獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 其四十六之四 寄調更漏子

<<   作成日時 : 2017/03/09 11:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

      更漏子・春賞櫻雲      2017.03.09 -48549
.
  賞櫻雲,遶湖畔,休憩水亭傾盞。惜香雪,舞春天,飄零泛碧漣。
  聽鶯哢,坐酒興,恰似遊魂霞洞。得俳句,試低吟,含愁聲沈沈。

  賞櫻雲を賞で,
  湖を遶り,
  水亭に休憩して盞を傾く。
  惜しむは香雪,
  春天に舞ひ,
  飄零して碧漣に泛ぶ。

  鶯の哢るを聽き
  酒興に坐せば,
  恰も似る 霞洞に魂を遊ばせるに。
  俳句を得,
  試みに低吟すれば,
  含ひを含んで聲は沈み沈む。

 更漏子 詞譜・雙調46字,前段六句兩仄韻、兩平韻,後段六句三仄韻、兩平韻 溫庭筠
  ▲△○,△▲仄,△●▲○○仄。△▲●,●○平,▲○△●平。
  ○△仄換△△仄,▲●△○▲仄。▲▲●,●○平換△○▲●平。
   ○:平声。●:仄声。
   △:平声が望ましいが仄声でもよい。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻十一庚)
   平:平声の押韻。(拙作は中華新韻八寒)
   仄換:仄声の押韻の換韻。(拙作は中華新韻十一庚)
   平換:平声の押韻の換韻。(拙作は中華新韻九文)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
得俳句,試低吟,含愁聲沈沈。叠字用得好,很美。加之在句尾,让人觉得很缠绵。
一地清愁
2017/03/13 10:17
>叠字用得好,很美。
 含愁聲沈沈、〇〇〇〇平ですが、低吟、愁、沈沈という流れのなかで、自然にそうなってしまいました。
獅子鮟鱇
2017/03/13 16:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 其四十六之四 寄調更漏子 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる