獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 河涜神・雲次鱗集共蘭臭

<<   作成日時 : 2018/06/11 09:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 雲次鱗集:雲のごとく鱗のごとく集まること。「次」は宿るの意味か。
,
      河瀆神・雲次鱗集共蘭臭   2018.06.10 -51120
,
  才媛試吹笛,騷人雲次鱗集。藝林風韻正堪惜,清聽皆忘呼吸。
  山鬼乘機沽賤酒,醉客高吟信口。雅興促同蘭臭,白頭隣坐紅友。

 才媛試みに笛を吹けば,
 騷人雲次鳞集す。
 藝林に風韻正に惜しむに堪へ,
 清聽してみな呼吸するを忘る。

 山鬼 機に乘じて賤酒(安酒)を沽(う)り,
 醉客の高吟 口に信(まか)す。
 雅興 蘭臭を同(とも)にするを促し,
 白頭 紅友の隣りに坐す。

 河瀆神 詞譜・雙調49字,前段四句四平韻,後段四句四仄韻 溫庭筠
  △●●○平,▲△○▲△平。▲○△●●○平,△▲△△▲平。
  △▲▲△○▲仄,▲△○▲△仄。△●▲○△仄,▲○○●○仄。
   ○:平声。△:平声が望ましいが仄声でもよい。
   ●:仄声。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   平:平声の押韻。(拙作は中華新韻十四姑)
   仄:仄声の押韻。(拙作は中華新韻八寒)
画像
 鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。 画:足柄金太郎

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
欣赏佳作。
白頭隣坐紅友。
巧句。
一地清愁
2018/06/11 10:02
ありがとうございます。
紅友=酒ですが、友であれば隣坐が使えるように思いました。
獅子鮟鱇
2018/06/11 17:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
河涜神・雲次鱗集共蘭臭 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる