獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 傳言玉女・二千一六年祭詩

<<   作成日時 : 2016/12/31 14:44   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 ことしもあと数時間。
 拙ブログにお越しいただた皆さま ありがとうございました。
.
 さて、今年は拙作2500首あまり。
 今年は傳言玉女で祭る。
.
      傳言玉女・二千一六年祭詩  2016.12.31 -48035
.
  獨忍風寒,年暮祭詩傾酒。二千廢紙,是當時頷首。低頭悶悶,更啜壺中紅友。晩節有恨,筆刀生銹。
  自省通宵,念繆斯、厭短丑。花容鼻哂,却菲才心垢。美祿易盡,復醒愁思清瘦。過而能改,爲之延壽。

  獨り風の寒きを忍び,
  年暮 詩を祭って酒を傾く。
  二千の廢紙,是れ當時は頷首(うなず)きしもの。
  頭を低(た)れて悶悶,
  更に啜る 壺中の紅友。
  晩節に恨みあり,
  筆刀 銹を生ず。

  通宵(夜通し)自省し,
  念(おも)ふ 繆斯(ミューズ)は、短丑なるを厭ふ と。
  花容(花のかんばせ)鼻で哂(わら)ひ,
  却(しりぞ)けん 菲才の心垢を。
  美祿 盡き易く,
  復た醒めれば愁思 清らかに瘦す。
  過つも能く改む,
  之れがために壽を延ばさん。

 傳言玉女 詞譜・雙調74字,前後段各八句,四仄韻 晁沖之
  ▲●○○,▲●●○○仄。▲△△▲,●○○▲仄(一四)。○▲●●,▲●△○○仄。△○△●,▲○○仄。
  ▲●○○,●△○、●●仄。▲○△●,●△○▲仄(一四)。△△●△,▲●▲○○仄。△○△●,●○○仄。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻七尤)
   (一四):前の五字句は,上二下三ではなく,一・四に作る。その一は領字。
画像
  鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。  画:足柄金太郎

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
獨忍風寒,年暮祭詩傾酒。二千廢紙,是當時頷首。
美句。颔首。
低頭悶悶,更啜壺中紅友。晩節有恨,筆刀生銹。
低头闷闷,之后的更字,很细致。

美祿易盡,復醒愁思清瘦。過而能改,爲之延壽。
易尽,二字深沉伤感。后面的愁思清瘦,美丽。

整首词严紧,情感丰富。赞。
一地清愁
2017/01/04 12:02
>整首词严紧,情感丰富。赞。
 ありがとうございます。
 △△●△,▲●▲○○仄。のところを
 美祿易盡,復醒愁思清瘦。
 ●●●●,●●○○○仄。
 仄声の連続が許されるかどうか、ですが、ここは敢えて調子を変えてみたい思いがありました。
獅子鮟鱇
2017/01/04 15:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
傳言玉女・二千一六年祭詩 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる