獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 十七字詩 『飛聲非難責獨善 (声を飛ばして非難し独善を責む)』と俳句

<<   作成日時 : 2016/06/20 15:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 都知事の辞任。
 私は人よりもよい仕事をしている
 だから
 このくらいのことは許されるだろう。
 そういう自信があったに違いない。
 事実
 その仕事ぶりには
 高く評価されるべき点もあったようだ。
.
 以功補過(功をもって過ちを補う)
 過ちを犯した者に功を建てる機会を与へ
 再起を期待するのがよい場合もある。
 特に上に立つ者は
 部下の過失に寛容である方がよい場合がある。
 おいそれとは首にはできないのだ。
.
 しかし
 必ずしも多額とはいえない都知事の公私混同に対し
 以功補過 功をもって過ちを補え
 という都民は
 まるでいなかった。
 なぜだろう。
 人はだれでも過ちを犯すのに
 都知事の頭脳明晰な過ち
 それが
 許しがたい独善
 としか思えなかったのは何故だろう。
 あえていうまでもないが
 善かれと思うことがみんなからは
 独善として斥けられるかどうかは
 人徳
 得体の知れないそれの
 働きによるようにも思える。
.
     十七字詩・飛聲非難責獨善  2016.06.20 -46647

 民意在山杯,權官啜金盞。飛聲皆譴責,獨善。

 ○●●○○,○○●○仄。○○○●○,○仄。
       ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒仄声の押韻

  民意は山杯(粗末な杯)にあるに,
  権官(お偉がた)は金盞を啜る。
  声を飛ばし皆で譴責す,
  その独善を。


 十七字詩は俳諧を旨とする詩体。そこで

  詞書: 民意は山杯にあるも権官 金盞を啜れば
  俳句: 声飛ばしみなで譴責独善を


独善(2)・・ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
独善(2)・・ブログトーナメント

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
飛聲皆譴責,獨善。好句。
一地清愁
2016/06/24 12:37
ありがとうございます。
十七字詩の末二字、日本の川柳の趣きが出せるとよいといつも思っています。
獅子鮟鱇
2016/06/24 15:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
十七字詩 『飛聲非難責獨善 (声を飛ばして非難し独善を責む)』と俳句 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる