獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ 櫻を詠もう 其二十五之二 寄調漁歌子

<<   作成日時 : 2015/03/27 15:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 25字に詠む詞譜には、通常は27字で詠む「漁歌子」もある。
 誰がそういう異体に詠んだかというと、宋の大詩人蘇軾。

      漁歌子・春櫻花底如霞洞    2015.03.27 -43879

  春鳥囀,櫻雲涌,花底恰如霞洞。老翁茅店啜村醪,醉試擬唐吟詠。

  春鳥 囀り,
  櫻雲 涌き,
  花の底 あたかも霞洞(仙洞)のごとし。
  老翁 茅店に啜る村の醪(さけ),
  醉って試す 擬唐の吟詠。

 漁歌子 詞譜・單調25字,五句三仄韻 蘇軾
  ○●●,○○仄,○●●○○仄。●○○●●○○,●●●○○仄。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ 櫻を詠もう 其二十五之二 寄調漁歌子 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる