獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 十老 漢俳十首 其一〜其六 と十七字詩

<<   作成日時 : 2017/08/12 10:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1 一老:徳高き老人 など。
.
      漢俳・十老 其一      2017.08.11 -49480
.
  櫻林有一老,晴晝飛聲競黄鳥,夕暮歸白道。
  ○○●○仄,○●○○●○仄,○●○○仄。
    ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻六豪仄声の押韻

  櫻林に一老あり,
  晴晝 聲を飛ばして黄鳥と競ひ,
  夕暮 白道を歸る。


2 二老:父母。

      漢俳・十老 其二      2017.08.11 -49481

  晩年懷二老,比肩花底温顔笑,元孫歩容巧。
  ○○○●仄,●○○●○○仄,○○●○仄。
    ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻六豪仄声の押韻

  晩年 二老を懷しむ,
  肩を比(なら)べ花の底に温顔にて,
  元孫の歩容の巧みなるに笑みしを。


3 三老:船長、舵手など。

      漢俳・十老 其三      2017.08.11 -49482

  請長年三老,滑清浪、湖心泛棹。秋水堪垂釣。
  ●○○○仄,○○●、○○●仄。○●○○仄
    ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻六豪仄声の押韻

  長年三老に請ふ,
  清浪を滑り、湖心に棹(ふね)を泛べよと。
  秋水 垂釣(つり)するに堪ふれば。

4 四老:四人の老人。商山四皓。

      漢俳・十老 其四      2017.08.11 -49483

  畫商山四老,夢筆縱横遊古道,花間擅詩料。
  ●○○●仄。●●●○○●仄,○○●○仄
    ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻六豪仄声の押韻

  商山の四老を画かんと,
  夢筆 縱横に古道に遊び,
  花間に詩料を擅(ほしいまま)にす。

5 五老:神話伝説中の五星の精。

      漢俳・十老 其五      2017.08.11 -49484

  念青天五老,却塵界蛙聲喧鬧。方丈爲蓬島。
  ●○○●仄。●○●○○○仄,○●○○仄
    ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻六豪仄声の押韻

  念ふ 青天の五老,
  塵界に蛙聲の喧鬧なるを却(しりぞ)くるを。
  方丈を蓬島となる。

6 六老:眼睛の別称。

      漢俳・十老 其六      2017.08.11 -49485

  幻花開六老。繆斯陪我醉眸嬌,酒渦浮笑貌。
  ●○○●仄。●○○●●○平,●○○●仄。
    ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻六豪平仄両用の押韻

  幻花 六老に開く。
  繆斯(ミューズ)陪我に陪して醉眸嬌(まなめ)き,
  酒渦(えくぼ)笑貌(えがお)に浮く。

      十七字詩・花顔目挑     2017.08.11 -49486

  幻花開六老,繆斯陪我笑。花顔浮酒渦,目挑。
  ●○○●仄,●○○●仄。○○○●○,●仄
    ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻六豪仄声の押韻

  幻花 六老に開き,
  繆斯(ミューズ)我に陪して笑む。
  花顔 酒渦(えくぼ)浮かべ,
  目は挑む。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
十老 漢俳十首 其一〜其六 と十七字詩 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる