獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢俳一首と頭藏十七首

<<   作成日時 : 2016/03/26 07:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

(詞書)
 韻律すなわち押韻と平仄の規律に従って詩を詠むことは
 窮屈であり
 自由詩が広く信じられている時代にあっては
 旧時代の文化遺産と思われているようだ。
.
 韻律に従う詩は
 個人の自由な発想を阻害する とされて
 韻律を学ぶ者は少ない。
 しかし
 個人の自由な詩的発想は詩にとってどれだけの価値があるのか。
 個人の自由な詩的発想が
 詩人自身の心を一個のたこ壺に変えてしまうのはなぜなのか。
 自由詩は詩人自身の心に対し発想の豊かさを
 どれだけ保証しているのか。
.
 これに対し韻律に従う詩は
 はじめに言葉ありき。
 言葉が求める韻律に詩筆を託すことで
 詩人は自身の心から解放される。
 自身の心から解放されることで
 詩であれば何でもあり となり
 詩的生産性が極めて高くなる。
.
 たとえば漢俳一首を詠めば
 それをもとに漢俳十七首を詠める。
 最初の一首は韻律に従っているので私の心の外にあるが
 ここではかりに
 私の心を詠んだものとしよう。
 しかし 残りの十七首は
 何が詠めるか 詠んでみないことにはわからない。
 今は
 私の心の外にある。
 つまり 私の心から自由である。
.
 最初の一首
.
     漢俳・少欲愛清貧      2016.03.25 -46082
.
 安家樂業人,老買音書玩雅韻,少欲愛清貧。

 ○○●●平,●●○○○●仄,●●●○平。
   ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻九文平仄両用の押韻。

  家を安んじ樂業を楽しむ人,
  老いて音書を買ひて雅韻を玩び,
  欲を少なくして清貧を愛す。


 次に頭藏十七首。上掲漢俳の十七字を句頭において十七首。

  分知足好。聳肩瞻仰碧天高,吟對青山笑。
  長里短煩。感謝賢妻勸金盞,愚老辱紅顔。
  山愛水詩。鸚鵡籠中厭時世,夢裡弄華辭。
  業矜矜待。詩翁午夢繆斯來,勸揮才筆快。
  面桃花笑。回憶青春心更老,白首詩陳套。
  天拔大地。將把詩毫試題壁。金人百年立。
  田陽羨翁。頻枕音書喜香夢,酒店待春風。
  容如在時。夢裡墨花開硯池,綵筆賦情詩。
  不盡言結。期待行間風韻切,箋上月光潔。
  時貪日人。却老醉生學雅韻,夢死上詩林。
  俗共賞樽。競傾清聖討空論,濁賢解倒文。
  事杯中興。醉得好句起新風,詩人擅香夢。
  小無猜忌。神思擅夢跨靈犀,行空穿浩氣。
  壑難填夢。巫女楚天斜眼風,雲雨濡春徑。
  賢念舊多。裁賦尋章找奇貨,集句作鸚哥。
  風兩袖秋。退隱家山愛菊酒,天年如水流。
  賤驕人好。偶得小酒扮詩豪,高吟如鳳鳥。


漢俳頭藏十七首の読み下し等
  
      漢俳・安分知足       2016.03.25 -46083

  安分知足好。聳肩瞻仰碧天高,吟對青山笑。
  ○○○●仄,●○○●●○平,○●○○仄。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻六豪平仄両用の押韻。

  分に安んじ足るを知るは好し。
  肩を聳やかし碧天の高きを瞻仰(みあ)げ,
        青山の笑ふに吟じ対す。

      漢俳・家長里短       2016.03.25 -46084

  家長里短煩。感謝賢妻勸金盞,愚老辱紅顔。
  ○○●●平,●●○○○●仄,●●●○平。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻八寒平仄両用の押韻。

  家長里短(家内の雑事)煩はし。
  賢妻の金盞を勧むるに感謝し,
  愚老 紅顔を辱(かたじけな)くす。

      漢俳・樂山愛水       2016.03.25 -46085

  樂山愛水詩。鸚鵡籠中厭時世,夢裡弄華辭。
  ●○●●平,○●○○●○仄,●●●○平。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十三支平仄両用の押韻。

  山水を楽しみ愛する詩。
  鸚鵡 籠の中にて時世を厭ひ,
  夢裡に華辭を弄ぶ。

      漢俳・業業矜矜       2016.03.25 -46086

  業業矜矜待。詩翁午夢繆斯來,勸揮才筆快。
  ●●○○仄。○○●●●○平,●○○●仄
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻四開平仄両用の押韻。

  業業矜矜として待つ。
  詩翁の午夢に繆斯(ミューズ)來たり,
  揮へと勧む 才筆の快(はや)きを。

      漢俳・人面桃花       2016.03.25 -46087

  人面桃花笑。回憶青春心更老,白首詩陳套。
  ○●○○仄。○●○○○●仄,○●○○仄
     ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻六豪仄声の押韻。

  人面の桃花笑ふ。
  青春を回憶すれば心更に老い,
  白首の詩 陳套(古臭)し。

      漢俳・老天拔地       2016.03.25 -46088

  老天拔大地。將把詩毫試題壁,金人百年立。
  ●○○●仄。○●○○●○仄,○○●●仄。
     ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻十二斉仄声の押韻。

  老天 大地に抜きんず(大いに老ゆ)。
  將に把詩毫を把(と)りて壁に題さんと試み,
  金人(銅像)百年立つ。

      漢俳・買田陽羨       2016.03.25 -46089

  買田陽羨翁。頻枕音書喜香夢,酒店待春風。
  ●○○●平。○●○○●○仄,●●●○平
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄両用の押韻。

  買田陽羨の翁。
  頻りに音書を枕として香夢を喜び,
  酒店に春風を待つ。

      漢俳・音容如在       2016.03.25 -46090

  音容如在時。夢裡墨花開硯池,綵筆賦情詩。
  ○○○●平。●●●○○●平,●●●○平
     ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十三支平声の押韻。

  音容 在るがごとき時。
  夢裡の墨花 硯池に開き,
  綵筆 情詩を賦す。

      漢俳・書不盡言       2016.03.25 -46091

  書不盡言結。期待行間風韻切,箋上月光潔。
  ○●●○平。○●●○○●仄,○●●○平
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻三皆平仄両用の押韻。

  書は言を尽さず結ぶ。
  行間に風韻の切なるを期待すれば,
  箋上に月光潔し。

      漢俳・玩時貪日       2016.03.25 -46092

  玩時貪日人。却老醉生學雅韻,夢死上詩林。
  ○○●●平。●●●○○●仄,●●●○平
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻九文平仄両用の押韻。

  時を玩び日を貪る人。
  老いを却(しりぞ)け醉ふごと生きて雅韻を学び,
  夢みるごと死んで詩林へ上る。

      漢俳・雅俗共賞       2016.03.25 -46093

  雅俗共賞樽。競傾清聖討空論,濁賢解倒文。
  ●○●●平。●○○●●○仄,○○●●平
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻九文平仄両用の押韻。

  雅俗 共に賞(め)づる樽。
  競ひ傾くる清聖(清酒)に空論を討じ,
  濁賢(濁酒)に倒文を解す。

      漢俳・韻事杯中       2016.03.25 -46094

  韻事杯中興。醉得好句起新風,詩人擅香夢。
  ●●○○仄。●○●●●○平,○○●○仄。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄両用の押韻。

  韻事は杯中の興。
  醉って好句を得て新風を起こし,
  詩人 香夢をほしいままにす。

      漢俳・少小無猜       2016.03.25 -46095

  少小無猜忌。神思擅夢跨靈犀,行空穿浩氣。
  ●●○○仄。○○●●●○平,○○○●仄。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十二斉平仄両用の押韻。

  少小に猜忌なし。
  神思 夢をほしいままにして靈犀を跨ぎ,
  空を行き浩氣を穿つ。

      漢俳・欲壑難填       2016.03.25 -46096

  欲壑難填夢。巫女楚天斜眼風,淫雨濡春徑。
  ●●○○仄。○●●○○●平,○●○○仄。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十二斉平仄両用の押韻。

  欲の壑(深い谷) 填めがたき夢。
  巫女 楚天に眼風(色目)を斜めにすれば
  淫雨 春徑を濡らす。

      漢俳・愛賢念舊       2016.03.25 -46097

  愛賢念舊多。裁賦尋章找奇貨,集句作鸚哥。
  ●○●●平。○●○○●○仄,○●○○平。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻二波平仄両用の押韻。

  賢きを愛し旧を念ずること多し。
  賦を裁するに章を尋ねて奇貨を找(さが)し,
  集句を集めて鸚哥となる。

      漢俳・清風兩袖       2016.03.25 -46098

  清風兩袖秋。退隱家山愛菊酒,天年如水流。
  ○○●●平。●●○○●○仄,○○○●平。
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻七尤平仄両用の押韻。

  清風兩袖の秋。
  家山に退隱して菊酒を愛せば,
  天年は水の流るるごとし。

      漢俳・貧賤驕人       2016.03.25 -46099

  貧賤驕人好。偶得小酒扮詩豪,高吟如鳳鳥。
  ○●○○仄。●○●●●○平,○○○●仄
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻六豪平仄両用の押韻。

  貧賤 人に驕る好し。
  たまたま小酒を得れば詩豪に扮し,
  高吟すれば鳳鳥のごとし。

詩歌の楽園 Part5ブログトーナメント - ポエムブログ村
詩歌の楽園 Part5ブログトーナメント

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
清風兩袖秋。退隱家山愛菊酒,天年如水流。
貧賤驕人好。偶得小酒扮詩豪,高吟如鳳鳥。

最喜欢这两首,两袖秋,小酒,美极了。
一地清愁
2016/03/28 12:57
ありがとうございます。
小酒は漢典からですが、小字は、一地清愁さんに学びました。
獅子鮟鱇
2016/03/28 18:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢俳一首と頭藏十七首 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる