獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 七律・蓬島多俳人

<<   作成日時 : 2017/01/30 11:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

      七律・蓬島多俳人      2017.01.30 -48263
.
  蓬島俳人排異己,藝林儔黨喜同徳。情長言短吟時季,爭短論長評巧拙。
  春晝賞櫻花底詠,秋宵玩月酒樓酌。頻題山水風光美,寫景舒情如愛國。

  蓬島の俳人 異己れと異なるは排し,
  藝林の儔黨に徳を同じくするを喜ぶ。
  情は長く言は短かく時季を吟じ,
  短を爭ひ長を論じて巧拙を評す。
  春晝 櫻を賞(め)でて花底に詠み,
  秋宵 月を玩んで酒樓に酌む。
  頻りに題とするは山水 風光の美,
  景を寫し情を舒すること國を愛するごとし。

 七言律詩仄起式詩譜:
  ▲●△○▲●平,△○▲●●○平。△○▲●△○●,▲●△○▲●平。
  ▲●△○○●●,△○▲●●○平。△○▲●△○●,▲●△○▲●平。
   ○:平声。●:仄声。平:平声の押韻(拙作は、中華新韻二波)
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   なお、四字目の孤平(●○●)は不可。挟み平(▲●○○●○●)は可。
   また、第一句は▲●△○○●●でもよい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
情長言短吟時季,爭短論長評巧拙。这句很有趣,长短二字巧用。
一地清愁
2017/01/31 09:01
ありがとうございます。
长短二字、同字重複は避けなければなりませんが、拙作の用法なら許されると思います。
獅子鮟鱇
2017/01/31 11:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
七律・蓬島多俳人 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる