獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 七律・刻霧裁風玩勝景

<<   作成日時 : 2018/05/23 10:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 刻霧裁風:山水風光の描写に長けていることを比喩。
.
      七律・刻霧裁風玩勝景    2018.05.22 -51023
.
  贅翁終老覓清音,鶴歩玩幽披素襟。刻霧忘餐登筆路,裁風廢寢到辭林。
  曙光輝煥湖如鏡,霞彩燃燒天有岑。偏愛山河晨起早,出遊賞景正堪吟。

 贅翁 老いを終(過ご)すに清音を覓(もと)め,
 鶴のごと歩んで幽を玩び 素襟を披(ひら)く。
 霧を刻んで餐(く)ふを忘れ筆路を登り,
 風を裁き寢るを廢(はい)して辭林に到る。
 曙光 輝煥(かが)やいて湖 鏡の如く,
 霞彩 燃燒して天に岑(みね)あり。
 偏へに山河を愛して晨(あさ)起きること早く,
 出遊して賞(め)づ 景の正に吟ずるに堪ふるを。

 七言律詩平起式詩譜:
  △○▲●●○平,▲●△○▲●平。▲●△○○●●,△○▲●●○平。
  △○▲●△○●,▲●△○▲●平。▲●△○○●●,△○▲●●○平。
   ○:平声。△:平声が望ましいが仄声でもよい。
   ●:仄声。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   平:平声の押韻(拙作は中華新韻九文)
   なお、四字目の孤平(●○●)は不可。挟み平(▲●○○●○●)は可。
   また、第一句は△○▲●△○●でもよい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
七律・刻霧裁風玩勝景 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる