獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 苦不可言 七言絶句と四七令 と俳句と短歌

<<   作成日時 : 2016/02/04 15:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 苦不可言:痛苦あるいは困苦極まり、言葉では表現できないほどであること。
 
     七絶・苦不可言       2016.02.04 -45747
 
 苦不可言獨苦吟,無端垂涙洗無心。人間何故求功譽,老去裁詩嘆現今?
 ●●●○○●平,○○○●●○平。○○○●○○●,●●○○●●平。
                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻
 
  苦しきこと言ふべからずして獨り苦吟し,
  端なくも涙を垂れて無心を洗ふ。
  人間(ジンカン)に何故に功譽を求め,
  老い去って詩を裁し現今を嘆くや。
 
     四七令・苦不可言      2016.02.04 -45748
 
 老學詩韻,苦不可言人,廢寝。
 ●○○仄,●●●○平,●仄
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻九文平仄両用の押韻。

  老いて詩韻を学び,
  苦しきこと言ふべからずして人
  寝るを廃す。

 押韻箇所を間違えてできた作。
 しかし、これでもよいといえばよい。

     十七字詩・苦不可言     2016.02.04 -45749

 樗翁欲解愁,却老學詩韻。苦不可言人,廢寝。
 ○○●●○,●●○○仄。●●●○○,●仄。

  樗翁 愁ひを解かんとし,
  老いを却(しりぞ)け詩韻を学ぶ。
  苦しきこと言ふ可べからずして人,
  寝るを廃す。

     四七令・苦不可言      2016.02.04 -45750

 詩翁擱柔翰,苦不可言傾酒盞。
 ○○●○仄,●●●平○●仄

  詩翁 柔翰(毛筆)を擱く,
  苦しきこと言ふ可べからずんば,
  酒盞を傾く

 俳句
  苦しむも言ふべからずと酒を酌む

 短歌
  詩の筆を擱きて杯かたむけり苦しみあるも言ふべからずと

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
人間何故求功譽,老去裁詩嘆現今?好句。深沉。
一地清愁
2016/02/08 14:41
ありがとうございます。
詩を作ることで、心の古傷を舐める、そういうこともあるかと思い、詩にしました。
獅子鮟鱇
2016/02/08 16:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
苦不可言 七言絶句と四七令 と俳句と短歌 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる