獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 耳不忍聞 耳不旁聽 耳不離腮 七言絶句と五七令と俳句と短歌

<<   作成日時 : 2017/03/18 15:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2



 耳不忍聞:聞くに忍びず。情景の凄惨たるを形容する。 
 耳不旁聽:両耳があるも聴こうとしない。心を集中していることを形容。
 耳不離腮:耳は頬から離れていない。二つのことが十分に接近し、親密な関係にあること。

      七絶・耳不忍聞       2017.03.18 -48593

  學詩十載酒堪傾,吟叟醉誇押韻清。耳不忍聞思悶悶,鷯哥低首默無聲。
  ○○○●●○平,○●●○○●平。●●○○○●●,○○○●●○平。
             ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻

  詩を學んで十載 酒 傾くるに堪へ,
  吟叟 醉へば押韻の清きを誇る。
  耳は聞くに忍びず思い悶悶,
  鷯哥(九官鳥)首を低くして默りて聲なし。

      五七令・耳不忍聞      2017.03.18 -48594

  詩叟誇押韻,耳不忍聞聲悶悶。
  ○○○●仄,●●○平○●仄。
    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻四開平仄両用の押韻

  詩叟 押韻を誇るも,
  耳は聞くに忍びず
  聲 悶悶たり。

 俳句
  押韻は聞くに忍びず声悶悶

      五七令・耳不旁聽      2017.03.18 -48595

  醉筆遊仙境,耳不旁聽迷美夢。
  ●●○○仄,●●○平○●仄。
    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄両用の押韻

  醉筆 仙境に遊び,
  耳は旁聽せず
  美夢に迷ふ。

 短歌
  醉筆の遊ぶ仙境耳あるも旁聽せずに美夢に迷へり

      五七令・耳不離腮      2017.03.18 -48596

  詩毫遊硯海,耳不離腮含墨彩。
  ○○○●仄,●●○平○●仄。
    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻四開平仄両用の押韻

  詩毫 硯海に遊び,
  耳は腮(ほほ)を離れざるごと
  墨彩を含む。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
耳不忍聞思悶悶,鷯哥低首默無聲。
好句。思闷闷,默无声。似见其状。
一地清愁
2017/03/23 16:28
ありがとうございます。
鷯哥、鸚哥は、私であり、私の詩を評論してくれる友のように思います。
獅子鮟鱇
2017/03/23 19:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
耳不忍聞 耳不旁聽 耳不離腮 七言絶句と五七令と俳句と短歌 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる