アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「漢俳」のブログ記事

みんなの「漢俳」ブログ

タイトル 日 時
漢俳・醉忘生活
      漢俳・醉忘生活       2017.03.17 -48591 .   春風拂面多。賞櫻花下忘生活,與友醉高歌。   ○○○●平。●○○●●○平,●●●○平。     ○:平声。●:仄声。平:中華新韻二波平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/17 13:21
俳人待賞花 漢俳と七言絶句
 落選続きのNHK俳句  一句三押韻の七言俳句は、読み下せば和語五七五であっても  それだけでは俳句としては通用しないようだ。  読み下しが俳句らしき俳句でなければならない  ということだろう。 .  それはともかく一句三押韻の七言俳句  漢詩としてはあまりに短すぎて  七字で三押韻はとても窮屈  漢詩のよさを盛り込めるものではない。 .  つまり  あまり作り甲斐がない。  であれば、[NHK俳句]も  今年は漢俳とか十七字詩を中心に考えるべきか。  しかし  ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

2017/01/07 08:45
鶏鳴狗盜 五言絶句と漢俳
      五絶・鶏鳴狗盜       2017.01.06 -48081 .   鶏鳴酒豪醒,狗盜竅門吟。模倣師資藝,繆斯彈僞琴。   ○○●○●,●●●○平。○●○○●,●○○●平      ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻九文平仄両用の押韻。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/06 14:36
燒荒 七言俳句と漢俳と俳句と五言絶句
 明日25日〆切の「NHK俳句」其の一  題は「野焼 または自由」 .  野焼は和語であり、漢語としては通用しない。  そこで燒荒(荒を燒く)でいくことにし  三押韻の七言俳句四句を詠み一句を投稿。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/12/24 11:14
丁酉年賀準備 其一 漢俳と迎春樂
      漢俳・丁酉新懷        2016.12.18 -47946 .   三元啜三酉,吟競金鷄共詩友。雅意皆光有。   ○○●○仄,○●○○●○仄。●●○○仄       ○:平声。●:仄声。仄:中華新韻七尤仄声の押韻        三元に三酉を啜り,   吟じて金鷄と競ふ 詩友と共に。   雅意 皆が光有(所有)せり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/18 11:44
漢俳四首と五言絶句 生老病死
      漢俳・生辰八字才      2016.11.18 -47744 .   生辰八字才。醉吟七歩上燈臺,迎接明月來。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/18 14:14
漢俳四首と旧作五絶 東西南北
      漢俳・東海浮蓬島      2016.11.18 -47740   東海浮蓬島。詩客消閑交酒豪,高歌競花鳥。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/18 11:24
漢俳 頭藏十七首
漢俳 頭藏十七首  中国の段樂三が中心になって推進されている『風雅漢俳』に  過日、次の十七首を投稿した。 .  漢俳は日本の定型俳句が五七五に作ることに想を得て始められた中国の新定型詩であるのだが  日本語に翻訳されると短歌以上の長さになる。  つまり 作品の言葉が含む情報量がとても多く  その点で 日本の多くの俳人には  欧米のHaikuと同様に  俳句として受け入れていない。  彼らは  Haikuは俳句ではない 三行詩である といい  漢俳は俳句ではない 三行詩である といっている。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/18 10:18
漢俳と五言絶句 紅葉如夢蝶
      漢俳・紅葉如夢蝶      2016.11.16 -47715 .   天衣無縫舞。風裡飄飄紅葉如,夢蝶飛洞府。   ○○○●仄,○●○○○●平,●○○●仄。      ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十四姑平仄両用の押韻。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/16 13:16
旗袍 漢俳と五言絶句
      漢俳・繆斯穿旗袍      2016.10.28 -47597 .  旗袍適騎馬。繆斯馳騁撒詞華,行空寫神話。  ○○●○仄。●○○●●○平,○○●○仄。      ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻一麻平仄両用の押韻。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/29 05:54
春賞櫻花 漢俳五首
 下記は、4月に詠んでいたが、私の詩嚢に収納し、登録することを失念した5首。 .      漢俳・春賞櫻花 其一    2016.05.03 -46360 .  春風拂面柔。仰賞櫻花暫憩休,茅店酒香流。  ○○○●平。●●○○●●平,○●●○平。       ○:平声。●:仄声。平:中華新韻七尤平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/04 12:57
漢俳・夢十七首 『夢は斜めに落ちていく』
漢俳・夢十七首 『夢は斜めに落ちていく』  漢俳は五七五の十七字につくる。  夢という字をその十七字にあてはめ、漢俳十七首を詠んでみた。  和訳(読み下し)などは後記。 .    漢俳・夢 十七首    .  夢魔誑散士老作詩人買箋紙筆翰張蝶翅  蝶夢喜濃春詩翁鶴歩入櫻雲香雪舞繽紛  白日夢荒唐花間青女擧金觴紅雪舞蒼茫  癡人説夢巧離題萬里遊蓬島百花開古道  同牀異詩夢藝苑雲才遊玉洞泥筆生聲病  美醉枕肱時夢筆生花開墨池走箋題玉卮  生涯醉蜃樓春夢無痕醒晩秋紅葉落白頭  天仙帶青眼魂馳夢想遊銀漢對飲傾金盞  ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2016/05/04 09:25
風 漢俳十七首と五言絶句
      漢俳・風 十七首        2016.04.08 -46173-89 .   風花舞霞洞。詩人仰賞櫻雲涌,吟競春鶯哢。   捕風捉影人。探幽牛歩入櫻雲,鯨飲醉崑崙。   櫻林風色好。白頭鶴歩扮詩豪,鳳擧蒐詞藻。   傾盞醉風光。櫻林茅店花堪賞,詩魂聲易揚。   櫻雪舞夕風。詩叟惜春抱酒瓶,裁賦放悲聲。   層雲鎖夏天。風雨交加洗茅庵,午飲扮詩仙。   臥遊出燕居。餐風露宿求俳句,枕肘醒華胥。   醉客佯神漢。叱咤風雲開碧天,月下傾金盞。   愁客競蛩吟。口角生... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/08 17:53
漢俳一首と頭藏十七首
漢俳一首と頭藏十七首 (詞書)  韻律すなわち押韻と平仄の規律に従って詩を詠むことは  窮屈であり  自由詩が広く信じられている時代にあっては  旧時代の文化遺産と思われているようだ。 .  韻律に従う詩は  個人の自由な発想を阻害する とされて  韻律を学ぶ者は少ない。  しかし  個人の自由な詩的発想は詩にとってどれだけの価値があるのか。  個人の自由な詩的発想が  詩人自身の心を一個のたこ壺に変えてしまうのはなぜなのか。  自由詩は詩人自身の心に対し発想の豊かさを  どれだけ保証して... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/26 07:39
漢俳・猴年酬唱
 中国の段樂三さんとニュージーランドの林爽さんが推進する  漢俳のネット句会『猴年酬唱』に次の作を投稿した。        漢俳・迎接猴年       2016.02.07 -45770    猴年醉臉嬉/漢俳賀宴擺詩題/雅客競出奇  ○○●●平/●○●●●○平/●●●○平        ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十二斉平声の押韻。           猴年(猿の年)醉臉嬉(よろこ)ぶ   漢俳の賀宴 詩題を擺(ひろ)げ   雅客 出奇(非凡)を競ふ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/07 23:57
語無倫次 語無詮次 七言絶句と漢俳
語無倫次 語無詮次 七言絶句と漢俳  語無倫次:言葉に条理がないこと。  語無詮次:語に条理なし        七絶・語無倫次       2016.01.26 -45676    醉叟裁詩競酒仙,語無倫次作胡言。繆斯有意彈琴處,句自成章堪賞玩。  ●●○○●●平,●○○●●○平。●○●●○○●,●●○○○●平。                 ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/26 15:27
「第二十一次漢俳同題詩」へ投稿した
 中国の段楽三さんとニュージランドの林爽さんが推進している  「漢俳同題詩」  その第二十一次募集が2月15日〆切で進められている。    募集案内のメールに添えられていた  阿爽(林爽?)さんの句がとてもよい。     本期題目:手機   出題人:阿爽     老人愁難住/滿堂子孫低頭族/手機勝親屬  阿爽 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/20 20:56
段樂三さんと漢俳を応酬
段樂三さんと漢俳を応酬  元旦に中国・長沙市の段樂三さんから漢俳二首が送られてきた。        新年邀您  中国長沙市 段樂三     新年老作坊 漢俳香店聘專長 邀您又開張     詩家一起忙 蒸糕烙餅做痳糖 天下賣俳香 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/04 08:24
情深友于 五言絶句と漢俳
 情深友于:兄弟のごとくに情の深い付き合い。         五絶・情深友于    2015.11.14 -45133     情深友于好,骨肉喜相連。癈寢歡談處,共爲詩酒仙。   ○○●○●,●●●○平。●●○○●,●○○●平      ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平仄両用の押韻。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/14 21:49
真善美 七言絶句と漢俳
真善美 七言絶句と漢俳  詩は真善美  古人は韻律が生む言葉の美を尊び  詩は定型で詠むことを善としていた。  しかし 近代社会において自我が重んぜられるようになると  詩人はみずからの心の自由を宝とし  詩ではみずからの心の真を自由に詠むことを善とした。    そこでは 定型は  詩人の魂を檻に閉じ込めるものであり  あるいは  韻律に適わない詩人の言葉の入場を定型の門は拒むから  悪であり  非道だ。    しかし そのようにして称揚された詩人の魂は  それが真であり善であるとして ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/04 09:17
逍遥遊その三 漢俳と五言絶句
「逍遥遊その二 漢俳二首と俳句と竹枝」について      漢俳・逍遥遊        2015.10.25 -44945  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/25 21:20
逍遥遊その二 漢俳二首と俳句と竹枝
「逍遥遊 漢俳と五言絶句 各二首」について      漢俳・逍遥遊        2015.10.22 -44916 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/10/22 22:07
七言絶句 『夢爲魚骨抽動踊秋天 (夢に魚の骨となり痙攣しつつ秋天に踊る)』
七言絶句 『夢爲魚骨抽動踊秋天 (夢に魚の骨となり痙攣しつつ秋天に踊る)』  人間には多くの欲望がある。  なかでも罪深いのは食欲。  食べないことには生きていけないから食べるのだが  ただ食べるだけでは満足できず  美味しいものを食べたい と思うし  楽しみながら食べたい と思う。    そこで  生きた魚を丸のみにして喉ごしを楽しんだり  殺さずに肉を剥ぎ  骨と頭だけになった魚の末期の痙攣を鑑賞しながら  箸を進め酒を酌む。  弱肉強食。  この世にある限り人間の天下だが  あの世にいけば  餓鬼の食欲を充たすために  肉をそがれお... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/21 18:27
逍遥遊 漢俳と五言絶句 各二首
      漢俳・逍遥遊        2015.10.21 -44894 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/10/21 16:00
遊蜂浪蝶/浪蝶遊蜂 漢俳二首と五絶一首
 遊蜂浪蝶:態度軽佻にして女性をからかうのが好きな男。  浪蝶遊蜂: 同上 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/04 09:12
蝶粉蜂黄 漢俳と偲歌
 蝶粉蜂黄:古代の女性の化粧。顔は白く、額を黄に。        漢俳・蝶粉蜂黄       2015.10.01 -44801    含羞勸金盞。花容蝶粉競嬋娟,蜂黄催愛戀。  ○○●○仄。○○●●●○平,○○○●仄 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/01 21:20
狂蜂浪蝶 漢俳と五言絶句
 狂蜂浪蝶:軽薄に放蕩する男を比喩する。         漢俳・狂蜂浪蝶       2015.09.30 -44793     紅顔流目斜。白面狂蜂舞花界,浪蝶飛柳街。   ○○○●平。○●●○●○仄,●○○●平     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韵三皆平仄兩用の押韻。     紅顔の流し目斜めなり。   白面の狂蜂花界に舞ひ,   浪蝶 柳街に飛ぶ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/30 16:11
蝶戀蜂狂 漢俳と七言絶句
 蝶戀蜂狂:花咲く春光をいつまでも惜しむこと ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/29 20:07
秋蝶 五七令と短歌と漢俳
     五七令・秋 蝶       2015.09.24 -44754 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/24 15:40
俳句と漢俳 葛飾吟社9月例会 其二
「浪と涛はどちらが大波か 葛飾吟社9月例会 其一」について  風という目に見えないものを題にして詠む  というとてもいい発想と浪と涛で昨日の葛飾吟社例会で大いに盛り上げてくれた  長谷川破笑さんだが  第8回世界俳句協会大会でも  紫陌青猫(徐一平)さんと面白いことをやっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/13 11:31
四音ですでに足ります五七五 其の十三 五絶『眉高眼低』 と俳句と漢俳
 眉高眼低:顔面の変化、表情の変化。人に対する態度、処世の方法をいう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/20 10:14
そうだ 櫻を詠もう 其十九之二 寄調客家三行詩
「そうだ 櫻を詠もう 其十九 寄調十九字令」について  十九字の詩、見たことがないと思っていたが、思い出した。  「客家三行詩」。  「客家三行詩」は、世界の客家語の維持を目的とし、  客家語で詠もうと台湾で提唱された新短詩であるのだが、  漢俳同様に日本の俳句から想を得てはいるものの、  五七五ではなく、五七七に詠む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/24 13:58
漢俳『風裡櫻花飛 十七首』と七言絶句一首
「桜の樹の下の物語」について ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/18 22:46
漢俳『難理解花容化夢蝶(理解しがたし 花のかんばせの夢蝶と化するは)』
漢俳『難理解花容化夢蝶(理解しがたし 花のかんばせの夢蝶と化するは)』  分かるとは分けること  世界という得体の知れないものを腑分けして  臓器を並べ  言葉のラベルを貼ってやれば世界が分かる    角を磨いて刀にして牛を解体すれば  世界は牛だと解かる  だから 黄金の牛を神と崇めるならば  世界を昨日よりももっとよく理解できるだろう    よく分かる人には分別があり  よく別れる人には離別の悲しみ  別れの予兆が判るようになれば  慶長小判を山と積んで機嫌を直してもらう術を知る    分別 判別  分解 理解  おおむねそんな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/14 10:31
漢語俳句と漢俳と五絶「觀眉説眼」
 觀眉説眼:説は説き明かす(解き明かす)の意味。眉を観て眼を説く。人の顔色を見る。         四七令・觀眉説眼      2015.03.13 -43781 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/14 06:28
漢俳と五絶「筑室道謀」
 筑室道謀:家を建てるのに道行く人とともに考える。事をなすに自分の意見、計画性がなく、あれこれ聴くもついには事をなせずに終わる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/12 14:40
漢俳と七絶「任重道悠」
 任重道悠:責任重大にして,奮闘すること長き。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/11 21:37
漢俳と五絶「問十道百」
 問十道百:知るところ甚だ多く、口齒伶俐なるを形容する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/11 17:57
漢俳と五絶「説今道古」
 説今道古:今のことから古えのことまで談ぜざることなく、評論せざることなきを言う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/10 23:37
漢詩は世界中で詠まれてきたが、漢俳もだいぶ世界に広がっている
漢詩は世界中で詠まれてきたが、漢俳もだいぶ世界に広がっている  うれしいメールが届いた。  私は漢詩結社「葛飾吟社」の例会で講師をつとめ、詩誌「梨雲」の編集を担当しているが、昨年12月に発行したno.132が、ニュージーランドとブラジルの詩友に届かなかった。  多分、ペンネームで郵送したためだろう。  そこで、2月23日に再送、2月27日にニュージーランドの林爽さんから届いた、との連絡。  そして、今日、ブラジルの滕林さんから届いた、とのメールが、画像入りで送られてきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/10 23:34
漢俳と七絶「稱奇道絶」
 稱奇道絶:奇怪にして得難きに気付く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/09 22:12
漢俳と五絶「稱兄道弟」
 稱兄道弟:朋友の間で兄と呼び弟ということ。関係親密なるを形容する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/09 09:26
漢俳と五絶「稱雨道晴」
 稱雨道晴:雨といったり晴れといったり。話がまとまらないこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/08 20:34
漢俳と五絶「懷道迷邦」
 懷道迷邦:道を懷くも国に迷う。才徳があっても国のためには役立たないこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/08 14:27
漢俳と五絶「会道能説」
 会道能説:演説が巧みであること。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/05 16:53
漢俳と五絶とニ五令と俳句「古道熱腸」
 古道熱腸:古道は上古の風俗習慣。熱腸は熱き心。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2015/03/05 16:52
漢俳と竹枝「棄道任術」
 棄道任術:統治者が王道を行かず権謀術数の霸術を行うこと。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/04 07:25
漢俳と竹枝「樂道好古」
 樂道好古:道を守ることを楽しみとし,古きを好むこと。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/28 22:21
漢俳と竹枝「樂道安命」
 樂道安命:正道を楽しみ守り天命に安んじること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/28 22:19
漢俳と五絶「樂道遺榮」
 樂道遺榮:聖賢の道を楽しみ守り、栄華富貴を抛棄すること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/28 22:18
漢俳と五絶「樂道忘飢」
 樂道忘飢:聖道に醉うこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/28 10:10
漢俳と竹枝「道遠日暮」
 道遠日暮:道はなお遥かに遠きも日はすでに沈む。やらなければならないことがあるのにもはや時間がないことを形容する。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/26 18:52
漢俳と五絶と五七令「道頭知尾」目配せで酒を斟み増すよきおなご
 道頭知尾:始めを言うだけで終わりを理解する。思惟敏捷。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/26 16:34
漢俳と五絶と三七令「道弟稱兄」
 道弟稱兄:友だちの間で兄よ弟よと呼び合うこと,親密な関係。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/26 15:50
漢俳と五絶と四七令 「道盡途殫」
 道盡途殫:ゆくべき進路がなくなること。ゆきどまりにぶちあたること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/26 11:51
漢俳と五絶と四七令 「道山學海」
 道山學海:道も学も学問。学識が天よりも高く海よりも深いことをいう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/26 09:43
漢俳と竹枝・道東説西
 道東説西:乱雑に談論に加わること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/25 21:40
漢俳と五絶・遺風古道
 遺風古道:前の時代から伝えられてきた淳厚古朴なる風尚。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/25 09:07
十七字詩と漢俳・國運
 十七字詩も漢俳も十七字。そこで、十七字詩を漢俳としても通用するように詠んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/13 21:16
漢俳と五言絶句・運移時易
     漢俳・運移時易       2014.11.30 -43167 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/30 22:54
漢俳と五言絶句・神運鬼輸
     漢俳・神運鬼輸       2014.11.30 -43165 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/30 14:23
漢俳と五言絶句・才高運蹇
     漢俳・才高運蹇       2014.11.30 -43163 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/30 11:50
漢俳と五言絶句・應天承運
     漢俳・應天承運       2014.11.30 -43161 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/30 11:46
漢俳・世道四首
 中国の段樂三先生から漢俳の投稿を求められている。  題は「世道」。日本人6名、各一首とのことで、拙作どれにするか思案中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/25 16:25
漢俳→七言絶句→漢俳 同字重複を忌む
 腹熱心煎:心の中で焦り慌てること。  腹熱腸慌:焦り慌てること。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/25 14:29
七絶・骨騰肉飛
「漢俳・骨騰肉飛 詩詞で詠めなければ是非にも漢俳」について ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/25 07:34
漢俳・骨騰肉飛 詩詞で詠めなければ是非にも漢俳
  骨騰肉飛:@きわめて迅速に走る A心が顛倒することを形容する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2014/05/24 14:21
漢俳→五言絶句 骨軟筋酥
      漢俳・骨軟筋酥       2014.05.24 -42152 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/24 11:21
漢俳→五言絶句→七言絶句
 眼花耳熱:酒を飲んで微酔しているときの感覚を形容する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/05/24 00:00
五言絶句→漢俳 無駄を削り詩病克服
「眼を飛ばし情(なさけ)を傳へ酌む清酒」について ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/23 10:14
七言絶句→漢俳 無駄を削る
 心直口快:気性がさっぱりしていて、会話を楽しむことができる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/23 09:25
漢俳→五言絶句
      漢俳・脣焦口燥       2014.05.22 -42140   詩人論是非。白首脣焦求緑酒,口燥啜金杯。   ○○●●平。○●○○○●●,●●●○平 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/22 19:23
五言絶句→漢俳 推敲
「五絶・口乾舌燥」について  15日にこのブログにアップした下記五言絶句を漢俳に詠み直してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/22 14:28
漢俳→七言絶句→漢俳 推敲
 鼻孔朝天:鼻の孔を天に向けること。鼻高々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/22 09:59
漢俳・鼻青眼紫
 鼻青眼紫:鼻は青くなり、眼は紫になる。顔にひどい怪我をすること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/21 21:25
漢俳・鼻端出火
鼻端出火:意気風発、激情にかられる様子を形容。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/05/21 21:19
漢俳・心高氣傲
 態度傲慢、自分は人より一段上だと思っていること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/21 14:57
漢俳・頭疼腦熱
      漢俳・頭疼腦熱       2014.05.20 -42123 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/20 20:13
漢詩結社「葛飾吟社」の4月例会
「漢俳考その四「漢俳と詞」」について ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/13 15:56
七言絶句→漢俳→七言絶句
「漢俳考その三「漢俳と絶句3」 」について  有本有源:本源があること。  無根無蔕:頼るべきものがないこと。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/06 10:10
漢俳考その八「漢俳とHaiku」補足
「漢俳考その七「漢俳とHaiku」」について  前稿で、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/04 16:52
漢俳考その七「漢俳とHaiku」
「漢俳考その一「漢俳と絶句」」について  漢俳に中国の古典詩の詩法である韻律(押韻と平仄の規律)を踏まえたものが多いことを絶句と詞との比較で見てみたが、欧米のHaikuと同様に、押韻をしない漢俳も少なくない。  『中国漢俳百家詩選』は作者の年齢順に作品を掲載しているが、その最初の一首が、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/04/04 12:48
漢俳考その六「漢俳と詞3」
「漢俳考その五「漢俳と詞2」」について ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 22:26
漢俳考その五「漢俳と詞2」
「漢俳考その四「漢俳と詞」」について ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/04/01 20:36
漢俳考その四「漢俳と詞」
「漢俳考その一「漢俳と絶句」」について ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2014/04/01 19:35
漢俳考その三「漢俳と絶句3」
「漢俳考その二「漢俳と絶句2」」について  漢俳には,多少、筆を加えることで七言絶句に詠み直すことができる作品があることを、もう少し見ておきたい。  ただし、七言絶句に詠み直すことで、作品がよくなるkというわけではなく、漢俳と中国の伝統詩である絶句との関係がよくわかるようになるだけだ、ということは、忘れてはならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/03/31 20:33
漢俳考その二「漢俳と絶句2」
「漢俳考その一「漢俳と絶句」」について  漢俳を作ろうという運動で、指導的な役割を果たした重要の詩人のひとりに、林林がいる。  林林は、1930年代に早稲田大学に留学、詩人、散文家として知られ、中国日本友好協会副会長、中国日本文学研究会名誉会長などを歴任しているが、趙樸初の作品と同様に、七言絶句に詠み直すことができる漢俳を詠んでいる。   秩父行(其一《秩父事件》)    林林   萬衆食無糧,     萬衆 食ふに糧なく,     爭取民權動竹槍,   民權を爭ひ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/03/31 17:54
漢俳考その一「漢俳と絶句」
 昨年秋、『中国漢俳百家詩選』が中国で刊行された。中国の詩人百人の漢俳作品のアンソロジーで林岫女士が主編を勤めた。林岫さんは、浙江省紹興出身、詩人で著名な学者、書道家で、中国古典文学の教授を勤め、現在は国務院参事室中華詩詞研究院顧問、中国漢俳学会副会長、中国国家画院院部委員、研究員などの役職にある。大変な美人で中国の詩人・書家の間でとても人気のある才媛だが、編集者としては、『全球漢詩三百家』『漢俳首選集』などの主編を勤めた業績がある。  そして、今回は『中国漢俳百家詩選』の主篇。その労作を先月... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2014/03/31 09:23
秋の夜に風に吟じて酒を酌む
 きょうは、7月8月に詠んだ300首を整理し、HPにアップした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/03 20:02
柳蔭に銀鱗陣ぬる波の臣
      二五令・波 臣       2013.05.25 -1323 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/25 20:55
點となり少しく飲んで垂るる絲
      二五令・波 心       2013.05.25 -1322 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/25 20:40
江亭に美味き酒あり波の音
      二五令・波 聲       2013.05.25 -1321 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/25 20:30
山寺に亂蝉が嘶(な)く夏である
      二五令・夏 時       2013.05.24 -1313 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/24 10:58
雪のごと山麓白し夏の月
      二五令・夏 月       2013.05.23 -1312 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/24 10:47
熱烈に公約述べて夏である
      二五令・夏 節       2013.05.23 -1311 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/24 10:46
夏の畦(あぜ)汗が洗ふ老夫の疲れ
      二五令・夏 畦       2013.05.23 -1310   夏畦,汗洗老夫疲。   ●平,●仄●○平(中華新韵十二齊平仄両用の押韻) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/23 22:38
餅くへば午風が篩ふ夏の景
      二五令・夏 景       2013.05.23 -1309 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/23 22:37
風に餐ふ露宿の仙や夏の山
      二五令・夏 山       2013.05.23 -1308 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/05/23 21:54
細心の熟慮は棋譜を読むごとく
 胆大心小:決断するに大胆。考慮するに細心。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/30 22:55
古池や水は涸れゆき大魚が殘る
 魚大水小:消費>生産。生産機構が非効率であることを形容する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/30 22:54
東西に勸める女と醉う男
 男女老小:人間のありよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/30 22:53
長きを斷ち短きを補ふ辭林の詩
 斷長補短:他人の長所を取って自分の短所を補うこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/29 11:03
心長じ髪短き鬼の賣る季題
 心長髪短:歳をとり智謀にたけた老人。         漢俳・心長髪短       2012.11.29 -2892 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/29 10:58
情長し紙は短く筆渋る
 情長紙短:紙は短く情の深長なるを書き尽くせないこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/29 10:54
夜は長く夢は短かく愁ひあり
 夜長夢短:思うこと多く寝付けないこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/29 10:53
東へ移り西を補ふその日暮らし
      漢俳・移東補西       2012.11.28 -2887 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/28 22:58
指すは東 話は西の無駄話
      漢俳・指東話西       2012.11.28 -2886 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/28 22:56
東を説き支離滅裂に西も道(い)ふ
      漢俳・説東道西       2012.11.28 -2885 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/28 22:55
日は東に月は西に隔てあり
      漢俳・日東月西       2012.11.28 -2884 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/28 22:53
たんぽぽや約束などは風まかせ
 蒲公英:花言葉は「軽率、軽薄」ほか。「神託」、「真心の愛」というのもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/04 16:43
忘れな草や翠娥去らんと黄鶴に騎(の)る
 毋忘我:ワスレナグサ。花言葉は「私を忘れないで」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/31 20:10
桂宮に花貌老いたり松虫草
 松虫草:花言葉は「寡婦の悲哀」ほか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/27 17:19
龍胆(りんどう)や腸は断つ青年は檻
  龍胆:リンドウ。花言葉は「正義」ほか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/26 08:47
吾木香狂ふふりして酒郷へ歸る
 吾木香:ワレモコウ。吾亦紅に同じ。花言葉は「流逝」ほか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/25 22:44
金盞花思ひ乱麻の飲み屋かな
 金盞花:キンセンカ。花言葉は「別れの悲しみ」ほか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/25 21:20
極楽鳥花開けば笑ふ吉祥天女
 天堂鳥:ゴクラクチョウカ。花言葉(中国)は「自由」「吉祥」ほか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/24 23:02
酔いどれを嗤ひべろ出すアンスリウム
 火鶴:アンスリウム。花言葉は「煩悩」ほか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/24 21:50
牡丹や才媛醉顔鮮やかに
 牡丹:花言葉は「恥じらい」ほか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/24 21:48
月下美人が月下の美人の家に
 曇花:月下美人。花言葉は「はかない恋」ほか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/24 21:47
チューリップや花郎(ファラン)が仕える蕭娘あり
  鬱金香:チューリップ。花言葉は「恋の宣言」ほか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/23 21:56
ゼラニウムや原罪満てる紅き閨
 天竺葵:ゼラニウム。花言葉は「愛情」ほか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/23 21:18
カーネーション謹呈するはわが慕情
 康乃馨:カーネーション。花言葉は「慕情」ほか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/23 21:11
月明や歩むにまかせ踏む北溟
          画:足柄金太郎 http://ashigara-kintarou.at.webry.info/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/10 22:26
才智あり恥を雪ぐに五歩で詩をなす
 五歩成詩:五歩あゆむ間に詩を作る才能。速成の詩才 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/10 22:13
蓮の花の歩みたくみに五十歳
  歩歩蓮花:輕盈たる女性の歩みぶり。杖家:五十歳。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/10 22:04
天晴れて歩に歩を重ね雪の峰
      二七令・歩歩高昇      2012.08.10 -1694 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/10 21:56
残暑や鵞鳥が歩む五七五
 雅友金太郎さん(http://ashigara-kintarou.at.webry.info/)からとても涼しげな絵葉書をいただいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/10 21:41
いざ問はん古聖の墓と先賢の書
      漢俳・古聖先賢       2012.03.23 -0671 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/23 22:15
生まれたら老いや病いで死んでゆく
 俳句は省略の詩であり、言葉の無駄を削りに削って詠むものだ、と説かれたことがある。  言葉の無駄を削る―その結果、十七音を割り込むことになっても、やはり短くすべきだとすれば、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/21 23:15
水尽きて鵞鳥飛びゆき客帰る
      五七令・水盡鵞飛      2012.03.14 -0620   霞漿涸玉杯,水盡鵞飛醉叟歸。   ○○●●平,●●○平●●平 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/14 21:30
自然を愛さん酒を帯びれば歩みふらつく
      漢俳・開門見山       2012.03.10 -0596 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/10 21:55
流水や映る雲あり山もあり
 流水行雲:自然で流暢、拘泥しないことを形容する成語。  流水高山:知己あるいは知音を比喩する成語。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/09 21:14
丹心を緑酒洗へば青筋がたつ
 「青筋を立てる」は日本語に固有の表現だと思っていたが、中国語で「青筋暴露」という。  漢学が輸入し自家薬籠中の和語としたのだろう。     血性男児:熱情に溢れ勇敢な男子。         漢俳・血性男児       2012.03.06 -0571 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/06 22:26
丹心を洗う碧血が涌く金樽
丹心碧血:忠誠心。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/05 22:28
悲しいかな/津波/米をとぐ
      漢俳・海嘯淅        2012.03.04 -0555 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/04 23:01
梅をめで櫻もめでて對酌せん
 日中国交回復四十年を思い、一首。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/29 21:43
九泉の酒に閻魔を罵らん
 含笑九泉:死後もなお楽しむこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/28 21:55
黄泉に老いて金仙になりにけり
      曄歌・老黄泉        2012.02.25 -0530   有金仙,延年傾盞,老黄泉。   ●○平,○○○仄,●○平(中華新韵八寒平仄両用の押韻) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/25 22:25
縦横に馳せて忘れる歸り道
      七言俳句・縱横馳騁    2012.02.23 -0512 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/23 23:30
閨秀や化粧も俳句も花の底
      漢俳・馳名天下      2012.02.21 -0504 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/21 23:15
桂冠にまさる鶏冠(とさか)の型をとる
 俳人の定型遵守は、俳譽と無縁ではないと思う。  鷄群の孤鶴であるよりは、鶏冠の立派な雄鶏でありたいのだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/16 22:50
卵を見れば鷄が鳴く飢えの妄想
 「スピード感をもって」という言葉が時々使われるが、奇妙な日本語だ。  「スピード」は英語に由来し、「感」は漢語に由来し、「をもって」は日本語に固有のもの。  「スピード」も「感」も自立した言葉であり、それ自身に伝えるべき内容があるが、「をもって」には、それ自体には伝えるべき内容がない。  そこで私には、日本語がひどく貶められているように思えてならない。  「スピーディーに」といえばそれでいいではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/16 21:45
鞍を見て師匠の馬を思ひけり
 見鞍思馬:遺品を見て亡き人を偲ぶこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/15 22:40
句を求め山に迷ひて帰らぬ人
      漢俳・濁骨凡胎      2012.02.14 -0437 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/14 22:21
交尾する蛇の影なり杯に弓
      漢俳・蛇影杯弓      2012.02.13 -0429 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/13 23:13
餘杯に月 冷炙に蠅の宴のあと
      漢俳・餘杯冷炙      2012.02.13 -0428 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/13 22:30
同工異曲 櫻no.231〜no.235
      師師令・春賞櫻雲     2012.02.12 -0414 no.235 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/12 17:37
音韻の技巧を凝らし花を売る
      漢俳・俳人討春      2012.02.11 -0405 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/11 20:53
鷄群の孤鶴に桂冠やらず老ゆ
        漢俳・鷄群孤鶴       2012.02.10 -0396 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/10 21:41
漢俳は錦上添花の俳句かな
     漢俳・有枝添葉       2012.02.09 -0395 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/09 22:24
酬いるにまずは杯傾けん
     漢俳・有求必應       2012.02.09 -0394 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/09 22:23
勇ましく詩魔に恋して酒に中(あた)る
     漢俳・有勇無謀       2012.02.09 -0393 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/09 22:22
漢俳 多作のための一作法
 詩の上達の方法として漢詩では「三多(看多、作多、商量多)」が説かれている。  三多は、多く読み、多く作り、多く工夫すること。  そして、俳句には「多作多捨」がある。  しかし、どのような作り方をすれば「多作」できるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/08 15:30
漢俳:鴬 その十
      漢俳・鶯飛草長      2012.02.08 -0387 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/08 12:04
漢俳:鴬 その九
      漢俳・鶯儔燕侶      2012.02.08 -0386 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/08 12:03
漢俳:鴬 その八
      漢俳・鶯巣燕壘      2012.02.08 -0385 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/08 12:02
漢俳:鴬 その七
      漢俳・鶯聲燕語      2012.02.07 -0384 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 23:12
漢俳:鴬 その六
      漢俳・鶯吟燕舞      2012.02.07 -0383 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 22:59
漢俳:鴬 その五
      漢俳・鶯期燕約      2012.02.07 -0382 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 22:49
漢俳:鴬 その四
      漢俳・鶯歌蝶舞      2012.02.07 -0381 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 22:35
漢俳:鴬 その三
      漢俳・鶯歌燕舞      2012.02.07 -0380   買酒作詩徒。筆底鶯歌無角度,燕舞畫圓弧。   ●●●○平。●●○○●○仄,○○○●平(中華新韵十四姑平仄両用の押韻) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 22:17
漢俳:鴬 そのニ
      漢俳・鶯歌燕語      2012.02.07 -0379 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 22:04
漢俳:鴬 その一
      漢俳・草長鶯飛      2012.02.07 -0378 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 21:47
高らかに鶯鳴けば黄泉(よみ)が涌く
      四四俳句・春       2012.02.07 -0377 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 21:19
黄鳥(うぐいす)が哢(な)いて黄泉涌きにけり
      三三俳句・春       2012.02.07 -0376 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 21:13
鶯も櫻もともに庚(かのえ)韵
      七言俳句・櫻       2012.02.06 -0365 櫻番外no.1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/06 23:51
天文を問ひてまた問ふ天分を
      七言俳句・問天天分    2012.02.01 -0328 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/01 23:09
お役所の文章や世は恙なし
 官樣文章:役所の文書のような文章。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/30 21:47
歯はなくも舌が残れば山河あり
      漢俳・齒亡舌存      2012.01.27 -0261 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/27 22:56
政治家の薄き唇輕き言
 薄唇輕言:言動の気楽であるさま。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/21 20:57
口はひとつ聲は同じの三句かな
 今夜の漢語Haikuは季語のかわりに四字成語で五句。題は「同聲」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/19 21:35
門を開き山を見れば巫女を追ふ
 開門見山:談話や文章で、前置きなしに直ちに本題に入ること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/05 23:00
伴侶なくも浮文巧語に巫女と雨雲
 浮文巧語:華やかだが内容がない言葉。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 22:14
前世の浮名と虚譽を刻む墓誌
 浮名虚譽:空しい名誉。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/03 21:23
放浪の足跡たどれば句碑と酒旗
 浮迹浪踪:行方に定めなきこと。放浪の足跡。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 20:58
山で詠む句や魍魎に諮る秋
 多謀善斷:智謀に富み、善き判断が下せること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 20:44
貧しきに安んじ道を樂しまん
 安貧樂道:貧しきに安んじ道を樂しむこと。  定型俳句の五七五十七字をもって世界最短の詩という者多し。  しかるにわずか四字をもって五七五に読み下すは如何なる所業ぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 20:27
多愁善感(タシュウゼンカン)詩と酒と障子に寒し月の印
 多愁善感:空しく多感であること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/02 20:52
世の人は貧乏嫌ひ詩は詠まず
 愛富嫌貧:富めるを愛し貧しきを嫌うこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/02 20:21
悶海愁山 紙魚の泳ぎに書蠧の聲
 昨日に引き続き「悶海愁山」を詩材とする。「紙魚」も「書蠧」も本の虫。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/02 17:01
夢を破る雁の声あり年の暮れ
 悶海愁山:煩悶は海のごとく愁いは山のごとく ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/01 23:19
独り寝の旅に凍るや水時計
 衾寒枕冷:布団は寒く枕は冷たい。独り寝の孤寂凄凉たるさまを形容する成語。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/01 22:54
雪を担い井戸を塞いで乾杯す
 漢俳は日本の定型俳句五七五に模して五七五に作る漢語俳句。言葉の情報量が短歌よりもずっと多くなる。  そこで、日本の定型俳句に阿って五七五に詠んでみても、日本語の五七五しか詠まない定型派俳人から相手にされることはほとんどない。  また、俳句に興味があるなしにかかわらず、日本の漢詩人が漢俳を詠むこともほとんどない。  つまり、漢俳を作る者は日本にはほとんどいない。  しかし、(私はこれまでに漢俳を4000首あまりを詠んでいるが、その立場からは、)一個の定型短詩として活用の余地はある、と敢え... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/11/30 23:36
「漢詩:歳暮」について
「漢詩:歳暮」について ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/01/07 17:20
皮が開き肉が裂けても詠む俳句
 皮開肉綻:傷みつけられること。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/06 23:30
老殘が棺に坐りて高吟す
新宿 ジャズバー・サムライ開催の、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/15 20:11
ホトトギス血に啼き悲し山に月
 ホトトギスは夏の季語だが、まだ暑いので。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/06 21:56
飢餓に愁い肉牛相手に琴を弾く
    三五令・彈琴對肉牛 2010.09.05 -2006 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/05 22:13
棺桶に□人三百坐りをる
この句の□は闕字とします。すべての人は死ぬのだということを念頭に、適当に字を補って読んでください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/05 21:53
皇帝の新衣に露わに雪の肌
  「皇帝新衣」は中国語で「裸の王様」を意味します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/05 20:55
仮名を知らず真名だけで書く北京の句
 八月の下旬から私は、日本の俳句に対応しているといえる漢語の短詩の詩型を探しているが、解はひとつではなく、何をもって日本の俳句に対応しているというかで、これだけ、という答えはない。  日本語への読み下しが五七五となる漢語短詩を作るなら、その字数は七言で足りる、というのが解のひとつ。  七言だけでなく、その前後の字数でも和語五七五にはなるが、作るうえでは二二三の七言がわかりやすいだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/05 13:30
閑である 盞(さん)を傾け一週間 その三
 私は「一首の字数(音数)は十七字以下、句数は三句以下、一句の字数は九字以下」の漢語短詩の字数律作りを続けているが、 実はまだまだ漏れがある。  そこで、上句を一字、中句を三字、下句をX字とする句を考えてみる。  ただし、最終句が二字という詩型を私はこれまで見たことがない。そこで、2<X<10。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/28 22:57
月冴えて光る頭を照らす秋
 日本の定型俳句は五七五の三句十七字に作る。  その三句十七字に対応する漢語の短詩を作ることとし、漢詩の韻律を踏まえるなら、どれだけの定型詩型を考えることができるのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/28 17:06
秋悲し美酒に鼓すべし吟喉を
 日本の定型俳句は五七五の三句十七字に作る。  その三句十七字に対応する漢語の短詩を作ることとし、漢詩の韻律を踏まえるなら、どれだけの定型詩型を考えることができるのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/28 16:59
花を賞(め)で月下に声を飛ばしたり
 日本の定型俳句は五七五の三句十七字に作る。  その三句十七字に対応する漢語の短詩を作ることとし、漢詩の韻律を踏まえるなら、どれだけの定型詩型を考えることができるのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/28 16:45
花言をばたくみにかせぐ酒の銭
 日本の定型俳句は五七五の三句十七字に作る。  その三句十七字に対応する漢語の短詩を作ることとし、漢詩の韻律を踏まえるなら、どれだけの定型詩型を考えることができるのだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/28 16:42
鳴く蝉に似たり詩仙と競う吟
 日本の定型俳句は五七五の三句十七字に作る。  その三句十七字に対応する漢語の短詩を作ることとし、漢詩の韻律を踏まえるなら、どれだけの定型詩型を考えることができるのだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/28 16:38
金太郎飴で管見すれば金太郎 その十
    五七令・坐井觀天 2010.08.22 -1642 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/22 23:08
金太郎飴で管見すれば金太郎 その九
    五七令・束教管聞 2010.08.22 -1641 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/22 22:47
金太郎飴で管見すれば金太郎 その八
    五七令・敬陳管見 2010.08.22 -1640   白首有閑言,敬陳管見講黄泉。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/22 22:45
金太郎飴で管見すれば金太郎 その七
    五七令・井管拘墟 2010.08.22 -1639 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/22 22:44
金太郎飴で管見すれば金太郎 その六
    五七令・以管窺天 2010.08.22 -1638 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/22 22:42
金太郎飴で管見すれば金太郎 その五
    五七令・管窺蠡測 2010.08.22 -1637 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/22 22:41
金太郎飴で管見すれば金太郎 その四
    五七令・管窺筐擧 2010.08.22 -1636 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/22 22:40
金太郎飴で管見すれば金太郎 その三
    七五令・管中窺豹 2010.08.22 -1635 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/22 22:39
金太郎飴で管見すれば金太郎 その二
    五七令・管見所及 2010.08.22 -1633 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/22 22:37
鳴く蝉の勧めに応じ為る詩仙
 短歌−七七=五七五。そこで、十六字令−三五=一七=八言俳句の句譜、ということもあるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/20 23:28
蝉蛻が浴びる天水 美酒のごと
 詩人にも俳人にもミューズに愛されていて、言葉が天から降ってくる人がいる。言葉が天から降ってきて、それを花びらのように両手で受けさえすれば詩になり、俳句になってしまう、そのように見える人がいる。  しかし、私はどうやら、そういう人の一員ではない。そこで、韻律に頼らざるを得ないのだが、韻律は、ひとたびそれを明確に理解すれば、自由律へと辿りつく。少なくとも漢詩の韻律はそうだ。だから、読み下せば和語五七五の定型俳句となる漢語俳句としては、七言俳句がいちばんだとしても、八言や六言の漢語俳句の句譜を組む... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/19 23:54
蝉蛻や会社の人が勇退す
 読み下せば五七五となる、というだけの俳句として、七言俳句の句譜を昨日明示したが、その八個は、詩の七言の句読法上四下三および上二下五を下敷きにした句譜です。  詞や曲の七言句では、上一下六、上三下四という句読法もあり、これを踏まえれば七言俳句の句譜は、もっと増やせます。  また、読み下せば五七五となる、というだけのことを目的とするのであれば、六言俳句とか八言俳句とかもあるのであって、六言の二二二、上三下三、上一下五とか、八言の上四下四、上五下三、上一下七とかの句読を踏まえ、韻律に即した句譜を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/18 11:39
七言の俳句に句譜を添えにけり
 ここでは、私の今日の記事「句が飛べば蝉の抜け殻五七五」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/17 20:52
肌を侵す金気を人は喜べり
    六言俳句・金氣侵肌 2010.08.15 -1578 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/16 22:17
風韻のなお存すれば鬢に霧
    六言俳句・風韵猶存 2010.08.15 -1577 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/16 21:45
国破れ山河はただに広きかな
    七言俳句・國破山河 2010.08.15 -1568 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/15 21:37
もう秋だ天高くして塞翁老ゆ
    七言俳句・秋 高 2010.08.15 -1567 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/15 21:30
秋晴れて鷄啼いて子規忌かな
    七言俳句・子規忌 2010.08.14 -1566 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/14 21:16
酒豪らも老いたるごとし月今宵
    七言俳句・月今宵 2010.08.14 -1565 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/14 21:15
西風が夢に吹くなり鐘の声
    七言俳句・秋 2010.08.14 -1564 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/14 21:13
金秋や酒にそぞろに愁ひ牽く
    七言俳句・秋 愁 2010.08.14 -1563 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/14 21:11
曠き野の天に街あり星月夜
     七言俳句・星月夜 2010.08.13 -1555 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/13 22:02
秋の夜に舞う蝶である桐一葉
     七言俳句・桐一葉 2010.08.13 -1554 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/13 21:57
秋扇も煽ぐに堪える朱臉かな
     七言俳句・秋 扇  2010.08.13 -1553 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/13 21:56
小題を大きく作り子規が啼く
 「針小棒大」は日本で作られた四字熟語のようなのだが,「小題大作」はれっきとしたmade in Chinaの四字成語。  「小題大作」は,小さな題目を選んで大文章をなすことをいう。  小題大作の俳句は,良い句なのではないかとおもいつつ, ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/26 23:57
漢語俳句だって俳画になる
 俳画家で俳人で英語のHaikuも作る清水国治さんが,私の漢語俳句 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/15 21:36
漢俳・麟角鳳毛 彩筆となる
      漢俳・我有烟霞癖      2010.01.07 -0058 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/01/07 22:30
漢俳:巨匠は棺おけに近し
 今年の漢字「新」にからんできのうにひき続き漢俳。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/12/19 22:48
もはや旧聞ですが,2009年の「今年の漢字」は「新」
 だということで,今晩は漢俳一首。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/18 22:38
四七令:天上と人間(ジンカン)
      四七令・天上人間     2009. 11.11 -2786 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/11 22:53
四七令二首:天涯地角に棲む鳥は など
      四七令・天外有天     2009. 11.10 -2773 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/10 22:42
今宵の一作は漢俳
      漢俳・迷路俳山麓     2009. 11.07 -2769 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/07 23:19
漢俳:璞に反(かえ)り真に帰す 
      漢俳・反璞歸眞      2009.11.01 -2726 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/01 23:15
情を禁じ慾を割く毎日
 若いときにもっと戀をしておけばよかったと思います,あの頃の相手に,相手にされての話ですが。  老い去ってしまった今は,枯れたのではありません,ひたすら,情を禁じ慾を割くしかなく・・・ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/29 22:56
四七令を文選(もんぜん)読み風に作る
 文選(もんぜん)読みは,漢語をまず音読し,さらに同じ漢語を訓読する読みかただが, つまりは,音だけでは簡単には理解できない言葉をわかりやすく声にすることをいうこと。  とすれば,漢語を眼で見るだけではわかりにくい成語をわかりやすく詩句にする,ということが あってもよいだろう。  馬から落ちて落馬しても,よい。あるいは, ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/27 22:16
景に触れて情を傷(いた)む
 きょうはおとなしく漢俳の凡句を垂れ流します。どこが凡かは,いわずもがなです。  10時からNHKで,世界遺産シリーズの「リトアニア」を見ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/26 21:55
日本漢詩壇の最重鎮T・I先生が漢俳を
 作っている,ということを耳にした。  これまで,日本の漢詩壇は漢俳に対し冷淡だと思っていたが,風向きが変わったのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/25 23:38
きのうはブログがたぶん混んでいて,アクセスできなかった
 以下,きのうの分。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/20 23:14
マーマーマ ターマータ ターマーホア
      俳句・一 首         2009.10.18 -2634 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/18 23:20
 金中さんの「漢詩朗誦会」で
 久しぶりにユウ燕(エン)さんに会った。  ユウ燕(エン)さんのホームページは、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/16 23:51
きょうはいろいろあってもう22:40
 ブログのため,何か書かなければならない,これから。  リトアニアのことも,もっと書きたいが,俳句一句を詠むのが精一杯だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/15 23:24
漢俳を作ってみたいという学生のために その三
 「漢俳を作ってみたいという学生のために その二」を書いていて改めて考えたのだが,私のような作り方においては,作者の創造力がどう働くか,ということが問題となりそうだ。 『誰にでもできる漢詩の作り方』の3ページ(P77〜79)に載っている詩語だけで作るのだから,作品の材料ととなる言葉そのものについての作者の創造性は無に等しい。また,そこから選んだ言葉を組み合わせて五字句,七字句を作り,それを適当に並べて一首の漢俳作品にするのだが,その組み合わせに独創性があるといくらいってみても,誰がそのとおりだ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/22 23:53
漢俳を作ってみたいという学生のために その二
 今日の夕方,八月の末に書いた拙稿「漢俳を作ってみたいという学生のために」に,どなたからか《気持玉》驚いた,をいただいた。  何に驚かれたのかはわからないが,およそ俳句らしくない漢俳の作り方に驚かれたのかと思う。  少なくとも作者である私は,受験勉強の問題集を開くようにして『誰にでもできる漢詩の作り方』を開き,ある種機械的に,漢俳を作ったのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/22 21:14
トゥユーシーユーフージユー など七言俳句三句
    七言俳句・題俳句 三句     2009.09.02 -2472〜4 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/02 21:03
フーフーシューシューウーチーウー
     俳句・狐 扶       2009.09.01 -2471 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/02 08:25
ジーティーチーリィジティーピィ
      俳句・鷄 啼       2009.09.01 -2469 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/01 23:13
漢俳を作ってみたいという学生のために
 『誰にでもできる漢詩の作り方』(太刀挂呂山)を教材に,いくつか作った。  『誰にでもできる漢詩の作り方』の詩語表の使い方を知ってもらうことが目的。  73〜74ページの「新秋即事」にある詩語だけで一首を作る。  詩語をジクソーの一片のように扱ってみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/31 22:59
リトアニアの漢詩理解は凄い
 私は夏石番矢氏がディレクターを勤める「世界俳句協会」の一員として,リトアニアで開かれる「ドルスキニンカイ詩の秋と第5回世界俳句協会大会2009」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/28 20:34
頭が動かない→漢俳一首
 きょうは仕事で出勤した。家に帰って,時間がなかったわけではないが,頭が動かない。  『禅林句集』から句を借りて漢俳一首。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/18 22:36
今宵は安直に漢俳一首を作る
 岩波文庫の『禅林句集』に「古木鳴寒鳥 空山啼野猿」という十字句がある。この句,出典は唐詩とあるので,当然といえば当然だが,平仄が整っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/14 23:22
旅に病んで夢は枯野をかけ廻る
 もし芭蕉にこの句がなく、わたしが作って定型派のしかるべき俳人に見てもらったとすれば、この句はきっと「旅に病み夢は枯野をかけ廻る」と直されるだろう。字余りであり、五七五でないからだ。  これをどう考えるか?思うに芭蕉は、発句にふさわしいリズムについての認識はあっただろうが、五七五に作らねばならぬ、という認識はなかったのではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/10 23:30
今夜は旧稿「漢俳に韻律は必要か」
 この稿は2007年10月に書いたもの。小生の旧ブログに掲載していたが,閉鎖されたのでここに再掲します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/09 21:55
五七五の音数律がどれだけ世界に通用するか
といえば、ほとんど絶望的であるだろう。と、ハングルの入門書を眺めながらそう思う。というのも、ハングルは非常に工夫された文字で、一音節を一字で示すことができるからだ。  日本の仮名だってそうだ、という人が必ずいる。確かに仮名は音節文字であり、やまと言葉の音節は一音節一字で示すことができる。しかし、中国語や英語、要するに外来語は、そのもとの音節数と同数の仮名で表記することができない。  ハングルは、しかし、それができそうだ。  少なくとも漢語については、漢字表記三文字であればハングル三文字に、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/25 21:57
「一億人の俳句入門」という本の広告が、
 私が俳句をめぐって記事を書くと貼りついてくる。無料ブログなのだから仕方がないが、私はその本の講読を勧めているわけではありません。  1億人の俳句、一方で俳句人口は1000万。この算数、どういうことなのだろう。1億人は日本の人口のことだろうか。  日本の人口は約1億3000万人、すでに1000万人が俳句に入門しているとすれば、残りは1億2000万人、文字はまだ読めない5歳以下の幼児と、文字を読むのがもう厭だという人が多分多いに違いない85歳以上の高齢の方、その合計が約1000万人、残り100... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/18 20:51
俳句が詩であり、短歌も詩であるのなら、哲学も
 世界最短級の詩であるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/16 08:18
今宵の漢語俳句1時間は漢俳8首
 19時50分に始めて20時50分に筆を擱いたが、あまり気が乗らなかった。  漢語俳句では最近は湾俳の四七、あるいは五七のリズムが、脳を占めてしまっている。  日本の俳人は五七五ばかり、歌人は五七五七七ばかり、という傾向が強いと思うが、四七ばかりを作っていると四七ばかりの脳になり、湾俳ばかりになる。そんな気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/14 21:11
今宵は週末なので休講(ではなく)旧交(でもなく)旧稿を
お読みください、よろしければ。  2004年9月、私は漢詩結社葛飾吟社の一員として北京首都大酒店で開催された「2004年中日短詩研討会」に出席し、次の原稿に基づく発言をしました。  会議後の懇談会で中国側の出席者から、私の発言は精緻でよかった、と評されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/12 20:56
べた凪の辞海を泳ぐ俳魚かな
風平浪静,俳魚遊泳辞瀛浄。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/10 22:04
漢俳五七五を二三二に短縮すること
 また聞きであるのでお名前は伏せるのですが、著名な俳人であるAA先生は、私の詩友であり俳人であるKM女士の、漢俳についてどう思うか、と質問に  1.漢俳五七五は俳句としては長すぎる  2.漢語俳句は二三二がよい  3.今度中国へいったら、二三二がよいと提言してみたい   と答えたといいます。以上、KM女士の談。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/07 09:25
漢俳あるいは漢語俳句につきひとこと
 私も俳人です。漢詩で俳句を作っています と言うと、  漢詩の俳句も五七五ですか? と質問を受けることが多い。  日本では俳句は五七五に作るものと思っている方がとても多いですよね、でも、漢詩の俳句は、必ずしも五七五ではありません、 と答えることにしています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/06/02 23:02

トップへ | みんなの「漢俳」ブログ

獅子鮟鱇詩詞 漢俳のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる