獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 天仙子 『老嫗失言張兩翼 (老嫗の失言 両翼を張る)』

<<   作成日時 : 2015/11/21 16:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 茨城県のある教育委員が、
「障害のある方やご家族を含め、数多くの方々に多大なる苦痛を与え」たので
「心からお詫(わ)びを申し上げ」るとともに
「発言を撤回」するとのコメントを出した。
 
 報道によれば この委員は
「妊娠初期にもっと(障害の有無が)わかるようにできないのか。
(教職員も)すごい人数が従事しており、大変な予算だろうと思う」
「意識改革しないと。技術で(障害の有無が)わかれば一番いい。
 生まれてきてからじゃ本当に大変」
「茨城県では減らしていける方向になったらいい」などと発言して
 物議を醸していた。
 
 ひどい発言だ。
 優秀な民族と劣等民族 → ヒットラー。
 できる子を生んでできない子は生むな
 できる子だけが学校にくるようになればもっと予算が浮く
 その予算をもっといいこと たとえば
 美術の振興にあてたらどうか。
 
 そこまでは言っていないのだろうが
 そういう思想が透けてみえる。
 そういう発言が教育委員の口から出た
 ということが恐ろしい。
 できる子とできない子を分ける思想は
 いつでも優生思想に結びつくし
 教育の放棄につながっている。
 
 この国の教育はどうなっているのか。
 
 障害。
 それはだれにでもある。
 自分には障害がない そう思っていても
 事故あり
 病あり
 老いれば自分で自分の体を動かすこともままならない。
 
 長生きこそが障害の温床なのだ。
 だから
 「生まれてきてからじゃ本当に大変」な子供は生まないように
 と人に勧めることは
 長生きしそうな子は生まないように
 と勧めることと
 甲乙つけがたく滅茶苦茶な暴論だ。
 
 くだんの教育委員は
 そのことに気が付いていない。
 やがて足腰立たなくなったとして
 誰の世話にもならず旅立てる
 と思っているのだろうか。
 
 口は禍。
 古希を過ぎて
 つい、ああ言ってしまった とかで
 恥はかきたくないものだ。
 
      天仙子・老嫗失言張両翼   2015.11.21 -45209
 
  老嫗失言張兩翼,無端出口行千里。忽然世論沸騰秋,遭物議,揮一筆,謝罪萬民知次第。

 
  老嫗の失言 両翼を張り,
  端なくも口より出でて千里を行く。
  忽然として世論 沸騰の秋(とき),
  物議に遭ひ,
  一筆を揮ひ,
  謝罪す 万民の次第を知るに。


 天仙子 詞譜・單調34字,六句五仄韻 皇甫松
  △●▲○○●仄,▲△○▲○△仄。△○▲●●○○,△▲仄,▲△仄,▲●▲○○●仄。
   ○:平声。●:仄声。仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻十二齊仄声の押韻)
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。

優生思想・・ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
優生思想・・ブログトーナメント

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。遭物議,揮一筆,謝罪萬民知次第。好句。
一地清愁
2015/11/23 16:23
 ありがとうございます。
 日本では、騒がれるとすぐ謝罪する、そういうことがよくあります。
 そうであれば、始めから何もいわない方がよいと思うのですが。
獅子鮟鱇
2015/11/24 14:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
天仙子 『老嫗失言張兩翼 (老嫗の失言 両翼を張る)』 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる