獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 其四十三之二 寄調霜天曉角(平声押韻)

<<   作成日時 : 2016/04/15 09:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

     霜天曉角・醉賞櫻雲描畫餅  2016.04.14 -46230
.
 悦目櫻雲,風花飛水濱。湖面香塵碎錦,耀瀲瀲、泛鱗鱗。
 茅店酒盈樽,醉翁詩試新。賞景舒情夕暮,描畫餅、作娥輪。

  目を悦ばす櫻雲,
  風花 水濱に飛ぶ。
  湖面の香塵 錦を碎き,
  耀いて瀲瀲、泛んで鱗鱗たり。

  茅店 酒は樽に盈ち,
  醉翁 詩に新しきを試す。
  景を賞(め)で情を舒す夕暮,
  描きたる畫餅、娥輪(月輪)となる。

 霜天曉角・雙調43字,前後段各四句,三平韻 黄機
  ▲●○平,▲○△●平。▲●△○△●,▲▲●、●○平。
  ▲△△▲平,▲△○●平。△●▲○△●,△●●、●○平。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   平:平声の押韻。(拙作は中華新韻九文の押韻)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
湖面香塵碎錦,耀瀲瀲、泛鱗鱗。美景。
一地清愁
2016/04/18 10:37
あいがとうございます。
霜天曉角の詞牌名、季節外れですが・・・
獅子鮟鱇
2016/04/18 12:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 其四十三之二 寄調霜天曉角(平声押韻) 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる