獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 雁過拔毛 七言絶句と四七令 と短歌と俳句

<<   作成日時 : 2016/06/13 21:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 雁過拔毛:雁は飛ぶときに毛のいくらかを拔く。好きものを確実に手にできる
  機会にあっても、軽々しく手抜きをしてはならないことを比喩する。
.
     七絶・雁過拔毛       2016.06.13 -46605
.
 酒瓶良藥促高吟,妙想天開詩趣深。才筆將含香墨走,雁過拔毛手細心。
 ●○○●●○平,●●○○○●平。○●○○○●●,●●○○●●平。
            ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻

 酒瓶の良藥 高吟を促し,
 妙想 天に開いて詩趣深し。
 才筆まさに香墨を含んで走らんとするに,
 雁過拔毛のごとく手は細心。

     四七令・雁過拔毛      2016.06.13 -46606

 雁過拔毛,酒家花貌笑聲嬌。
 ●●○平,●○○仄●○平
    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄両用の押韻

  雁は過ぎゆかんとして毛を抜き,
  酒家の花貌
  笑聲嬌なり。

 短歌
  雁(かりがね)の過ぎてゆかんと毛を抜くに酒家の美人は笑ひて艷めく

 俳句
  雁(かりがね)の抜け毛のごとく美人笑む

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作,
才筆將含香墨走,雁過拔毛手細心。细心好。
一地清愁
2016/06/14 11:02
ありがとうございます。
手細心、あまり私らしくない句かも知れません。
獅子鮟鱇
2016/06/14 17:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
雁過拔毛 七言絶句と四七令 と短歌と俳句 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる