣声音笑貌。品貌,品貌,非不郎才女貌。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/21 14:18
灰身粉骨(粉骨砕身)→ 如夢令・灰身粉骨人何處
 灰身粉骨:粉骨砕身。  移花接木:花を別の木に接ぐこと。人に知られぬ手段で人あるいは事物を入れ替え人をだますことを比喩。  不学無術:学なく技術・方法を知らないこと。  無功受禄:功労なくして報酬を得ること。  濫竽充數:発揮すべき本領があないのに本領のある人にとってかわること。贋金が良貨にとってかわること。 .       如夢令・灰身粉骨人何處   2016.11.20 -47762 .   義士灰身粉骨,詩客移花接木。俗吏酒徒多,傾盞無功受禄。鼓腹,鼓腹,醉... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 05:59
七絶・不擇生冷
 不択生冷:手段を択ばないこと。  紙醉金迷:金銭にものを言わせ贅沢三昧にふけること。 .       七絶・不擇生冷      2016.11.19 -47756 .   紙醉金迷人改心,不擇生冷購瑤琴。無人伴奏難乘興,收買繆斯喜醉吟。   ●●○○○●平,●○○●●○平。○○●●○○●,○●●○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/20 07:18
七絶・山寒水冷
 山寒水冷:冷冷清清たる冬の日の景象を比喩する。 .       七絶・山寒水冷      2016.11.19 -47755 .   雪霽風停酒旗凍,山寒水冷旭光新。宿酲清醒依窗處,氷柱將溶報早春。   ●●○○●●平,○○●●●○平。●○○●○○●,○●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/19 16:52
残杯冷炙 残羹冷飯 如夢令二首
 残杯冷炙:残りものの酒と料理。施しの品を比喩する。  残羹冷飯:残りものの料理 .       如夢令・殘杯冷炙      2016.11.18 -47751 .   知道古人生死,留在殘杯冷炙。老叟好蒐集,詩語流傳百世。寫字,寫字,裁賦擬唐箋紙。    道を知りて古人は生きて死に,  殘杯冷炙を留在(のこ)す。  老叟好く蒐集す,  詩語の百世に流傳す。  字を寫(か)き,  字を寫(か)く,  賦を裁するに擬唐に擬へる箋紙に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/19 10:26
横眉冷目 横眉冷眼 霜天曉角二首
 横眉冷目:憤怒、軽蔑の様子。  横眉冷眼:同上。 .       霜天曉角・横眉冷目     2016.11.18 -47749 .   繆斯沈黙,伴横眉冷目。老叟低頭愧汗,才淺短、詩陳腐。   尚古,待月兎,守株爲酒虎。盲信擬唐吟句,學風韻、爲鸚鵡。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/19 09:43
霜天曉角・玄辭冷語
 玄辞冷語:玄妙にして冷俊なる言辞。 .      霜天曉角・玄辭冷語     2016.11.17 -47720 .  夢逢青女,擅玄辭冷語。風籟若調平仄,花唇吐、雪如絮。  別趣,堪悦豫,凌寒覓詩句。飲酒試温身體,聽天樂、醉韻律。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/17 17:07
霜天曉角・閑言冷語
 閑言冷語:根拠なく人を譏笑諷刺すること。 .       霜天曉角・閑言冷語     2016.11.17 -47719 .   酒杯堪擧,伴閑言冷語。聞道繆斯衰耄,擱朱筆、徘徊去。   詩趣,失律呂,作品何足取。如此弊風吹起,掃廢紙、載凡句。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/17 11:32
霜天曉角・人情冷暖
 人情冷暖:人情世故の冷淡と親熱、その变化を指す。人に勢威あるときは阿られ、勢いを失うと冷たくされること。 .      霜天曉角・人情冷暖     2016.11.15 -47707 .  人情冷暖,失勢如秋扇。解綬歸山退隱,結草舎、傾酒盞。  月滿,照小院,白首獨傷感。十載無人來訪,終老處、仰鳴雁。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/15 11:06
枕冷衾寒→ 瑣寒窗・客裡凌寒探詩料
「枕冷衾寒 霜天曉角と四七令と短歌と俳句」について .       瑣寒窗・客裡凌寒探詩料   2016.11.14 -47706 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/15 10:19
霜天曉角・龜冷支床
 龜冷支床:壮志いまだ酬われず,蟄居し時を待つことを比喩。 .      霜天曉角・龜冷支床    2016.11.14 -47701 .  龜冷支床,蟄居隣大江。坐看落花流水,老草舎、送時光。  少年追太陽,秃翁傾酒觴。回憶生涯垂涙,學韻事、鼓詩腸。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/14 11:03
雪夜漁舟・同伴繆斯浮銀漢
      雪夜漁舟・同伴繆斯浮銀漢    2016.11.13 -47700   仰銀漢,憶玉貌嬋娟,繆斯柔婉。昨夢浮舟,天河肆目,春景正堪遊衍。櫻雲繚亂,映碧水、雪花光燦。如蝶風舞,鱗鱗紅雨,四圍星散。   詩神羞玉盞,老翁傾靈液,洗滌肝胆。醉借紅顏,欣磨翠墨,走筆錦箋三歎。紫穹月滿,諷詠似、老鶯清囀。鷄鳴破曉,朝陽穿入,冷齋幽暗。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/14 09:15
霜天曉角・冷若氷霜
「霜天曉角・凛若秋霜」について .  冷若氷霜:人や物に接するに感情を示さず、氷霜のように冷たいこと。態度厳正にして近寄りがたいことを比喩する。 .       霜天曉角・冷若氷霜    2016.11.13 -47699 .   冷若氷霜,繆斯傾酒觴。詩苑弊風吹起,掃紅葉、送金商。   騷人皆醉狂,怠工吟擬唐。創作精神衰退,空尚古、讚夕陽。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/13 16:35
回波樂・冷眼静看
 冷眼静看:傍らから冷静かつ仔細に観察することを形容する。 .       回波樂・冷眼静看   2016.11.12 -47694 .  詩魔侮玩勸酒,冷眼静看瘦叟。菲才熱愛風流,未倦生涯敗走。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/13 07:33
七絶・冷言熱語
 冷言熱語:諷刺、譏笑すること。 .       七絶・冷言熱語       2016.11.11 -47688 .   俳句堪吟飛數聲,詩林燕雀中傷鳴。冷言熱語傷詩叟,買酒如猿醉臉紅。   ○●○○○●平,○○●●●○平。●○●●○○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/12 09:34
南郷子・冷冷清清
 冷冷清清:死気沈沈,冷落、凄凉、寂寞たる様。 .       南郷子・冷冷清清     2016.11.11 -47687 .   冷冷清清,雪意沈沈迫詩翁。飲酒寒齋呵筆處,鸚鵡,激勵數聲飛向曙。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/11 14:48
七絶・冷眼相待
 冷眼相待:冷淡な態度で接待すること。 .      七絶・冷眼相待       2016.11.11 -47686 .  不斷弊風拂面涼,詩林閑散送斜陽。繆斯冷眼相接待,詩叟温顔啜酒觴。  ●●●○○●平,○○○●●○平。○○●●○○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/11 11:01
七絶・冷灰爆豆
 冷灰爆豆:冷たい灰の中で豆を炒ること。適切でない方法で,無駄な努力をすること。 .       七絶・冷灰爆豆      2016.11.09 -47677 .   飲酒欲裁詩俱全,睡魔勸我枕肱眠。冷灰爆豆尋霞洞,夢短不能逢女仙。   ●●●○○●平,●○●●●○平。●○●●○○●,●●●○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/09 09:57
七絶・冷若氷霜
 艶如桃李,冷若氷霜:女性の容貌艶麗にして態度厳粛なるを形容する。 .       七絶・冷若氷霜      2016.11.08 -47676 .   艷如桃李繆斯醉,冷若氷霜鼻哂微。懇請千金朱筆處,無言一指贅詞非。   ●○○●●○●,●●○○○●平。●●○○○●●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻五微平声の押韻      艷なること桃李のごとく繆斯(ミューズ)醉ひ,   冷たきこと氷霜のごとく鼻の哂(わらい)微なり。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/09 09:13
南郷子・傲雪凌霜
 傲雪凌霜:霜雪厳寒たる外界条件を畏れず、艱苦を越えようとする精神を形容。   長期の錬磨を経て冷酷なる迫害や打撃を畏れず、弱音を吐かない精神を比喩する。 .       南郷子・傲雪凌霜      2016.11.08 -47674 .   傲雪凌霜,白髮鬆鬆帶酒香。絶不雷同迷筆路,裁賦,七歩平川如老虎。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/08 15:55
霜天曉角・凛若秋霜
 凛若秋霜:人や物に接するに感情を示さず、氷霜のように冷たいこと。態度厳正にして近寄りがたいことを比喩する。 .       霜天曉角・凛若秋霜      2016.11.07 -47667 .   凛若秋霜,金人夕放光。往日急公好義,被撃斃、臥天堂。   碑刻美文章,騷翁沈感傷。路過旗亭傾酒,題殉道、鼓詩腸。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2016/11/07 09:34
霜天曉角・風刀霜劍
 風刀霜劍:寒風は刀,厳霜は剣。人の肌を刺す気候の寒冷を形容し,悪劣なる環境を比喩する。 .       霜天曉角・風刀霜劍      2016.11.06 -47665 .  風刀霜劍,冬寒如被斬。歩月下班長夜,迷歸路、登酒館。  青眼,侑玉盞,雲液温肝胆。意氣醉來發奮,罵上司、乏情感。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/07 06:56
霜天曉角・露往霜來
 露往霜来:歳月の遷移,時光の流逝を比喩する。  .       霜天曉角・露往霜來    2016.11.06 -47663 .   露往霜來,詩翁持口才。酒有凌寒効用,温身體、緩胸懷。   窗外月輪開,旗亭如戲臺。李四張三美醉,喜高唱、擅科白。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/06 20:10
霜天曉角・櫛霜沐露
 櫛霜沐露:霜を迎え,露を頂く。奔走の労苦を形容。  .      霜天曉角・櫛霜沐露     2016.11.05 -47654 .  櫛霜沐露,俳人求句苦。千里東奔西走,捜季語、到夕暮。  酒虎,迎月兎,低吟若鸚鵡。却老學舌靈巧,走禿筆、如醉歩。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/05 09:40
欺霜傲雪 傲雪欺霜 霜天曉角と南郷子
 欺霜傲雪:霜雪厳寒たる外界条件を畏れず、艱苦を越えようとする精神を形容。   長期の錬磨を経て冷酷なる迫害や打撃を畏れず、弱音を吐かない精神を比喩する。  傲雪欺霜:同上。 .      霜天曉角・欺霜傲雪     2016.11.04 -47649 .  欺霜傲雪,學詩温老血。克服冬寒呵筆,題貧苦、思哀切。  無月,坐暗夜,山醪如苦藥。追悔生涯傷感,借醉臉、似紅葉。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/04 14:10
星霜屡移 屡変星霜 五言絶句と南郷子
 星霜屡移:星霜(歳月)の更換を表す。  屡変星霜:同上。 .       五絶・星霜屡移       2016.11.03 -47645 .   翁嫗愁愁嘆,星霜屡屡移。師説俳句短,易作適遊嬉。   ○●○○●,○○●●平。○○○●●,●●●○平。         ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十二斉平声の押韻 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/04 09:21
七絶・戴霜履氷
 戴霜履氷:厳寒を恐れず外で奔走する。 .      七絶・戴霜履氷       2016.11.02 -47636 .  戴霜工作履薄氷,刻苦世途携酒瓶。老去歸山作詩叟,醉吟朗朗待春風。  ●○○●●○平,●●●○○●平。●●○○●○●,●○●●●○平。                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/03 08:51
七絶・履霜知氷
 履霜知氷:事物の徴兆を見てその厳重な後果を予知することを比喩する。 .      七絶・履霜知氷       2016.11.02 -47635 .  履霜七歩早知氷,詩叟花錢買酒瓶。不忍冬寒難取暖,必需杯盞正堪傾。  ●○○●●○平,○●○○●●平。●●○○○●●,●○○●●○平。                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 08:47
履霜之戒 霜天曉角と四七令
 履霜之戒:霜を履(ふ)んで結氷の時期の近きを知る。目前の事象を見て次に起こることを警戒する。 .      霜天曉角・履霜之戒     2016.11.02 -47630 .  履霜之戒,買酒防備雪。清聖濁賢有效,温老體、怕寒夜。  丹藥,加碧血,白頭紅臉悦。醉扮忠臣揮劍,斬鷄夢,瞻兎月。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 11:18
霜天曉角・霜行草宿
 霜行草宿:霜露中をの行き,草野の中を宿とする。東奔西走の労苦を形容する。 .       霜天曉角・霜行草宿     2016.10.31 -47624 .   霜行草宿,俳人求筆路。山水季題堪買,尋形勝、到仙府。   酒虎,待月兎,得句爲鸚鵡。吟競靈湖鶴唳,喜白雪、舞南浦。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/01 07:58
七絶・心煩慮乱
 心煩慮乱:心思煩躁,思緒雑乱す。内心が煩悶焦躁することを形容する。 .      七絶・心煩慮亂       2016.10.30 -47616 .  眼底花容是繆斯,化爲妻子勸傾卮。心煩慮亂落詩筆,自走紅箋刪贅詞。  ●●○○●●平,●○○●●○平。○○●●●○●,●●○○○●平。                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十三支平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/30 16:39
霜天曉角・魂搖魄亂
 魂搖魄亂:神魂顛倒し,自分を保てないこと。 .       霜天曉角・魂搖魄亂     2016.10.30 -47615 .   魂搖魄亂,對繆斯清婉。懇請細心傳授,風韻好、詩法煥。   青眼,指玉盞,靈液盈盈滿。酒促醉揮才筆,寫詩句、堪稱讚。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/30 14:53
秋山風光 絶句と律詩九首
 漢詩の国際交流『世界漢詩同好會』第45回総会(10/30)   http://tosando.ptu.jp/koryu/16-10qiushan-jp.html  に  次の九首を投稿した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/30 09:23
蜂狂蝶乱 →如夢令・懷念青春蜂狂蝶乱
 家翻宅乱:家の中がごたごたし安寧が得られないこと。  蜂狂蝶乱:男女間の行為放蕩たるをいう。  鴉飛鵲乱:@やかましく耳障りなこと。その紛乱たるを形容。  眼花心乱 :心神迷い惑い定まらずを形容する。  興妖作乱:害をなす人の破壊擾乱、あるいは有害な思想の拡大影響を比喩する。 .       如夢令・懷念青春蜂狂蝶亂  2016.10.29 -47601 .   醉語鴉飛鵲亂,廢話蜂狂蝶亂。白首借紅顏,懷念青春淫亂。錯亂,錯亂,廉酒興妖作亂。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 14:58
八聲甘州・夢筆作花槍
「七絶・轍亂旗靡」について .       八聲甘州・夢筆作花槍    2016.10.28 -47600 .   想皚皚明月入詩箋,夢筆作花槍。正白頭磨刃,青驪裝甲,張翼高翔。誅斬愁魔暗躍,清曉到天堂。攻打繆斯醉,鼻哂瘋狂。   仙女玉容妖艷,勸老翁緩帶,霞洞傾觴。指硯池發酵,辭藻茂書嚢。啜雲液、忽借丹臉,作五絶、韻律擬中唐。騷人可、憐新棄舊,慙愧失當。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/29 11:51
雨零星乱→ 逍遙樂・夢問繆斯忝朱筆
 雨零星乱:事物が雨の点ずるごとく、星辰のごとくにまばらに散開するをいう。 .       逍遙樂・夢問繆斯忝朱筆   2016.10.28 -47596 .   秋促醉翁傷感,落葉歸根,箋紙雨零星亂。却老裁詩,廢寢揮毫,畢竟非才悲嘆。只傾金盞。枕閑肱、睡意優游,夢魂消遣。想畫境山河,玉洞文苑。   花貌紅唇能辯,繆斯青眸慧艷。一讀指聲病,朱筆走、墨香暗。推敲寸刻後,吟競籠鶯清囀。飛聲又如鸚鵡,學舌呻喚。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/28 20:26
霜天曉角・釵横鬢亂
 釵横鬢乱:女性が起きたばかりでまだ化粧の整っていない状態を形容。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/28 14:55
霜天曉角・眼花撩亂
  眼花撩乱:美しい色彩や新奇なる事物を見て感覚の迷乱したるを形容。 .       霜天曉角・眼花撩亂     2016.10.28 -47594 .  眼花撩亂,詞華堪閲覽。欣賞古人傑作,仰銀月、傾金盞。  醉嘆,才淺短,傷心枕詩卷。夢裡遊魂霞洞,拾廢紙、佯風漢。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/28 14:53
心慌撩乱→ 霜天曉角・心慌撩亂對繆斯
 心慌撩乱:慌てふためき混乱すること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/28 06:48
七絶・眼花心亂
 眼花心乱:心神迷い惑い不定まらずを形容する。 .      七絶・眼花心亂       2016.10.26 -47585 .  春晝旗亭臨鏡池,村娘獻媚勸瓊卮。眼花心亂對花貌,一醉千金美醉時。  ○●○○○●平,○○●●●○平。●○○●●○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十三支平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/26 16:39
酒泉子・眼花心亂
 眼花心亂:心神の迷い惑い定まらざるを形容。 .       酒泉子・眼花心亂      2016.10.26 -47579 .   疑是天人,媚笑醉陪風漢。啜白醪,盈金盞,潤紅唇。   眼花心亂抱花貌,摘花將却老。夢難長,醒清曉,旭光新。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/26 09:36
霜天曉角・手忙脚亂
 手忙脚乱:慌ててしまい、どうすればよいかがわからない様子を形容する。 .       霜天曉角・手忙脚亂     2016.10.25 -47578 .   手忙脚亂,詩翁失主見。孫女無言鼻哂,指聲病、傷美感。   弱翰,潤酒盞,將刪措辭短。不忍耳鳴嘶譟,難模倣、鶯清囀。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/26 06:25
霜天曉角・心慌意亂
 心慌意亂:こころ慌て,自分を見失う。 .      霜天曉角・心慌意亂     2016.10.25 -47577 .  心慌意亂,對花容青眼。媚笑誘人香夢,酌緑酒、盈金盞。  神媛,堪愛戀,一醉佯風漢。對飲蜃樓玩月,吟俳句、被稱贊。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/25 18:30
五絶・破鼓乱人捶
 破鼓乱人捶:勢力を失いみんなから侮られることを比喩する。 .      五絶・破鼓乱人捶      2016.10.25 -47576 .  城狐假虎威,破鼓亂人捶。老去懷昨夢,獨酌呑涙悲。  ○○●●平,●●●○平。●●○○●,○○○●平。         ○:平声。●:仄声。平:中華新韻五微平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/25 14:28
病急乱投医 四七令と南郷子
 病急乱投医:病勢沈重にして,見境なく医者を求めること。 .      四七令・病急乱投医     2016.10.25 -47574 .  聲病危急,騷翁哭泣亂投醫。  ○●○平,○○○仄●○平。      ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十二斉平仄両用の押韻。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/25 11:45
荷葉杯・變古亂常
 變古亂常:祖宗の常法を更改しあるいは乱すこと。 .      荷葉杯・變古亂常      2016.10.25 -47573 .  變古亂常裁賦,新譜,亦風流。笑傾金盞洗白首,紅友,轉青眸。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/25 09:49
七絶・以假亂眞
 以假亂眞:虚假を用い真実を混乱させること。 .      七絶・以假亂眞 .  繆斯消遣勸金杯,以假亂眞紛是非。醉叟裁詩迷筆路,櫻花開處墨鴉飛。  ●○○●●○平,●●●○○●平。●●○○○●●,○○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻五微平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/24 13:55
七絶・以文亂法
 以文亂法:儒家の経典(文)を引用し。国家法令を軽んじること。 .      七絶・以文亂法 .  雪髪鬆鬆衝碧天,老儒勸酒未成年。以文亂法煽鴻志,張翼行空作醉仙。  ●●○○○●平,○○●●●○平。○○●●○○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/24 13:54
如夢令・群魔乱舞
 龍蛇飛舞:書法の気勢奔放にして筆力勁健なるを形容。。  商羊鼓舞:商羊は伝説の鳥。飛び舞えば大雨を呼ぶ。重大な変事発生の予兆を比喩する。  聞鷄起舞:鶏の声に立ち上がって剣を舞わす。有志報国の人が時に及んで奮起する。  群魔乱舞:成群をなして魔鬼が乱舞すること。政治の舞台での猖狂たる活動を比喩する。 .       如夢令・群魔乱舞      2016.10.24 -47560 .   醉筆龍蛇飛舞,幻夢商羊鼓舞。妄想醒清晨,風漢聞鷄起舞。劍舞,劍舞,將斬群魔亂舞。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/24 09:37
七絶・紅紫亂朱
 紅紫亂朱:古くは朱をもって正色とし紫を雑色とした。邪道が正道にとって代わることを比喩。 .      七絶・紅紫亂朱       2016.10.23 -47559 .  清濁釀酒滿杯觴,紅紫亂朱難矯匡。往日廉官作貪吏,笑乘酣興伴秋娘。  ○○●●●○平,○●●○○●平。●●○○●○●,●○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/24 06:00
如夢令・胡言亂道
 離經叛道:封建統治階級の尊奉せる経典と教条に違反すること。権威ある理論や学説にそむくこと。  胡言乱道:胡言乱語。  豺狼横道:豺狼が行く手を阻むこと。害ある人物が権力をにぎることを比喩。  甘貧樂道:貧に甘んじ道を楽しむこと。儒家の倡導する処世態度、 .       如夢令・胡言亂道      2016.10.23 -47558 .   帶酒離經叛道,開口胡言亂道。老扮犬儒説,世上豺狼横道。人道,人道,不若甘貧樂道。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/23 16:33
如夢令・胡思亂想
 胡思亂想:根拠がなく実際的でない想念。  苦思冥想:脳味噌を絞りつくし、深く思索すること。  前思后想:良く思いをめぐらせたのちもなお思うこと。再考慮することを形容。  眠思夢想:睡り夢の中でも思うこと。思うこと甚しきを形容。 .       如夢令・胡思亂想      2016.10.23 -47557 .   帶酒胡思乱想,呵筆苦思冥想。廢寢更推敲,才短前思後想。思想,思想,清曉眠思夢想。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/23 13:53
七絶・轍亂旗靡
 轍乱旗靡:車轍は錯乱し旗は倒れる。軍隊潰敗し敗走するを形容する。 .      七絶・轍亂旗靡       2016.10.23 -47554 .  走箋夢筆作花槍,攻略愁魔漫感傷。轍亂旗靡邪鬼北,詩翁傾盞喜瓊漿。  ●○●●●○平,○●○○●●平.○●○○○●●,○○○●●○平                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十二斉平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2016/10/23 09:47
七絶・紛亂如麻
 紛乱如麻:交錯し雑乱として乱麻のごときをいう。 .      七絶・紛亂如麻       2016.10.22 -47549 .  傾杯妙想自天開,美酒千鍾洗菲才。紛亂如麻縱横筆,推敲難了帶悲哀。  ○○●●●○平,●●○○●●平.○●○○●○●,○○○●●○平                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻四開の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/22 09:48
南郷子・目亂精迷
 目亂精迷:眼花繚乱し,神情迷惑。見るところの情景複雑にして紛繁、   或いは怪異多変にして人を驚かせることを形容。 .      南郷子・目亂精迷       2016.10.20 -47532 .  目亂精迷,三千美女舞天衣。肆目仙姿爭百媚,傾醉,感謝閻王憐下輩。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/20 11:59
七絶・一亂塗天地
 一乱塗地:乱れて収拾不可能なるを形容する。 .       七絶・一亂塗天地      2016.10.19 -47528 .   妙想百出詩筆忙,醉翁不斷啜霞觴。推敲一亂塗天地,廢寢秋宵隣月窗。   ●●●○○●平,●○●●●○平。○○●●○○●,●●○○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/19 14:34
七律・繆斯撫慰菲才垂涙
「亂作一團 四七令と南郷子」について .      七律・繆斯撫慰菲才垂涙   2016.10.19 -47527 .  蛩雨蕭蕭帶暮愁,陽臺風爽月如鈎。詩翁夢想携壺酒,晩境吟魂上蜃樓。  亂作一團花廢紙,醉裁萬首坐悲秋。醒來眼底繆斯笑,撫慰菲才垂涙稠。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/19 11:30
南郷子・鬢亂釵
 鬢亂釵:女性が起きたばかりでまだ化粧の整っていない状態を形容。 .      南郷子・鬢亂釵     2016.10.19 -47526 .  鬢亂釵,繆斯夢醒月明中。對鏡華妝穿小袖,携酒,將救苦吟詩叟痩。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/19 10:25
亂作一團 四七令と南郷子
 亂作一團:混乱を極めることを形容。 .      四七令・亂作一團      2016.10.18 -47522 .  亂作一團,詩翁酒宴競胡言。  ●●○平,○○●仄●○平。      ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻八寒平仄両用の押韻。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2016/10/18 16:16
乱語胡言 胡言乱語 五七令と南郷子
 乱語胡言:話すことがでたらめであること。  胡言乱語:同上。 .       五七令・亂語胡言      2016.10.18 -47519 .   妙想生金盞,亂語胡言伴靈感。   ●●○○仄,●●○平●○仄。      ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻八寒平仄両用の押韻。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/18 12:14
南郷子・亂臣賊子
 乱臣賊子:國君あるいは父の命に違叛する不忠不孝の人。社会秩序を破壊する人。 .      南郷子・亂臣賊子      2016.10.17 -47512 .  筆底昌平,天國酒館好風情。不見亂臣賊子醉,神水,滌洗殘魂無用悔。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/17 19:49
南郷子・乱箭攅心
 乱箭攅心:乱れ飛ぶ矢が心に集まる。内心の極度の痛苦を比喩する。 .      南郷子・亂箭攅心      2016.10.17 -47511 .  兎走烏飛,亂箭攅心酒滿杯。回顧生涯才淺短,傷感,詩筆空禿玩夢幻。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/17 14:35
「復興五輪」 それでも長沼開催に反対するのか
 「復興五輪」は錦の御旗。  東京から遠すぎるという理由でボート競技が長沼で開かれないとしたら  東北の人々をはじめとする日本の国民は  東京五輪にそっぽを向けるだろう。  その空気を読まず  長沼での開催に反対する競技関係者は  スポーツマンのエゴ丸出し。 .  69億円→1038億円→491億円  もともとがひどい。  しかし  その金を出すのは自分たちじゃない。  そこで  自分たちのほしいものを  ほしいだけねだることになる。 .  長沼での開催。  言... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/17 10:01
七絶・轉悲爲喜
 轉悲爲喜:悲哀より転じて歓喜すること。 .      七絶・轉悲爲喜       2016.10.16 -47504 .  一見鍾情難久長,兩行紅涙滿金觴。轉悲爲喜醺醺醉,酒醒月中辭夢郷。  ○●○○○●平,●○○●●○平。●○○●○○●,●●●○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻     一見鍾情(一目惚れ) 久しく長らふは難く,   兩行の紅涙 金觴に滿つ。   悲しみより轉じて喜びを爲し醺醺と醉ひ,   轉愁爲喜... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/16 16:22
霜天曉角『飲酒轉愁爲喜 (酒を飲み愁いを転じて喜びとなす)』
 愁いを転じて喜びとなす  つまりは気晴らしには  酒がいちばん  半世紀以上もそう思ってきたが  酒を酌めばますます落ち込む  そういうこともある。 .  だから  酒は毒にも薬にもなることをよく承知しておくのがよいのだが  幸い私の場合は  酒は薬。  酒を酌めば気分爽快  飲み過ぎで気持ちが悪くなることはあるが  それは体の問題で心の問題ではない。 .  さて 今日の愁い  日本の詩の衰退。  オリンピックで多くのメダルを取ったし  四年後には東京オリン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/16 11:51
七律・玩世百年裁詩致謝
     七律・玩世百年裁詩致謝    2016.10.15 -47500 .  風人帶酒老官途,白髪鬆鬆扮犬儒。玩世百年耽韻事,誇才七歩渡江湖。  叩門天下請金盞,登厠鏡前逢紫姑。笑買花容沽妙想,裁詩致謝向蓬壺。 .   風人 酒を帶びて官途に老い,   白髪鬆鬆として犬儒に扮す。   世を玩んで百年 韻事に耽り,   才を誇って七歩 江湖を渡る。   門を叩いて天下に金盞を請ひ,   厠(トイレ)へ登れば鏡の前で紫姑(便所の神様)に逢ふ。   笑って花容の妙想を沽(う)... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/16 05:55
七絶・桑中之喜
 桑中之喜:男女の礼法に依らざる結合をいう。 .      七絶・桑中之喜      2016.10.14 -47496 .  難斷晩年煩惱濃,醉迷詩路到桑中。當然筆底仙娥笑,携手緑陰登乳峰。  ○●●○○●平,●○○●●○平。○○●●○○●,○●●○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/14 16:54
七絶・回嗔作喜
 回嗔作喜:怒りから歓喜へ転じること。 .      七絶・回嗔作喜       2016.10.14 -47495 .  美酒千鍾洗生氣,詩翁百歳醉温顏。回嗔作喜自無恙,健忘青春欲斬奸。  ●●○○●○●,○○●●●○平。○○●●●○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/14 16:51
七絶・一悲一喜
 一悲一喜:悲しんだかと思うと喜びもする。一喜一憂。 .       七絶・一悲一喜      2016.10.14 -47494 .  騷客三千死弊風,遺留殘酒洗詩翁。一悲一喜兩天醉,愁賞藝林楓葉紅。  ○●○○●●平,○○○●●○平。○○○●●○●,○●○○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/14 10:50
七絶・厭故喜新
 厭故喜新:古いものは嫌い,新しいものを喜ぶこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/14 05:54
七絶・好大喜功
 好大喜功:条件、是否が許すかどうかに関わりなく、一心に大事をなし大功を立てることを思うこと。浮誇なる作風を形容する。 .      七絶・好大喜功       2016.10.13 -47488 .  詩風好大喜功人,醉歩蹣跚穿藝林。欲取硯池浮鏡月,行舟靜夜費童心。  ○○○●●○平,○●○○●●平。●●○○●○●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/13 15:58
七絶・雙喜臨門
 雙喜臨門:兩年の喜事が一斉に到来すること。 .      七絶・雙喜臨門       2016.10.13 -47487 .  白頭才筆潤金卮,雙喜臨門酒與詩。鶴壽龜年尚無恙,洞天福地在華詞。  ○○○●●○平,○●○○●●平。●●○○●○●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十三支平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/13 09:55
七絶・歡喜若狂
 歡喜若狂:歓喜し狂わんばかりであること。 .      七絶・歡喜若狂       2016.10.12 -47486 .  白頭含笑啜金杯,妙想天開詩眼輝。歡喜若狂騎筆走,清秋月下展霜眉。  ○○○●●○平,●●○○○●平。○●●○○●●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/13 08:26
悲喜交加 悲喜交集 四七令と七言俳句と天仙子
 悲喜交加:悲傷と喜悦の心情を織りなしてともに在ること。  悲喜交集:同上 .      四七令・悲喜交加      2016.10.12 -47483 .  悲喜交加,詩人月下憶生涯。  ○●○平,○○●●●○平。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/12 16:54
霜天曉角『眞情實感涌金盞 (真情実感 金盞に涌く)』
 語るなら真実を と思うが  人に語るに値する真実を私が知っているとは思えない。  だから  いつも世迷いごとをあれこれ妄想する。 .  妄想には詩の力がある。  詩の力を借りれば  私は私を超えることができる。  私は架空の私となり  今在る私の真実を超えることができる。  つまらないことしか語れない私でも  素晴らしいヒントに心を躍らせることができる。 .  明日になれば  夢から醒めるだけかも知れない。  それでも  言葉が生む妄想は  日常瑣事に過ぎない... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/12 08:24
七絶・歡喜冤家
 歡喜冤家:怨みあっているようで実際は相思相愛の恋人或いは夫妻。 .       七絶・歡喜冤家       2016.10.11 -47478 .   荊妻開口乍牢騷,非難樗翁列酒豪。歡喜冤家終老處,南窗銀月紫穹高。   ○○○●●○平,○●○○●●平。○●○○○●●,○○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/12 05:53
喜聞樂見 →霜天曉角・意外天公愛風漢
 喜聞樂見;喜んで聞き,楽しんで見る。大いに歓迎されることをいう。 .      霜天曉角・意外天公愛風漢  2016.10.10 -47474 .  喜聞樂見,笑坐天堂宴。意外朱顔上帝,是詩客、愛風漢。  青眼,翠黛勸,白首傾金盞。陪我彈琴催促,吟近作、題奇幻。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/11 09:31
喜氣洋洋→ 南郷子・白頭得意啜金觴
 喜氣洋洋:洋洋は得意な様子。歓喜の心あるいは気分が充満すること。 .       南郷子・白頭月下啜金觴  2016.10.10 -47473 .  喜氣洋洋,白頭月下啜金觴。昨夢繆斯評作品,風韻,感動衆人知美錦。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/11 07:10
七絶・酒美催聊碧天
 聊天は、なかなか味のある成語で、閑談を意味する。  聊天→聊碧天 とすると、聊天+碧天の意味になるだろうか。 .      七絶・酒美催聊碧天     2016.10.10 -47471 .  詩筆含靈走霞洞,使人幽討入紅箋。山花有意爲神女,勸酒美催聊碧天。  ○●○○●○●,●○○●●○平。○○●●○○●,●●●○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/10 11:13
喜怒無常→ 南郷子・詩翁推敲如夢短
 喜怒無常:喜んだかと思うと怒る。態度の多いに変化することを形容。 .       南郷子・詩翁推敲如夢短    2016.10.09 -47460 .   喜怒無常,繆斯朱筆潤金觴。一目紅箋刪字眼,悲慘,詩叟推敲如夢短。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/09 18:54
如夢令・喜形於色
 喜形於色:内心の喜悦が顔に現れること。 .       如夢令・喜形於色      2016.10.08 -47458 .   却老騷翁詞客,傾酒喜形於色。團坐蜃樓高,醉扮襟懷洒落。月魄,月魄,輝促及時行樂。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/09 05:55
七絶・喜溢眉梢
 喜溢眉梢:人のすこぶる精神快楽なるを形容する。 .      七絶・喜溢眉梢       2016.10.08 -47457 .  筆頭春日喚秋孃,喜溢眉梢酒玉觴。共醉蜃樓高聳處,銀河目下耀洋洋。   ●○○●●○平,●●○○●●平。●●●○○○●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/08 19:21
喜從天降→ 如夢令・酒量自促吟題月亮
 喜從天降;喜ばしきことが天上から降ってくる。思いがけず突然の喜事に遇うこと。 .       如夢令・酒量自促吟題月亮  2016.10.08 -47456 .   聞道繆斯無恙,彈奏瓊琴高唱。詩叟買醇醪,慶賀喜從天降。酒量,酒量,自促吟題月亮。  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/08 10:22
七絶・醉佯風漢裁詩巧 (醉って風漢のふりをし作詩巧み)
     七絶・醉佯風漢裁詩巧    2016.10.07 -47453 .  先買音書與筆刀,而傾美酒聳肩高。醉佯風漢裁詩巧,朗朗飛聲意氣豪。  ○●○○●●平,●○●●●○平。●○○●○○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/08 05:54
喜眉笑眼→ 憶少年・苦吟通夜空傾酒
 喜眉笑眼:笑顔を帯びとても喜ぶ様子を形容する。  輕言肆口;話が軽率で放肆。 .       憶少年・苦吟通夜空傾酒      2016.10.07 -47450 .   喜眉笑眼,輕言肆口,千秋一醉。詩魂啜金盞,喚繆斯妖媚。   肅肅彈琴沽語彙,時鼻哂、老翁流涙。通宵苦吟處,有醇醪空美。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/07 10:08
傍人籬落→ 憶少年・富貴與民同樂
      憶少年・富貴與民同樂  2016.10.06 -47444 .   隨風世路,遊魂韻事,傍人籬落。江湖有門戸,喜笑招仙鶴。   泛泛而談佯雅客,啜醇醪、洗塵消渇。裁詩謝接待,善與民同樂。 .   風に隨ふ世路,   魂を遊ばす韻事,   人の傍らなる籬落。   江湖 門戸あり,   喜んで笑ふ招く 仙鶴を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/06 13:58
詩人の世迷い言 と一七令(宝塔詩)『杯』
 根源的なことに思いをめぐらし  それを言葉にする。  そうすることで心が鎮まる。 .  しかし  心とは何か。  それはどこにあるのか。  所詮は  脳の働きが自分自身を顧みる夢のようだ。 .  そこで  脳味噌を収めるわたしの頭蓋骨は  杯。  眠っている間は夢を泳がせ  眼が醒めると  逆さに伏せられてしまう。 .  すると  見よ  人生の残滓のように言葉が滴り落ちてくる。  殘杯のしずく。  脳は日本語では脳味噌だが  中国語では脳汁。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/06 11:51
憶少年・参差錯落
 参差錯落:参差は長短、高低、大小が一致しないこと。錯落が交錯し、交織する様子。各種の異物が錯綜し複雑にからみあっていること。  尋行数墨;尋行は一行一行を読むこと。数墨は一字一字を読むこと。文句を読むことはできるが意味を理会できないこと。 .       憶少年・参差錯落      2016.10.05 -47442 .   詩人老少,文才長短,参差錯落。門徒共師事,競尋行數墨。   設宴金秋玩月魄,轉傷感、晩風蕭瑟。輪班擬蛩語,放醉吟酸澁。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/06 10:59
七絶・千村萬落
 千村萬落;多くの村落を形容する。 .      七絶・千村萬落       2016.10.05 -47441 .  菊酒黄昏洗詠懷,欣愉妙想紫冥開。千村萬落迎明月,堪待繆斯張翼來。  ○●○○●●平,○○●●●○平。○○●●○○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/05 20:16
大權旁落→ 憶少年・秋宵下詩筆仰明月
 大權旁落:実権を他人の手中に奪われること。 .       憶少年・秋宵下詩筆仰明月  2016.10.04 -47437 .   幸生昌世,輕飄宮掖,耽迷酒色。人君怠朝政,竟大權旁落。   廢位何妨爲墨客,愛清貧、自得其樂。秋宵下詩筆,仰青天月魄。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/05 09:56
七絶・光明磊落
 光明磊落:心地光明にして坦白なるをいう。 ..      七絶・光明磊落       2016.10.03 -47433 .  野叟傾杯裁賦多,光明磊落對詩魔。善知才短無傑作,暫借朱顔羞醉歌。  ●●○○○●平,○○●●●○平。●○○●○○●,●●○○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/04 05:46
七絶・一錢不落虚空地
 一錢不落虚空地:いささかも浪費しないことを比喩する。 .      七絶・一錢不落虚空地    2016.10.03 -47432 .  人散宴終詩叟留,無言玩月喜風柔。一錢不落虚空地,暗啜殘杯洗老愁。  ○●●○○●平,○○○●●○平。○○●●○○●,●●○○●●平                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻七尤平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/03 18:02
霜天曉角・七零八落
 七零八落:ばらばらになりまばらになることを形容。特にもともと数多くきちんとそろっていたものがばらばらになること。 .      霜天曉角・七零八落     2016.10.02 -47424 .  七零八落,詩苑無騷客。獨擅殘杯冷炙,乘餘興、寫新作。  磨墨,追月魄,筆路通沙漠。文運廢來風冷,仰銀漢、思廣闊。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/02 09:39
霜天曉角・心寒胆落
 心寒胆落:非常に恐懼することを。 .       霜天曉角・心寒胆落     2016.10.01 -47423 .   心寒胆落,閻王裁善悪。飲酒怠工空老,有詩叟、無傑作。   騷客,迎月魄,身似迷沙漠。怎奈千年追放,地平遠、天空闊。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/02 05:55
霜天曉角・自甘堕落
 自甘堕落:自己満足で自分を甘やかし堕落すること。 .       霜天曉角・自甘堕落     2016.10.01 -47419 .   自甘堕落,騷人爲酒客。醉扮詩仙奔放,脱世網、騎黄鶴。   沙漠,迎月魄,清耀天空闊。好夢難長易醒,才七歩、將登厠。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/01 09:44
霜天曉角・四分五落
 四分五落:分散零乱したるを形容する。 .      霜天曉角・四分五落       2016.09.30 -47418 .  四分五落,凡才歸巷陌。夕暮詩林閑散,廢文運,増酒客。  日没,迎月魄,裁賦磨丹墨。莫嘆騷人減少,留白首,隣黄鶴。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/01 05:53
發蒙振落→ 如夢令・騷客又似閑雲孤鶴
 發蒙振落:蓋を掲げて落ち葉を払う。簡単にできることを比喩する。  迷魂淫魄:美しくよきものが人を酔わせ迷わすことを形容する。  閑雲孤鶴:自由自在,脱俗の人を比喩する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/30 14:58
珠零玉落→ 如夢令・詩翁飲酒迷魂淫魄
 珠零玉落:珍しい物が損なわれ破壊されることを比喩する。  朝歡暮樂:一日中歓楽にふけることを形容する。  無知妄作:知識を欠き、事理に不明なままみだりにことをなすこと。  迷魂淫魄:美しくよきものが人を酔わせ迷わすことを形容する。 .       如夢令・詩翁飲酒迷魂淫魄  2016.09.29 -47411 .   裁賦朝歡暮樂,傷感珠零玉落。詩叟老猶忙,揮筆無知妄作。口渇,口渇,飲酒迷魂淫魄。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/30 06:29
七絶・魚沈雁落
「落雁沈魚 沈魚落雁 五言律詩と四七令と短歌と俳句 と如夢令」について .  魚沈雁落:雁であれば地に落ち,魚であれば水底に潜るほどに、女性の美貌が人の心を動かすことを比喩する。 .      七絶・魚沈雁落       2016.09.29 -47410  花貌臉邊如盛春,勸杯一笑惑風人。魚沈雁落留圓月,詩筆不能及冩眞。  ○●●○○●●平,○○●●●○平。○○●●○○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/29 18:07
失魂落魄 →如夢令・眷戀氷魂雪魄
 失魂落魄:驚き慌てて憂慮し、心神不定にして、行動常なるを失う様子。  驚魂喪魄:人をしてきわめて深く感受せしめ,震えるほどに感動せしめることを形容。  迷魂淫魄:人の魂を迷わし、人の魄を乱す。事物の美しく好く,使人をして醉い迷わすことを形容。。  氷魂雪魄:氷のように透明で,雪のように潔白なるをいう。人品の質高く純潔なるを比喩する。 .       如夢令・眷戀氷魂雪魄    2016.09.29 -47406 .   美酒失魂落魄,感涙驚魂喪魄。醉夢對嫦娥,笑貌迷魂淫魄。桂魄,... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/29 10:01
七絶・喪魂落魄
 喪魂落魄:形容非常恐惧的样子。 .      七絶・喪魂落魄       2016.09.28 -47403 .  醉對桃源解語花,批評拙作指詩瑕。喪魂落魄又金盞,低首無言辭酒家。  ●●○○●●平,○○○●●○平。●○●●●○●,●●○○○●平。                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻一麻平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/28 14:31
秋蕊香・揮毫落紙遊銀漢
 揮毫落紙:字を書き絵画を描くことをいう。 .       秋蕊香・揮毫落紙遊銀漢   2016.09.27 -47400 .   雅韻堪押,濁醪自促,揮毫落紙出神。菊花泛腦汁,月兎轉氷輪。素秋晩、白首抱金樽,啜杯滌洗紅塵。磨香墨,醉佯風漢,開放詩魂。   妙想迥生天外,浮耿耿銀河,輕舸穿春。賞櫻花、兩岸涌星雲,当然伴、仙女笑容欣。艷妝皓齒朱唇,勸諷詠、餐霞飲景,棄舊求新。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/28 05:44
七絶・上南落北
 上南落北:(漫言・閑話しに)各処に出向くこと。 .      七絶・上南落北       2016.09.26 -47393 .  終老多閑問酒家,街談巷議轉喧嘩。上南落北牽藜杖,白首出門向晩霞。  ○●○○●●平,○○●●●○平。●○●●○○●,○●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻七尤平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/26 15:08
霜天曉角・倒冠落珮
 倒冠落珮:官帽を脱ぎ,佩玉を取り去る。官を辞し故郷に歸ることを形容。 .      霜天曉角・倒冠落珮     2016.09.26 -47391 .  倒冠落珮,草舎隣山水。終老安貧樂道,逍遙喜、風光媚。  酒美,當倚醉,陽臺堪入睡。清晝遊魂空谷,揮夢筆、描藻繪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/26 07:48
七絶・西風落葉
 西風落葉:形容秋の景象。人あるいは事物がすでに衰落しつつあることを比喩。 .      七絶・西風落葉       2016.09.25 -47387 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/25 10:59
安心落意 →如夢令・醉筆別出新意
 安心落意:安心し憂慮なきをいう。  称心如意:心に適い満足することをいう。  回心转意:考慮を重ね,元来の考え方や態度を改めることをいう。  別出新意:独創的で、皆と異なることをいう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/24 09:58
安心落意 →如夢令・醉筆別出新意
 安心落意:安心し憂慮なきをいう。  称心如意:心に適い満足することをいう。  回心轉意:考慮を重ね,元来の考え方や態度を改めることをいう。  別出新意:独創的で、皆と異なることをいう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/23 05:46
七絶・淪落風塵
 淪落風塵:悪しき境遇に陥ること。旧時は娼妓となること。風塵は妓院を指す。 .       七絶・淪落風塵       2016.09.22 -47373 .   繆斯迷路到人間,淪落風塵陪酒仙。笑勸裁詩教韻事,彈琴唱和仰秋天。   ●○○●●○平,○●○○○●平。●●○○○●●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/22 15:13
南郷子・磊落豪横
 磊落豪横:言辞明快にして奔放自如たるを形容する。 .      南郷子・磊落豪横      2016.09.21 -47368 .  磊落豪横,醉借朱顔坐酒亭。談與詩朋佯論客,説破,詩苑大家無秀作。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/22 07:03
名落孫山 南郷子と霜天曉角 と四七令と短歌と俳句
 名落孫山:呉人孫山は滑稽の才に恵まれていたが、科挙では一番最後にその名が載っていた。   その孫山の後に名があるということで、つまりは落第をいう婉言。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/21 11:03
流落他郷 五七令と霜天曉角
 流落他郷:故郷を離れ、異郷にあること ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/20 15:50
流落風塵 五七令と霜天曉角
 流落風塵:志を得ず、あるいは生活に困窮して異郷を漂白することを形容。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/20 09:29
流落江湖 五七令と霜天曉角
 流落江湖:志を得ず、あるいは生活に困窮して異郷を漂白することを形容。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/20 07:00
水落石出→ 如夢令・繆斯酒入舌出指正
 水落石出:水量が減り水底の石が露出すること。ことの真相が完全に露顕することを比喩する。  頭破血出:頭が割れて血が流れること。  酒入舌出:酒がはいり話ににぎやかに打ち興じる様子を形容。  探口而出:あれこれ考慮せずに話すこと。 .       如夢令・繆斯酒入舌出指正  2016.09.17 -47331 .   非才頭破血出,言泉水落石出。秋夜苦吟對,繆斯酒入舌出。百出,百出,指正探口而出。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/17 16:36
五絶・齒落舌鈍
 齒落舌鈍:年老いて歯がなくなり,話がはっきりしないこと。 .      五絶・齒落舌鈍      2016.09.17 -47330 .  齒落舌鋒鈍,筆禿詩病多。傾杯借朱臉,醉夢作鸚哥。  ●●○○●,●○○●平。○○●○●,●●●○平。     ○:平声。●:仄声。平:中華新韻二波平声の押韻。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/17 10:16
七絶・河落海乾
 河落海乾:一点の剩りさえもないことを比喩する。 .       七絶・河落海乾       2016.09.16 -47322 .   苦吟十載有詩翁,難守清貧爲酒窮。河落海乾天快霽,葉如金貨舞秋風。   ○○○●●○平,○●○○○●平。●●●○○●●,○○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/16 15:03
七絶・落湯螃蟹
 落湯螃蟹:湯に落ちた蟹が、手足をばたつかせること。情態狼狽を比喩する。 .      七絶・落湯螃蟹       2016.09.15 -47317 .  秋夜詩魔罹聲病,仙童指正不留情。落湯螃蟹無藏處,只有紅顔醉泰平。  ○●○○●○●,○○●●●○平。●○○●○○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/15 21:00
驀山溪・秋遊湖上
      驀山溪・秋遊湖上      2016.09.14 -47304 .   金秋探勝,白首浮湖上。遊覽坐樓船,受風喜、天晴氣朗。悠然肆目,紅葉滿青山,映碧水,泛銀鱗,瀲瀲清漣漲。   繁華津渡,眼底花唇絳。含笑誘旗亭,勸村醪、剛開新釀。酒香芳馥,玩景作俳人,成句短,詠情長,夕暮乘酣暢。 .  金秋の探勝,  白首 湖上に浮く。  遊覽 樓船に坐し,  風を受けて喜ぶ、天晴れ氣の朗らかなるを。  悠然と目をほしいままにすれば,  紅葉は青山に滿ち,  碧水に映じ, ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/14 10:06
落月屋梁 五七令と南郷子
 落月屋梁:友を懐かしむ思いを比喩する。 .       五七令・落月屋梁      2016.09.13 -47302 .   落月滿屋梁,往時無恙共杯觴。   ●●●○平,●○○仄●○平     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻九文平仄両用の押韻。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/14 07:59
秋蕊香・重陽啜菊花酒
     秋蕊香・重陽啜菊花酒    2016.09.13 -47301 .  遐想蜃樓高聳,看到詩翁吟詠。月光明處靈泉涌,杯泛菊花堪用。  四圍雲海清晨動,開形勝。遠山紅葉如盆景,裁賦朗然超衆。 .   蜃樓の高く聳ゆるを遐想すれば,   看るに到る 詩翁の吟詠しをるを。   月光 明るき處靈泉涌き,   杯は泛ぶ 菊花の堪用ふるに堪ふるを。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/14 05:59
秋宵吟・秋尋仙女守破鏡
      秋宵吟・秋尋仙女守破鏡   2016.09.13 -47300 .   扮愁蛩,試諷詠,老叟遊魂香夢。飛聲訴、對倩影潛藏,草叢幽靜。月光流,夜氣冷,顧戀芳壺清聖。才七歩、想海市繁華,蜃樓高聳。   眼底花容,勸玉液、金杯自涌。繆斯方術,醉筆神工,箋上見霞洞。詩路爲春徑,處處聞鶯,千里巧哢。跨靈犀、慢慢騰騰,將問仙女守破鏡。 .  愁蛩に扮し,  諷詠を試み,  老叟 魂を香夢に遊ばす。  聲を飛ばして訴ふるに、對する倩影 潛藏(かくれ)をり,  草叢の幽靜なるに。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/13 15:37
風流才子→ 七律・才子餘生學鶴唳
     七律・才子餘生學鶴唳    2016.09.12 -47293 .  風流才子交紅友,韻事蜃樓衝碧天。醉上文階爲羽客,瞰臨世路走詩箋。  官人如蟻搬樽酒,愁客競鷗吟岸邊。觀海飛聲養神氣,餘生學鶴唳蒼玄。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/12 10:53
如夢令・弘獎風流
 弘獎風流:才華出衆の人を獎賞すること。また、多くの人材を励まし、奮発を期待すること。 .       如夢令・弘獎風流      2016.09.11 -47292 .   巨匠詩林奮起,弘獎風流放屁。講話擅吹牛,少壯無言詫異。花底,花底,醉臉抱樽欣喜。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/12 05:32
文字の力を信じ古い詩体に息を吹き込む 一七令二首 『文』と『字』
 記録し伝える媒体として録音や録画が発達したのは近年のことで  人類の長い文明史に照らせばまだまだ日が浅い。  絵や絵文字、寓意を含んだ絵画や文字による伝達の歴史と比較すれば  録音や録画つまりは音と映像を媒体とする伝達手段の歴史は  もはや死にかけている文字という老人に対し  生まれたばかりの赤ん坊 さらには  受精したばかりの新しい生命  に喩えてもよいだろう。 .  録音や録画には輝かしい未来があり  文字を媒介とする伝達手段には先細りの感がある。  文字による表現は... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/11 09:49
放誕風流 南郷子二首
 放誕風流:礼法に拘らず文采があること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/10 06:52
霜天曉角・名士風流
 名士風流:名士の風度と習性。才学があって礼法に拘らないことをいう。 .       霜天曉角・名士風流     2016.09.08 -47268 .   名士風流,枕肱忽臥遊。夢化羽人張翼,飛碧宇、喜金秋。   天仙招蜃樓,花容回醉眸。月若銀杯清耀,斟美酒、洗憂愁。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/09 07:57
滄海横流→ 五律・平成太寧好
 滄海横流:世の中の紛乱,政情の不安を比喩。 .      五律・平成太寧好      2016.09.08 -47267 .  平成太寧世,滄海不横流。赤羽惜朱夏,銀蟾喜素秋。  紅顔愛金盞,緑酒洗白頭。萬事天公宰,詩人老浪愁。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/09 05:50
七絶・土壤細流
 土壌細流:細微なる事物を比喩する。また、その細微なるものが重大な作用を起こすこともいう。 .      七絶・土壤細流       2016.09.08 -47263 .  土壤細流生百花,殘年餘力喜詞華。濃春郊野求俳句,曳杖黄昏尋酒家。  ●●●○○●平,○○○●●○平。○○○●○○●,●●○○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/08 09:30
南郷子・細水長流
 細水長流:財物を節約して使用し、常に欠けるものがないようにすることを比喩。 .      南郷子・細水長流      2016.09.07 -47257 .  細水長流,不用青錢上蜃樓。夢想紅唇羞緑酒,白首,笑啜金杯延鶴壽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/08 08:37
日月如流 南郷子と曄歌と七言絶句
 日月如流:時光 流水のごとくに迅速に消え逝くこと。 .      南郷子・日月如流      2016.09.07 -47253 .  日月如流,霜雪皚皚耀老頭。鏡裡紅顏因緑酒,白首,徒作笑容咳漱後。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/07 09:59
南郷子・從善如流
 從善如流:人の好い意見を迅速に受け入れられることを形容 ,      南郷子・從善如流      2016.09.05 -47232 ,  從善如流,連襟携酒喜春遊。悦目櫻雲生勝地,花底,競醉高歌揚意氣。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/05 07:27
酒泉子・萬壑爭流
 万壑争流:山中の勝景をさす。 壑は谷、ここでは溪流。 .      酒泉子・萬壑爭流      2016.09.03 -47215 .  萬壑爭流,筆底仙郷形勝。涌濁賢,生清聖,醴泉幽。  酌斟甘露身無恙,遊魂隔世網。餐霞光,擅遐想,遣詩愁。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/04 07:12
酒泉子 『人欲横流 (人らは横ざまへ流れたがる)』
(訳)  人ら横ざまへ流れたがり,  詩人はサボって杯を傾ける。  紅顔を借り,  白眼を回らし,  金秋に坐って。 .  祖国は老大国にして翁(おきな)媼(おうな)が多く,  若者はみな凡鳥。  文運は衰れ,  死神が笑い,  繆斯(ミューズ)が愁える。 . (原作)    酒泉子・人欲横流 2016.09.03 -47210 .  人欲横流,詩客怠工傾盞。借紅顔,回白眼,坐金秋。  祖國老大多翁媼,少壯皆凡鳥。文運衰,死神笑,繆斯愁。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/03 09:46
七言律詩 『洪水横流洗詩林 (洪水横流して詩林を洗ふ)』
 洪水横流:横流は河道に循わずに流れること。洪水氾濫。邪道の横行を形容。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/03 06:22
惜秋華・秋聽蛩語醉遊魂
      惜秋華・秋聽蛩語醉遊魂   2016.09.01 -47200 .   院落殘蛩,競秋聲、鼓翅啾啾哀嘆。情侶欲吃,遺骸盡心迷戀。樗翁羨慕蟲生,辱晩境交歡凄慘。傾盞,望南窗,月鏡清輝好看。   醉夢扮風漢,喜銀河浮舸,對飲嫦娥艶。鰥夫醉,孀婦笑,夜長言短。俳人作句登時,訴寸衷、疾如雷電。青眼,侑金杯、丹唇善幻。 .  院落の殘蛩,  秋聲と競ひ、翅を鼓して啾啾と哀嘆す。  情侶 吃(た)べんとす,  遺骸の心を尽し恋に迷へるを。  樗翁 羨慕す 虫の生の,  晩境の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/02 05:57
霜天曉角・飛短流長
 飛短流長:デマをばらまき、人を中傷することをいう。短と長は是非、善悪を指す。 .       霜天曉角・飛短流長     2016.08.30 -47191 .  飛短流長,白頭擅玉觴。醉喜街談巷議,與雅友、在仙郷。  飲酒洗愁腸,裁詩皆擬唐。不敢憐新厭舊,有老板、勸瓊漿。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/31 07:54
霜天曉角・痛哭流涕
 痛哭流涕:激しく泣き涙を流す。傷心きわまるを形容する。 .       霜天曉角・痛哭流涕     2016.08.30 -47190 .  痛哭流涕,詩鬼無才藝。百載欲成傑作,買箋紙、花錢幣。  酒洗,融志氣,形骸空放屁。醉夢月章星句,滅清曉、生霞綺。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/31 07:47
似水流年 七言絶句と五七令と短歌と俳句
 似水流年:流年は光陰。時間のひとたび去って返らざるを形容。 .      七絶・似水流年       2016.08.29 -47186 .  詩人傾盞悔生涯,似水流年老酒家。對鏡紅顔作白首,無端厠所散心花。  ○○○●●○平,●●○○●●平。●●○○●○●,○○●●●○平                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻一麻平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/30 09:55
南郷子・急景流年
 急景流年:光陰の逝きやすきを形容。 .       南郷子・急景流年     2016.08.29 -47185 .  急景流年,金秋白首借紅顔。醉憶青春知緑酒,爾後,笑老翠樓得鶴壽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/30 06:32
浮翠流丹→ 七絶・佳人擅冩律詩
 浮翠流丹:色彩の鮮明にして艶麗なるを形容する。 .      七絶・佳人擅冩律詩     2016.08.29 -47184 .  佳人一笑揮詩筆,美句四聯生錦箋。浮翠流丹映紅日,宛如金盞轉青天。  ○○○●○○●,●●●○○●平。●●○○●○●,○○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/29 11:07
霜天曉角・コ厚流光
 コ厚流光:コは道コ、徳行;厚は重;流は影響;光は“広”に通ず。道徳心が厚く,その影響深遠であることを指す。 .      霜天曉角・コ厚流光     2016.08.29 -47183 .  コ厚流光,温顔勸酒觴。巨匠迎人如是,多門下、信虚誑。  曲筆擅含章,裁詩常擬唐。蓬島藝林花痩,雲散後、晩秋霜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/29 07:49
七絶・万古流芳
 万古流芳:好き名声が永遠に流伝すること。 .      七絶・万古流芳       2016.08.28 -47172 .  樗翁入夢作詩仙,帶酒飛聲吟聳肩。万古流芳指明月,化爲銅像仰秋天。  ○○○●●○平,●●○○○●平。●●○○●○●,●○○●●○平                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/28 15:01
日文自由詩と南郷子 『快歩流星赴天堂 (足早に流星のごとく天国へ行く)』
 詩は跳びはねて筆路をゆくのがよい  そのためにはまず酒  琴を抱くのもよいがだれもが弾けるとは限らない  しかし酒はだれでも酔える .  だから酒 詩の書き方を習うより杯を学べ  琴は弁財天がかなでてくれるだろう  貯めたお金をかかえ早足で  流星のごとく会いに行く 天国の酒友に .      南郷子・快歩流星赴天堂  2016.08.26 -47154 .  月下醇醪,菲才一醉作詩豪。快歩流星神筆走,吟叟,忽上天堂交酒友。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/26 09:29
七絶・烈火轟雷
 烈火轟雷:怒りっぽい性情を形容。 .      七絶・烈火轟雷       2016.08.24 -47143 .  醉得好句自高歌,黒夜行吟踏夢魔。烈火轟雷發脾氣,化爲神鬼笑呵呵。  ●○●●●○平,○●○○●●平。●●○○○●●,●○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻二波平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/25 14:44
七絶・暴跳如雷
 暴跳如雷:大いに怒る様子。 .      七絶・暴跳如雷       2016.08.23 -47135 .  詩叟怠工爲酒迷,繆斯生氣跨靈犀。横槍暴跳如雷電,誅滅樗材醉若泥。  ○●●○○●平,●○○●●○平。○○●●○○●,○●○○●●平。                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十二斉平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/23 09:47
如夢令・平地起雷
 平地起雷:突然発生する重大な変動を比喩する。また、名声や地位が突然高くなることを比喩する。 .       如夢令・平地起雷      2016.08.22 -47134 .   名聲平地起雷,詩翁好酒貪杯。酣醉枕肱夢,繆斯皓齒蛾眉。朝暉,朝暉,玉女敗興而歸。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/23 05:43
七絶・布鼓雷門
 布鼓雷門:布鼓:布で覆われた鼓。雷門:古代会稽の城門名。雷門の前で布鼓を撃つ。   上手・名人の面前で本領を誇り衒うこと。 .      七絶・布鼓雷門       2016.08.21 -47113 .  詩翁帶酒自無前,睥睨大家吟聳肩。布鼓雷門若鸚鵡,與鶯爭覇領春天。  ○○●●●○平,●●●○○●平。●●○○●○●,●○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/22 05:52
秋風清・金秋夕暮晩鴉歸
      秋風清・金秋夕暮晩鴉歸   2016.08.19 -47102 .   詩人揮,詩筆飛。啜酒解愁悶,遊魂追落暉。金秋千里無雲涌,墨痕一點如鴉歸。 .   詩人揮へば,   詩筆飛ぶ。   酒を啜り愁悶を解き,   魂を遊ばせて落暉を追ふ。   金秋 千里に雲の涌くなく,   墨痕 一點 鴉の歸るがごとし。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/19 17:22
秋蕊香・秋 吟
     秋蕊香・秋 吟       2016.08.19 -47101 .  玉盞泛黄滋味,菊酒秋香甘美。詩中更好花容對,吟叟笑搖貧嘴。  月章星句堪陶醉,催頽廢。遊魂漱口言泉水,忽就悶雷鼾睡。 .   玉盞 黄を泛かべて滋味にして,   菊酒の秋香 甘美なり。   詩中 更に好きは花容の,   吟叟の笑って貧嘴を揺らすに對するなり。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/19 08:28
秋夜月・秋 吟
      秋夜月・秋 吟       2016.08.18 -47100 .   群蝉鳴競,似沈雷,驚醉叟,夕傾清聖。鼓腹飛聲求愛,好逑安靜。晩年戀,終天叫,衷心懇請。秋虫、却老善從天命。   峰巓明鏡,照光頭,得季語,將乘吟興。淡淡獨裁俳句,寓情于景。人延壽,才未長,空吃畫餅。擱筆、枕臂欲貪香夢。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/19 07:41
七言絶句 『當知百藥養醉翁(まさに知るべし 百薬の醉翁を養ふを)』
 知るべきことは沢山あると思う。  しかし  私が何を知るべきか  という設問を立てると  身の毛がよだつほどにそれがわからない。  つまり 私には  私が何を知るべきかがわからない。 .  しかし  例えば妻からあなたはこれを知るべきよ  といわれれば  私が妻に何を知るべきとされているのか  それはわかる。  そして  妻が知るべきとしたそれを  知るべきか知らずにすますべきか  私なりに評価し  対応する。 .  知ることはひとりでできる。  深かっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/17 06:55
『やけ酒』 日文自由詩と石倉十八字令
 心など糞くらえだと思わないか  人のことにはあまり関心がなく  だからぼんやりしているといきなり  おまえはおれの気持ちがわからないのか  おまえそれでも友だちか  などといわんばかり白い眼 .  同情の言葉をどうかければよいのか  それがわからないので  いつもあたりさわりのないようにする  その事情も知らずに  薄情なやつだ とは身勝手だ  おまえの心なのだ  自分で何とかしろ .  やっかいだ 心は  それをありがたがるやつらの  気が知れない . ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/15 18:15
霜天曉角 汗流浹◇其二 汗流浹踵
      霜天曉角・汗流浹踵     2016.08.14 -47079 .  酒郷香夢,良夜游霞洞。眼底繆斯含笑,評拙作、愈詩聖。  驚恐,如僞證,赧汗流浹踵。過褒月章星句,押雅韻、無聲病。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/14 16:17
霜天曉角 汗流浹◇其一 汗流浹背
      霜天曉角・汗流浹背     2016.08.14 -47078 .  酒郷甘睡,眼底詩魔媚。赤面汗流浹背,恥拙作、垂老涙。  慙愧,未盡美,哀哭請安慰。花貌無言鼻哂,勸傾盞,扮泣罪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/14 09:24
霜天曉角・逐流忘返
 逐流忘返:時流、通俗を追い、根本に歸ることを忘れること。 .       霜天曉角・逐流忘返    2016.08.11 -47062 .   逐流忘返,不磨才淺短。風漢笑斟清聖,勸巨匠、傾玉盞。   藝苑,隣酒館,騷人自輕慢。畢竟人生大夢,迷言路、爲樗散。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/12 06:30
七絶・流天K地
 流天K地:液体の漫溢せるを形容。 .       七絶・流天K地       2016.08.10 -47053 .   醉翁三百帶微醺,美祿流天K地春。清聖濁賢洗詩筆,飛馳箋紙若白雲。   ●○○●●○平,●●○○●●平。○●○○●○●,○○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/10 19:52
雷歯絡s→ 七絶・玉女三千驚聽老叟吟 (玉女三千驚き聽く老叟の吟)
 雷勵風行:政策法令の執行厳励にして迅速なることを比喩、また事をなすに声勢猛烈、行動迅速なることを形容。 .       七絶・玉女三千驚聽老叟吟    2016.08.09 -47042 .   醉揮禿筆走詩箋,雷歯絡s飛洞天。玉女三千驚老叟,吟聲朗朗若鳴弦。   ○○○●●○平,○●○○○●平。●●○○○●●,○○●●●○平。               ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/10 08:21
鼾声如雷 →五絶・鼾聲如悶雷
 鼾声如雷:おおいびき。  悶雷:低く沈むように鳴る雷。 .       五絶・鼾聲如悶雷      2016.08.09 -47041 .   花容鼻哂啜,緑酒滿金杯。美醉評詩後,鼾聲如悶雷。   ○○○●●,●●●○平。●●○○●,○○○●平。         ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/09 13:55
流離瑣尾 如夢令と五七令
 流離瑣尾:処境、順利から艱難へ転ずることを比喩。  溢言虚美:言葉ばかりで実際とは符合することなく賛美すること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/08 18:29
七言絶句 『甘受批評知是非 (甘んじて批判を受けて是非を知る)』
 批判されたらそれに答えるのがよい。  その批判が的を得ていると思えれば素直にそれを認め  つまり自分の非を認め  非を認めるだけでは十分でないと思えば  過ちを反省する。  反省すなわち閉門思過(門を閉じて過ちに思いをめぐらす)。 .  しかし  批判が的を得ていないと思うなら断固反論すべき。  それが批判する人に対する礼儀でもある。  と思うのだが  批判をしても無視され  批判されても無視する  日本人社会には  そういうやんわりとしたところがある。 .  ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/06 07:54
日文自由詩と一七令(宝塔詩)『心』
 年寄りにだって心はある  だから  老いさき短い老人もそれを顧みず  国を憂える。  わが身のことより  国の行く末を憂える。 .  それは子孫のためであり  自分の子供を愛するように国の行く末を憂える  ということであるだろう。  だから  老人たちの憂国を馬鹿にしないでほしい。  おれたちの未来はおれたちで と  年寄りをシカトしないでほしい。 .  確かに先に死んでいく。  お先に失礼 なのだから  百年先の日本のありように責任は持てない。  しかし ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/05 19:30
七絶・流水游龍
 流水游龍:車は流水ごとく,馬は游(およ)ぐ龍のごとく。車馬の往来さかんなることを比喩。 .      七絶・流水游龍       2016.08.04 -47001    .  醉翁夢筆潤霞觴,流水游龍載句忙。却老忘餐還廢寢,贅辭千萬破詩嚢。  ●○●●●○平,○●○○●●平。●●●○○●●,●○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/04 17:23
桂枝香 『老叟醉吟空似蝉 (老叟の醉吟空しく蝉に似る)』
      桂枝香・老叟醉吟空似蝉  2016.08.04 -47000 .   秋蝉嘶喊,訴隱默好逑,躱避瘋漢。共受同年世運,異途流轉。雲泥殊路單思病,放聲空、引以爲憾。九天仙女,九泉詩叟,九愁腸斷。   望湖水、傾杯野店,恨夕暮山高,老境才短。回憶生涯,多過少功陰慘。眼前皺浪鱗鱗耀,錦嚢集句星星散。風流有罪,錢包無幣,愴情投晩。 .  秋蝉 嘶くごと喊(さけ)び,  訴ふ 隱默たる好逑の,  瘋漢を躱避(さ)けるに。  共に同年の世運を受くるも,  異途(異なる道)に流轉す... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/04 17:22
五言絶句 『口才沈默睡魔隣 (口に才あるも沈黙す 睡魔が隣れば)』
 日本語には外来語が多く「エッセー」もそのひとつ。  カタカナ言葉はご免だ  日本人なら日本語で言え という人がいるので  「随筆」  といえば無難。  納得してもらえるだろう。 .  しかし「随筆」も実は中国からの外来語だ。  宋の洪邁に『容齋隨筆』、清の袁枚に『隨園隨筆』  吉田兼好に『徒然草』があるのだから  日本人なられっきとした日本語で  というなら エッセーは  「つれづれがたり」とでも呼んだ方がよほどよい。 .  そもそも「エッセー」と「随筆」ではまるで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/01 11:07
流行坎止→ 如夢令・有酒吉祥止止
 流行坎止:流れに従って行ない,険に遇えば止まる。人の行止、自然に順応することを形容する。  規行矩止:規則に厳格に従って行うことを指す。また、ことをなすに精彩のなきをいう。  嘆爲觀止:事物の好き点を見つけて感極まり賛美すること。  吉祥止止:喜び慶ぶこと。(はじめの止字は留止の意味,二個目止字は助詞。) .       如夢令・有酒吉祥止止    2016.07.31 -46970 .   理想規行矩止,實際流行坎止。詩律美精嚴,騷客嘆爲觀止。知止,知止,有酒吉祥止止。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/01 08:21
流口常談→ 如夢令・空談却老泛泛談
 流口常談:古臭い話。  高睨大谈:高く上を見ながら議論を始める。挙動言論の気慨不凡なるを形容。  巷議街談:  泛泛而談:深入りせずに一般的に談義すること ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/30 06:59
一麾出守→ 如夢令・筆路潔身自守
 一麾出守:麾は排斥。もともとは竹林の七賢のひとり阮咸が排斥されて始平太守に出されたこと。   後に京官が地方官となることを指す。  玩忽職守:本来の職務、仕事に責任を負わず不真面目であること。  潔身自守:自身の純潔を保ち続けること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/29 07:59
七絶・歸正守丘
 帰正守丘:狐は死に臨んで自分が生まれた山丘に必ず首を向けるという。   本を忘れないこと、また、晩年に故郷を思うことを比喩する。 .      七絶・歸正守丘       2016.07.28 -46940 .  城狐垂死擱金觴,歸正守丘思故郷。悔過自責秋夜願,登仙以後作天狼。  ○○●●●○平,●●○○●●平。●●○○○●●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/28 06:41
七絶・熬清守淡
 熬清守淡:清に耐え淡を守る。清苦の生活を耐え忍ぶ。  甘旨肥濃:佳肴にして美味なるをいう。 .      七絶・熬清守淡      2016.07.27 -46936 .  貪飲瓊漿洗百愁,酒錢盡處夢魂遊。熬清守淡爲詩客,甘旨肥濃生筆頭。  ○●○○●●平,●○●●●○平。○○●●○○●,○●○○○●平                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻七尤平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/27 11:05
五律・奉公守法
 奉公守法;奉公して事を行うに,法令を遵守する。ことをなすに規則を守ることを形容。 .      五律(隔句對)・奉公守法       2016.07.26 -46934 .  奉公能守法,消遣順良俗。春晝櫻花底,傾杯知幸福。  秋宵天鏡下,裁賦坐書屋。少飲多持戒,絶無中酒毒。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/27 06:00
七言絶句 『繆斯紅唇慰白首(ミューズの紅き唇 白首を慰む)』
(翻訳)  赤い夕陽が山に沈めば銀色の月が来て,  赤ら顔はお酒のせいと美人の翠(みどり)の眉が伸びる。  紅き唇 にっこりと白髪を慰めて,  朱筆に功が無くても紫台で仙人になればいいですよ と。 . (原作)    七絶・繆斯紅唇慰白首 2016.07.25 -46930 .  赤羽依山銀兎來,赭顔因酒翠眉開。紅唇含笑慰白首,朱筆無功有紫臺。  ●●○○○●平,●○○●●○平。○○○●●○●,○●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/26 07:39
一七令(宝塔詩)『吟翁醉臉紅 (吟翁の醉臉紅(あか)し』 
      一七令・吟翁醉臉紅    2016.07.25 -46929 .   紅,醉臉,吟翁,浮輕舸,喜涼風。裁賦十載,入神四聲。忘餐學韻律,廢寢試才能。求句棧山航海,遊魂説夢偸生。黄昏夕照碎湖水,銀兎光芒滿返程。 .  紅(あか)く,  醉ひをる臉(かお),  吟じをる翁,  輕舸(こぶね)を浮かべ,  涼しき風を喜ぶ。  裁賦(作詩)の十載(十年),  入神(入魂)の四声,  餐(く)ふを忘れて韻律を学び,  寝るを廃して才能を試す。  句を求めて山に桟をわたり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/26 05:48
六絶・知榮守辱
 知栄守辱:どうすれば栄誉を得られるかを知っていても、却って屈辱的な地位に安んじること。 .       六絶・知榮守辱      2016.07.25 -46928 .   樂道安貧野老,知榮守辱温顔。惜傾殘酒含笑,醉歩歸途仰天。   ●●○○●●,○○●●○平。○○○●○●,●●○○●平。             ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/25 17:27
七言絶句 『詩翁似辭林奴隷 (詩翁は似る言葉の森の奴隷に)』
 言葉は人類が獲得した文明の利器ではあるだろう。  文明をうち建てるには多くの人々が力を合わせることが必要で  その基礎となる知識と技術を人々が共有することが必要。  その共有は分担によってより大きな力となり  伝承によって蓄積され  文明を維持し発展させる力となる。 .  そのおおもとに言葉があるのだ。  言葉は知識と技術の伝達の道具として機能し  知識と技術を分割して人々に分担せしめ  それを組織することを可能にする。  そして  文明社会をうち建てる知識と技術の分担... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/24 05:46
五絶・黄童笑白叟
「七言絶句 『老幼行事隨便 (老いも幼きも事を行ふに自分に都合よく)』」について .  黄童白叟:黄髪の童子と白髪の叟。 .      五絶・黄童笑白叟       2016.07.23 -46909 .   醉語罵天公,嘲詼顔面皴。黄童笑緑陰,白叟交紅友。   ●●●○○,○○○●仄。○○●●○,○●○○仄。             ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻七尤仄声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/23 14:10
七絶・魂不守宅
 魂不守宅:宅は躯体。魂不守宅すなわち心神恍惚として定まらずをいう。また人の死。 .      七絶・魂不守宅       2016.07.22 -46902 .  金壺緑酒洗風懷,白首吟魂不守宅。醉喜夢蝶張翅舞,繆斯蓮歩抱琴來。  ○○●●●○平,○●○○●●平。●●●○○●●,●○○●●○平                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻四開平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/22 17:27
雨霖鈴・吟競殘蛩或鳴蛙
      雨霖鈴・吟競殘蛩或鳴蛙  2016.07.22 -46900 .   秋蝉鳴盡,老翁留下,晩境昏困。傾杯醉聽蛩雨,悲鳴暗夜,難排愁悶。切切飛聲不斷,訴情侶欺隱。戀慕久、何怕妖魔,欲咬形骸爲懷妊。   裁詩百歳隨天分,坐寒齋、妄想失時運。風花雪月堪賞,香夢好、繆斯誠懇。笑勸霞漿,滌洗神魂,蓄積遺恨。諷詠競、擧例青蛙,鼓噪霖霖奮。 .   秋蝉 鳴き盡き,   老翁は留下(のこ)る,   晩境の昏困たるに。   杯を傾け醉って聽く蛩雨,   悲しく暗夜に鳴き,   愁... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/22 11:41
七絶・墨守成規
 墨守成規:古い決まりを墨守し改変しない。思想、保守をきわめること  把持不定:明確な主見なく、游移反復すること。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/21 16:21
七絶・分守要津
 分守要津:交通の要所を分別し守ること。 .      七絶・分守要津       2016.07.21 -46896 .  詩林筆路若羊腸,凡鳥易迷飛醉郷。分守要津瞠字眼,初得傑作醉風光。  ○○●●●○平,○●●○○●平。○●●○○●●,○○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/21 16:17
七絶・信守不渝
 信守不渝:信用を堅く守って不変なること。 .       七絶・信守不渝       2016.07.21 -46895 .   信守不渝勤賈商,成家立業隱山莊。老學風韻呵詩筆,將以夕陽爲玉觴。   ●●●○○●平,○○●●●○平。●○○●○○●,○●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/21 07:52
七絶・攻守同盟
 攻守同盟:悪事を隠蔽するために一致して行動する意味にも使う。 .       七絶・攻守同盟     2016.07.20 -46894 .   城狐社鼠眼神結,攻守同盟暗默約。討好豪商常小飲,付清酒飯費堪協。   ○○●●●○平,○●○○●●平。●●○○○●●,●○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻三皆平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/21 05:49
七絶・守先待後
 守先待後:先人の教えを守り後進のために道を拓いて待つ。 .      七絶・守先待後       2016.07.20 -46890 .  飲酒遊魂潤筆卮,守先待後擬唐詩。七絶五律堪三嘆,一夢千年戀繆斯。  ●●○○●●平,●○●●●○平。○○●●○○●,○●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十三支平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/20 14:18
五絶・邀名射利
 邀名射利:名利を求め取ること。 .      五絶・邀名射利       2016.07.19 -46883 .  裁賦爲邀名,乘機將射利。詩翁揮筆曲,醉夢誇才藝。  ○●●○○,○○○●仄。○○○●○,●●○○仄。    ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻十二斉仄声の押韻。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/19 16:35
豐功厚利→ 如夢令・批判出師不利
 豐功厚利:巨大な功利を指す。  浮名薄利:浮名は虚浮なる名声、薄利は微薄なる利益。名利すくなく言うに足らざるを形容する。  出師不利:師は軍隊。出兵、順利ならざるをいう。 .       如夢令・批判出師不利    2016.07.17 -46867 .   商賈豐功厚利,詩叟浮名薄利。對飲月光中,批判出師不利。吉利,吉利,不在蠅頭小利。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/17 08:19
急功近利→ 如夢令・天碧當悦醉魂張翼
 急功近利:眼の前の功利を得ようと急ぐこと。 .       如夢令・天碧當悦醉魂張翼  2016.07.16 -46866 .   才女通文達藝,詩叟急功近利。緑酒涌言泉,金盞眞堪潤筆。天碧,天碧,當悦醉魂張翼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/17 05:57
争権奪利→ 如夢令・餘 利
 争権奪利:権力と利益を争う  流年不利:長年にわたり吉利に恵まれない状態。時運よからず  蠅頭微利:蝿の頭ほどのわずかな利益。 .       如夢令・餘 利       2016.07.15 -46858 .   政客爭權奪利,騷客流年不利。好友是豪商,巧賺蠅頭微利。餘利,餘利,宴請詩翁分利。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/15 16:00
五絶・蠅名蝸利
 ちょっと実験。 .      五絶・蠅名蝸利       2016.07.15 -46857 -2 .  正刻賣螢明,傷仁買窩吏。鴻鶉勸九陪,白守才虱喜。  ●●●○○,○○●○仄。○○●●○,○●○○仄。        ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十二斉平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/15 11:55
七律・弊多利少
 弊多利少:弊害が多く利益が少ない。 .      七律・弊多利少       2016.07.14 -46856 .  後輩圖新辭藝苑,大家守舊老詩壇。弊多利少遺風廢,会少離多筆路閑。  頻啜茶杯瞻碧宇,難得韻語載紅箋。月中空想數門弟,花底高吟列酒仙。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/15 09:42
七言絶句と七言律詩 『繆斯威脅利誘賣詩箋 (ミューズ威で脅し利で誘い詩箋を売る)』
(意訳)  老詩人がサボって酒銭を無駄にしていると  ニューズは美しい雲のごとき髪を逆立てて怒る  威で脅し利で誘おうと笑顔に転じ  青眼に秋波たたえてに錦の詩箋を売る . (原作)      七絶・繆斯威脅利誘賣詩箋 2016.07.14 -46854 .  詩叟怠工花酒錢,繆斯怒髪破雲鬟。威脅利誘轉含笑,青眼秋波賣錦箋。  ○●●○○●平,●○●●●○平.○○●●●○●,○●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/15 05:56
六絶・權衡利弊
 權衡利弊:あれこれの利害をひとつずつ比較衡量すること。 .       六絶・權衡利弊 .   商賈權衡利弊,詩人錬字推敲。十年交友三昧,一醉連襟九宵。   ○●○○●●,○○●●○平。○○○●○●,○●○○●平            ○:平声。●:仄声。平:中華新韻六豪平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/13 17:58
七絶・本小利微
 本小利微:元手が少なければ利潤も少ない。売買の規模が小さく、利益が多くないことを指す。 .      七絶・本小利微       2016.07.13 -46842 .  白頭買醉借紅顔,才淺推敲花酒錢。本小利微無好句,嘆息仰月照青天。  ○○●●●○平,○●○○○●平。●●○○○●●,●○●●●○平                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/13 08:28
如夢令 『詳辨口若懸河舌辨 (詳しく辨じて口は河を懸けるごとき舌辨)』
 わきまえるもの。  立場 TPO 分(ぶ) 身の程  礼儀 礼節 節度 道理 .  漢字で書くと「弁(辨)える」。  ものごとを適切にわけてみんながよくわかるようにし  その秩序のなかで円満に過ごす。  そうすることで立場や身の程をよくわきまえ  礼節や道理をよくわきまえた  言行の人となれるのだろう。  退屈な話だが・・・ .       如夢令・詳辨口若懸河舌辨     2016.07.12 -46838 .   眞僞正當明辨,烏鳥兩辭難辨。醉叟問鴻儒,廢寢忘餐... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/12 17:20
搗練子・巧言利口
 巧言利口:巧妙なる言辞,鋒利なる口弁。 .       搗練子・巧言利口       2016.07.12 -46835 .   飛宙宇,跨鷄斯,花容來到自波斯。放秋波,称繆斯。   傾緑酒,滿金卮,巧言利口擅卮辭。更銜卮,増贅辭。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/07/12 09:06
春光好・修舊利廢
 修旧利廃:毀れたものを修繕し、廃物利用すること。節約を励行する。 .       春光好・修舊利廢       2016.07.11 -46834 .   從賦性,試風懷,戀瑤臺。守道安貧隱茅舎,坐寒齋。   修舊利廢詩材,擬唐韻事天開。買酒當然迎月夜,繆斯來。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/12 07:49
如夢令・吹毛利刃
 吹毛利刃:毛髪を刃に置きひと吹きすればそれを切ることができる。刀剣の極めて鋒利なることを形容。 .       如夢令・吹毛利刃      2016.07.11 -46833 .   酒促春宵甘寢,夢作蜃樓歡飲。仙女給詩翁,筆若吹毛利刃。押韻,押韻,開辟藝林敵陣。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/12 06:01
七絶・損己利人
 損己利人:自分は損をし人は得をすること。 .      七絶・損己利人       2016.07.11 -46832 .  富商晩境愛風流,頻請詩朋來雅遊。損己利人皆喜酒,高吟低唱擅春秋。  ●○●●●○平,○●○○○●平。●●●○○●●,○○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻七尤平声の押韻 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/11 18:05
五絶・仁言利博
 仁言利博:仁徳のある人は少しばかり話すだけで、人に多くを与えることができる。 .      五絶・仁言利博       2016.07.09 -46815 .  酒客通凡事,仁言眞利博。花間傾酒盞,月下講佛國。  ●●○○●,○○○●平。○○○●●,●●●○平。             ○:平声。●:仄声。平:中華新韻二波平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/09 08:55
五律・損人利己
「天仙子・損人利己」のついでに .  損人利己:人に損害を与え、自分に利するようにする。 .      五律・損人利己       2016.07.08 -46803 .  損人得酒錢,利己醉別天。樂禍揮詩筆,幸災佯洞仙。  風流多僞善,韻事擅卮言。反省低頭謝,閻王怒髪前。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/08 12:11
七絶・有利可圖
 有利可圖: 利益があればそれを謀り求めることを可とすること。 .       七絶・有利可圖        2016.07.08 -46801 .   藝林風暖近財源,良友高朋多酒錢。有利可圖傾玉盞,譏評巨匠扮詩仙。   ●○○●●○平,○●○○○●平。●●●○○●●,○○●●●○平               ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/08 09:55
七律・射利沽名
 射利沽名:財利と名誉を謀取せんとすること。  浮白載筆:罰杯を挙げ筆を揮う。旧時の文人の雅量と才気を比喩する。 .      七律・射利沽名       2016.07.07 -46800 .  詩叟消閑擅臥遊,蘭亭韻事漱清流。浮白載筆貪空想,射利沽名上蜃樓。  極目天涯暮雲涌,行舟海角醉顔愁。菲才裁賦無風味,凡作搜章摘句稠。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/08 08:35
五絶・以利累形
 以利累形:利益を取らんと謀り身体を害すること。 .      五絶・以利累形       2016.07.07 -46796 .  取月猿攀樹,受風遭水災。無端墜山澗,以利累形骸。  ●●○○●,●○○●平。○○●○●,●●●○平。               ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/07 15:18
七言絶句 『織女椿齡猶艷麗(織女は椿齡なるもなほ艶麗)』
「鵲橋仙 『良夜短晨光炳映 (良夜は短かく曙光輝く)』」について .  今夜は七夕。  新暦だとまだ梅雨が明けず、  年に一度のデートを人間が勝手にこの時期にしてしまうのは  いかがかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/07 11:23
如夢令・違利赴名
 違利赴名:利欲を捨て去って名声を得んと求めること。  飲泣呑声:声を出さずに心のなかで泣く。 .       如夢令・違利赴名      2016.07.06 -46792 .   青年違利赴名,白頭飲泣呑聲。駒影過窗隙,但留酒店詩翁。秋風,秋風,撫面颯颯析酲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/07 06:57
如夢令 『武斷得否章決句斷 (武断 得るや否や章決句断を)』
 電気回路のショートを短絡というが  中国語では短路。  そこでどうやら短絡は中国から伝来した漢語ではなく  和製漢語のようであるのだが  なかなか味わいがある。 .  電気回路のことだけをいうなら短路 でよいが  思考回路のことをもいうのであれば  短絡がいい。  思考回路の短絡しがちな人は  よい考えの灯火を  脳にともすことはできない。 .  さて  思考回路の短絡  それを漢詩に詠み込むにはどうすればよいか。  短絡=主観的で軽率な判断  であるとすれば... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/04 08:56
五絶・利不虧義
 利不虧義:利を前にしても正義を損わない。 .  利不虧義は詩の平仄に合わない。そこで  利不虧情義●●○○●←利不虧義●●○● .      五絶・利不虧義       2016.07.03 -46772 .  豪商頻請客,風漢愛清貧。利不虧情義,共歡詩酒醇。  ○○○●●,○●●○平、●●○○●,●○○●平。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/03 15:54
天仙子・利喙贍辭
 利喙贍辞:口齒伶俐にして,社交辞令の優美なるをいう。 .       天仙子・利喙贍辭      2016.07.03 -46770 .   利喙贍辭多話柄,醉翁悦耳乘酣興。眼前笑貌勸金觴,促春夢,遊仙洞,花下餐霞吃畫餅。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/03 09:13
如夢令・利時及物
 利時及物:救世済物。世を救い人を済(すく)う。 .       如夢令・利時及物      2016.07.02 -46768 .   賣却文房四物,到底身無長物。愁客待詩魔,方術利時及物。優物,優物,筆潤杯中之物。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/02 19:47
五言絶句 『低首謝財神 (こうべを低くし財神に謝す)』
 カルトcultは日本では  得体の知れない新興宗教  の意味で使われることが多いと思うが  カルトcultというと 私は  文化cultureを連想してしまう。 .  カルトcultと文化cultureがどれだけ関係があるのかはわからないが  おそらく語源は一緒なのだろう。  それを思うと 文化・習俗は  それに属する人から見れば当たり前のことであっても  その外にいる人から見れば  カルトと思われるのではないか  そう思えてくる。 .  たとえば日本の食文化。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/02 10:04
天仙子 『詩翁今古忘年交 (詩翁の今古の忘年交)』
 自分を見るもうひとりの自分がいるという違和感  人に自分の考えを述べている私を  黙って見下ろしている者が  脳天のあたりにいる。  そういう違和感に苛まれたことは私にもある。 .  今から半世紀ほど前のことで  デカルトの「我思うゆえに我あり」や  サルトルの小説『嘔吐』に出てくる  公園のベンチの下のマロニエ(だったか?)の根が  強迫観念のように脳に張り巡らされていた頃のことだ。 .  しかし それは  仕事が忙しく  いつの間にか忘れてしまった。  つまり... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/02 07:50
七絶・利己損人
 利己損人:おのれを利するために人に損害を与えること。 .      七絶・利己損人       2016.07.01 -46763 .  偶逢白首戀夕陽,對飲旗亭擅酒觴。利己損人支付後,比肩醉歩入山莊。  ●○○●●○平,●●○○●●平。●●●○○●●,●○●●●○平。                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/01 19:53
利災樂禍 七言律詩と七言絶句
 利災樂禍:人が災禍に遭うのを返って楽しむこと。 .      七絶・利災樂禍       2016.07.01 -46761 .  看到詩朋罹聲病,利災樂禍試酬吟。錯失綵筆潤金盞,飲酒發黒口與心。  ●●○○●○●,●○●●●○平。●○●●●○●,●●○○●●平。              ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/01 16:38
七言絶句 『發黒牙與心 (黒ずむ歯と心)』
(訳)  おしゃべり上手は気晴らしに  人の災難を喜んでみだりに哀しい詩を吟ずる  間違えて金杯に筆を潤したら  見てごらん 黒ずんでいる歯と心と . (原作)    七絶・發黒牙與心 .  利齒能牙爲散襟,  利齒能牙 襟を散らさんがために,  倖災樂禍漫哀吟。  倖災樂禍 みだりに哀吟す。  錯失潤筆於金盞,  錯失(間違い)ありて筆を金盞に潤さば,  可見發黒牙與心。  見るべし黒ずみし牙(歯)と心。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/01 10:08
利齒能牙 七言絶句と四七令と短歌と俳句
 利齒能牙:口才にたけていること。 .      七絶・利齒能牙       2016.06.30 -46757 .  花唇含笑擅花言,醉叟傾杯作醉猿。利齒能牙巧迷惑,濃粧魔鬼賺冥錢。  ○○○●●○平,●●○○●●平。●●○○●○●,○○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/01 06:04
七絶・利傍倚刀
 利傍倚刀:“利”の偏旁は刀字,私利を追求すること刀に倚るごとし。利を貪れば常に禍を呼ぶことを比喩する。 .      七絶・利傍倚刀       2016.06.30 -46756 .  利傍倚刀錢倚戔,風人家産散瀛寰。梯山航海求詩料,到處苦吟花酒錢。  ●●●○○●平,○○○●●○平。○○○●●○○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/30 19:29
七絶・利害得失
 利害得失:利害と得失 .      七絶・利害得失       2016.06.30 -46754 .  濃春閑徑試消暇,只有風光無酒家。利害得失難計算,暫時遊目賞櫻花。  ○○○●●○平,●●●○○●平。●●○○○●●,●○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/30 15:08
七絶・蒙混過關
 蒙混過関:欺騙的手段で問い合わせや審査を逃れること。 .      七絶・蒙混過關       2016.06.29 -46749 .  詩魔花貌勸霞觴,蒙混過關招夢郷。醉叟欣然乘雅興,飛聲吟扮鳳求凰。  ○○○●●○平,○●●○○●平。●●○○○●●,○○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/29 17:19
花火 七言俳句と漁歌子
「花火 七言俳句六句 と五言絶句と短歌」について .  NHK俳句への投句、一地清愁さんからいただいたコメントへお答えしながら  五言絶句→七言俳句が可能だと気付いた。 .      五絶・煙 火        2016.06.25 -46719 .  擱筆棄詩拙,出遊在兩國。醺然傾美酒,煙火照獨酌。 .      七言俳句・煙 火      2016.06.28 -46742 .  兩國煙火照獨酌。  両国の花火照らせる独酌を  ●平○仄●○平     ○:平声。●:... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/28 14:59
雲煙過眼 七言俳句と俳句と七言絶句
      七言俳句・雲煙過眼     2016.06.28 -46740   雲煙過眼五十年。  雲煙の眼(まなこ)過ぎるや五十年   ○平●仄●○平     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十三支平仄両用の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/28 07:44
七言絶句 『名我固當何可氣 (我を名づけてまことに当たりをるもなんと腹立たしく)』
 たとえば私はとても頑固だと自分では思っていても  人からおまえは頑固だと決めつけられると  おもしろくない。  余計なお世話だといいたくなる。 .  私は頑固ではないと自分では思っているのに  人からはおまえは頑固だと決めつけられる。  これもやはりおもしろくない。  身に覚えのないことだから  何をいうか 私のどこが頑固なのだ  と抗弁してもよい。  しかし  それもどこか大人げないから  ああそうですか どうぞご勝手にそうお思いください  と無視する。  とす... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/28 06:43
五絶・衝州過府
 衝州過府:各地を奔走することを形容する。 .       五絶・衝州過府      2016.06.27 -46736 .   衝州求季題,過府吟俳句。最好坐旗亭,傾杯聽暮雨。   ○○○●○,●●○○仄。●●●○○,○○○●仄         ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻十二斉仄声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/27 16:49
七絶・漫天過海
 漫天過海:邊際のなきを形容する。 .      七絶・漫天過海       2016.06.27 -46734 .  醉叟詩毫擅物華,漫天過海泛仙槎。遊魂趺坐隨流浪,浮想縱横無際涯。  ●●○○●●平,○○●●●○平。○○●●○○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/27 14:30
[中呂]醉高歌帶過殿前歡・秋吟
     [中呂]醉高歌帶過殿前歡・秋吟 2016.06.24 -46701 .   殘蝉却老飛聲,對象無言淡冷。終天求愛青林徑,但見白頭歩行。   坐旗亭,醇醪溢滿盞堪傾。山湖夕暮輝如鏡,四起蛩鳴。悲秋情易生,詩思涌,醉意隣吟興。獨揮短筆,遜順遺風。 .   殘蝉 老いを却(しりぞ)けて声を飛ばすも,   對象(あいて)は無言にして淡冷(冷淡)。   終天(ひねもす)愛を青林の徑に求め,   ただ見る 白頭の歩行するを。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/24 14:32
[中呂]醉高歌帶喜春来帶紅綉鞋・吟叟若寒蛩
     [中呂]醉高歌帶喜春来帶紅綉鞋・吟叟若寒蛩 2016.06.23 -46700 .   殘蝉却老哀鳴,對象無言淡冷。終天求愛青竹徑,但見白頭誦詠。   山湖夕暮輝如鏡,茅店村醪催野情。詩魂張翼筆含靈,吃畫餅,覓句欲裝瘋。   高聳雙肩霞洞,巧押雅韻飛聲。月中蒼老若寒蛩,醉吟題舊夢。吏道到迷宮,酒樽浮此生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/24 08:40
七絶・肝胆過人
 肝胆過人:胆量が人なみを超えていること。勇気があり、血の気が多いことを比喩。 .      七絶・肝胆過人       2016.06.23 -46697 .  樗翁秋喜月輪開,笑對繆斯佯鬼才。肝胆過人詩放縱,遊魂千里醉瑤臺。  ○○○●●○平,●●●○○●平。○●●○○●●,○○●●●○平                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻四開平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/23 20:43
招搖過市 七言絶句と五七令と短歌
 招搖過市:公開の場で声勢を誇示し、人の注意を引くこと。 .      七絶・招搖過市       2016.06.23 -46695 .  風漢飛聲賣韻書,招搖過市到京都。春櫻怒放多遊客,不作詩人作酒徒。  ○●○○●●平,○○●●●○平。○○●●○○●,●●○○●●平。               ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十四姑平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/23 16:38
石倉十八字令 『樂園手紙作詩箋 (楽園のトイレットペーパー詩箋となる)』
(翻訳) .  楽園に,  さかずきを傾ければ,  酔っておきなは赤ら顔の猿。  酒仙に,  感あれば,  トイレットペーパーが詩箋。 , (原作)      石倉十八字令・樂園手紙作詩箋    2016.06.21 -46685 .  樂園,傾盞,醉叟赭顔猿。酒仙,有感,手紙是詩箋。  ●平,○仄,●●●○平。●平,●仄,●●●○平。     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻八寒平仄両用の押韻 . (注)石倉十八字令 .  中国の古典詩は定型の宝庫。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/21 19:09
五絶・改過遷善
 改過遷善;錯誤を改め正し,善へ遷る。去悪就善。 .      五絶・改過遷善      2016.06.19-46640 .  改過將遷善,洗心依酒盞。紅顔如少年,逞志輕規範。  ●●○○仄,●○○●仄。○○○●○,●●○○仄。          ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻八寒仄声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/19 19:58
文過其實 五七令と南郷子
 文過其實:文辞大げさなだけで,切実ならざるをいう。 .      五七令・文過其實      2016.06.18 -46633 .  彩筆馳箋紙,文過其實多錯字。  ●●○○仄,○●○平○●仄     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十三支平仄両用の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/18 15:57
談過其實 四七令と南郷子
 談過其實:話に実際以上の行き過ぎがあること。 .      四七令・談過其實      2016.06.18 -46631  .  傾杯乘勢,談過其實行不止。  ○○○仄,○●○平○●仄     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十三支平仄両用の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/18 15:55
七言絶句 『九天直下揮才筆 (九天直下 揮ふ才筆)』
 自然界に嘘は存在しない。  そこで  嘘は人の心とともにある  といえるのだが 嘘には  人に対する嘘と  自分に対する嘘がある。 .  望ましくない現実を目の当たりにし  自分の力ではいかんともしがたいとき  それを納得するための嘘。  つまりは  自分は非力であるから  ここは我慢するしかない  そう自分に言い聞かせることも  自分に対する嘘であるだろう。 .  人に嘘をつくのは悪い。  そして  自分に嘘をついて万事を納得するのは  みじめ。  そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/17 08:03
如夢令・補過飾非
 補過飾非:過ちを補い隠し非を飾る。 .       如夢令・補過飾非      2016.06.16 -46622 .   詩叟彈空説嘴,口角溢言虚美。補過飾多非,舞筆弄文含味。買醉,買醉,保住厚顔無悔。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/16 21:37
如夢令・裁賦措辭安定
「如夢令 『詩叟神閑氣定醉坐臥游雲 (詩叟の精神は安定し酔えば臥遊の雲に坐す)』」について .  下掲は「安定」を詩材に「如夢令」を独木橋体を試みてみたもの。  あまりうまくいかなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/16 11:02
如夢令 『詩叟神閑氣定醉坐臥游雲 (詩叟の精神は安定し酔えば臥遊の雲に坐す)』
 世事は自分ひとりの力では思うようにはならない。  私はこうすべきだ思うと強く主張しても  何を寝ぼけたことを言うか と相手にされないことが多い。 .  であるなら  生活を維持するための仕事は適当にして  つまりは人なみに働き  小市民的安定を確保したうえで  残された自分のための時間は  魂を  空想の世界に遊ばせる方がよい。 .  ということで私は 50歳となり  先が見え  老後が  凪いだ海のように見えてきたところで  詩人になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2016/06/16 06:50
七絶・青過於藍
 青過於藍:青は藍よりも青し。 .       七絶・青過於藍       2016.06.15 -46617 .   師知弟子是詩豪,青過於藍酒量高。笑勸金杯盈緑酒,花錢回報請揮毫。   ○○●●●○平,○●○○●●平。●●○○○●●,○○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/15 19:39
七絶・事過境遷
 事過境遷:事情はすでに過去のものとなり、情况も変わってしまったこと。 .      七絶・事過境遷       2016.06.15 -46616 .  詩翁夢醒在天堂,月照寒齋留玉觴。事過境遷無用物,老妻賣却買時裝。  ○○●●●○平,●●○○○●平。●●○○○●●,●○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/15 19:36
七絶・言過其實
 言過其實:話が行き過ぎ実際の状況を超過 .       七絶・言過其實      2016.06.14 -46612 .   詩翁放縱擅長舌,啜酒當然喜醉歌。言過其實筆乘勢,越出箋紙墨痕多。   ○○●●●○平,●●○○●●平。○●○○●○●,●○○●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/14 22:42
五言絶句  『東施巧效顰  (東施 巧みに效顰す)』
 あやかりたいと思うなら  詩人になるのが一番。  あやかりたいと思っても現実はいうことを聞いてくれず  そうなら  空想の世界であやかりたいその人になり  詩中の主人公となって身も軽やかに  願いを実現するのが早道だ。 .  服装や身振り  さらには口先を真似て  あやかることは比較的容易。  しかし  西施を真似た一群の東施のように  世間の嘲笑を買ってしまうことにもなりかねない。 .      五絶・東施巧效顰      2016.06.14 -46611 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/06/14 16:34
如夢令・烟雲過眼
 烟雲過眼:眼前の烟雲のたちまち過ぎゆくようであること。事物がたちまち過去となることを比喩する。 .       如夢令・烟雲過眼    2016.06.14 -46610 .   悲啜清濁滿盞,空仰烟雲過眼。醉叟憶生涯,後悔心慵意懶。樗散,樗散,也恨光陰如箭。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/14 09:12
七律・夏日即事 中華新韻八寒
「『世界漢詩同好會』第44回総会 其二 上平声十五刪」について .  私は詩詞は通常 中華新韻で詠むことにしているが  『世界漢詩同好會』の題詠は平水韻で詠むことを規約としている。  第44回総会の韻目は  上平声十四寒あるいは上平声十五刪。  この二つは中華新韻ではともに 八寒。  中華新韻八寒はさらに  平水韻上平の十三元(一部)下平の一先、十三覃、十四塩、十五咸  ピンインの-anすべてをカバーするので押韻が楽。  しかし、新韻は  冒韻(押韻句で押韻箇所以外で韻字を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/12 20:42
『世界漢詩同好會』第44回総会 其二 上平声十五刪
「夏日即事 『世界漢詩同好會』第44回総会 其一 上平声十四寒」に続き . 『世界漢詩同好會』第44回総会  http://tosando.ptu.jp/koryu/sekaikanshi.html  に参加するため  上平声十四寒の押韻で五首に続き  上平声十五刪の押韻で五首を詠んだ。 . [夏日即事 其六 五言絶句] ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/12 19:31
夏日即事 『世界漢詩同好會』第44回総会 其一 上平声十四寒
『世界漢詩同好會』第44回総会  http://tosando.ptu.jp/koryu/sekaikanshi.html  に参加するため  上平声十四寒の押韻で五首を詠んだ。 . [夏日即事 其一 五言絶句] ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2016/06/12 15:47
五絶・改過從善
 改過從善:錯誤を改正し、善へ向かう決心をする。去悪就善をいい、改過遷善ともいう。 .      五絶・改過從善      2016.06.11 -46585 .  貪官擱金盞,改過將從善。解綬靜歸山,結廬看詩卷。  ○○●○仄,●●○○仄。●●●○○,○○●○仄。        ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻八寒仄声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/11 21:36
五絶・掩過揚善
 掩過揚善:“掩悪揚善”に同じ。藏過失を隠し,善行を宣伝、持ち上げること。 .      五絶・掩過揚善       2016.06.10 -46580 .  掩過將揚善,花言勸傾盞。客人皆展眉,絶不責違犯。  ●●○○仄,○○●○仄。●○○●○,○●●●平        ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻八寒仄声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/10 19:54
七絶・繆斯指正屎詩空擬唐
      七絶・繆斯指正屎詩空擬唐  2016.06.09 -46557 .   聲病難醫臥筆牀,酒功易散夢荒涼。繆斯花貌先鼻哂,指正屎詩空擬唐。   ○●○○●●平,●○●●●○平。●○○●○○●,●●●○○●平                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻 .   聲病 醫(いや)しがたく筆牀に臥せば,   酒功 散りやすく夢は荒涼。   繆斯(ミューズ)の花貌 先ず鼻で哂(わら)ひ,   指正す 屎詩の空しく唐に擬ふるを。      ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/10 10:03
七絶・過隙白駒
 過隙白駒:光陰如箭。 .      七絶・過隙白駒       2016.06.09 -46556 .  盈樽緑酒洗紅顔,過隙白駒馳碧天。詩筆已禿遊目處,金烏翕翼落青山。  ○○●●●○平,●●○○○●平。●●○○○●●,○○●●●○平。              ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/09 20:55
七絶・偶聞過市招搖賣酒聲
 過市招搖:公開の場で勢い盛んに声をあげて人の注意を引くこと。 .      七絶・偶聞過市招搖賣酒聲   2016.06.09 -46555 .  春遊勝地見花容,過市招搖賣酒聲。白首無端入茅店,如痴似醉擅風情。  ○○●●●○平,●●○○●●平.○●○○●○●,○○●●●○平。              ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/09 13:58
過橋抽板→ 如夢令・詩人談吐離弦走板
 過橋抽板:河を渡ることができたのは橋のおかげなのに、渡り終えるやその板を剥がす。忘恩負義を比喩する。  離弦走板:言行が公認の准則から著しく離れること  銅琶鉄板:銅琶、鉄板は伴奏の楽器。銅の琵琶、鉄の綽板で伴唱すること。気概豪邁,音調高亢なる文辞を形容する。  正經八板:冗談ひとつ言わないなど、極めて真面目であること。 .       如夢令・詩人談吐離弦走板  2016.06.08 -46550 .   師父正經八板,弟子過橋抽板。飲酒作詩人,談吐離弦走板。老板,老板,鼻哂銅... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/08 21:10
七言絶句 『老叟不知恥而坐仙槎 (老叟 恥を知らず而して仙槎に坐す)』
 日本人は恥かしがる人が多い。  意見を求められても  何かをいえば  偉そうなことを言って何様だ  と思われるだろうから  私などはとても  と恥かしがる。 .  詩や短歌や俳句を朗読する。  つまらない作品ですが  とその前置きが長くなる人がいる。  私の作品などはとても  と恥かしがっているわけだ。 .  自身を人前に晒すとき  なぜ恥かしがるのか。  人からよく思われたい  といつも思っているわけではない。  自分は人から注目されている  と思っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/07 09:52
七絶・過而能改
 過而能改:錯誤ありといえども改正できることをいう。 .      七絶・過而能改       2016.06.05-46537 .  醉叟裁詩重品格,過而能改更修徳。杯中良藥靈聲病,苦口濁賢也可喝。  ●●○○●●平,●○○●●○平。○○○●○○●,●●○○●●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻二波平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/05 17:53
[正宮]六麼遍 『天恩好句無詩病 (天恩の好句に詩病なし)』
 いただきもののなかで何よりありがたいのは命だろう。  天から命をいただいたおかげで  よいことばかりではないが  この世の人生を過ごすことができ  あれを見たりあれを聞いたり  生きていることを  人なみには楽しむことができている。 .  とはいえ  命のいただき方には  雲泥がある。  上を見てもきりがないから上は見ないが  下を見て自分はそれよりも上だ  と思うの器が小さい。  人には人と競うことが本能のように働くときがあるが  人と人の間のことは人にとってし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/05 08:19
如夢令 『聽天由命夜傾杯 (天を聴いて命により夜は杯を傾く)』
 命の言葉、これだけではよくわからない。  キリスト教では「永遠の命の言葉」、これは一応はわかる。  永遠に生き続ける言葉、忘れ去られるべきでない言葉  その言葉を信じることで永遠の命を知ることができる言葉  そういう言葉なのだろう。 .  しかし 命の言葉  ぼんやりと聞き流している分には  何となくわかったように思えるが  それはどういう意味ですか 人から問われたとすると  わたしは  しどろもどろになるだけだろう。  生きるために必要な言葉 では十分でなく  人間... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/04 15:51
七絶・代馬依風
 代馬依風:代馬は北方産の良馬。他郷に老いて死ぬことを望まず故郷に眷恋する人心を比喩する。 .      七絶・代馬依風            2016.06.03 -46526 .  詩人終老伴夕陽,代馬依風戀故郷。出仕半生無美譽,追懷寂寞啜金觴。  ○○○●●○平,●●○○●●平。○●●○○●●,○○●●●○平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/03 19:15
七言絶句 『到處有白頭無計謀 (到るところに白頭あり計謀は無く)』
 はかる- -  物の大小をはかり  事の軽重をはかり  ご意見をうかがうはかりもあり  人を陥れるためにはかりごとをめぐらしたり  人は  色々はかりながら暮らしている。 .  なかでも  日本人にとってはだが  人との距離を適切にはかり  保つことが大切で  それを怠ると  空気が読めないことになり  「あいつは何だ」とみんなから指弾される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/02 15:25
大家風範→ 如夢令・夢對鶯鶯燕燕勸杯
 大家風範:出自高貴なる人に特有の風度,気派。 .       如夢令・夢對鶯鶯燕燕勸杯 2016.06.01 -46518 .   詩客彪形大漢,模倣大家風範。瞑目臥遊春,醉對鶯鶯燕燕。笑勸,笑勸,花底遊魂傾盞。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/02 09:23
天仙子 『列擧卮言題善魔 (卮言を列挙し題は善魔)』
 悪魔がいるなら善魔がいてもよさそうだ。  しかし  善魔がいないのは  魔そのものに悪の意味合いがあって  善と悪が入り組んでわかりにくくなるからだろう。  「善魔」という題の小説があり映画もあった。  善意で行動するも悪行をなしてしまう  そういう行為や人を善魔というという用法もあるようだが  善魔は  悪魔に較べ影が薄い。 .  しかし  詩魔とか酒魔とか  善悪の境目のはっきりしない魔怪がいる。  詩魔がいなければ詩を作る感興が損なわれるし  酒魔がいなけれ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/01 17:21
七言絶句 『醉叟胡言亂語弄空言 (醉叟の胡言 語を乱して空言を弄す)』
 語ると騙るは中国語では語yu3と騙pian4  字も音もしっかり区別されているのだが  日本語(仮名書き)ではともに「かたる」であり  その意味は前後の文脈をみなければ区別ができない。  「彼はかたった」だけでは  彼は真実を語ったのか  もっともらしいことをいって人をだましたのか  そのどちらかがわからない。 .  人が語ることには建前と本音があり  「あの人の語っていることは建前、本音は・・」  という人の話の聞き方を日本人はよくする。  人の言葉はあてにならないと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/01 10:56
大殺風景→ 如夢令・知事吟詠詩人敗興
 大殺風景: 美しく好ましい景致を損傷すること。興致をそぐことを比喩する。 .       如夢令・知事吟詠詩人敗興    2016.05.31 -46508 .   知事醺然吟詠,月下大殺風景。捧場競稱揚,玉作超凡入聖。酒醒,酒醒,詩客喫驚敗興。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/31 11:39
附庸風雅→ 如夢令・政客附庸風雅
 附庸風雅:文化的素養のない人が文人と交わり、文化活動に参加するふりをすること。 .       如夢令・政客附庸風雅    2016.05.30 -46507 .   政客附庸風雅,文士溜鬚拍馬。勸盞弄花言,燕語琴棋書畫。空話,空話,畢竟虚舟飄瓦。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/31 09:31
七律・願一衣帶水友誼長
     七律・願一衣帶水友誼長   2016.05.30 -46501 .  青史連綿留友誼,一衣帶水喜交情。八仙過海傳文化,千里同風益世榮。  何不來來遊景勝,正堪往往共天晴。當然清晝協工作,歡ス良宵美酒横。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/30 17:21
七律・仙樂正是繆斯彈玉琴
      七律・仙樂正是繆斯彈玉琴  2016.05.29 -46500 .  老骨挂冠歸鶴岑,結廬湖畔近辭林。隨風散歩求詩句,迷路彷徨伴匠心。  才筆堪騎飛月下,言泉無盡涌花陰。醉吟朗朗和仙樂,正是繆斯彈玉琴。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/30 07:18
八面駛風等→ 如夢令・洽談後抹月批風
 八面駛風:風を見て舵を巧みに操作すること。  口角生風:話しぶりの流利なるを比喩する。  滿臉春風:満面の笑顔。喜びの心情を形容する。  抹月批風:風月を肴にすること。吟嘯風月。吟月弄風。 .       如夢令・洽談後抹月批風   2016.05.29 -46497 .   公司八面駛風,餐廰口角生風。連晝洽談後,永宵滿臉春風。清風,清風,共醉抹月批風。 .  公司(会社)では八面駛風,  餐廰(レストラン)では口角生風。  連晝(連日)洽談(商談)の後,  永宵 滿... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/29 10:03
如夢令 『偶像媚笑誘人天上(偶像 媚笑して人を天上へ誘ふ)』
 偶像  多くの日本人にとってそれは  神や仏ではなく  人間であるようだ。  古今を問わず  尊敬する人物の生き方に学び  同時代的には  活躍中のスポーツマンであったり  タレントやアイドルであったり  偶像は  高嶺の花やテレビの画面の向こうの超人  普通に考えれば遠い存在である人たちを  身近な存在に変えてくれるものとして  機能しているようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/28 10:09
東風浩蕩→ 風流子・買酒半夢暫脱塵網
 東風浩蕩:強い春風が吹く。春風が吹いて大地の万象が煥然と更新される様子を形容する。 .       風流子・買酒半夢暫脱塵網  2016.05.26 -46480 .   拂面東風浩蕩,滿目櫻雲堪賞。依野店,買村醪,醉坐玉舟搖漾。舒暢,酣放,半夢暫脱塵網。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/26 09:15
如夢令 『酒是積習難改 (酒は是れ積習にして改めがたし)』
 自らの過ちを知ればそれを改めるよう努力する  それができる人は立派だ。  しかし  過ちを改める以前のこととして  自らの過ちをどれだけ深く認識できるか  ということがある。 .  生涯を振り返れば  私はこれという目標を抱くことなく  毎日がその日暮らしで  適当に生きてきたように思う。  そこで  自らの過ちに気付くことも稀であり  過ちを改めることも  あまりなかった。低頭。 .       如夢令・酒是積習難改    2016.05.24 -46474 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/25 05:59
如夢令 『政客皮開肉綻骨頭碎 (政客の皮は開き肉は綻び骨は碎ける)』
 正月やお盆の時期のホテルや旅館の宿泊費を政治資金から支出する。  それが政治活動とどう関係があるのか  という疑問は多くの人が抱くところだが  その質問に知事は答えなかった。 .  そこで私は私の疑問に私なりの答えを見付けなければならない。  そうでもしなければ政治資金の使い道がなかったのだ  というのが私の答え。 .  支持者を拡げるための政治活動には金がかかる。  財力に乏しく知名度の低い人が政治を志したとき  その金をどうすればよいのか。  税金で政治資金の一部を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/24 15:17
春風滿面→ 如夢令・醉吟不用詩箋
 春風滿面:春風は笑顔をさす。喜悦舒暢たる表情を比喩。 .       如夢令・口占不用詩箋筆硯  2016.05.23 -46464 .   清晝春風滿面,花底盛筵傾盞。白首借紅顔,一醉氣沖霄漢。口占,口占,不用詩箋筆硯。 .  清晝 春風滿面,  花の底の盛筵に盞を傾く。  白首 紅顔を借り,  一醉すれば氣は霄漢(天)を沖(つ)く。  口占,  口占は,  用ひず 詩箋も筆も硯も。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/23 20:35
風馳電掣→ 如夢令・夢魂張翼騎仙鶴
 風馳電掣:非常に迅速で風馳せ雷電閃くがごときを形容する。 .       如夢令・夢魂張翼騎仙鶴   2016.05.20 -46449 .   詩想風馳電掣,禿筆蝸行水落。吟興易衰微,飲酒枕肱安樂。魂魄,魂魄,張翼夢騎仙鶴。 .  詩想は風馳電掣,  禿筆は蝸行し水落(水位低下)。  吟興 衰微しやすく,  飲酒を飲んで肱を枕とし安樂。  魂魄,  魂魄は,  翼を張り夢に仙に騎(の)る。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/20 20:57
傾杯樂 『繆斯風韻猶存 (ミューズの風韻なほ存す)』
 風韻猶存:形容中年の婦女が依然として優美なる風姿を保っていることを形容する。 .       傾杯樂・風韻猶存  2016.05.15 -46421 .   風韻猶存,繆斯千歳,花容却老清婉。笑斟緑酒,進獻白首,緩帶傾金盞。蜃樓賞景臨湖水,碎鱗漣輝煥。黄昏目送,夕日照、西嶺紅霞如扇。   玉仙醉乘情興,奏彈琴韻,詩叟得靈感。好句涌言泉,正堪揮筆,走雲箋鋪展。錬字如星,放光無數,裁賦遊銀漢。忘吃飯,將廢寢、推敲不斷。 .  風韻なほ存し,  繆斯(ミューズ)は千歳にして,  花... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/16 07:58

トップへ | みんなの「酒」ブログ

獅子鮟鱇詩詞 酒のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる