獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ櫻を詠もう 其五十四之八 寄調留春令

<<   作成日時 : 2018/03/13 09:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「そうだ櫻を詠もう」シリーズ439首目、439番目の詞体は「留春令」
.
      留春令・春賞櫻雲喜醉吟   2018.03.12 -50657
.
  湖邊悦目櫻雲涌,艷雪舞、碧漣如鏡。隨風牽杖進花間,古道似、通霞洞。
  偶有旗亭沽清聖,花容笑、勸乘酣興。醉得靈感鼓詩魂,信口若鶯吟詠。

  湖邊に目を悦ばして櫻雲涌ぃ,
  艷雪舞ふ、碧漣の鏡の如きに。
  風に隨ひ杖を牽きて花間を進めば,
  古道は似る、霞洞に通ずるに。

  偶ま旗亭の清聖を沽(う)るあり,
  花容笑みて、酣興に乘るを勸む。
  醉って靈感を得て詩魂を鼓し,
  口に信(まか)せて鶯のごとく吟詠す。

 留春令 詞譜・雙調54字,前後段各四句,三仄韻 黄庭堅
  ○○●●○○仄,●●●、●○○仄。○○○●●○○,●●●、○○仄。
  ●●○○○○仄,○○●、●○○仄。●○○●●○○,●●●○○仄。
   ○:平声。●:仄声。仄:仄声の押韻(拙作は中華新韻十一庚)。

 「留春令」には他に50字 52字の詞体もある。

画像
 鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。 画:足柄金太郎

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ櫻を詠もう 其五十四之八 寄調留春令 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる