テーマ:

裸蟲 七言俳句と十五字令

      七言俳句・裸 蟲      2019.05.19 -53175 .   裸蟲知性耐寒冬  裸の蟲が知性で耐へる寒き冬   ●平○仄●○平     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄両用の押韻。       十五字令・裸 蟲      2019.05.19 -53176   蝸舎清貧養裸蟲,醉語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七言絶句の周辺其三十七 三十字之四 踏歌詞・四時攜酒瓶

      踏歌詞・四時攜酒瓶     2019.05.13 -53139 .   晩境無嘉趣,樗翁有酒瓶。青春遊勝地,朱夏坐湖亭。玩月醉金秋,賣老過玄冬。  晩境に嘉趣無く,  樗翁に酒瓶あり。  青春 勝地に遊び,  朱夏 湖亭に坐す。  月を玩んで金秋に醉ひ,  老いを賣りて玄冬を過ごす。  踏歌詞 詞譜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春風嫋娜・寒冬醉夢遊蓬島

      春風嫋娜・寒冬醉夢遊蓬島   2019.05.02 -53089 .   有樗翁終老,取暖爐邊,傾玉盞,戀春暄。醉醺醺、欲放夢蝶張翅,受風柔軟,飄舞晴天。萬里行空,迎接晨曉,竟到蓬莱山谷間。悦目靈湖若明鏡,櫻雲飛雪舞鱗漣。   浮水芳塵恰似,星河碎錦,耀白晝、耿耿光鮮。旗亭在,酒香牽,遊人笑對,神媛嬋娟。玉貌紅唇,翠眉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七言絶句の周辺其二 二十六字之二 南歌子・醉翁捻吟髭

      南歌子・醉翁捻吟髭   2019.04.26 -53060 .   晩境無聊處,寒齋有趣時。夢中花貌擅卮辭,煽惑醉翁乘興,捻吟髭。  晩境 無聊なる處,  寒齋に有趣の時。  夢中の花貌 卮辭を擅(ほしいまま)にし,  煽惑して醉翁 興に乘り,  吟髭を捻る。  南歌子 詞譜・單調26字,五句三平韻 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二十一字令・醉借紅顏温肚臍

      二十一字令・醉借紅顏温肚臍 2019.04.26 -53057 .   緑醪洗,白首怡。醉借紅顏温肚臍,玄冬耐寒氣,待春曦。   ●○仄,○●平。●●○○○●平,○○●○仄,●○平。       ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十二斉平仄両用の押韻。  緑醪は洗ひ,  白首怡ぶ。  醉って紅顏を借り肚臍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二十一字令・紅霞近玄冬

      二十一字令・紅霞近玄冬   2019.04.25 -53053 .   有老翁,抱酒瓶。遊目金鴉歸碧峰,紅霞染紫冥,近玄冬。   ●●平,●●平。○●○○○●平,○○●●平,●○平     ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻。  老翁あり,  酒瓶を抱く。  目を遊ばさば金鴉 碧峰に歸り, …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十五字令・廢寢賦詩工

      十五字令・廢寢賦詩工    2019.04.13 -52987 .   騷叟凌寒呵筆凍,廢寢賦詩工,遊魂逞。   ○●○○○●仄,●●●○平,○○仄    ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻   騷叟 寒を凌いで筆の凍れるを呵し,   寢る廢し詩の工なるを賦し,   魂の逞しきを遊ばす。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十五字令・呵筆試新風

      十五字令・呵筆試新風    2019.04.13 -52986 .   啜杯取暖耐寒冬,呵筆試新風,喜鬼工。   ●○●●●○平,○●●○平,●●平    ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻   杯を啜り暖を取って寒冬に耐へ,   筆を呵して新風を試み,   鬼工を喜ぶ。  十五字令は私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十五字令・傾觴耐氷霜

      十五字令・傾觴耐氷霜    2019.04.12 -52983 .   白首金秋玩月光,玄冬傾酒觴,耐氷霜。   ○●○○○●平,○○○●平,●○平。    ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻   白首 金秋に月光を玩び,   玄冬 酒觴を傾け,   氷霜に耐ふ。  十五字令は私が考案した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十五字令・緑酒燙詩腸

      十五字令・緑酒燙詩腸    2019.04.12 -52981 .   冬夜白頭傾玉觴,緑酒燙詩腸,帶花香。   ○●○○○●平,●●●○平,●○平。    ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻   冬夜 白頭 玉觴を傾け,   緑酒 詩腸を燙(あたた)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十五字令・裁詩擬盛唐

      十五字令・裁詩擬盛唐    2019.04.12 -52980 .   詩翁傾盞啜霞漿,裁詩擬盛唐,鼓熱腸。   ○○○●●○平,○○●●平,●●平。    ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻   詩翁 盞を傾けて霞漿を啜り,   詩を裁くに盛唐に擬へ,   熱腸を鼓す。  十五字令は私が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十五字令・緑酒洗紅塵

      十五字令・緑酒洗紅塵    2019.04.11 -52976 .   玄冬白首抱金樽,緑酒洗紅塵,憶青春。   ○○○●●○平,●●●○平,●○平。    ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻   玄冬 白首は金樽を抱き,   緑酒 紅塵を洗ひ,   青春を憶(おも)ふ。  十五字令は私が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

十五字令・夢筆畫天仙

      十五字令・夢筆畫天仙    2019.04.10 -52972 .   冬傾温酒坐爐邊,夢筆走詩箋,畫天仙。   ○○○●●○平,●●●○平,●○平。    ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻   冬に温酒を傾け爐邊に坐れば,   夢筆 詩箋を走り,   天仙を画く。  十五字令は私が考案…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十五字令・傾杯流老涙

      十五字令・傾杯流老涙    2019.04.06 -52945 .   回憶生涯多後悔,毎天傾酒杯,流老涙。   ○●○○○●仄,●○○●平,○●仄    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻五微平仄兩用の押韻   回憶せる生涯に後悔多く,   毎天 酒杯を傾け,   老涙を流す。  十五字令は私が考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一七令・山

      一七令・山         2019.04.05 -52942   山,秋醉,冬眠。春花笑,夏雲繁。旗亭清聖,茅店濁賢。金杯盈緑酒,白首借紅顏。陶醉四時光景,喜裁百感詩篇。常攜禿筆玩風韻,老放酸聲聳瘦肩。  山,  秋に醉ひ,  冬は眠る。  春花笑ひ,  夏雲繁し。  旗亭の清聖,茅店の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二十一字令・醉夢醒墓穴

      二十一字令・醉夢醒墓穴   2019.04.03 -52934 .   蛩語切,月光潔。老叟傾杯飛夢蝶,張翅穿冬雪,醒墓穴。   ○●仄,●○平。●●○○○●平,○●○○仄,●●平。    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻三皆平仄兩用の押韻   蛩語切にして,   月光潔し。   老叟杯を傾けて夢蝶を飛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳梢青・樂天知命擅空想

 樂天知命:自己の処遇に安んじ,命運にまかせること。 .       柳梢青・樂天知命擅空想   2019.04.01 -52915 .   樗翁晩境,飲酒樂天,吟詩知命。春賞櫻花,秋玩山月,醉生香夢。   寒冬笑坐瑤舟,航星漢、閑傾清聖。同伴嫦娥,玉容冷艷,聲如鶯哢。  樗翁の晩境,  酒を飲んで天を樂しみ,  詩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七絶・連環體 四時飲酒

      七絶・連環體 四時飲酒   2019.03.12 -52766 .   問天知否晩年愁?日日多閑貪浪遊。春賞櫻雲屢休憩,旗亭買酒滿瑤舟。   ●○○●●○平,●●○○○●平。○●○○●○●,○○●●●○平。   旗亭買酒滿瑤舟,遐想紫冥銀漢流。垂釣納涼浮碧浪,夏天醉夢醒金秋。   ○○●●●○平,○●…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七律・夢筆走箋能掃晩年愁

      七律・夢筆走箋能掃晩年愁  2019.03.11 -52759 .   濃春銀漢坐瑤舟,玩賞櫻雲河岸流。香雪飄飄若星散,鱗漣耿耿入眸幽。   嫦娥花貌含微笑,酒盞霞漿堪勸酬。然後遊魂揮夢筆,走箋能掃晩年愁。  濃春の銀漢に瑤舟(酒杯)に坐し,  玩賞す 櫻雲の河岸に流るるを。  香雪 飄飄として星の散るごとく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧作七絶→七律 其三十六 七律・唇槍舌劍(改)

「旧作七絶→七律 其三十六 七律・唇槍舌劍」について .       七律・唇槍舌劍(改)    2019.03.09 -52751 .   老翁傾酒洗胸襟,暗嘆非才屢苦吟。鳳字推敲無效果,詩魔評比若棘針。   唇槍穿孔流青血,舌劍斬創削赤心。研鑽十年到龜壽,春宵醉夢轉沈沈。  老翁 酒を傾けて洗胸襟を洗ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧作七絶→七律 其三十六 七律・唇槍舌劍

「旧作七絶→七律 其三十五 七律・晩境寥天自忘形」について .       七律・唇槍舌劍       2019.03.09 -52750 .   老嘆非才屢苦吟,悲傾壺酒洗胸襟。唇槍穿孔流青血,舌劍斬創削赤心。   鳳字推敲無效果,詩魔評比若棘針。十年研鑽留龜壽,只有樗翁醉夢沈。  老いて非才を嘆きしばし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

托物感懷 十七字詩と俳句と短歌

 托物感懷:事物に托して胸の内を抒べる。       十七字詩・托物感懷     2019.03.09 -52749   詩翁愛風韵,傾盞坐寒齋。醉賦詩托物,感懷。   ○○●○●,○●●○平。●●○○●,●平。     ○:平声。●:仄声。平:中華新韻四開平声の押韻  詩翁 風韵を愛し,  盞を傾け寒齋に坐す。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七律・笑拿話筒醉吟長

      七律・笑拿話筒醉吟長    2019.03.09 -52748 .   詩翁久佇送夕陽,終始無言如望郷。晩境現實無興趣,今宵理想在霞觴。   遊魂鼓翼雲樓舞,飛客迎人酒館忙。歡笑忘歸乘美感,笑拿話筒醉吟長。  詩翁久しく佇みて夕陽を送り,  終始 言なく望郷する如し。  晩境の現實に興趣無く,  今宵の理想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬を送る 其二十 春隣 六言俳句と十七字詩

      六言俳句・春 隣      2019.03.04 -52714 .   梅林小飲春隣   梅林や小(すこ)しく飲めば春隣る   ○平●仄○平     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻九文平仄両用の押韻       十七字詩・春 隣      2019.03.04 -52715   鶴歩入梅林,賞玩花數…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬を送る 其十九 凍鶴 七言俳句と十七字詩

      七言俳句・凍 鶴      2019.03.04 -52712 .   詩客憂國如凍鶴   國を憂ひ詩客凍てたる鶴のごと   ○仄○平○●仄     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻一麻平仄両用の押韻       十七字詩・凍 鶴      2019.03.04 -52713   詩叟暗憂國,政壇無雅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬を送る 其十八 寒鴉 七言俳句と十七字詩

      七言俳句・寒 鴉      2019.03.04 -52710 .   山家入畫伴寒鴉   山の家寒鴉伴ひ画(え)に入りぬ   ○平●仄●○平     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻一麻平仄両用の押韻       十七字詩・寒 鴉      2019.03.04 -52711   磨墨畫山家,庭前舞…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬を送る 其十七 霧氷 七言俳句と十七字詩

      七言俳句・霧 氷      2019.03.04 -52708 .   霧氷解凍映天晴  霧氷解け天の晴るるに映えにけり   ●平●仄●○平。     ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻       十七字詩・霧 氷      2019.03.04 -52709   窗外耀晶晶,朝陽照霧氷。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬を送る 其十六 水仙 七言俳句と十七字詩

      七言俳句・水 仙      2019.03.03 -52704 .   水仙花綻日輪暄    水仙の花綻びて日輪暄   ●平○仄●○平     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻八寒平仄両用の押韻       十七字詩・水 仙      2019.03.03 -52705   水仙花綻似,白日耀三冬。老…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬を送る 其十五 蜜柑 七言俳句と十七字詩

      七言俳句・蜜 柑      2019.03.03 -52702 .   食蜜柑取暖爐邊  蜜柑食ひ暖を取りたる爐邊かな   ○●平●仄○平     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻八寒平仄両用の押韻       十七字詩・蜜 柑      2019.03.03 -52703   詩叟厭冬寒,苦吟食蜜柑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬を送る 其十四 蒼鷹 六言俳句と十七字詩

      六言俳句・蒼 鷹      2019.03.02 -52697 .   蒼鷹樹頂未鳴   蒼き鷹の樹頂に未だ鳴かざりき   ○平●仄●平     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄両用の押韻       十七字詩・蒼 鷹      2019.03.02 -52698   三冬無作品,詩叟似蒼鷹…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more