獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 雲煙過眼 七言俳句と俳句と七言絶句

<<   作成日時 : 2016/06/28 07:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

      七言俳句・雲煙過眼     2016.06.28 -46740

  雲煙過眼五十年。  雲煙の眼(まなこ)過ぎるや五十年
  ○平●仄●○平
    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十三支平仄両用の押韻

      七絶・雲煙過眼       2016.06.28 -46741

  白首携壺醉緑陰,朱顔午睡醒黄昏。雲煙過眼詩人老,遊目紅霞湖水隣。
  ○●○○●●平,○○●●●○平。○○●●○○●,○●○○○●平
                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻

  白首 壺を携へて緑陰に醉ひ,
  朱顔の午睡 黄昏に醒む。
  雲煙 眼を過ぎりて詩人老い,
  紅霞に目を遊ばす 湖水の隣り。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
白首携壺醉緑陰,朱顔午睡醒黄昏。醉绿阴,醒黄昏,好美。白,绿,朱,黄,四色巧用。
一地清愁
2016/06/28 09:55
>白,绿,朱,黄,四色巧用
 ありがとうございます。何を詠めばよいかがわからない時・・・困ったときは色彩で、の感がありますが。
獅子鮟鱇
2016/06/28 11:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
雲煙過眼 七言俳句と俳句と七言絶句 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる