獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 如夢令・烟雲過眼

<<   作成日時 : 2016/06/14 09:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 烟雲過眼:眼前の烟雲のたちまち過ぎゆくようであること。事物がたちまち過去となることを比喩する。
.
      如夢令・烟雲過眼    2016.06.14 -46610
.
  悲啜清濁滿盞,空仰烟雲過眼。醉叟憶生涯,後悔心慵意懶。樗散,樗散,也恨光陰如箭。

 悲しみ啜る 清濁の盞に満つるを,
 空しく仰ぐ 烟雲の眼を過ぎゆくを。
 醉叟 生涯を憶(おも)ひ,
 後悔して心慵意懶(ものうし)。
 樗散,
 樗散,
 もまた光陰の箭のごときを恨む。

 如夢令 詞譜・單調33字,七句五仄韻、一疊韻 後唐莊宗
  △●△○△仄,▲●▲○△仄。△●●○○,△●▲○△仄。△仄。△仄疊△●▲○△仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻八寒仄声の押韻)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
也恨光陰如箭。好句。
一地清愁
2016/06/14 10:56
ありがとうございます。
也字一字でなんとかできたかと思います。
獅子鮟鱇
2016/06/14 16:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
如夢令・烟雲過眼 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる