獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 密雲不雨→ 七絶・密雲不雨苦吟長

<<   作成日時 : 2017/06/17 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 密雲不雨:黒雲空に満ちるも雨降らず。準備が整っているのにまだ始まらない状態と比喩。
.
      七絶・密雲不雨苦吟長    2017.06.17 -49199
.
  吟志勃勃擱酒觴,詩題未定苦吟長。密雲不雨却開霽,清曉東天迎曙光。
  ●●○○●●平,○○●●●○平。●○●●●○●,○●○○○●平。
          ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐平声の押韻。

  吟志 勃勃として酒觴を擱くも,
  詩題いまだ定まらず苦吟長し。
  密雲 雨ふらず却(かえ)って開霽,
  清曉 東天に曙光を迎ふ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
吟志勃勃擱酒觴,詩題未定苦吟長。密雲不雨却開霽,清曉東天迎曙光。
好诗,吟志勃勃,,,,迎曙光。中间曲折。最后宕开。
一地清愁
2017/06/20 10:45
ありがとうございます。
詩を詠む喜び、そのプロセスを詠んでみました。
書き始めたものの先に進めそうもない、そう思えることがありますが、密雲、大体いつも晴れます。
よい出来になるかどうかは別ですが。
獅子鮟鱇
2017/06/20 16:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
密雲不雨→ 七絶・密雲不雨苦吟長 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる