獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 十七字詩・現代詩魂滅 と俳句と短歌

<<   作成日時 : 2017/07/12 10:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 「現代詩」が日本の詩歌の最先端を走っているように思えた時は確かにあった。
 今から50年前の私にはあった。
 しかしその私も古希を超えた。
 「現代詩」が日本の詩歌の最先端を走っている
 そう思った当時の日本の若者は今は
 「現代詩」をどう思っているのだろう。
.
 「現代詩」は結局何であったのか。
 思えば「現代詩」は、いつの時代にもある。
 明治にも
 大正にも
 昭和の初めにも
 当時の人にとっての現代詩はあった。
.
 唐の時代にも現代詩はあった。
 そして唐代の詩人はそれを
 「今体詩」と呼んだ。
 「今体詩」は
 韻律すなわち押韻と平仄の規律に即した作詩
 という新しさで
 中国の詩壇に律詩と絶句を送り込んだ。
 そして その新風
 韻律に随って詩を作るという詩法は
 1000年の時を超えて
 現代にも継承されている。
.
 「今体詩」は韻律によって詩体を磨きあげた。
 だから
 その詩法は現代でも大いに生きている。
 しかし
 日本の戦後の「現代詩」は
 何を磨きあげたのだろう。
 そして
 そこで磨きあげられた「現代詩」の詩法があるとして
 今の時代の若い詩人は
 それをどう認識しているのだろう。
.
 今の若者たちの言葉は
 もはや私たちの年代の日本語ではない。
 最初に何をいい
 次に何をいい
 言ったことにどう責任をとるか を含め
 もはや私たちの年代の日本語ではない。
 つまり
 戦後何十年かの日本語ではない。
.
 「現代詩」がもし
 戦後何十年かの日本語の精華であり
 戦後の日本語の精華でしかないのだとしたら
 そんなものは
 私らの世代がこの世から退場するとともに
 消えさるだろう。
.
 作者が何を言いたいのか が
 すぐにはわからない。
 作者が何を言いたいのか を
 わかってもらえることを目的とはしていない。
 作者が何を言いたいのか を
 わかってもらおうとする筆使いを
 それは散文であると軽蔑する。
 「現代詩」がもし
 そういう詩であったのだとすれば
 私らには一時期カッコよかったとしても
 私らとともに退場する。
.
      十七字詩・現代詩魂滅    2017.07.12 -49336

  現代詩魂滅,藝林留斷弦。輓歌齊唱者,秋蟬。
  ●●○○●,●○○●平。●○○●●,○平。
     ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻

  現代の詩魂滅し,
  藝林に斷弦を留む。
  輓歌あり 齊唱せる者は,
  秋の蟬。

 詞書:現代の詩魂滅し藝林に斷弦を留む
 俳句:輓歌あり齊唱せるは秋の蟬

 短歌
  現代の詩魂滅して藝林に秋の蟬らの挽歌斉唱

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
現代詩はますます消えてゆく。

伝統詩(漢詩)ますます興る。
陳興
2017/07/14 15:44
 日本の「現代詩」は作者個人にしかわからないことが多く、作者個人とともに消えていくように思えます。
 しかし、漢詩も、中国はともかく、日本では、細々と命脈を保てるかどうか・・・
 いずれにしても日本の詩には、明るい未来は期待できそうにないですね。
獅子鮟鱇
2017/07/15 13:35
日本でいえば、俳句や短歌ですかね。詩は日本人が離れてゆくみたいでしょうか。漢詩も、現代詩も。

中国では、若い世代の漢詩つくる人が増えていますが、古くさいだらけほか、品質も別にして、つまり、個性の漢詩が満ちている現状。風雅の格好をつけるとか、わからないが、なにが違和感を感じだ今中国の若いもの(平成生まれ相当)の漢詩です。
陳興
2017/07/15 18:23
今の中国では、現代詩を詩歌と言い、(8割)
漢詩を詩詞と言い。(2割)

からみると、やはり、現代詩はまた主導しています。
陳興
2017/07/15 18:25
陳興さん
 中国の詩人の状況、ありがとうございます。
 日本の「現代詩」は、現代の詩人によって書かれた詩という意味ではなく、第二次大戦後に欧米詩の思潮を受け入れて始められた前衛的な詩のことをいいます。
 何が前衛であるのか、どのように前衛であるのかはともかく、詩は前衛であらねばならない、と多くの詩人に思われた時期があって、そこで生まれた詩を「現代詩」と読んで他の詩と区別してきました。
 「現代詩」は、それをどう定義するのかは難しいし、過去をあれこれ詮索するだけであれば、意味のあることでもありませんが、とにかく、
 「現代詩」は、現代の詩の一部であって全部ではありません。
獅子鮟鱇
2017/07/16 16:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
十七字詩・現代詩魂滅 と俳句と短歌 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる