台灣へ詩魂飛びゆく月の中

 わたしのブログの記事が台灣で紹介された。
 台灣の呉昭新先生がわたしのブログを下記「台灣文学部落格」で紹介してくれた。

  http://140.119.61.161/blog/forum_detail.php?id=3995

 紹介されたのは、

「台湾の十字の俳句にある明日」
  http://shiciankou.at.webry.info/201006/article_22.html

 と

「俳句は何であるかではなく、俳句に何ができるかを問うということ」
  http://shiciankou.at.webry.info/201006/article_20.html

 とてもありがたい。
 とくに、「俳句は何であるかではなく、俳句に何ができるかを問うということ」という問いが、
日本ではたわごとと思われるかもしれないが、世界では通用するということが、確かめられたからだ。
 俳句は文学である以上、そして、詩である以上、何ができるかということが問い続けられなければならない。
「俳句は何であるか」を問うことは、「俳句は何であったか」を問うことに他ならず、それは、博物館の仕事であるからだ。

 ここでわたしはポール・ヴァレリーを引用したいが、40年近く前に読んだその文を再び探し出すことができない。
 ただ、確かなことは、博物館の仕事に価値がないとはいえないが、それは、詩人の仕事ではない、ということだ。
 
      十字俳句・千里共嬋娟   2010.07.01 -1200

a  詩魂張翼向台灣,月嬋娟。
   ○○●●●○☆,●○☆(中華新韵八寒平声☆の押韻)

   詩魂 翼を張り
   台灣へ向かふ―
   月 嬋娟たり

b  詩魂張翼向台灣,月明天。    
   ○○●●●○☆,●○☆(中華新韵八寒平声☆の押韻)

   詩魂 翼を張り
   台灣へ向かふ―
   月 天に明るし

c  台灣へ詩魂飛びゆく月の中

 漢詩としてはaの方がよいが、cの訳に合わせるならb
 押韻にこだわらなければ、月明天ではなく、月明中。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック