獅子鮟鱇詩詞

アクセスカウンタ

zoom RSS 桂殿秋・詩懷昨夢寫續編

<<   作成日時 : 2018/07/08 09:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 風吹雲散:事物が消失、完结するを比喩。 
.
      桂殿秋・詩懷昨夢寫續編   2018.07.08 -51250
.
  情雨霽,曙光鮮,風吹雲散硯池邊。獨磨翠墨懷昨夢,顧戀紅唇寫續編。

 情雨霽れ,
 曙光鮮やかに,
 風吹き雲散りたる硯池の邊。
 翠墨を獨り磨いて昨夢を懐かしみ,
 紅唇を顧戀し續編を寫す。

 桂殿秋 詞譜・單調27字,五句三平韻 向子諲
  ○●●,●△平,△△○▲▲△平。○○●●○○●,●●○○●●平。
   ○:平声。△:平声が望ましいが仄声でもよい。
   ●:仄声。▲:仄声が望ましいが平声でもよい。
   平:平声の押韻(拙作は中華新韻八寒)
画像
 鮟鱇喜海暝,大抵昏昏睡。點火口前燈,奇魚鱗聚戲。 画:足柄金太郎

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
桂殿秋・諷詠詩林放正聲
「桂殿秋・詩懷昨夢寫續編」について .  桂殿秋は鼎仗對を楽しめる。 .       桂殿秋・諷詠詩林放正聲   2018.07.08 -51251 .   白首啜,緑酒濃,醉枕音書愛古風。逍遙夢境求星句,諷詠詩林和鳥聲。 ...続きを見る
獅子鮟鱇詩詞
2018/07/08 09:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
桂殿秋・詩懷昨夢寫續編 獅子鮟鱇詩詞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる