獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 薄氷 七言俳句と漢俳と俳句と四七令と短歌と霜天曉角

<<   作成日時 : 2016/12/24 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 明日25日〆切の「NHK俳句」其の二
 題は「薄氷 または自由」
.
 三押韻の六言俳句と七言俳句四句を詠み二句を投稿。
.
 また、「NHK俳句」は70字まで投稿できるので
 漢俳を三首(読みは47字と44字)を詠み
 二首を投稿した。
.
 投稿を見送ったのは次の二句と一首。

      七言俳句・薄 氷 其一   2016.12.24 -47990

  薄氷梅影曙光清  はくひょうにうめのかげありあけぼのきよし
  ○平○仄●○平
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄両用の押韻。

      七言俳句・薄 氷 其二   2016.12.24 -47991

  薄氷如鏡早梅清  はくひょうのががみのごとくそうばいきよく
  ○平○仄●○平
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄両用の押韻。


      漢俳・薄 氷 其一     2016.12.24 -47993

  薄氷輝若鏡。白梅一朶横清影,皚皚夕照映。
  ○○○●仄。○○○●○○仄,○○○●仄
        ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻十一庚仄声の押韻

  薄氷輝いて鏡のごとし。
  白梅一朶 清影を横たふ,
  皚皚として夕照に映ゆ。

  はくひょうのかがみのごとくかがやいて はくばいいちだせいえいをよこたえ がいがいとしてせきしょうにはゆ 47音


      四七令・薄 氷       2016.12.24 -47996

  梅枝清影,將踏薄氷破明鏡。
  ○○○仄,○●○平●○仄
     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄両用の押韻。

  梅の枝の清き影,
  將に薄氷を踏み
  明鏡を破(わ)らんとす。

 短歌
  梅の枝の清き影あり薄氷の鏡のごときまさに踏み割る

      霜天曉角・薄 氷      2016.12.24 -47997

  薄氷如鏡,映梅枝清影。白首旗亭取暖,傾金盞、啜清聖。
  賞景,思解凍,心底詩泉涌。美醉蹣餐七歩,得五律、無聲病。

  薄氷 鏡のごとく,
  映ずるは梅枝の清影。
  白首 旗亭に暖を取り,
  金盞を傾け、啜清聖う啜る。
  景を賞(め)づれば,
  思ひ解凍し,
  心底に詩泉涌く。
  美醉して蹣餐と七歩,
  得たる五律、聲病なし。

 霜天曉角 詞譜・雙調43字,前段四句三仄韻,後段五句四仄韻 林逋
  △○△仄,▲▲○△仄。▲●▲○△●,△△●、△△仄。
  ▲仄,△●仄,▲△△▲仄。▲●△○△●,▲▲●、△△仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻十一庚)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHK俳句へ投句し落選した 其三十九「薄氷」 七言俳句と漢俳と短歌
「NHK俳句へ投句し落選した 其三十八「野焼」 七言俳句と十七字詩と短歌」について .  本日放送の『NHK俳句』へ次の七言俳句2句と漢俳2首を12月に投稿したが、落選だった。  題は「薄氷」。 ...続きを見る
獅子鮟鱇詩詞
2017/02/12 14:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
薄氷 七言俳句と漢俳と俳句と四七令と短歌と霜天曉角 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる