獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 横眉冷目 横眉冷眼 霜天曉角二首

<<   作成日時 : 2016/11/19 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 横眉冷目:憤怒、軽蔑の様子。
 横眉冷眼:同上。
.
      霜天曉角・横眉冷目     2016.11.18 -47749
.
  繆斯沈黙,伴横眉冷目。老叟低頭愧汗,才淺短、詩陳腐。
  尚古,待月兎,守株爲酒虎。盲信擬唐吟句,學風韻、爲鸚鵡。

  繆斯(ミューズ)の沈黙,
  横眉冷目(おうびれいもく)を伴ふ。
  老叟低頭を低くし愧じて汗す,
  才は淺短にして、詩は陳腐なるを。

  古へを尚(たっと)び,
  待月兎を待って,
  守株を守り酒虎となる。
  盲信して唐に擬へ句を吟じ,
  風韻を學んで、鸚鵡となる。

 霜天曉角 詞譜・雙調43字,前段四句三仄韻,後段五句四仄韻 林逋
  △○△仄,▲▲○△仄。▲●▲○△●,△△●、△△仄。
  ▲仄,△●仄,▲△△▲仄。▲●△○△●,▲▲●、△△仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻十唐)

      霜天曉角・横眉冷眼     2016.11.18 -47750

  繆斯傾盞,伴横眉冷眼。老叟低頭沈黙,請朱筆、流赧汗。
  月滿,空詠歎,不知詩趣淺。盲信擬唐吟句,有白首、仰銀漢。

  繆斯(ミューズ)盞を傾くるに,
  横眉冷眼(おうびれいがん)を伴ふ。
  老叟 頭を低くして沈黙し,
  朱筆を請ひ、赧汗(羞慚の汗)を流す。

  月滿つれば,
  空しく詠歎し,
  詩の淺きを知らず。
  盲信して唐に擬へ句を吟じ,
  白首あり、銀漢を仰ぐ。

 霜天曉角 詞譜・雙調43字,前段四句三仄韻,後段五句四仄韻 林逋
  △○△仄,▲▲○△仄。▲●▲○△●,△△●、△△仄。
  ▲仄,△●仄,▲△△▲仄。▲●△○△●,▲▲●、△△仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻十唐)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
繆斯傾盞,伴横眉冷眼。老叟低頭沈黙,請朱筆、流赧汗。

呵呵,横眉冷眼,低头沉默。很有趣。
一地清愁
2016/11/25 14:22
お笑いいただきありがとうございます。
獅子鮟鱇
2016/11/25 17:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
横眉冷目 横眉冷眼 霜天曉角二首 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる