獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬家春慢・醉賞櫻雲諷詠

<<   作成日時 : 2019/03/29 08:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

      馬家春慢・醉賞櫻雲諷詠   2019.03.28 -52900
.
  人入櫻雲,正如海嘯,放濫湖邊形勝。艷雪繽紛,若蝶舞閑篩陽景,翕翅飄零水面,泛白晝星河輝耿。見萬千遊客徘徊,探盛春芳徑。
  旗亭翠娥招請,買醇醪可口,酣涌瑤甕。美醉當然,更傾杯盞,怡魂霞洞。相對天仙艷麗,是里婦、笑羞清聖。喜妙想成詩,諷詠將爭鶯哢。

 人 櫻雲に入るに,
 正に海嘯(津波)の如く,
 放濫す 湖邊の形勝に。
 艷雪 繽紛として,
 蝶舞ひて閑に陽景を篩ふごとし,
 翅を翕(あは)せて水面に飄零し,
 泛ぶ 白晝の星河の輝耿せるに。
 見ゆ 萬千の遊客徘徊し,
 盛春の芳徑を探る。

 旗亭の翠娥 招き請ふ,
 醇醪の口に可にして,
 瑤甕に酣はに涌くを買ふを。
 美醉すれば當然,
 更に杯盞を傾け,
 魂を霞洞に怡(よろこ)ばす。
 相ひ對せる天仙の艷麗なるは,
 是れ里婦の、笑みて清聖を羞(すす)むるなり。
 妙想の成詩と成るを喜び,
 諷詠して將に爭(きそ)はんとす 鶯の哢ると。

 馬家春慢 詞譜・雙調101字,前段九句四仄韻,後段十句五仄韻 賀鑄
  ○●○○,●○●●,●●○○○仄。●●○○,●○●○○○仄(一六)。○●○○●●,●○●○○○仄(一六)。●●○○●○○(一六),●●○○仄(一四)。
  ○○●○○仄,●○○●●(一四),○●○仄。●●○○,●○○●,○○○仄。○●○○●●,●●●、●○○仄。●●●○○(一四),●●○○○仄。
   ○:平声。●:仄声。
   仄:仄声の押韻(拙作は中華新韻十一庚)。
  (一四):前の五字句は,上二下三ではなく,上一下四に作る。
  (一六):前の七字句は,上四下三ではなく,上一下六に作る。
画像
 鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。 画:足柄金太郎

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
馬家春慢・醉賞櫻雲諷詠 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる