獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 如夢令 『朝聞道夕死不可矣 (朝に道を聞くも夕べに死すは不可なり)』

<<   作成日時 : 2016/03/23 10:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 結局のところ死ぬのがいちばん恐い。
 生まれてきた以上 必ず死ぬとはわかっていても
 死ぬのが恐い。

 しかし
 必ず死ぬとはわかると
 意義のある死に方をしたいと考えたり
 この世に生きてあることを軽く見て
 永遠の命を得るための死に方を考えたりする。
 正義のためや
 愛のためなら
 死んでもよいと考えたりする。
 死ぬのが恐い私にとってはとても恐ろしいことだが
 人間には
 価値あるもののためなら死んでもよい
 価値あるもののためなら人が死んでもよい
 そう考える能力がある。

 そして
 生き恥を晒さぬために
 国のために死んだり
 教えに殉じたり
 恋人との永遠の愛のために入水したりする。
 溺れる人を救おうとして溺れる人
 家族と国を守るために敵を殺し敵に殺される人もいる。
 どの死に方がよくて
 どれが悪い
 とは私にはいえない。
 ただ
 人間には
 価値あるもののためなら死んでもよい
 価値あるもののためなら人が死んでもよい
 そう考える能力がある
 それが恐い。

      如夢令・朝聞道夕死不可矣  2016.03.23 -46060

  義士出生入死,兵不貪生怕死。樗叟怨天神,擅自長生不死。生死,生死,不可朝聞夕死。


  義士 生より出て死に入り,
  兵は生を貪らず死を怕(おそ)れず。
  樗叟は怨む 天の神の,
  擅自(自分勝手に)長生きして死なざるを。
  生死,
  生死は,
  朝に聞きて夕べに死すを可とせず。


 出生入死:もとの意は生まれてから死ぬまで。生命の危険を犯し安否を顧みないことをも形容する。
 貪生怕死:生を貪り死を恐れること。敵を前にして畏縮し前に進めないこと。
 長生不死:永遠の命。
 朝聞夕死:朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり。

 如夢令・單調33字,七句五仄韻、一疊韻 後唐莊宗
  △●△○△仄,▲●▲○△仄。△●●○○,△●▲○△仄。△仄。△仄疊△●▲○△仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻十三支仄声死一字の独木橋体の押韻)

恐怖・・ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
恐怖・・ブログトーナメント

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
生死,生死,不可朝聞夕死。好句。
一地清愁
2016/03/25 09:09
ありがとうございます。
不可の二字、苦労しました。
獅子鮟鱇
2016/03/25 09:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
如夢令 『朝聞道夕死不可矣 (朝に道を聞くも夕べに死すは不可なり)』 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる