獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ 櫻を詠もう 其四十二之四 寄調贊浦子

<<   作成日時 : 2016/04/09 09:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

     贊浦子・醉賞櫻雲自忘歸   2016.04.09 -46194
.
 悦目櫻雲涌,乘風艷雪飛。勝地生人海,旗亭有酒杯。
 醉境茫茫遠望,山湖瀲瀲清輝。賞景得靈感,詩魂自忘歸。

  目を悦ばせて櫻雲涌き,
  風に乘って艷雪飛ふ。
  勝地に人海生じ,
  旗亭に酒杯あり。

  醉境 茫茫と遠望し,
  山湖 瀲瀲と清く輝く。
  景を賞(め)でて靈感を得れば,
  詩魂 自ずから歸るを忘る。

 贊浦子 詞譜・雙調42字,前後段各四句,兩平韻 毛文錫
  ●●○○●,○○●●平。●●○○●,○○●●平。
  ●●○○●●,●○●●○平。●●○○●,○○●●平。
   ○:平声。●:仄声。
   平:平声の押韻。(拙作は中華新韻五微の押韻)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
勝地生人海,旗亭有酒杯。好句。
一地清愁
2016/04/11 14:55
ありがとうございます。
勝地生人海、勝地横人海の方がよかったかも知れませんね。
獅子鮟鱇
2016/04/11 16:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ 櫻を詠もう 其四十二之四 寄調贊浦子 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる