獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 其四十四之四 寄調訴衷情令

<<   作成日時 : 2016/04/17 18:59   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

     訴衷情令・穿入櫻雲試俳句  2016.04.17 -46246
.
 白頭鶴歩入櫻雲,遊目喜花春。任風艷雪飄飄,湖水耀鱗鱗。
 如錦帳,是香塵,泛清淪。試裁俳句,言短情長,却老求新。

  白頭鶴歩して櫻雲へ入り,
  目を遊ばせて喜ぶ花の春。
  風に任せて艷雪 飄飄,
  湖水 耀いて鱗鱗たり。

  錦の帳の如きは,
  是れ香塵,
  清淪に泛かぶ。
  試み裁したる俳句,
  言は短かく情は長く,
  老を却(しりぞけ)新を求む。

 訴衷情令 詞譜・雙調44字,前段四句三平韻,後段六句三平韻 晏殊
  △○▲●●○平,△▲▲△平。▲○△▲△▲,△●●○平。
  ○●●,●○平,●○平。▲○△●,△▲△△,△●○平。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   平:平声の押韻。(拙作は中華新韻八寒)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
試裁俳句,言短情長,却老求新。结句好。
一地清愁
2016/04/18 09:31
ありがとうございます。
俳句,言短情長・・・小生の常套句、お恥ずかしいです。
獅子鮟鱇
2016/04/18 11:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 其四十四之四 寄調訴衷情令 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる