獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 其四十八之二十二 寄調梅弄影

<<   作成日時 : 2017/03/31 10:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

      梅弄影・春賞櫻雲醉裁詩   2017.03.30 -48676
.
  贅翁無恙,探勝牽藜杖。穿入櫻雲嘆賞,艷雪飄零,碧湖春水漲。
  水亭風爽,自適傾佳釀。夕暮紅霞堪仰,有意裁詩,酬答黄鳥唱。

  贅翁 恙なく,
  勝を探るに藜杖を牽く。
  櫻雲に穿ち入りて嘆賞す,
  艷雪 飄零し,
  碧湖に春水の漲るを。

  水亭に風爽やかにして,
  自ずから適す 佳釀を傾くるに。
  夕暮 紅霞堪仰ぐに堪へ,
  意ありて詩を裁し,
  酬答す 黄鳥(うぐいす)の唱(うた)ふに。

 梅弄影 詞譜・雙調48字,前後段各五句,四仄韻 丘崇
  ●○○仄,●●○○仄。○●○○●仄,●●○○,●○○●仄。
  ●○○仄,●●○○仄。●●○○○仄,●●○○,○○○●仄。
   ○:平声。●:仄声。仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻八寒)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 其四十八之二十二 寄調梅弄影 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる