獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 同工異曲 櫻673〜679

<<   作成日時 : 2012/06/07 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 『欽定詞譜』の詞譜を踏破すれば、宋の時代に一度だけ作られ、七百年〜千年の後に日本人の私が二作目を作った、というものもきっとあるだろう。
 そういう詞の作者と私は、あの世で、握手がしたい。

 『欽定詞譜』には他に作例を見ないとする詞譜がかなりある。
 『倚欄人』はそのひとつ。曹勳の作以外は見ることができなかった、とある。
 『高山流水』もまたしかり。吳文英の作以外は見ることができなかった、とある。
 『胄馬索』も無名氏の作をあげるばかりで、また然り。
 これらはいずれも、詞がさかんであった時代でもあまり作られず、清の時代まで伝わったのが、他にない、ということだろう。
 中には、1首だけしか作られなかった、そういうものもあるはずだ。

      倚欄人・春賞櫻雲      2012.06.07 -1248 no.679

  樗翁長壽,酣春短日,清貧少好無世務。滿目櫻雲,任風香雪,恰似粉蝶飄舞。瀲瀲湖面耀,花片泛浮無數。翁嫗連襟,巧拙不問,競吟俳句游安土。
  野店人招玉府,正翠娥、笑賣濁醪如乳。淺飲霞漿,深窺奧義,探索季題隨處。傾耳黄鳥囀,何不飛聲尚古?蓬莱傳統,晩節風韵,酒宴迎銀兎。

  樗翁は長壽,
  酣春は短日,
  清貧 好むを少なくすれば世務もなし。
  目に満ちる櫻雲,
  風にまかせる香雪,
  恰も粉蝶の飄舞するに似る。
  瀲瀲と湖面耀き,
  花片 泛かび浮いて無數。
  翁嫗 襟を連ね,
  巧拙は問はず,
  競って俳句を吟じ安土に游ぶ。

  野店に人は玉府へ招き,
  まさに翠娥、笑って濁醪の乳ごときを賣る。
  霞漿を淺(いささか)飲み,
  奧義を深く窺ひ,
  季題を隨處に探索す。
  耳を黄鳥の囀るに傾ければ,
  何んぞ聲を飛ばして古へを尚(たっと)ばざらん?
  蓬莱の傳統,
  晩節の風韵,
  酒宴に銀兎を迎えけり。

 倚欄人 詩譜・雙調108字
  ○○○●,○○●●,○○●●○●仄。●●○○,●○○●,●●●○○仄。●●○●●,○●●○○仄。○●○○,●○○●,●○○●○○仄。
  ●●○○●仄。●●○、●●●○○仄。●●○○,○○●●,●●●○○仄。○●○●●,○●○○●仄。○○○●,●○○●,●●○○仄。

      戚氏・春賞櫻雲       2012.06.04 -1235 no.673

  有官人,歸郷棲隱愛清貧,少好多閑,探幽消遣勝游頻。濃春,問隣村,隨風曳杖入櫻雲。霏霏艷雪飄舞,落水浮泛作紅塵。碧湖如鏡,青山倒影,釣舟點點垂綸。見梁津野店,翠娥花貌,賣酒芳醇。
  丹液盛涌金樽,白頭淺飲,滿意醉醺醺。朱顔擅、閑肱堪枕,午睡游魂。仰銀輪,玉洞靜夜,歡交羽客,宴語彝倫。一知雅韵,就覓佳詩,不厭辭海撈針。
  刻苦學禽語,餐霞念慮,吸露凝神。触景生情到處,正應揮筆翰冩天眞。聳肩朗朗飛聲,擬唐諷詠,時善排愁悶。鬼斧彫、金句舗詩錦,鸚鵡吟、温故圖新。和老鶯、巧囀清晨,解餘酲、夢裡尚搖唇。醒來呵欠,無言寂寞,起坐黄昏。

 戚氏 詩譜・212字
  ●○平,▲▲○●●○平。●●○○,●○△●●○平。○平,●○平。○○▲●●○平。○○●●○●,●▲○●●○平。▲▲○●,○○△●,●○▲●○平。●○○●●(一四),○▲△●,△●○平。
  ○●●●○平,○▲●●,●●●○平。○○●、●○△●,●●○平。●○平。●●●●,○○●●,●●○平。●○●●,●●○○,▲●△●○平。
  ●●○○●,△○●●,●●○平。●●○○●●,●○○●●●○平(一七)。△○●●○○,●○●●,△●○○仄協。●●○、△●○○仄協,△▲▲、○●○平。●●△、▲●○平。●△▲、●●●○平。●○○●,○○●●,●●○平。


      高山流水・春賞櫻雲     2012.06.04 -1239 no.674

  散官乞骨作俳人,愛山河、幽討頻頻。清晝繞湖邊,悠悠曳杖濃春。櫻雲涌、艷雪繽紛,乘風舞,疑是群蝶振翅,降落清淪。望青山倒影,鏡水耀鱗鱗。
  花唇,飛聲誘茅店,沽緑酒、盛涌金樽。白首擧銀杯,淺飲美醉醺醺。借朱顔、試鼓吟魂。季題好,游目風光覓句,尚古圖新。聳肩吟詠,競黄鳥,囀黄昏。

 高山流水 詩譜・雙調110字
  ●○●●●○平,●○○、○●○平。○●●○○,○○●●○平。○○●、●●○平。○○●,○●○○●●,●●○平。●○○●●(一四),●●●○平。
  ○平。○○●○●,○●●、●●○平。○●●○○,●●●●○平。●○○、●●○平。●○●,○●○○●●,●●○平。●○○●,●○●,●○平。


      胄馬索・春賞櫻雲      2012.06.05 -1240 no.675

  晩年嘉,白首多閑擅形勝。悠悠曳杖,探春湖畔櫻雲涌。山天快霽,雪花飄舞,恰似胡蝶飛霞洞。落清漣、滿目紅塵,搖漾鱗鱗泛明鏡。
  花徑,酒旗翻處,翠娥含笑,善賣村醪涌芳甕。暫借朱顔酣醉,游魂張翼飛仙境。餐霞飲露,触景生情,何不裁詩無聲病?競老鶯、聳肩吟句朗朗,飛聲順天縱。

 胄馬索 詩譜・雙調109字
  ●○○,○●○○●○仄。○○●●,●○○●○○仄。○○●●,●○○●,●●○○○○仄。●○○、●●○○,●●●○●○仄。
  ○仄,●○○●,●○○●,●●○○●○仄。●●○○○●,○○○●○○仄。○○●●,●●○○,○●○○○○仄。●●○、●○○●●●,○○●○仄。


      江城子慢・春賞櫻雲     2012.06.05 -1240 no.676

  形骸尚康健,無世務、頻頻喜游覽。欲消遣,牽杖處、勝地天晴風暖。遶湖畔,悦目櫻雲流靉靉,花飄舞、霏霏飛不斷。釣舸點點垂綸,微波瀲瀲如鑒。
  青娥紅唇媚笑,賣芳醇緑酒,盈滿金盞。坐茅店,傾仙液、側耳黄鶯清囀。借朱臉,欣賞山光將欲暮,乘吟興、游魂馳想念。聳肩七歩得詩漫嗟嘆。

 江城子慢 詩譜・雙調109字 呂渭老
  △○●○仄,○●●、▲▲●○仄。●○仄,○▲●、●●▲○○仄。●○仄,△●○○○●●,○○●、○○○●仄。●▲●●○○,○○●●○仄。
  ○○○○●●,●○○△●(一四),○●○仄。●○仄,○○●、△●○○○仄。●○仄,○●○○○●●,○○●、○○○●仄。●○▲●○○●○仄。

      杜韋娘・春賞櫻雲      2012.06.06 -1246 no.677

  樗翁康健,頻頻曳杖尋形勝。曉起走、依杖游湖畔,坐嘆賞、櫻雲春涌。仰雪花恰似,孤蝶亂舞,霏霏墜粉埋閑徑。望清漣,正是明鏡、青山倒影。
  賣酒聖,青娥含笑,勸人野店順天性。擧玉杯、滌洗枯腸處,有雅客、游魂霞洞。擅山光悦目生情,摘句尋章,就擬唐吟詠。和黄鶯,鼓嘴巧囀、絶無韵病。

 杜韋娘 詩譜・雙調109字
  ▲○○●,○○●●○○仄。●●●、○●○○●,●●●、○○○仄。△▲△●●(一四),○○●●,○○●●○○仄。●○○,●●○●、○○●仄。
  ▲●仄,○○○●,●○●●●○仄。●●△、○●○○●,●●●、○○○仄。●○○●●○○(一六),●●○○,●●○○仄(一四)。●○○,●●●●、○○●仄。

      菩薩蠻慢・春賞櫻雲     2012.06.07 -1247 no.678

  老躯無恙,有俳人探勝,盛春曳杖。歩歩喜、湖畔柔風,拂白首漫游,碧波搖漾。悦目櫻雲,散香雪、正堪欣賞。似胡蝶振翅,亂舞滿天,巧避塵網。
  花間翠娥秀爽,賣芳樽美祿,茅店佳釀。暫啜酒傾杯,乘興游魂,喜触景生情,寓意浮想。好句將成,用季語、修辭流暢。和黄鶯、嚶鳴處處,醉吟朗朗。

 菩薩蠻慢 詩譜・雙調108字
  ●○○仄,●○○●●(一四),●○●仄。●●●、○●○○,●○●●○(一四),●○○仄。●●○○,●○●、●○○仄。●○○●●(一四),●●●○,●●○仄。
  ○○●○●仄,●○○●●(一四),○●○仄。●●●○○(一四),○●○○,●●●○○(一四),●●○仄。●●○○,●●●、○○○仄。●○○、○○●●,●○●仄。
画像
                              画:足柄金太郎

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
同工異曲 櫻673〜679 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる