獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏日即事 『世界漢詩同好會』第44回総会 其一 上平声十四寒

<<   作成日時 : 2016/06/12 15:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

『世界漢詩同好會』第44回総会
 http://tosando.ptu.jp/koryu/sekaikanshi.html
 に参加するため
 上平声十四寒の押韻で五首を詠んだ。
.
[夏日即事 其一 五言絶句]

 避暑山莊好,     暑を避くるに山莊好く,
 黄昏蟬語單。     黄昏に蟬語單なり。
 村醪堪啜飲,     村醪 啜り飲むに堪へ,
 醉望落霞丹。     醉って望む 落霞の丹(あか)きを。

[夏日即事 其二 六言絶句]

 避暑應登高處,    暑を避くるにに高處へ登るべく,
 追涼身到雲端。    涼を追って身は雲端に到る。
 山莊詩酒堪樂,    山莊の詩酒 樂しむに堪へれば,
 夕暮烟霞可餐。    夕暮の烟霞 餐(くら)ふべし。

[夏日即事 其三 七言絶句]

 夕風涼意促憑欄,   夕べの風の涼意 欄に憑(よ)るを促し,
 山暮閑聽蝉語單。   山暮れて閑に聽く 蝉語の單なるを。
 覺餓無言暗期待,   餓(空腹)を覺へ言なく暗に期待す,
 温泉浴後有佳餐。   温泉 浴後に佳餐のあるを。

[夏日即事 其四 五言律詩]

 炎熱烹衰老,     炎熱 衰老を烹(に),
 詩朋又臥棺。     詩朋また棺に臥す。
 曳杖登山寺,     杖を曳いて山寺へ登り,
 回頭憶辛酸。     頭を回らせて辛酸を憶(おも)ふ。
 蟬鳴列營葬,     蟬鳴いて營葬に列し,
 人立正衣冠。     人 立ちて衣冠を正す。
 流汗如垂涙,     汗を流して涙を垂るるごとく,
 西天半月殘。     西天に半月殘す。

[夏日即事 其五 七言律詩]

 毎天買酒洗胸肝,   毎天 酒を買って胸肝を洗ひ,
 老扮詩人猶苟安。   老いて詩人に扮してなほも苟安。
 午睡追涼醒昏暮,   午睡(昼寝)に涼を追って昏暮に醒め,
 陽臺傾盞擅言歡。   陽臺(ベランダ)に盞を傾け言歡を擅(ほしいまま)にす。
 繆斯陪我看聲病,   繆斯(ミューズ)我に陪して聲病を看み,
 囈語如花開墨盤。   囈語(寝言)は花の如く墨盤(すずり)に開く。
 涼意更催蝉亂噪,   涼意 蝉の亂れ噪ぐを更に催(うなが)し,
 落霞照映醉眸丹。   落霞は照り映ゆ 醉眸に丹(あか)く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『世界漢詩同好會』第44回総会 其二 上平声十五刪
「夏日即事 『世界漢詩同好會』第44回総会 其一 上平声十四寒」について . 『世界漢詩同好會』第44回総会  http://tosando.ptu.jp/koryu/sekaikanshi.html  に参加するため  上平声十四寒の押韻で五首に続き  上平声十五刪の押韻で五首を詠んだ。 . [夏日即事 其六 五言絶句] ...続きを見る
獅子鮟鱇詩詞
2016/06/12 19:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。

山莊詩酒堪樂,   
夕暮烟霞可餐。可餐好。

覺餓無言暗期待,  
温泉浴後有佳餐。趣句。

一地清愁
2016/06/14 11:57
ありがとうございます。
上平声十四寒は上平声十五刪に較べ韻字は多いのですが、夏を詠むには難しい韻目でした。
獅子鮟鱇
2016/06/14 17:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏日即事 『世界漢詩同好會』第44回総会 其一 上平声十四寒 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる